年会費無料のクレジットカードでおすすめの18枚。高還元率や空港ラウンジで使えるカードも

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカードは年会費無料派で、10枚以上も年会費無料カードを持っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

普段の生活で欠かせないクレジットカード。
できる限り年会費無料のものを使って安く済ませたいですよね!

節約志向の私も、できる限りクレジットカードの年会費は安く済ませたい派です。

年会費無料のクレジットカードというと、有料のカードと比べて機能が劣るのではないか?
と思いがちですが、そんなことはなくて、無料なのに充実したカードも多いです。

このページでは、年会費無料なのにポイント還元率が高かったり、サービスが充実しているクレジットカードを紹介していきますね。

年会費無料の高還元率クレジットカード

「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」

JCB CARD WJCB CARD W plus Lは、JCBが発行している年会費無料でポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

普段利用で、1,000円ごとに2ポイント貯まる計算ですね。(還元率1.0%)
2018年3月31日までは、キャンペーンで1,000円ごとに4ポイント貯まるため、還元率が2.0%になりますよ!

39歳以下限定で、WEB入会でしか申し込めないですが、年会費無料でオリジナルのJCBブランドのクレジットカードが持てるのは貴重です。

AmazonスターバックスなどのJCBオリジナルシリーズパートナーのお店だと、さらにポイントが貯まりやすくなりますよ。

また、これらのカードを申し込むことで、入会特典としてJCBギフトカードがもらえます。
これも現金と同じ感覚で使えるのでありがたいですね。

参考:JCB CARD Wを使うにはこちらから
参考:JCB CARD W plus Lを使うにはこちらから

JCB CARD W

楽天カード

楽天カードは、年会費無料のカードの中では最も有名ではないでしょうか。

年会費無料なのに、ポイント還元率が1.0%あるし、楽天市場で使うことでSPUというポイントアップの仕組みを使って3%の還元率になりますね。

貯まるポイントも、使い勝手がとってもいい楽天スーパーポイントになるため、貯めたポイントがムダになりにくいです。

楽天市場をまったく使わない場合でも、楽天証券投資信託を買うのに楽天スーパーポイントが使えるようになったため、楽天カードの価値も高くなりましたよ。

それだけでなく楽天カードは、楽天ポイントカード代わりにもなりますし、電子マネーの楽天Edyも一体型になっています。

特に楽天カードを作るだけで、楽天Edyに500円チャージされた状態で届けてもらえますよ。

新規入会&利用キャンペーンで最大5,000ポイント以上もらえますし、時期によっては7,000ポイントや8,000ポイントになっていることもあり、年会費無料とは思えないぐらいサービスが充実していますので、個人的には楽天カードかなりおすすめです。

参考:楽天カードを使うにはこちらから

入手した楽天カード

また、楽天カードには、他にも種類があり、年会費無料のカードだと以下のものがありますよ。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」は、Yahoo!が発行するクレジットカードです。

年会費無料なのに、還元率も1%あります。
しかも貯まるポイントは使い勝手のいいTポイントなんですよね。

Tポイントは、ふるさと納税するときによく使うYahoo!公金支払いで使えるため、貯めたポイントがムダになりにくいです。

Tポイントが還元率1%で貯まるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードだけなので、普段からTポイントを貯めているのであれば、この機会にクレジットカードでもTポイントを貯めるようにしましょう!

私も使っていますが、Tポイントの貯まりやすさがいい感じです。
Yahoo!ショッピングLOHACOだとポイント3倍になります。

ちなみにYahoo! JAPANカードだと、楽天カードではできないnanacoチャージでのポイント付与もありますからね。

nanacoを使った税金支払で節約したいのであれば、Yahoo! JAPANカードは有力な選択肢になります。

入会キャンペーンも常に8,000ポイント以上ですし、年会費無料なのにサービスが充実していますよ。

参考:Yahoo! JAPANカードを使うにはこちらから

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

リクルートカード

ポイント還元率にこだわるのであれば、リクルートカードもおすすめです。
もちろん年会費無料で持てますし、ポイント還元率が1.2%あります。

貯まるポイントはPontaポイントになり、こちらも使い勝手がいいですね。

リクルートカードが優れているのは、楽天EdynanacoSMART ICOCA・モバイルSuicaへのチャージでもポイントが貯まること。

また、リクルート系列のサービスであるじゃらんポンパレモールだと、よりポイントが貯まりやすくなりますよ。

参考:リクルートカードを使うにはこちらから

リクルートカードVISA

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、年会費無料のカードで、ポイントを貯めることに特化しています。

