モバイルSuicaのビュー・エクスプレス特約を使って新幹線の運賃を安くする全手順

スポンサーリンク

モバイルSuicaを持っていると、「ビュー・エクスプレス特約」という別サービスを利用することができます。

年会費1,080円掛かるデメリットはありますが、新幹線に一度でも乗れば元が取れるぐらい割引率が高いですよ。

私もよく出張などで新幹線を使うので、割引できるとそれだけ節約になるんですよね。

そんなわけで、ビュー・エクスプレス特約を使うための準備や設定・実際に予約して新幹線に乗車するまでの流れを紹介していきます。

モバイルSuicaのビュー・エクスプレス特約

準備編

ビュー・エクスプレス特約を使うためには、モバイルSuicaが必要です。

モバイルSuicaを用意して、その後に申込手続きをしていく必要があります。

一連の流れは以下の通り。

  • おサイフケータイでモバイルSuicaの設定を行う
  • ビュー・エクスプレス特約の申込を行う
  • JR東海からエクスプレス予約の会員証が到着
  • エクスプレス予約の会員登録

それでは、1つ1つの手順を説明していきましょう。

おサイフケータイでモバイルSuicaの設定を行う

まずは、おサイフケータイに対応した携帯電話でモバイルSuicaに登録しておかないと、何も始まりません。

モバイルSuicaに登録しておきましょう。

ビュー・エクスプレス特約の申込を行う

モバイルSuicaの登録ができれば、アプリを開いて、ビュー・エクスプレス特約の申込ができます。

詳しい手続きのやり方は、以下のページで。

JR東海からエクスプレス予約の会員証が到着

ビュー・エクスプレス特約に申込すると、2週間ほどしたあとで、エクスプレス予約ができる会員証が届きます。

この時の様子も、以下のページで。

エクスプレス予約の会員登録

会員証が届いたら、エクスプレス予約の登録をしておきましょう。

登録しておかないと、新幹線の予約ができませんので、忘れないようにしてくださいね。

エクスプレス予約の会員登録のやり方も以下のページで説明しています。

予約・乗車編

ここまでの手続きが終われば、いよいよ新幹線の予約ですね!
割引運賃で新幹線に乗れますよ。

東海道新幹線・山陽新幹線の予約を行う

ビュー・エクスプレス特約を使うことで、東海道新幹線・山陽新幹線を割引運賃で乗ることができます。

エクスプレス予約のページから、新幹線の切符を予約しないといけません。

予約手順は、以下のページで。

グリーンプログラムのポイントが貯まっていれば、普通車の料金でグリーン車に乗ることができますよ。

チケットをみどりの券売機で発券する

予約できただけでは、新幹線に乗れません。
切符を発券しないと改札に通れないですよね。

さいごに切符を発券するやり方も分からなかったので、以下のページで説明しています。

エクスプレス予約した新幹線の切符を発券する方法

新幹線に乗車する

切符を発券できたら、あとは新幹線に乗るだけです。

新幹線に乗って快適な時間を過ごしてくださいね。

N700系の新幹線

さいごに

文章で説明すると、手順がそれなりに多いように見えますが、実際にやってみると、そんなに時間はかかりません。

慣れてしまえば、すぐにできるようになるし、それなのに料金は割引にできるので、お得ですよ。

私も一度使って、こんなに安くできるのか〜!
と、びっくりしています。

もっと早く知っていれば良かったとさえ思うぐらい。

モバイルSuicaを使っている方で、東海道新幹線や山陽新幹線に乗る機会が多い方は、ぜひ使って欲しいサービスです!

おまけ:新幹線を割引する方法

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る