楽天銀行のハッピープログラムを使い倒す方法とは?手数料優遇やポイント付与でお得になるのがうれしい

スポンサーリンク

こんにちは!
メインで楽天銀行を使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

楽天銀行を利用する時に気になるのがもろもろの手数料だと思います。

やっぱりATM手数料とか振込手数料は安いに越したことはありませんよね。
できることなら1円も払いたくないものです。

楽天銀行は、仕組み自体が少しややこしいのもありますが、逆に使いこなせれば他の銀行よりもお得に使えるのが大きなメリットなんですよね。

楽天銀行には、ハッピープログラムという名前の特典がありますので、このページでは、ハッピープログラムについて詳しく紹介していきます。

楽天銀行のハッピープログラムを使い倒せば手数料優遇やポイント付与でお得に!

ハッピープログラムを使うとどんないいことがあるのか

楽天銀行のハッピープログラムを使うことでどんないいことがあるのか、気になるのはそこだと思います。

主な特典を以下でまとめましたので、チェックしてみてください。

  • ATM手数料が月1〜7回無料に(アドバンスト以上)
  • 他行宛振込手数料が1〜3回無料に(アドバンスト以上)
  • 振込手数料を楽天スーパーポイントで支払いできる
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

会員ステージによって、これらの特典内容がグレードアップしていきますよ。
これ、全部便利ですよね。

振込手数料を楽天スーパーポイントで払うのは使う必要ないですが、それ以外は全部おすすめの特典です!

特に、ATM手数料が無料になるのと他行宛振込手数料が無料になるのは最高ですね。

ちあんみに、私自身もハッピープログラムの特典を大いに享受していますよ〜!
本当に助かってます。

でも、楽天銀行の口座だけ作って全く使わないのであれば、ATM手数料が無料にならないので、その点はかなり不便ですけどね。

会員ステージの一覧とレベルを上げる方法

いきなり会員ステージという言葉が出てきましたが、これがいまいち何を意味するかが分からないですよね。

楽天銀行のハッピープログラムには、会員ステージという仕組みがあって、楽天銀行の資産総額や「レベル」によってステージが上がるようになっています。

会員ステージ一覧は以下の通り。

  • ベーシック
  • アドバンスト(10万円以上 or 5件以上)
  • プレミアム(50万円以上 or 10件以上)
  • VIP(100万円以上 or 20件以上)
  • スーパーVIP(300万円以上 or 30件以上)

ベーシックが最低ランクで、スーパーVIPが一番優遇されています。
件数は、楽天銀行での取引件数のこと。

楽天銀行をよく利用したり、預けている金額が多い方が優遇されるようになっています。
あまり使っていない人には厳しいですが、よくよく考えたら当たり前のことですよね。

会社員時代は常にスーパーVIPでしたけど、今は出て行くお金も多いので、プレミアムかVIPの間をうろうろしている感じです。自分の気持ち的には、常にVIP以上ではいたいな〜と思いますね。

会員ステージによって、ATMを無料で使える回数が変わってきます。
最低でもアドバンスト以上になっておくことが楽天銀行を普通に利用するための条件ですね。

口座開設後半年間は、ベーシックでもATM手数料が5回無料になりますので、その間にせめて10万円以上は預けておきましょう。

会員ステージごとの月間ATM無料利用回数は以下の通りです。

  • ベーシック:0回
  • アドバンスト:1回
  • プレミアム:2回
  • VIP:5回
  • スーパーVIP:7回

ハッピープログラムで楽天スーパーポイントを貯める方法

個人的に、楽天銀行のハッピープログラムで一番オイシイと思うのが、銀行利用で楽天スーパーポイントが貯まることです。

楽天銀行をメインバンクにしていることで、地味にポイントがどんどん増えていくので、気付けば結構貯まっているということもよくあります。

もちろん貯めたポイントは、楽天市場での買い物に使えますよ。
無印良品の買い物にも使えたりします。

楽天銀行の利用で楽天スーパーポイントが貯まる条件を一覧にしてみました。

  • 他行口座からの振込
  • JRA 即PAT・楽天競馬・SPAT4への入金
  • ボートレースへの入金
  • KEIRIN.JP・チャリロト・Kドリームス・e-SHINBUN BETへの入金
  • 楽天銀行法人口座からの振込入金
  • 給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
  • 他行口座への振込
  • 口座振替(自動引落)
  • 楽天バンク決済
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 楽天銀行即時入金サービス
  • 海外送金(送金のみ)
  • ゆうちょ出金
  • ATM取引(入出金)