還元率は1%ですね。
特に優れているのは、入会後6ヶ月間は還元率が2%になること。

直近で大きな出費があるなら、かなり心強いカードといえますよ!

オリコカードザポイントを使って、オリコモールで買い物すると特別に0.5%ポイントが加算されて、オリコモールで買い物した時に付与されるポイントと合わせて、めちゃくちゃポイントが貯まりやすくなります。

Amazon楽天市場で常に2%以上の還元率で買い物できるのがありがたいところ。
電子マネーのiDQUICPayが一体型なのも便利ですよ。

Apple Pay向けのクレジットカードとしてもおすすめ。

参考:Orico Card THE POINTを使うにはこちらから

オリコカードザポイント(Orico Card THE POINT)

レックスカード

レックスカードは、年会費無料で持てるクレジットカードなのに、ポイント還元率が1.25%もあります。

貯めたポイントは、Jデポという請求額から値引きできるものに交換できるため、有効活用しやすいですよ。

ただ、レックスカードを毎月使い続けていないと、Jデポの恩恵を受けにくいデメリットはあります。

レックスカードはポイントが貯まりやすいだけでなく、海外旅行傷害保険が自動付帯になっているなど、保険用のカードとしても価値があるため、保険を手厚くしておきたいのであれば、持っておく価値がありますよ!

参考:レックスカードを使うにはこちらから

作ったレックスカード(REX CARD)

P-one Wiz

クレジットカードのポイントとかめんどくさい!と思うかもしれませんね。
でも、どうせクレジットカードを使うならばちょっとでも得したい気持ちはあるのではないでしょうか。

「面倒・得したい」という両極端を満たしてくれる唯一のカードがP-one Wiz(ポケットカード)です。

ポケットカードを使って買い物したものは、1%値引きされた状態で請求されます。
つまり、何でも1%OFFで買い物できるカードなんですよね。

ポイントが貯まるカードだと、ポイント交換する手間が出てきますが、ポケットカードに関しては、カードを作ってあとは普通に使うだけという単純さです。それだけで1%引きです。

請求時に1%値引きされるだけでなく、0.5%の還元率でTポイントも貯まるので、合計で約1.5%もお得になるというワケ。

ただ、リボ払いでの申込になるので、一括払いしたい場合はカード到着後に一括払いへの変更手続きが必要です。

P-one Wizのカード

ライフカード

ライフカードは、普段のポイント還元率は0.5%と、普通のクレジットカードと同じ水準です。
これだけだと、おすすめとはいえませんね。

その代わり、1年のうち1ヶ月だけめちゃくちゃおすすめになります!
自分の誕生日がある月(誕生月)がポイント3倍に!!
還元率に直すと、なんと1.5%なんですよね。

