セブンイレブンでnanacoカードとクレジットカードを併用して年間4万円以上税金を安くできたやり方のまとめ

スポンサーリンク

主にセブンイレブンやイトーヨーカドーで使える、電子マネーのnanaco。

私はnanacoをフル活用していて、2014年は年間200万円以上nanacoでの支払いがありました。

そもそもなぜnanacoを使うのか?

そもそも、200万円もnanacoで支払うってどういうことなのか?なぜ、nanacoを使うのか?というところが疑問だと思います。

私がnanacoを使う理由はたった1つです。それは国民年金や保険料などの「税金の支払いを安くできる」からです。

nanacoで税金を安く支払う方法のまとめ

nanacoで税金を支払う理由

セブンイレブンでは、電子マネーのnanacoで税金の支払いができます。他の電子マネーでは同様のことはできないですが、唯一nanacoだけこんなことができちゃいます。

なぜnanacoを使うと税金が安くなるかというと、クレジットカードを使って、電子マネーnanacoにチャージができるからです。

全部ではないですが、一部のクレジットカードでチャージすると、チャージした金額に加えてクレジットカードのポイントが付与されます。

仮に20,000円をクレジットカード(還元率1%)から、残高0円のnanacoにチャージしたとしましょう。クレジットカードでnanacoにチャージすると、以下のような結果になりますよ。

  1. クレジットカードで20,000円支払い
  2. nanaco残高が20,000円プラス
  3. クレジットカードのポイントが200ポイント貯まる
  4. nanaco20,000円カード請求20,000円 + ポイント200円分 = プラス200円

nanacoにクレジットカードチャージした時の例

要は、クレジットカードのポイントが貯まる分だけnanacoにチャージする方がお得という訳です。

クレジットカードのポイント還元率が高ければ高いほどオイシイのが分かりますよね。

セブンイレブンで支払いができる税金であれば、全部この方法が使えます。ポイントが貯まる分だけお得になるので、自分で税金を支払う機会がある方は使わない手がありません。

私は過去に、国民年金や国民健康保険料、固定資産税の支払いをnanacoで済ませて、クレジットカードのポイント分だけ節約できました。

次からは、実際にnanacoで税金を支払うために準備することを1つ1つ詳しく説明していきます。

その前に、一連の流れをひと通り紹介しますね。

  1. nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを探す
  2. セブンイレブンでnanacoカードを発行する
  3. クレジットカードとnanacoを紐付ける
  4. クレジットカードからnanacoへチャージする
  5. セブン銀行ATMでnanacoの残高確認(センター預かり分を反映)
  6. レジでnanacoを使って税金を支払う

nanacoにクレジットチャージできるカードは限られている

nanacoにクレジットカードでチャージした時に、クレジットカードのポイントがしっかり貯まるカードをまず最初に用意しないといけません。

nanacoにチャージできるクレジットカードは、いろいろありますが、nanacoにチャージした時はクレジットカードのポイント付与対象外になっているカードも少なくありません。

せっかくnanacoにチャージしても、全く意味のない行為になってしまうので、まずはnanacoにチャージした時に、クレジットカードのポイントが貯まるカードを知っておく必要があります。

代表的なカードで、特におすすめできるのは以下の5枚です。

カード名年会費還元率
リクルートカード無料1.20%
Yahoo! JAPANカード無料1.00%
楽天カード無料1.00%
楽天ゴールドカード2,160円1.00%
楽天プレミアムカード10,800円1.00%
セブンカード・プラス無料 or 540円0.50%

どのクレジットカードでもnanacoチャージできるわけではありません。

これらで、既に持っているカードがありましたら、わざわざ新しいカードを作る必要はないと思います。ポイントに徹底的にこだわるなら、新しくカードを作るのもアリです。

もし、上記カードのいずれも持っていないのであれば、自分に合うカードを発行することを強くおすすめします!

税金の支払いを実質的に安くできるのは、現在この方法しかないからです。

上記のクレジットカードに加え、他のも全部知りたいという方は、以下のページで詳しくまとめていますよ。

どのクレジットカードがおすすめ?

