dカードとdカードゴールドのお得な使い方とポイント活用法ガイド。ドコモユーザーなら必ず持ちたいカード!

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカードマニアのノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ドコモの携帯を使っている方は、毎月それなりの携帯料金を払っていると思います。

どうせならば、払っている携帯料金に見合うだけのサービスを受けたいですよね。

dポイントカード・クレジットカード・電子マネーiDの3種類が一体型になったカードの「dカード」を使うことで、よりお得にドコモ携帯を使うことができます。

dカードには、以下の2種類のカードがありますよ。
今はポインコのデザインが入ったdカードになっています。

2種類のカード、それぞれ特徴がありますので、ドコモ携帯の毎月の料金の元を取っていくためにできることを紹介していきますね。

dカードは、ドコモ携帯を持っていないと使えないイメージがありますけど、そんなことはありません。

実は誰でも持てるクレジットカードなんですよ!

dカードとdカードGOLDのお得な活用法ガイド

他のカードと比較されたい方はこちらから探せます。

時間のない方へ:要点だけのまとめ

このページでは、dカードとdカードGOLDをよりお得に使うためにできることをまとめて紹介しています。

でも、全部じっくり読むほどの時間がないこともありますよね。
そんな方のために、dカードの要点だけをまとめました。

  • dカードは初年度年会費無料、2年目以降は年1回使えば年会費無料
  • dカードGOLDは年会費税抜10,000円
  • ドコモユーザー以外でも申し込みできる
  • ローソン・マクドナルドで3%安くなる
  • ポイント還元率1%でdポイントが貯まる
  • スペシャルクーポンでお出かけの割引が充実する
  • ゴールドカードは最大10万円のケータイ補償がある

また、簡易的な比較表も作りました!

dカードとdカードゴールドの比較表
項目dカードdカードゴールド
年会費1,350円
年1回以上利用で無料
10,800円
ポイント還元率1%1%
dポイントクラブのステージブロンズゴールド
dカードケータイ補償最大1万円分
(購入から1年間)
最大10万円分
(購入から3年間)
空港ラウンジ国内28ヶ所
海外旅行傷害保険自動付帯

ドコモユーザーでなくても申し込みできるのは盲点だと思います。
かなりお得なカードですので、ドコモユーザー以外でもおすすめですよ^^

dカードを今すぐ発行するならこちらから
dカードGOLDを今すぐ発行するならこちらから

dカードは年会費無料、GOLDは年会費10,000円

dカードは、年会費無料で持てるカードです。
ただし、2年目以降は前年に1度もカード利用がなければ、税抜1,250円かかります。

1度でも使えば半永久的に無料で使えるので、あまり年会費は気にしなくてもいいかも。

もう1つのdカードGOLDは、年会費が税抜10,000円かかります。
さすがゴールドカードという年会費の高さですよね。

家族カードを作る場合の年会費に注意!

dカード、dカードゴールドそれぞれ家族カードを作ることができます。
家族カードって便利そうに思えるのですが、年会費のことを意識しておくのが大切です。

特にdカードの場合は、年会費432円がかかります。
dカード自体、年に1回使えば年会費無料になりますので、わざわざ家族カードを作る必要性がないですよね。

あと、dカードの入会キャンペーンがありますので、そこでもらえるポイントを考慮するとdカードに関しては家族カードの必要性が薄いです。

ただ、dカードゴールドになると話は別。
こちらは1人目まで家族カードの年会費が無料になります!

