電子マネーiD(アイディ)の詳細解説と使えるお店・使い方・対応クレジットカード一覧

スポンサーリンク

年々電子マネーは普及してきています。登場した頃はあまり一般的ではなかったですが、今は一般にも浸透してきて、利用している方もいるのではないでしょうか。

今回は、電子マネーの中でも代表的な「iD(アイディ)」について詳しく説明していきますね。

電子マネーiDの特徴や使い方

他の電子マネーの特徴はこちらで。

iDとは?

iD(アイディ)は、DoCoMo(ドコモ)が始めた電子マネーサービスです。
iDに対応したおサイフケータイやクレジットカードをかざすだけで、一瞬で支払いが終わるという便利なもの。

わざわざ小銭を準備する手間が省けるというちょっとした時間節約の効果もあります。

iDに対応しているお店ばかりで買い物していれば、普通の財布を持ち歩く必要もなくなるほど、便利に使えますよ。

おサイフケータイに対応

iDは、ドコモが運営しているサービスということで、おサイフケータイに対応しています。

iPhoneは、おサイフケータイに対応していないので、電子マネーをフル活用したいのであれば、それ以外の機種を選ぶようにしましょう。

Androidのスマートフォンであればだいたいは対応していますよ。私が使っているXperiaも対応しています。

どうやってiDを使えばいいのか?

iDで支払いしたい時はどうすればいいのでしょうか。
初めて使う時に最も気になるところですよね。使い方は、2つの方法があります。

iDを搭載したクレジットカードをかざすか、おサイフケータイに対応した携帯電話をかざすか、のどちらかです。

ドコモの携帯を持っている方であれば、おサイフケータイを使い、そうでない方は、iDを搭載したクレジットカードを使うのが手っ取り早い方法です。

iDが搭載されたクレジットカードでの支払いイメージ
↑ iDを搭載したクレジットカードで支払う様子

チャージの必要がない

iDを使う時は、他の電子マネーのように、あらかじめチャージする必要はありません。

おサイフケータイの場合は、支払うクレジットカードとのひも付けでiDが使えるようになります。

iDが元から搭載されているクレジットカードの場合は、クレジットカードが手元に届いた瞬間からiDでの支払いが使えます。認証やサインの手間がない分、クレジットカードで普通に支払うよりも時間がかかりません。

どこのお店でiD払いできる?

iDを使う前に気にしておかないといけないのは、どこのお店で使えるかですよね。
せっかく使おうとしても、自分が普段使うお店で使えなければ全く意味がありません。

iDに加盟しているお店は50万店ほどあるので、使えるお店は多いです。
関東や関西などの都会に住んでいる方であれば、かなりのところで使えるので、より便利さを実感できると思います。

使えるお店は、iDの公式ページで紹介されています。

ここでも、主なお店をいくつかピックアップしてみますね。
よく使うお店がないかチェックしてみてください。

コンビニ

コンビニをよく使っている方であれば、iDはかなり便利な電子マネーとなります。ここで紹介したコンビニ以外でも使えるコンビニがあります。

スーパー・ショッピングセンター

  • イオン
  • ビブレ
  • イオンモール
  • マックスバリュ
  • 光洋
  • 平和堂
  • 札幌ステラプレイス
  • 新千歳空港ターミナルビル
  • アークスグループの店舗
  • サンロード青森
  • SHIBUYA109
  • 羽田空港国際線旅客ターミナル
  • ららぽーと横浜
  • セントラルパーク
  • めいてつ・エムザ
  • グランフロント大阪
  • なんばウォーク
  • なんばパークス
  • NU茶屋町
  • 阪急三番街
  • 阪急西宮ガーデンズ
  • ホワイティ梅田
  • ミント神戸
  • 天満屋ハピータウン
  • 沖縄アウトレットモールあしびなー
  • マリノアシティ福岡

日本各地の大きなショッピングモールで使えますね。対応しているところが多い印象です。

スーパーでも、イオンやマックスバリュが対応しているのは嬉しいですね。

グルメ

チェーン店系のお店でiDが使えるようです。
大手外食チェーンなら、使えるところが多いという認識でいいと思います。

本・CD・DVD

本・CDは定価でしか買えないのが普通です。
また、小銭が出やすい出費でもあるので、電子マネーで買うのにぴったりな商品です。

クレジットカードでiDにチャージしたら、ポイント分お得に買えて節約にもなりますね!

家電など

有名どころの家電ショップでは、iDに対応していますね。
大きな買い物の時は使いにくいかもしれませんが、ちょっとした小物を買う場合は、iDでサッと払うのが良さそうです。

iD搭載のクレジットカードの一覧

iDを使うためには、2つのうちどちらかの条件を満たしている必要があります。
おサイフケータイに対応したスマートフォンを持つか、iDに対応したクレジットカードを利用するかの二択です。

おサイフケータイは、対応しているスマートフォンを持っていないといけないので、利用するためのハードルが高くなります。

まずは、iDが使えるクレジットカードを紹介していきましょう。
おサイフケータイで使うよりもクレジットカードでiDを使う方が対象範囲が広がりますね。

以下は、クレジットカードだけでiDが使えるカードです。

dカード

まずは、ドコモのクレジットカードであるdカード。
年会費無料のdカードとゴールドカードになるdカードGOLD(年会費有料)があります。

dカード単体でiDが使えるのはありがたいですが、そもそもdカード自体がドコモユーザーにお得なカードです。

ドコモ以外の方でiDを使いたい方にはあまり適していないカードですね。

三井住友VISAカード

iDだけを使いたい方にとって、最適なクレジットカードの1つが三井住友VISAカードです。

三井住友VISAカードでは、iDをカードと一体型にもできて、カードを持ち歩くだけでお財布代わりになります。

18〜25歳向けには、年会費無料でポイントも貯まりやすい三井住友VISAデビュープラスカードがぴったりです。

三井住友VISAカードは他にもカードの種類がたくさんあって、それぞれに特徴があります。
iDが使えることに変わりはないので、自分にあったカードを選ぶといいですよ。