自分に合ったカードを選ぶのがいいと説明しましたが、これから始めようと思っている方は、どれがおすすめなのかが分からないですよね。

私がnanacoにチャージする時に使っているクレジットカードは、リクルートカードYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)です。

過去は、漢方スタイルクラブカードライフカードもおすすめでしたが、今は候補に入れるほどの価値もありません。

なぜリクルートカードとYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)をおすすめするかというと、ポイント還元率の高さと、ポイントの使い勝手の良さがあるからです。

あと、年会費が無料なのもいいですよね!

正直な話、還元率2.0%のリクルートカードプラス(今は申込できない)の審査には落ちてしまったというのがあるんですけどね^^;

リクルートカードが還元率の面で最もおすすめ

リクルートカードは還元率1.2%と、信じられないほど高い還元率です。
リクルートカードの場合は、貯まるポイントが「Pontaポイント」になります。

貯めたポイントは「じゃらん」や「ポンパレモール」などのリクルート系のサービスに使えますよ。

Pontaポイントの貯め方や使い方は、以下のページで詳しく説明しています。

コンビニのローソンで、お試し引換券として使うと、コンビニのお菓子やお酒などが50%OFF前後で買えます。

お試し引換券をよく使うなら、還元率を2%よりも高くできるので、ローソンを安く使い倒してみてはいかがでしょうか?

逆に言うと、リクルート系のサービスやPontaポイントで使える買い物をしない限りは、リクルートカードをおすすめしにくいです。

リクルートカードでnanacoチャージするかどうかの選ぶポイントは、ローソンでの買い物があるかや「じゃらん」で宿泊予約するかどうかにかかっています。

参考:リクルートカードを作るにはこちらから

ポイントの使いやすさで楽天カードJCB・Yahoo! JAPANカードJCBもアリ

既に楽天カードを持っている方でJCBブランドの場合は、nanacoさえ準備すればOKなので、わざわざ新しくクレジットカードを発行する必要がありません。

もちろん、リクルートカードの方が還元率が高い分だけお得になります。

楽天カードJCBを使うのがいいのは、新しいカードを作るのが面倒な方や、楽天スーパーポイントを徹底的に貯めている方です。

楽天スーパーポイントはどんどん使い勝手が良くなっていて、あえて楽天カードJCBでnanacoにチャージするのもアリといえばアリです。

2017年夏からは、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入できるようになります。

ポイントを使って資産運用できるし、現金化することにもつながるので、今は楽天カードを使うのもかなりおすすめです!

キャンペーンでたくさんポイントがもらえるのもうれしいところ。

参考:楽天カードを作るにはこちらから

あとは、2015年4月に始まったYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)もJCBブランドのみnanacoチャージでTポイントが貯まりますよ。

楽天スーパーポイントよりも使い勝手のいいTポイントなので、Yahoo! JAPANカードは有力な選択肢ですね!

これまた、キャンペーンでたくさんTポイントがもらえるのもうれしいところ。

参考:Yahoo! JAPANカードを作るにはこちらから

nanacoカードを発行する

nanacoにチャージするクレジットカードを決めたら、次は電子マネーのnanacoを用意します。nanacoもクレジットカードと同じような感じのカード式ですよ。

以下の写真のような感じですね。

nanacoカード

nanacoをどこで手に入れるのか?
初めての方はさっぱり分からないですよね。

nanacoは、イトーヨーカドーやセブンイレブンで発行できます。
私は両方のお店でnanacoを発行した経験がありますよ。

イトーヨーカドーでnanacoを発行するなら「8のつく日」に行くことをおすすめします。

8のつく日(8日・18日・28日)だと、通常300円かかるnanaco発行手数料が無料になるからです!

私が一番最初にnanacoを作った時は、わざわざ出掛ける用事を作ってまでイトーヨーカドーに行きました。徹底してるでしょ!