例えば、夫婦でdカードゴールドを利用する場合は1人あたりの年会費を半額にできますよね。

もし、2枚目以降の家族カードを持つ場合でも、年会費1,080円で済みます。
この点もお得ですよ。

VISAとMasterCardブランドから選べる

dカードのブランドは、普通・ゴールドともにVISAとMasterCardから選べます。

どちらか好きな方を選ぶといいですよ。
どちらかが特に有利というのはありません。

VISAもMasterCardも、海外で使うときにも使えるお店が多いので、どこでも役立ちますよ。

ポイント還元率はどちらも1%

dカードって、ポイントは貯まりやすいのかどうかが気になりますよね。

貯まるポイントは、ドコモのポイントである「dポイント」です。

100円買い物するごとに1ポイント貯まります。
貯めたdポイントは、街のdポイント加盟店で利用できますよ。

ローソンマクドナルドで使えるので、それなりに対応しているお店は多くなりますね。

dポイント加盟店は、今後も増え続けるので、使い勝手は日に日に良くなっていくと思います。

dカード特約店ではポイント還元率が2%以上にできる

普通に使った場合、dポイントの還元率は1%ですけど、使うお店によってはポイント還元率が2%以上になりますよ。

これらのお店のことを「dカード特約店」といいます。

dカード特約店になっているお店の一覧は以下の通り。

  • ENEOS:2%
  • 三越伊勢丹:2%
  • 東急ホテルズ:3%
  • ショップジャパン:2%
  • JAL国内線航空券の購入(カウンター・オンライン):2%
  • スタバカードへのチャージ:4%
  • 中部電力の電気料金自動支払い:2%
  • 洋服の青山・THE SUIT COMPANYでの買い物:2%
  • JTB専用ナビダイヤルから旅行の申込:3%
  • コナカでの買い物:3%
  • オリックスレンタカー代の支払い:4%
  • リンベル:5%
  • サカイ引越センターの利用:4%
  • フタタでの買い物:3%

貯めたdポイントは、普段の買い物で使おう

貯めたdポイントは、ローソンマクドナルド、空港おみやげ店のBLUE SKYタワーレコードなどのお店で1ポイント1円から使うことができます。

たくさん貯めたけど、ムダになってしまった・・・そんなことはdカードの場合はないので安心してポイントを貯めてくださいね。

dポイントの使い方の詳細は、以下のページが詳しいです。

ローソンとマクドナルドの買い物が3%割引になる

dカードとdカードGOLDを使っている方は、ローソンやマクドナルドで使うと3%割引で買い物ができますよ。

ローソンの場合は税抜価格から3%OFFに、マクドナルドの場合は、iDで支払った時に限り税込価格から3%OFFになります。

マクドナルドは、もともと安いのにさらに税込価格から3%も安くなって大丈夫なの?って思ってしまいますね・・・。

ローソンとマクドナルドをよく利用されているのであれば、割引カードにできますので、それだけでも利用価値がありますよ!

dポイントの還元と合わせると、3%値引き+1%(dカード提示)+1%(dカード決済)のdポイントで、常に5%お得な買い物ができることになりますね。

ローソンをよく使うなら、dカードはかなりおすすめです!
dカードを今すぐ発行するならこちらから
dカードGOLDを今すぐ発行するならこちらから

マクドナルドのポテトとドリンク

dポイントクラブのステージがブロンズ・ゴールドにできる

dカードを持っていると、会員サービスであるdポイントクラブの会員ステージを高くすることができます。

  • dカード:ブロンズ
  • dカードGOLD:ゴールド

dポイントクラブの会員ステージは以下の4つで、上から下に行くほどグレードが高くなります。

  1. レギュラー
  2. ブロンズ
  3. シルバー
  4. ゴールド

ブロンズ以上になることで、スペシャルクーポンが使えるようになり、いろいろな施設を割引価格で使えるようになりますよ。

年会費がほぼ無料になるdカードでさえ、割引になるので、めちゃくちゃお得です!

割引になる一例は以下の通り。

  • イオンシネマ:1,800円 → 1,300円(毎週火曜日はドコモチューズデーで1,100円)
  • 新江ノ島水族館入館券:2,100円 → 1,575円
  • ラフィネギフトカード:2,160円 → 1,940円

イオンシネマで使えて、しかも割引額が大きいのはいい感じですね!

dポイントクラブのステージ判定条件

先ほど、4種類のdポイントクラブのステージを紹介しました。
では、それぞれのステージになるためには、どのような条件を満たせばいいのかが気になりませんか?

dポイントクラブのステージ判定条件は、基本的に6ヶ月間のdポイント獲得数で決まります。

dポイントクラブのステージ判定条件
ステージポイント数その他条件
レギュラー600ポイント未満
ブロンズ600ポイント以上dカード保有
ドコモ契約継続10年以上
シルバー3,000ポイント以上ドコモ契約継続15年以上
ゴールド10,000ポイント以上dカードゴールド保有