ゴールドカードも持ちやすいです。

オリコカード

オリコカードもiDが搭載されているタイプのクレジットカードがあります。代表的なのが、オリコカードiB(iD×QUICPay)ですね。

オリコカードiB(iD×QUICPay)は、QUICPayという電子マネーにも対応しているのが大きな特徴です。また、海外旅行傷害保険が自動付帯なのも魅力です。

年会費は、年に1回でも使えば無料になります。

▼オリコカードiBの申し込みはネットから▼

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

上のオリコカードiB(iD×QUICPay)よりも多くポイントを貯めたい方は、ポイントに特化したOrico Card THE POINTを使うのがおすすめです。

オリコカードiBとは違って、海外旅行保険がない代わりに、ポイント還元率が1%となっています。しかも年会費無料。

▼Orico Card THE POINTの詳細と申込はこちら▼

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ(EX Gold for Biz)

個人事業主・法人向けのクレジットカードであるオリコエグゼクティブゴールドフォービズもiDに対応しています。

細かな支払いをクレジットカードで支払うのも面倒だと思いますので、電子マネー払いにすることで時間短縮につながりますね。

経営者にとって、お金以上に大事になってくるのは時間です。
スマートに支払って、時間短縮しつつもカードのポイントを貯めていきましょう!

おサイフケータイと組み合わせて使えるクレジットカードもあります

ドコモのおサイフケータイを持っている方は、利用できるクレジットカードの選択肢が増えます。
上で紹介したカードは、ドコモの携帯電話を持っていなくてもiDが使えるものでした。

もし、おサイフケータイに対応している携帯電話を持っていれば、スマホのアプリでクレジットカードを設定すれば、手持ちのスマホがiDとなります。

この時に設定できるクレジットカードは、上で紹介した数よりも多いですよ。
もちろん上で紹介したカードは、おサイフケータイの設定もできます。

以下で、おサイフケータイに設定するのにおすすめなクレジットカードを紹介しましょう。
全部年会費無料です。

今はおサイフケータイに対応した格安スマートフォンも出てきてますので、使いやすくなってきましたね。

私は白ロムでおサイフケータイに対応したスマートフォンを買いました。

イオンカード

イオングループのクレジットカードです。
もう1つの電子マネーのWAONにも対応しています。

20日・30日はイオンでの買い物が5%OFFになり、普段使いでもかなり節約になるのでおすすめ。

iDも合わせて利用することでポイントが貯まりやすくなって、イオンでの買い物がさらに安くなります。

私のおすすめはイオンカードセレクト!

イオンカードセレクトを選ぶと、イオン銀行の口座開設もできます。

イオンカードセレクトを利用している方は、イオン銀行の普通預金金利が0.12%と、全銀行の中で最も金利が高くなるというメリットも。

振込手数料が有料なのはデメリットですが、ATMは無料なので、資金移動も大丈夫です。

イオンカードには他にもお得な使い方がたくさんありますよ。

ライフカード

誕生日月がポイント5倍になるライフカードも、おサイフケータイでiDを利用する選択肢の1つになり得ます。

普段のポイント還元率は0.5%ですが、誕生日月は5倍の2.5%になるので、誕生日月に集中して買い物する方にぴったりです。

JMBローソンPontaカードVISA

最後にもう1つ。JMBローソンPontaカードVISAでも、おサイフケータイでの支払いカードに設定するだけで、iDが使えるようになります。

このカードの特徴はなんといっても共通利用できるところが多いPontaポイントが貯まることです。

還元率は0.5%と決して高くないですが、使えるところが多いのは何よりものメリットです。

Pontaポイントを普段から貯めてて、使う機会が多い方は、iDを使う時もPontaポイントが貯められるJMBローソンPontaカードVISAがいいと思います。

Apple Payにも対応しているので、さらに使い勝手がよくなります

iDは、iPhone7の目玉でもあるApple Payにも対応しています。

先ほど紹介したクレジットカードを持っておくと、iD払いが今まで以上にスムーズになって、支払いがラクになりますよ。

iDを使った感想

iDを使って支払うと、どんな感じになるのでしょうか。
実際に使ってみましたので、その時の感想を以下のページで紹介しますね。

さいごに

ここまで電子マネーのiDについて説明してきました。
iDは、おサイフケータイやiD搭載のクレジットカードがあればすぐに使えます。

支払いは全部クレジットカードでの支払いになるので、使った分だけクレジットカードのポイントが貯まるんですよね。

自分がよく使うポイント交換先があるクレジットカードを利用して、買い物を楽にしつつ、かつポイントを貯めてもらえればと思います。

現金、特に小銭が不要になるのはiDのみならず電子マネーの最大のメリットですよ!

iDの良さ

まだまだ使えるお店が全国の大きくて有名な店しかないのがデメリットですが、そういうところでしか買い物しない方にとってはかなり便利な電子マネーといえますね。

今はおサイフケータイに対応した格安のスマートフォンも出てきてるので、使いやすくなってきました。

おまけ:他の電子マネーの活用方法

iDに限らず、電子マネーはたくさんありますよね。
他にも電子マネーを活用されている方に向けて、お得な活用方法を紹介しています。

合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る