家や普段行く場所の近くにイトーヨーカドーがない場合もあると思います。
その場合は素直にセブンイレブンでnanacoを発行しましょう。

発行するのに300円かかりますが、定期的に税金を支払うことを思えば、あっという間に回収できます。

セブンイレブンでは時々キャンペーンをしています。

nanacoを発行すると、nanaco独自のポイント「nanacoポイント」が200ポイントもらえるといったキャンペーンの時にnanacoを作ったこともあり、実質100円で作れたこともありましたよ。

nanacoポイントは、電子マネーとはまた違うものですが、ポイントを電子マネーに移行できます。

nanacoを作る時、イトーヨーカドーならインフォメーションに行って受付の方に伝えてください。

セブンイレブンの場合は店員さんにnanacoを作りたいと伝えれば笑顔で対応してくれましたよ^^

おまけになりますが、そもそもクレジットカードとnanacoの両方を用意するのが面倒!という方は、クレジットカードとnanacoが一体型になっているセブンカード・プラスがあります。

還元率は0.5%ですが、nanacoチャージするための準備の手間は確実に省けますよ。

クレジットカードとの紐付け手続きをする

この時点で、クレジットカードとnanacoの2つが揃いました。
さぁ、nanacoにチャージするぞ!と思うところです。

そのためには少し手続きが必要になります。
クレジットカードとnanacoがあるだけでは何もできません。

この2つを紐付けしないと、クレジットカードでnanacoにチャージができないんですよね。

今すぐnanacoとクレジットカードを紐付けしたいところですが、nanacoを新たに作った時は、入会から10日間はチャージできません。

nanaco公式サイトにもハッキリと書かれていますね。

初めてクレジットチャージをご利用される場合は、クレジットカードの事前登録が必要です。

※ nanacoカードはご入会から10日後の朝6時以降、nanacoモバイルは新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降にお手続きいただけます。

via: 電子マネー nanaco 【公式サイト】 : nanacoクレジットチャージ

私もnanacoを発行してすぐにクレジットカードと紐付けしようとしましたが、やっぱりダメだった記憶があります。

ただ、10日後というのはやや大げさで、1週間ほど間が空いたら普通に紐付けできた記憶があります。最大で10日かかるイメージでもいいかもしれませんね。

上の記事でも説明しているように、nanacoとクレジットカードの紐付けが無事に終わっても、そこでまた24時間待たないといけません。

案外設定に時間がかかってしまうので、時間に余裕を見ておくことが重要です。

クレジット → nanacoへチャージする

クレジットカードでnanacoへチャージする設定・準備ができれば、いよいよ実行するのみです!

チャージは、nanacoのマイページ画面から簡単にできちゃいます。
チャージのやり方は、以下のページで画像付きで細かく説明していますので、合わせて読んでみてくださいね。

チャージは1日3回、1ヶ月間だと15回までという制限があります。金額の上限は月20万円。

私は5年分の国民年金を夫婦ともに追納することになり、1人あたり100万円以上の請求が来ました。

その時に1ヶ月20万円しかチャージできないことを知り、どうしよう・・・と慌てたのを覚えています。

一気に払えないので、1ヶ月20万円ずつ払い続けて、2014年12月でようやく全部払い終わりました。毎月20万円はキツかった・・・。

国民年金の追納は3ヶ月ごとの支払いにするのがおすすめです。

1回あたりのチャージ額の上限は29,000円です。1日最大で87,000円ですね。こんなにチャージすることはないと思いますけど、一応知っておきましょう。

セブン銀行ATMでnanaco残高確認する

nanacoにクレジットカードでチャージすると、即時にnanacoで決済できるようになる訳ではありません。

チャージした時点では「センター預かり」という扱いになっています。センター預かりから、nanacoの残高へと反映させる作業が必要になります。考え方が面倒ですよね。

でも手続きは簡単で、セブンイレブンにあるセブン銀行のATMに行って、nanacoの残高確認をするだけでセンター預かりになっているお金がnanacoに反映されます。

一手間面倒ですが、やるしかありません。1分もかからない作業ですよ。

セブン銀行でnanacoの残高確認する方法は、以下のページで操作画面付きで説明しています。

センター預かりにできるお金は最大50,000円までとなります。nanacoの残高も最大50,000円までで、合計で最大100,000円までを1枚のnanacoにチャージさせておくことができます。
セブン銀行でnanacoカードの取引

nanacoカードをタッチして支払い

ここまで手続きを済ませると、nanacoにお金が反映されている状態になります。セブンイレブンやイトーヨーカドーでの買い物をnanaco支払いで済ませれます。

あくまでここは税金支払に使うということですので、国民年金や国民健康保険料、固定資産税などの納付書を店員さんに渡して「nanacoで払います」と伝えてください。

nanacoで支払いする時は、店員さんに声を出してnanacoで支払うことを伝えましょう。

店員さんに、nanacoで支払うことを伝えると「ここにタッチしてください」と指定してもらえるので、そこにnanacoをかざすだけで言葉にできない独特の音がします。

音がなれば、支払いが完了した合図になります。これでようやくnanacoでの支払いができましたね。お疲れ様でした!