スペシャルクーポンが使えるお店

スペシャルクーポンは、いろいろなお店で使えて知れば知るほどお得です。

クーポンがある主なところを紹介しますね。

ちなみに、映画館はクーポンを発行しているところが多いので、映画を見るならぜひ使いましょう。

有名ドコロの映画館でクーポンを発行しているのは、以下の通りです。

他には、お釣りの出る金券であるジェフグルメカードが割引価格で購入できますよ。

25,000円が24,500円で販売されていました。
割引率は2%ですね。1枚あたり490円です。

シルバー以上だとプレミアムクーポンも使えるように

dポイントクラブのシルバー会員以上だと、プレミアムクーポンも使えるようになります。

こちらはスペシャルクーポンよりも価値が高く、毎月抽選でチケットが当たるなどのサービスがありますよ。

代表的なところを一覧にしました。

  • USJのスタジオ・パス(ペア)が抽選で当たる
  • USJのドコモラウンジ利用が抽選で当たる
  • 劇団四季のミュージカルチケット(ペア)が抽選で当たる
  • JAL「おもてなし空間」が利用できる
  • 温泉旅館やシティホテル宿泊プランが抽選で当たる
  • ホテルやレストランランチが抽選で当たる
  • 映画ペアチケットが抽選で当たる
  • ローソンやファミマでスイーツ・フードが当たることも
  • タリーズカードやタリーズのドリンクチケットが抽選で当たる

dケータイ払いプラスにもdカードが使える

2015年12月1日から始まるドコモの決済サービスの「dケータイ払いプラス」でも、dカードが使えます。

dケータイ払いプラスを使った時のポイント還元率は、普通に使った時と同じ1%ですよ。

dケータイ払いプラスに加盟しているお店は以下の通りです。
今後も増えていくとのことで、楽しみですよね。

貯めたdポイントも使うことができます。
ずっと持っててもしかたないので、このタイミングで使って割引しましょう。

電子マネー「iD」と一体型で支払をラクにできる

ここまではポイントや特典の話が多かったですが、カード自体の使い方にも目を向けてみると、いろいろ便利なことがあります。

まずは、電子マネーの「iD」と一体型になっていることから。
クレジットカードが電子マネー代わりにもなっていて、iDに対応しているレジでは、カードをかざすだけで支払いが終わります。

クレジットカード払いだと、暗証番号の入力やサインを求められるなど、手間がかかることもありますよね。

それが電子マネーだとなくなるのも大きな魅力。
iDの支払いは、dカードから引き落とされるので、貯まるポイントはまったく同じですよ。

お金だけでなく時間も短縮できるので、iDが使えるところはカード払いよりも電子マネー払いがおすすめです!

dカードはApple Payに対応している

iPhone7以降やApple Watchは、Apple Payに対応していますよね。

クレジットカードのdカードは、電子マネーの「iD」も一緒になっているので、設定しておけばApple Payでの支払いができるようになります。

ポイントが貯まりやすいカードでもありますし、Apple Payを設定しておくと、支払いの手間も省くことができますね。

使うときは、「iDで支払います」と伝えてから、かざして決済を済ませましょう。

参考:Apple Payの使い方はこちらで

購入した iPhone7 SIMフリー版
↑iPhone7 SIMフリー版↑

dカードGOLDにしかない特典とは? 年会費の元がすぐ取れるぐらいのお得感がありますよ

dカードGOLDって年会費が10,000円も掛かるし、高すぎる印象があると思います。

ゴールドカードなので、当然といえば当然なのですが、知れば知るほど、これだけあって1万円でいいの?と思うほどのサービスがありますよ。

それをこれから見ていきましょう。

万一の時に3年間最大100,000円キャッシュバック

万が一、紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)になってしまった時でも、3年以内なら最大10万円まで補償がきくケータイ補償サービスという仕組みがあります。

10万円は大きいですね。
ほぼ全額カバーできるでしょう。
iPhoneの場合は、AppleCareに入る必要もなくなりそうです。

dカードGOLDを使う一番のメリットはここかもしれませんね。
これのおかげで、デメリットだった年会費が安心料になります。

ゴールドカードではないdカードでは、最高1万円を補償するケータイ補償サービスがありますが、これだと心もとないですよね。

ドコモ携帯を買うのであれば、必ずdカードGOLDから買うようにしましょう。
やはり10万円の補償があるのは大きいし、安心感が大きいですよ。

ドコモ携帯を買うならこちらから

これがあるので、9月に出るであろうiPhoneを買おうと思っているなら、dカードGOLDをあらかじめ持っておくのがおすすめです!

