楽天ANAマイレージクラブカードのメリット・デメリットまとめ。楽天カードからの切り替え・2枚持ちができるのかも解説

松本 博樹の画像

楽天のクレジットカードは、以前は楽天カードだけでしたが、最近ではさまざまな種類が増えました。

その中でも楽天ANAマイレージクラブカード(楽天ANAカード)は、楽天ポイントやANAマイルを貯めている方にとって選択肢の1つになります。

普通の楽天カードと何が違うのか、お得になる使い方はあるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、楽天ANAマイレージクラブカードのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。

参考:楽天ANAマイレージクラブカードを詳しく見るにはこちら

楽天ANAマイレージクラブカードのお得な使い方と楽天カードの違いを解説

純粋なANAカードについては、以下のページでまとめています。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴・メリットまとめ

ここでは「楽天ANAマイレージクラブカード」のメリットや、普通の楽天カードとの違いを紹介していきますが、時間がなくて要点だけ知りたい場合もあると思います。

そこで、以下にカードの主な特徴をまとめてみました。

  • 年に1回でもカードを利用すれば年会費は無料
  • ANAマイレージクラブに入会できる
  • ANAマイル・楽天ポイントのどちらを貯めるか選べる
  • 楽天ポイントカード・楽天Edyの機能付き
  • 海外旅行傷害保険もあり(利用付帯)
  • ブランドはJCB・VISA・Mastercardから選べる
  • VISA・Mastercardブランドならタッチ決済の機能付き

楽天カード・ANAマイレージクラブ・楽天ポイントカード・楽天Edyと、4つの機能が1枚にまとめられているのが魅力ですね。

それぞれの項目について、ここから詳しく解説していきます。

年に1回でも使えば年会費が無料に

普通の楽天カードは年会費がずっと無料なので、楽天ANAマイレージクラブカードも年会費無料で持てるのではと思いますよね。

楽天ANAマイレージクラブカードをしっかりと使っていくのであれば、年会費無料にできます。

初年度の年会費は無料で、2年目以降は年に1回でも使っていれば年会費無料です。

もし、まったく使わないのであれば、年会費が税込550円かかります。

楽天ANAマイレージクラブカードを持つことを決めたなら、年に1回以上は使いましょう。

ANAマイレージクラブに同時入会できる

楽天ANAマイレージクラブカードは、名前のとおり、カード申込でANAマイレージクラブに加入できます。

ANAマイレージクラブに加入するには、ANAカードを作ったり、単独で入会したりする必要がありましたが、クレジットカード1枚で両方の機能があるのは便利なところです。

ただ、ANAカードがあればANAマイレージクラブに加入できますので、ANAマイルを貯めるという点ではそれほど優位性があるとはいえません。

ANAマイル・楽天ポイントのどちらかを貯められる

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルもしくは楽天ポイントのどちらかを貯めることができます。

どちらを貯めるのかは、自由に設定変更できますので、自分のライフスタイルに合わせて決められますよ。

ANAと楽天の両方が関わっているからこそできる方法ですね!

両方のポイントを貯めている場合は使いやすいカードだと思います。

楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイルか楽天ポイントを貯められる

ANAマイルは200円で1マイル貯まる

楽天ANAマイレージクラブカードでANAマイルを貯める場合は、200円ごとに1マイル貯まります。

マイルの還元率でいうと0.5%ですね。
他のANAカードとほとんど変わりません。

年会費無料のクレジットカードでANAマイルを貯めたいと思っているのであれば、ANAマイルを貯める設定にしておくといいですよ。

楽天ポイントは100円で1ポイント貯まる

楽天ポイントを貯める設定にした場合は、100円ごとに1ポイント貯まります。

普通の楽天カードと同じで、還元率が1%ですね。

楽天市場で買い物する機会が多いのであれば、楽天ポイントを貯める設定にしておきましょう。

楽天ポイントカード・楽天Edyも付帯

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードの機能を含んでいます。

楽天カードは、楽天ポイントカード・楽天Edyとしても使うことができますよね。

もちろん、楽天ANAマイレージクラブカードになっても同じ機能がありますよ。

ANAマイレージクラブを含めると、1枚で4役にもなるのが大きな特徴です。

海外旅行傷害保険もある

楽天ANAマイレージクラブカードは、ほとんど年会費無料で持てるにも関わらず、海外旅行傷害保険が用意されています。

肝心な傷害治療費用や疾病治療費用は、200万円の限度額が設定されていますよ。

ただ、海外旅行傷害保険は利用付帯のため、日本を出国する前に「募集型企画旅行」の代金を楽天ANAマイレージクラブカードで支払っておく必要があります。

もし海外旅行傷害保険を重視するなら、自動付帯になっているカードを使うのが一番です。

エポスカードを持っておくのがおすすめですね。

VISA・Mastercardブランドならタッチ決済が可能

楽天ANAマイレージクラブカードは、JCB・VISA・Mastercardの3種類のブランドがあります。

VISAなら「VISAのタッチ決済」、Mastercardなら「Mastercardコンタクトレス」が使えるカードが作れますよ。

タッチ決済に対応しているお店であれば、端末にカードをかざすだけで会計できるため、買い物の時間を短縮できますね!