ポイント交換方法によっては、もう少し還元率を高くすることもできちゃいます。

こんなお得なのに、ライフカードは年会費無料のクレジットカードです。
私は誕生月だけライフカードを使って、他の月は一切使わない生活をもう4年も続けています。

欲しいものをリストアップしておき、誕生月にライフカードで買う作戦で、ポイント3倍という最大の恩恵を受けていますよ。

過去はポイント5倍だったんですが、今は3倍に下がってしまいましたね。

誕生月にJCBギフトカードを買ったり、SMART ICOCAにチャージしたり、ふるさと納税したりする使い方でポイントをたくさん貯めるのが賢い使い方ですよ。

参考:ライフカードを使うにはこちらから

三井住友デビュープラスカード

18〜25歳であれば、三井住友デビュープラスカードもおすすめの選択肢になりますよ。

年に1回でも使えば年会費無料になりますし、何よりも26歳以降のカード更新時にはプライムゴールドカード(ヤングゴールドカード)に自動切替されます。

デビュープラスカードの還元率は常にポイント2倍状態で最低でも1%です。

入会後3ヶ月間に限りポイント5倍になるので、還元率が2.5%になります。

新生活のタイミングでいろいろとモノを買うタイミングで、デビュープラスカードを持っておけば、同じ金額の買い物をするだけなのにお得感が全然違ってきますよ。

参考:三井住友デビュープラスカードを使うにはこちらから

エポスカード

ポイント還元率こそ高くないですが、エポスカードは必ず持っておきたい年会費無料のクレジットカードです。

その理由は、たくさんあります!

  • 海外旅行傷害保険が充実している
  • 海外キャッシングでネットから返済できる
  • カラオケや居酒屋・レストランでの割引が充実
  • マルコとマルオの7日間で10%OFF
  • 即日発行できる

一覧にすると、かなりおすすめできるところが出てきますね。
おすすめできる点が多すぎて、全部一度に出てこないぐらいです。

海外旅行する場合は、飲み歩いたりカラオケ利用が多いのであれば、エポスカードは必ず持っておきましょう。

年会費無料とは思えないぐらいサービスが充実していますからね。

また、エポスカードを使い続けていたら、エポスゴールドカードの招待が届くこともあります。
エポスゴールドカードになると、一部の国内空港ラウンジも使えるようになって、より充実したサービスになりますよ。

招待が来た場合のエポスゴールドカードは年会費無料で持てます。

参考:エポスカードを使うにはこちらから

手に入れたエポスカード

セディナカード

海外旅行や出張するときにキャッシングするのであれば、セディナカードもおすすめです。

海外でキャッシングしたときに、楽天銀行のPay-easy機能を使うことで、数日後にはネットで気軽に返済できるようになっています。

この仕組みを使えば、わずかな手数料で現地通貨を調達できますよ。
普通に両替するよりも圧倒的に安くなるため、海外旅行時に節約できます。

参考:セディナカードを使うにはこちらから

セディナカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費無料で持てる数少ないアメックスブランドのクレジットカードです。

年に1回でも使えば、翌年の年会費が無料になるため、普通に使うのなら年会費のことは気にしなくて大丈夫ですよ。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、即日発行できるクレジットカードでもあるため、すぐにアメックスのカードが欲しい場合にも使えます。

また、アメックスブランドであるため、アメリカン・エキスプレス・セレクトという割引・優待サービスが使えるのもお得なところです。

参考:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを使うにはこちらから

セゾンパールのカード

セゾンカードインターナショナル

即日発行つながりで、アメックスブランド以外を探しているのであれば、セゾンカードインターナショナルがあります。

JCB・VISA・MasterCardブランドで即日発行ができますよ。
2018年2月からコストコではMasterCardブランドしか使えなくなりましたので、すぐにコストコで使えるクレジットカードが欲しい場合の選択肢になりますね。

