ライフカードのメリット・デメリット・おすすめな使い方のまとめ。誕生日月はポイント5倍に!

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカードのポイントに異常にこだわりを持っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

私は漢方スタイルクラブカードREXカードをメインに使っています。基本的に還元率が高いカードが好みです。

でも、1年のうち1ヶ月だけは違うクレジットカードを使っています。それが「ライフカード(Life CARD)」です。ライフカードは誕生日月の1ヶ月だけはポイント5倍になり、どこのクレジットカードよりも還元率が高くなってお得になります。

たった1ヶ月のためだけに持っていても十分に元が取れると思って、何年もライフカードを使い続けています。実際、何度もポイント交換して、ちゃんと恩恵を受けています。

そんなライフカードについて、このページでお得な使い方を詳しく解説していきますね。

ライフカードの使い方

ライフカードはずっと年会費無料で持てる

まず、クレジットカードを持つ時に気になるのが年会費です。年会費は何年持ち続けても無料です。年会費があると、いくらお得であってもどうしても気になってしまいます。

年会費のことを考えなくていいのはありがたいですね。

ライフカードは、同じ名前で4種類のカードがあります。普通のライフカードは年会費無料ですが、中には年会費が必要なライフカードもあります。

  • ライフカード:年会費無料
  • 学生専用ライフカード:在学中年会費無料
  • ライフカード(旅行傷害保険付き):年会費1,350円、初年度無料
  • ライフカード Stylish:リボ専用カード、年会費無料

4種類のライフカード

それぞれのライフカードに特徴があるのですが、どのライフカードを選んでも共通となる部分を中心に、このページでは説明していきます。

学生専用ライフカードについては、以下のページで詳しく説明しています。

ポイント還元率は基本的に0.5%

ライフカードは、カードの支払額1,000円ごとに1ポイント(LIFEサンクスポイント)が付与されます。ライフカードでの1ポイントは5円相当にあたります。還元率に直すと0.5%です。

普通に使う分なら、0.5%の還元率はあまりおすすめとはいえません。0.5%のまま使い続けてもメリットは一切なく、デメリットでしかないので、普段使いにはおすすめしません。

でも、ライフカードはポイント還元率を増やす方法が数多くあるので、0.5%のまま使い続けることはそんなにないと思います。

まず、入会後1年間はポイント1.5倍です。これで0.75%ですね。

また、年間のカード利用額に応じて、ポイント還元率が高くなります。ヘビーユーザーほどお得になる仕組みになっているのがいい感じです。

ステージ年間利用額翌年のポイント
レギュラーステージ1倍(0.5%)
スペシャルステージ50万円以上1.5倍(0.75%)
プレミアムステージ150万円以上2倍(1%)

年間50万の利用でボーナスポイントがもらえます

上の各ステージとは別に、年間利用額が50万円になると、ボーナスポイントがもらえます。ボーナスポイントは300ポイントで、1,500円分相当になります。

レギュラーステージでちょうど年間50万円利用すると、普通にもらえる500ポイントに加えて、300ポイントが加算され、800ポイントになります。この場合は還元率0.8%ですね。ちょうど50万使うと、ボーナスポイントで0.3%も還元率が高くなります。

誕生日月が最強!1ヶ月ずっとポイント5倍

ライフカード 誕生日月はポイント5倍

今までの話が吹き飛んでしまうほどスゴイのが、冒頭でも触れた、誕生日月にポイント5倍になることです。

これ、特定の店だけポイント5倍になるのではなく、クレジットカードが使える店ならどこでもポイント5倍になります。最強すぎます!ポイント還元率に直すと2.5%と、全クレジットカード中一番になります。

誕生日月だけはライフカードを使うべき理由がお分かりいただけるでしょうか。私は毎年誕生日月になれば、他のカードは一切使わず、ライフカードだけを使います。その方が節約になりますからね〜。

待ってました!とばかりに誕生日月に、毎年10万・20万といったまとまったお金を使いまくってます!全部2.5%割引で買ってるようなものなので、使わない理由がありません。

もし、高額商品で欲しいものがある方は、誕生日月まで待ってから自分へのご褒美に買うのはいかがでしょうか?