参考:iPhoneをドコモで買う方法と買う前に知っておきたいことのまとめ

毎月の携帯料金(税抜)に対して10%のdポイントが貯まる

dカードGOLDを使ってドコモ携帯の料金を払うと、税抜ではありますが毎月の利用額に対して10%ものdポイントが貯まります。

仮に月に10,000円使ったとすると、1,000円分がポイントになる訳です。

ドコモの携帯はそれなりに高いので、ゴールドカードを使って少しでも元を取りましょう。

海外旅行傷害保険がかなり手厚い

dカードGOLDを持っていると、海外旅行傷害保険が自動付帯になります。

傷害・疾病治療費用が300万円、救援者費用が500万円の金額ですね。

年会費無料のカードではなかなかこの金額にはならないので、さすがゴールドカードといったところ。

それ以外にも、海外航空便遅延費用特約もあり、飛行機の遅延や手荷物を紛失した場合にわずかながら保険金が出ます。

  • 乗継遅延:2万円
  • 手荷物遅延:1万円
  • 手荷物紛失:2万円
  • 出航遅延・欠航:1万円

国内の空港ラウンジはカード提示で無料に

dカードGOLDは、ゴールドカードということもあり、日本国内の空港ラウンジでカードを提示すれば、無料でラウンジが使えますよ。

飛行機が出発するまでの時間を過ごすのに便利なので、ぜひ使ってみましょう。

仙台空港のラウンジ
↑先日利用した仙台空港のラウンジ↑

参考:空港ラウンジ.com

DCMXを使っている方はdカードサイトやドコモショップ店頭で切替できる

現在のドコモのクレジットカードであるDCMXやDCMX GOLDを使っている方が、dカードを使いたいと思った時にどうすればいいのかが気になるところですよね。

既にDCMXを使っている方は、カードの有効期限まではそのまま使い続けることができます。

そうではなく、いち早くdカードを使いたいんだ〜!という方は、dカードサイトやドコモショップ店頭でカードの切替ができますよ。

もちろん手数料無料です!

ネットから手続きする方が時間短縮になりますので、dカードのサイトから手続きしておきましょう。

さいごに

こんなにお得でいいのですか?
そう思ってしまうほど、dカードは使えば使うほどお得になるクレジットカードですよ。

還元率1%でdポイントを貯めることができる上に、ローソンマクドナルドで3%安く買い物できたりして、普段使いにもいい感じです。

ドコモの携帯を使っていて、かつこれらのお店を利用されているのであれば、確実にお得といえるクレジットカードですね!

dカードもあわせて使って、少しでも料金の元を取っていきましょう^^

DCMXを既に持っている方も、dカードのサイトからカンタンに切り替え手続きができますよ。

iPhone7の目玉でもあるApple Payにも対応しているクレジットカードですので、紐付けておくと使い勝手がさらによくなりそうです。

ちなみに、ドコモ携帯を持っていなくて、auやソフトバンク・格安SIMを使っている方でもdカードは作れますよ!

dカードの詳細はこちら
dカードGOLDの詳細はこちら

dカードの申込時の注意点は以下のページでまとめました。

dカードを使うことで貯まるdポイント、どう活用していいか迷うなら以下のページもおすすめです。

現在実施中のキャンペーン

dカード

もれなく最大7,000円分iDキャシュバック

  • ご入会でiDキャッシュバック1,000円分
  • ご入会&エントリーかつご入会の翌々月末までに合計2万円以上dカードを使うとiDキャッシュバック4,000円分
  • 特典2の条件を満たしつつご入会翌月末時点で「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定でiDキャッシュバック(1,000+1,000)円分

キャンペーン終了日時:2017-06-30 23:59:59

dカードGOLD

入会後エントリーでもれなく12,000円分iDキャッシュバック

  • ご入会でiDキャッシュバック2,000円分
  • ご入会&エントリーかつご入会の翌々月末までに合計に2万円以上dカード GOLDを使うとiDキャッシュバック8,000円分
  • 特典2の条件を満たしつつご入会翌月までに「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定するとiDキャッシュバック(1,000+1,000)円分

キャンペーン終了日時:2017-06-30 23:59:59

参考:dカード・dカードゴールドの入会キャンペーンと条件を満たす方法のまとめ

番外編:dカード解約する場合の手順

ここでは、dカードをこれから作ろうという方に向けて情報を伝えてきましたが、既に使っていたけどやっぱり解約しようという場合もありますよね。

その場合の手順は、以下の記事でまとめています。

おまけ:決めきれず、カード探しをしている方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る