ただ、セゾンカードインターナショナルは即日発行以外のメリットはそこまでないため、たまにコストコで買い物する場合の選択肢になるぐらいでしょうか。

参考:セゾンカードインターナショナルを使うにはこちらから

MUJIカード

無印良品で買い物するのであれば、MUJIカードを持っておくと、無印良品に限ってポイント還元率を高くできます。

貯めたポイントをMUJIショッピングポイントに交換すれば、ポイント還元率1.8%にできますよ。

また、MUJIカードを持っているだけで、無印良品週間で10%割引にできるし、年間1,500円分の期間限定ポイント(5月・12月・誕生月)がもらえます。

うまく使いこなせば、年会費無料なのに毎年ちょっとずつお小遣いもらっているような感覚で使えるうれしいクレジットカードです。

参考:MUJIカードを使うにはこちらから

イオンカードセレクト

イオンマックスバリュなどで買い物しているのであれば、必ず持っておきたいのがイオンカードセレクトというクレジットカード。

電子マネーのWAONも一体型ですし、イオングループでの買い物ならWAON POINTも貯まります。

また、イオンカードセレクトを持っていると、ネット銀行のイオン銀行も同時に持てるようになり、普通預金金利を高くできるメリットもありますよ。

年会費無料とは思えない至れり尽くせり感があるのがイオンカードセレクトですね。

イオンカードセレクトを年間100万円以上使えば、年会費無料で持てるイオンゴールドカードの招待も届きますよ。

私は今イオンゴールドカードを持っています!
イオンゴールドカードになると、羽田空港の空港ラウンジが使えますね。

参考:イオンカードセレクトを使うにはこちらから

イオンカードセレクト

ビックカメラSuicaカード

住んでいる地域を問わず、Suicaを使いたいのであれば、ビックカメラSuicaカードが個人的にはおすすめです。

関東エリアだとオートチャージにも対応していますし、今はApple Payにも対応しているため、私の住んでいる関西エリアでも便利に使えています。

また、ビュー・エクスプレス特約と連携させて、新幹線でエクスプレス予約が使えているし、Apple Payで新幹線に乗れるのもめちゃくちゃ便利です!

年に1回でも使えば年会費無料になりますし、JRE POINTだけでなく、ビックカメラのポイントであるビックポイントも貯まるため、ポイントの貯めやすさという点でもおすすめですよ。

参考:ビックカメラSuicaカードを使うにはこちらから

使っているビックカメラSuicaカード

ウォルマートカードセゾン

ウォルマートカードセゾンは、毎日西友やリヴィンで3%割引で買い物できるクレジットカードです。
また、毎月5日や20日は5%割引になりますよ。

無条件で年会費無料で持てるアメックスブランドのクレジットカードでもあります。

使える用途が絞られますが、西友などを使うのであれば、絶対に持っておいたほうが家計の助けになりますよ。

参考:ウォルマートカードセゾンを使うにはこちらから

持っているウォルマートカードセゾン

dカード

ドコモのクレジットカード「dカード」は、年に1回使えば年会費無料になるクレジットカードです。

ポイント還元率1%でdポイントが貯まるのが特徴。
dポイントが使えるお店も増えていますし、だんだん使い勝手がよくなってる印象があります。

電子マネーのiDも一体型になっていますし、Apple Payにも対応していますよ。

ドコモユーザーしか使えない印象がありますけど、実はドコモユーザー関係なく使えます。
私もドコモは使っていませんが、dカードを持っていますよ。

ただ、個人的にはdカードよりもdカードゴールドのほうがおすすめです。
年会費10,800円かかりますが、割引特典が多く、よく使うのであれば十分元がとれます。

入会キャンペーンも充実していて、お得な状態から使えるのもうれしいですね!

参考:dカードを使うにはこちらから
参考:dカードゴールドを使うにはこちらから(年会費有料)

dカードGOLD

さいごに

ここで紹介した年会費無料のクレジットカードは、どのカードも光る特徴があり、仕組みを理解して使えば得できるカードばかりです。

年会費無料なのに充実したサービスがあるカードが多いので、使いこなすことでポイントをたくさん貯めたり、お店での割引に使えたりしますよ。

個人的には、楽天カードYahoo! JAPANカードがおすすめで、あとは用途に合わせて持っておくと得できる機会が多くなると思います。

それでは、良いカードライフを!

おまけ:ジャンル別年会費無料のクレジットカードまとめ

ノマド的節約術では、ジャンル別に年会費無料のクレジットカードをまとめて紹介しています。

重複しているところもありますが、他にも気になる場合は以下のページも合わせてどうぞ。

おまけ:他の視点でのおすすめクレジットカードは?

このページでは、年会費無料のクレジットカードを紹介していますが、他にも視点を変えておすすめのカードを紹介しています。

ジャンルごとにおすすめを紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る