説明するとすごく長くなってしまいますが、実際にやってみるとそんなに難しくないですよ。

実践するまでにいろいろと迷うかと思いますので、このページを見て迷わずnanacoでの税金支払いができるようになれば幸いです。

他にも、軽自動車税自動車税なども同じようにnanacoで支払いできます。

モバイルnanacoの場合の手順もほぼ同じ

nanacoは、おサイフケータイに対応した携帯電話・スマートフォンでも使えます。

nanacoカードとはまた別になり、nanacoカードでチャージした時と同じクレジットカードを使ってのチャージもできますよ。

モバイルnanacoを使っての支払いまでの手順をそれぞれ別記事にまとめました。
流れに沿って進めていけば、問題なくできますよ。

おサイフケータイに対応している格安のスマートフォンも出てきてるので、乗り換えにもいいかもです。

モバイルnanacoが使えれば、通常のnanacoカードと合わせて2倍チャージできますよ。

おまけ:一度に5万円以上使う場合は?

nanacoの最大残高は50,000円です。でも、税金支払の時に1回で50,000円以上支払う機会も出てくる可能性はあります。

そんな時にどうすればいいのか、その方法は以下のページでまとめています。

具体的な方法をいくつか紹介していますので、50,000円以上支払う時はぜひ参考にしてください。

過去には所得税の支払いや国民年金の1年前納などで1度に5万円以上払うことがありました。できる限り1回5万円以内にとは思っていますが、どうしてもできない時もあるので、その時はしょうがないです。

おまけ:nanacoで買える金券類

ちなみに、nanacoはセブンイレブンに売っているAmazonギフト券やiTunesカード、クオカードといった金券類を買う時にも使えます。

普通は割引価格で買えない金券類もnanacoがあれば買えちゃうのは本当にありがたいですね。税金支払以外にもnanacoをクレジットカードチャージして使う理由はあります。

普段からいろいろと買い物している方にとっては、これだけのためにnanacoを用意してもいいぐらいです。

nanacoは金券を買うのにも使えます

nanacoで年間4万円以上節約しました

私は2014年にnanacoだけで200万円以上もの支払いがありました。自業自得とはいえ、かなりの金額です。

でも、nanacoを使って支払いできたおかげで、40,000円以上は節約できたと思います。

普段は1.75%の漢方スタイルクラブカードを使いました。誕生日月は当時ライフカードがポイント5倍で使えたので、還元率が2.5%になりました。めちゃくちゃお得だったなぁ。

200万円もの税金の支払いで4万円も節約するためには、nanacoと還元率の高いクレジットカードを併用するしかありません。

支払額がとんでもなかったからこそ、小さな節約が大きな積み重ねになることを実感できました。4万円もあれば、普通に旅行できますよね。この浮いたお金で贅沢でもしようと思います!

まとめ:nanacoを使って税金を安くする流れ

長くなりましたので、ここまで紹介してきた一連の流れをまとめます。

  1. nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを探す
  2. セブンイレブンでnanacoカードを発行する
  3. クレジットカードとnanacoを紐付ける
  4. クレジットカードからnanacoへチャージする
  5. セブン銀行ATMでnanacoの残高確認(センター預かり分を反映)
  6. レジでnanacoを使って税金を支払う

言葉や画像を使って説明すると長くなりますが、一度やれば、そんなに難しいと思わないはず。

200万支払っても4万円しか節約できないと思われるでしょうが、基本的に節約できない税金をこのようなやり方を使えば、浮かせることができますよ!

地道な方法ですが、こんなお得な方法は他にありませんので、使えるうちは使っていくのがお金を残していく上で大切なことです。

セブンイレブンを使う方は、以下のページもおすすめですよ。
いろいろと便利なコンビニです。

おまけ:ミニストップならWAONで税金支払いできます

ここではnanacoを使った税金払いのやり方を説明してきましたが、ミニストップであれば、WAONを使って税金払いができますよ。

同じようにクレジットカードでのチャージでポイントを貯めたらお得になります!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る