誕生日プレゼントにもなるし、節約にもなります。

ライフカードは誕生月ポイント5倍

誕生日月だけで50万円使うと、上で紹介したボーナスポイントももらえて、還元率を2.8%にすることもできます。

1ヶ月50万円も使う人はそうそういないでしょうが、仕事の都合で使わざるを得ない場合もあると思うので、そんな時はラッキーですね!

▼ライフカードの申し込みはこちらから、簡単です!▼

貯金や資産を増やしていこうと思うなら、こういった積み重ねで高い還元率の時に買い物するのはとても大切ですよ。

ポイントは何に交換できるの?

ここまで散々ポイントの良さをお伝えしてきましたが、どんなポイントに交換できるか、ここが最も重要です。

いくらポイントを貯めても、使わなければ全く意味がないものとなってしまいます。貯めたポイントはちゃんと使い倒して、恩恵を受けましょう。

ライフカードで貯めたポイントは、普通の商品・楽天スーパーポイントやAmazonギフト券、電子マネーなどに交換できます。主なポイント交換先を以下でまとめています。

ポイント交換先最低交換数レート(1ポイントあたり)
ANAマイレージクラブ3003マイル
dポイント3005dポイント
WALLETポイント(auウォレット)3005WALLETポイント
楽天スーパーポイント3005楽天スーパーポイント
Gポイント3005Gポイント
ベルメゾン・ポイント3005ベルメゾン・ポイント

ポイントへの移行は300ポイントからできます。通常だと30万円使わないと300ポイント貯まらないですが、誕生日月だと6万円の利用だけで300ポイントまで到達します

おおむね、300ポイントで1,500円のポイントに交換できる計算ですね。

60,000円で1,500円戻ってくるってすごいですよね。計算したら還元率2.5%でした。

  • V-プリカ3,000円分:590ポイント
  • V-プリカ5,000円分:980ポイント
  • V-プリカ10,000円分:1,780ポイント
  • V-プリカ20,000円分:3,550ポイント
  • V-プリカ50,000円分:8,700ポイント
  • V-プリカ100,000円分:14,800ポイント
  • Amazonギフト券5,000円分:1,000ポイント
  • Amazonギフト券10,000円分:1,800ポイント
  • Amazonギフト券20,000円分:3,600ポイント
  • Amazonギフト券50,000円分:8,800ポイント
  • Amazonギフト券100,000円分:15,000ポイント

主なポイント先で使えそうなのはこれぐらいでしょうか。
普段から使っているポイントへ交換するのが一番いいと思います。

交換する商品によってはポイント還元率をさらに高くできる

ライフカードで貯めたポイントは、様々な商品に交換することができます。
交換する商品によっては、通常のポイント還元率よりも高くすることができますよ!

ライフカードのポイント交換

おすすめはJCBギフトカードなどの商品券系への交換です。現金と同じようなものを還元率高くできるのはとてもありがたいです。

私は過去、JCBギフトカードに交換しました。

JCBギフトカードのお得な使い方や使えるお店の一覧は以下のページで。

ポイントの有効期限は最大5年

ライフカードのポイントは、有効期限が通常2年あります。これだけでも十分長いように思いますが、自分でポイント繰越手続きすることで、ポイント有効期限を最大5年まで引き伸ばせます。

せっかく貯めたポイントを無駄にしてしまうことがこれでほとんどなくなりますね。地味にありがたいです。

ポイント繰越は、ポイント交換画面から「ポイント繰越コース」を選んで手続きします。

ライフカードのポイント繰越

ポイント繰越手続きの画面がこちら。

ライフカードのポイント繰越手続き

ポイント繰越が完了すると以下のような画面になります。普通にポイント交換した時も同じような画面が完了画面になるはず。

ライフカードの特典交換完了画面

家族間でポイント移行もできる

ポイント有効期限が5年まで伸ばせるのも嬉しいですが、もっと素晴らしい仕組みがあります。

100ポイント以上貯まっていれば、自分のポイントを家族に移行できます。家族で併用すればその分ポイントも貯めやすくなるし、どちらかがライフカードを使う機会が減ったとしても、ポイントを無駄にすることがなくなりやすいです。