また、楽天ANAマイレージクラブカードはApple Payにも対応しています。

JCBブランドを選んだ場合でも、Apple Payにカードを登録しておけばタッチ決済が可能ですよ。

楽天ANAマイレージクラブカードのデメリットはある?

楽天ANAマイレージクラブカードを検討するうえで、デメリットがないかは知っておきたいですよね。

主なデメリットとして、ボーナスマイルが付与されなかったり、楽天ポイントクラブのランクアップ対象にならないケースがあったりします。

以下で詳しく説明しますので、参考にしてみてください。

搭乗時・年間更新のボーナスマイルはなし

楽天ANAマイレージクラブカードでは、ANAの飛行機を予約したときにボーナスマイルが貯まるのか気になるところです。

楽天カードのオペレーターさんに問い合わせたら、「ANAに問い合わせてください」とのことだったので、ANAに電話で確認してみました。

楽天ANAマイレージクラブカードでANAの飛行機を予約したら、搭乗時のボーナスマイルはありますか?普通のANAカードではそれがあるので、気になりまして…。

楽天ANAマイレージクラブカードでは、ボーナスマイルはありません。搭乗時や年間の更新時にもらえるマイルはないです。

そうなんですね、ご回答ありがとうございました!

という感じで、ボーナスマイルはないとのことです。

サイト内には記述がなかったので、気になっていましたが、あっさりとボーナスマイルがないと言われてすっきりしました。

普通のANAカードなら、搭乗や更新(継続)時にマイルがもらえますよ。

ANAマイルコースの場合は楽天ポイントクラブのランクが上がらない

楽天ANAマイレージクラブカードで、ANAマイルを貯める「ANAマイルコース」を選択する場合、楽天ポイントクラブのランクアップの対象にはなりません。

楽天ポイントクラブには、以下5種類の会員ランクがあります。

それぞれのランクに応じて、お得な特典が用意されていますよ。

例えば、会員ランクが「プラチナ」または「ダイヤモンド」になると、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ポイントクラブの会員ランクにこだわるなら、楽天ポイントを貯める「楽天ポイントコース」を選びましょう。

ANAマイルから楽天ポイントへの交換はおすすめできない

ANAマイルと楽天ポイントは、基本的に相互交換ができます。

それぞれのレートは以下のとおり。

  • 楽天ポイント → ANAマイル:2ポイント → 1マイル
  • ANAマイル → 楽天ポイント:10,000マイル → 10,000ポイント

ANAマイルから楽天ポイントへの交換は、レートが悪いのでおすすめできません。

相互交換するのではなく、ANAマイルは飛行機に乗るときに使いましょう。

また、楽天の期間限定ポイントや提携先から交換したポイントは、ANAマイルとの交換はできません。

他の楽天カードから楽天ANAマイレージクラブカードに切り替えたい場合

普通の楽天カードを使っていて、楽天ANAマイレージクラブカードに切り替えたい場合もあるかもしれませんね。

楽天カードから楽天ANAマイレージクラブカードにするには、カードの切替手続きが必要です。

カードの切替手続きには、手数料として税込1,100円かかります。

手数料を払いたくないなら一旦解約するという方法もありますが、楽天カードが使えない期間が発生するので注意しましょう。

他の楽天カードとの2枚持ちはできません

楽天カードは、組み合わせにより追加でもう1枚作ることができます。

「カードの切替や解約は面倒だから、楽天ANAマイレージクラブカードを追加して2枚持ちしたい」と思うかもしれません。

しかし、残念ながら楽天ANAマイレージクラブカードの追加申込は不可となっています。

また、楽天ANAマイレージクラブカードを持っているときに、他の楽天カードを追加で作ることもできません。

楽天カードを2枚持ちしたいと考えているなら、他の種類を検討しましょう。

さいごに

楽天ANAマイレージクラブカードのメリットやデメリットを紹介してきましたが、個人的にいいと思うのは、ほぼ年会費無料でANAマイルを貯められる点です。

年に1回でも使えば、2年目以降も年会費無料になるので、普通に使っていればお金がかかりません。

飛行機に乗るときに貯めるのではなく、普段の生活で気軽にANAマイルを貯めていこうと考えている方に役立つカードですよ。

参考:楽天ANAマイレージクラブカードの詳細・利用はこちらから

より多くANAマイルを貯めたいのなら、以下のページも参考にしてくださいね。

おまけ:他の楽天カードと比較したい方へ

楽天ANAマイレージクラブカード以外にも楽天カードはあります。

他のカードと比較して、どれが自分に一番合うのかを検討してみるのがおすすめです。

ただ、他の楽天カードはANAマイルを貯めることはできません。