インビテーションが来れば年会費無料に!エポスゴールドカードのお得な使い方と招待基準

スポンサーリンク

マルイで買い物する時には欠かせないであろうお得なカードの「エポスカード」

エポスカードには、通常のカード以外にも上位カードにあたる、ゴールドカードプラチナカードがあります。

ゴールドカードという響きがいい感じですよね。
カードのデザインも本格的だし、チラッとカードが見られた時にもステータスを誇示できるのがさり気なく心地いいものです。

ゴールドカードは直接申込もできる

エポスカードのゴールドカード(エポスゴールドカード)ってどうやったら手に入れることができるのか。

今後、ゴールドカード以上を目指すのであれば気になるところですよね。

実はエポスゴールドカードであれば、ネットから直接申込することができますよ。

ですが、いきなりゴールドカードを申し込むとなると、審査に通る確率はそんなに高くないと思います。

私は、普通のエポスカードですら審査に落ちたので、ゴールドカードだと余計に審査に通らないだろうなぁ・・・。

エポスカードを使い続けていると招待が来る可能性も

いきなりゴールドカードを申し込んでもそうそう通らないと思うので、まずは普通のエポスカードを申し込むことをおすすめします。

エポスカードを使い続けていると、ゴールドカードへの招待(インビテーション)が来る可能性があります。

エポスゴールドカードの招待が来るための条件がいまいちハッキリしないので、オペレーターさんに聞いてみました。

こんにちは!
エポスカードからゴールドカードへの招待が来る条件や基準はございますか?

明確な基準がある訳ではございませんが、順調に支払いを重ねていたり、実績がある方に案内させていただく形となっています。

そうなのですね。プラチナカードの場合はどうですか?

プラチナカードの場合もゴールドカードに招待がいく条件と同じような感じになります。

そうなのですね。ご回答ありがとうございました!

ゴールドカードの招待(インビテーション)が来ると年会費無料で使える

エポスカードを持っている方が、ゴールドカードの招待を受けてグレードアップすると、なんと年会費無料でゴールドカードが使えます!

ゴールドカードなのに年会費無料ってかなりすごくないですか?

普通、ゴールドカードともなると年会費がかかるのが当たり前なので、ゴールドカードならではの特典も受けつつ年会費無料なのは相当ありがたいと思います。

もし、いきなりゴールドカードを申し込んだ場合は、5,000円の年会費です。

エポスゴールドカード

年間50万円以上使うと翌年以降の年会費が無料にはなりますけど、最初に年会費を払うのがもったいないので、まずはエポスカードから持ち始めて、ゴールドカードの招待を待つのがいいと思います。

通常のエポスカードも年会費無料ですが、持っていと割引価格でお店を使えたりすることが多くておすすめですよ。

ゴールドカードの招待が来たエピソード

私がいつもお世話になっている方は、エポスゴールドカードを持っています。

その方も、ある日封筒でエポスゴールドカードへの招待が来たそうです。

エポスゴールドカードの招待が来るまでの流れはこんな感じ。

  1. 大学2年生でエポスカード発行
  2. 大学卒業するまではエポスカードを使っていた
  3. 社会人になった年の7月頃からレックスカードを使い始めて、エポスカードを使わなくなった
  4. 社会人2年目になって、ゴールドカードの招待が来た

この流れを見る限り、最初はエポスカードをよく使っていたのですが、その後はあまり使わなくなっています。

ですが、それでもエポスゴールドカードへの招待が来てるんですよね。

よく分からない基準ですけど、この流れを見て思うのは、ゴールドカードにするからもっとエポスゴールドカードを使って欲しいということでしょうか。

もちろん、人それぞれ招待の基準は違うのでなんとも言えないところではありますけどね。

ここから先は、ゴールドカードの特典について紹介していきます。

年間利用額が50万円以上でボーナスポイントプレゼント

エポスカードにはなくて、エポスゴールドカードにある特典の1つに、年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえるところです。

年間50万円以上の買い物で2,500円相当のエポスポイント、年間100万円以上の買い物で10,000円相当のエポスポイントがボーナスポイントとしてもらえます。

エポスゴールドカードのボーナスポイント

もともとのポイント還元率は0.5%で、年間50万円や100万円ちょうど使った場合はその分だけ還元率も高くなりますね。

ちょうど年間100万円使ったら、ボーナスポイント10,000円分と普通に付くポイントの5,000円分で還元率は1.5%です。

マルイのセール「マルコとマルオの7日間」だとセール価格で割引にもなりますし、そのタイミングで欲しいモノを買い物した結果でボーナスポイントがもらえたらラッキーですね。

ボーナスポイント目当てに使うのはおすすめとはいえません。

ポイントの有効期限がなくなる

あと、そんなに目立たない特典ではありますが、エポスゴールドカードで貯めたエポスポイントの有効期限がありません

エポスカードの場合は2年でポイントの有効期限が切れてしまいますが、それがないだけ気長に使えるのでありがたいですね。

国内・海外の一部の空港ラウンジが無料で使える

エポスゴールドカードならではの特典の1つに、国内と海外の一部の空港ラウンジが無料で使えるようになる点があります。

日本であってもどこでも使えるわけではないですけど、主要な空港のラウンジであれば対応していますので、割と使えますよ。

海外であれば、ホノルル空港・仁川国際空港で使えます。

ちょっとした休憩に使うのがおすすめです。私も空港を利用するたびにラウンジを使っていますよ。

下の写真は成田空港のIASSラウンジ1です。実際に行った時に撮影しました。

成田空港のIASSラウンジ

海外旅行傷害保険が自動付帯で傷害・疾病治療費用が充実

ゴールドカードというと、旅行保険も充実しているものです。

エポスゴールドカードは海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。つまり、持っているだけで保険の対象になりますよ。

旅行保険で気になるのが、傷害治療費用と疾病治療費用ですよね。ケガや病気してしまった時の治療費用は外国だと日本以上に高くつきます。

それが1事故あたり300万円まで対応してくれるのは心強いものです。

金額は少し落ちますが、海外旅行傷害保険の自動付帯は通常のエポスカードにもありますので、海外に行く機会が多いなら、そのためだけにエポスカードを持つ価値がありますよ。

さいごに

エポスゴールドカード、もし手に入れることができれば、年会費無料で持てますので、かなりうれしいですよね。

もし、ゴールドカードを持ちたいと思ったら、まずは通常のエポスカードを持っておき、招待が来るのを首を長くして待っておきましょう。

招待が来た方の話だと、社会人2年目で招待が来たので、単純計算すると23歳の時点でゴールドカードが持ててることになりますよね。

この年齢でゴールドカードを持ってたら、周りから一目置かれるでしょう。その点でもエポスゴールドカードは魅力的といえますよ。

▼エポスカードの詳細・申込はこちらから▼

ゴールドカードを使い続けていると、プラチナカードの招待が来るかもしれません。

エポスゴールドカード以外でゴールドカードを検討されるなら、以下の記事も合わせて参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る