会員ステージによって貯まるポイントは以下の通りです。

  • ベーシック・アドバンスト:1ポイント
  • プレミアム:2ポイント
  • VIP・スーパーVIP:3ポイント

宝くじのロトやナンバーズは、会員ステージに関係なく1ポイント貯まります。

あとは、楽天証券の取引によってポイントが貯まりますよ。

将来の資産形成に向けて楽天証券の口座も合わせて作っておくのがおすすめです。
マネーブリッジで普通預金金利が大手銀行の100倍である0.10%にできますし。

参考:楽天証券の口座開設はこちら

▼過去に楽天銀行からもらった利息がこちら。
マネーブリッジの効果は大きいですよね・・・。

マネーブリッジ 楽天銀行の利息 2017年9月
↑楽天銀行の利息(マネーブリッジ反映後)↑

ハッピープログラムのおすすめ活用方法

ここからは、ハッピープログラムで登場したいろいろな条件の中で満たせそうなのを紹介していきますね。

  • 他行口座からの振込
  • 給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
  • 他行口座への振込
  • 口座振替(自動引落)
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 楽天銀行即時入金サービス
  • ATM取引(入出金)

一般的に使うのは、振込とATMですよね。
これだけでもそれなりにポイントが貯まりますよ。

ヤフオク出品Amazon出品などが多い方は楽天銀行で受け取ることでその都度、楽天スーパーポイントが加算されるイメージです。

また、クレジットカードの引き落としなどで口座振替を設定しておくと、それだけで楽天スーパーポイントがもらえます。これもかなりお得な仕組みですよね。

Pay-easyは、セディナカードで海外キャッシングしたときの返済で使えますし、それでさらにポイントが貯まるとか「お得」という言葉しか出てきません。

もう1つ見逃せないのが、楽天銀行即時入金サービスです。
証券会社やFXの口座に即時入金するだけで楽天スーパーポイントがもらえるという、これまたお得すぎるサービスですね。

即時入金サービス、ほとんどが無料ですので、お金をかけずにポイントだけもらえちゃいます・・・。

▼ちなみにこちらの写真、私がハッピープログラムでもらった楽天スーパーポイントです。
何も考えずに1ヶ月使っていたらこんなことになりました。

1ヶ月で48ポイントも貯まっています。

楽天銀行の取引で貯まった楽天スーパーポイント
↑楽天銀行ハッピープログラムで貯めたポイント↑

楽天銀行ハッピープログラムを利用する方法

いろいろなメリットがあるのは分かったけど、どうやって楽天銀行のハッピープログラムを利用すればいいのでしょうか?

初めての場合、そもそもどうやってハッピープログラムを使えばいいのかが分からないものです。

楽天銀行のハッピープログラムは、楽天銀行に口座開設後、ログインして簡単なエントリー作業を行うだけでハッピープログラムを利用できます。

エントリー作業って1回だけみたいで、私はすでにハッピープログラムを利用している扱いになっていました。

楽天銀行 ハッピープログラム

ハッピープログラムを利用するためには、楽天銀行の「はじめてのお客さまへ」ページから、「楽天銀行にログインしてエントリー」ボタンを押して手続きを済ませてください。

そうすれば、上のような画面が出てくるはずです。

楽天銀行をフル活用しましょう!

楽天銀行って、楽天が運営していることもあって、どうしてもややこしくなりがちです。

あえて分かりにくくしているのではないかと思うほど。
でも、仕組みを知って使いこなすことで、ユーザーにとってメリットがたくさんあるんですよね。

楽天銀行をそれなりに使い続けるということが前提ではありますが、うまく活用できれば、家計の助けには確実になります。

もし、まだ楽天銀行の口座を持ってないのであれば、この機会に作っておきましょう。
また、楽天銀行は楽天証券の口座と同時に作れますので、楽天証券から同時に作るのがおすすめ。

楽天証券だと、2017年夏から楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるので、気軽に資産運用を始められますよ!

おまけ:関連する記事

楽天銀行については、以下のページでより詳しくまとめましたので、合わせて読んでみてくださいね。

ハッピープログラムで貯まる楽天スーパーポイントの活用方法は以下のページでいろいろ紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る