これは他のクレジットカードにはない仕組みで、ありがたい限りです。利用者のことを思ってポイント制度が設計されていることがよく分かります。

ライフカードのポイント交換画面から「ポイントギフト」のページから手続きできます。

ライフカードのポイントギフト交換畫面

家族カードもあるけど、作らない方がいい

ライフカードでは、家族カードも作れます。でも、私はおすすめしません。家族カードを作った場合、誕生日月のポイント5倍は本人カードの誕生日月にしか適用されません。

他の家族にも持たせたいと思った場合は、本人カードをもう1つ・2つと作るのがおすすめです。ライフカードは年会費無料ですし。その場合は、カードを持っている家族の誕生日月がポイント5倍になります。

ちなみに私の家は、夫婦ともに誕生日月が9月で、どっちにしろあまり変わらない感じです^^; もちろんこの場合でも2つ本人カードを作った方がいいですけどね。2人分あると、最大利用額が2人分になるからです。

ブランドはJCB、VISA、Masterの3種類

ライフカードのブランドは、JCB・VISA・Masterの3種類があります。深く考えないなら、どのブランドでも大差ありません。

差が出るのは、電子マネーへのチャージでポイントを貯めたい場合です。ちなみに私は、何も考えずにVISAブランドにしてしまい、以下で紹介する素晴らしい特典を享受できていません・・・。

その後、ブランド変更できることを確認しました!

カード種類(デザイン・国際ブランド)の変更手続きは、電話窓口オペレータが承ります。変更するご希望の際は、下記内容をご確認のうえでお申込みください。

◇カード切替に伴う審査があります。

◇カード番号を変更し、新カードを発行します。
各種公共料金等のカード決済を旧カード番号にてご利用先に登録している場合は、新カード到着後に、ご利用先にカード情報変更手続きをお願いします。

◇LIFEサンクスポイント情報(ご利用可能ポイント・適用ステージ・プログラム期間中のご利用金額合計等)は、新カードに引継がれます。

◇トッピングEdyカードのEdy残高は、引き継がれませんので、使い切ってからお申込みください。

電話で手続きする必要がありますが、普段使いしているのでなければ、変更がそれほど負担にはならないと思います。その後、私もブランドを変更してみました。

JCBならnanacoカードにチャージできる

2014/12/4以降は、nanacoチャージで得られるポイントが半減します。誕生月でのポイントも対象外に・・・。

nanacoチャージでポイントを貯めたいなら、以下のページを合わせてチェックしてみてください。

以下の内容は、2014/12/3以前の内容です。

* * *

私がおすすめするブランドは、JCBです。なんといってもnanacoカードへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるのが素晴らしいです。(VISA・Masterはチャージは可能だがポイントは貯まらない)

nanacoカードは、セブンイレブンで税金を払い時の支払い方法として使えるのが最大のメリットで、私もよく使っています。以下のページでは漢方スタイルクラブカードを例にしていますが、ライフカードでも全く同じやり方でできます。

誕生日月にnanacoカードにチャージしまくって、税金支払いに使うと、節約効果が大きいです。1枚のnanacoカードに1ヶ月20万円までチャージ可能です。誕生日月にチャージすると、2.5%の還元率で5,000円も得する計算です。

モバイル版のnanacoがある方は、さらに20万追加できるので、誕生日月だとチャージするだけで10,000円も節約できます。(40万円 × 誕生日月の2.5%)

ちなみに、nanacoカードは通常発行時に300円の手数料がかかります。これを無料にしたいなら、イトーヨーカドーを使いましょう。

年間の税金支払額がそれほど多くない方であれば、ライフカードからnanacoチャージするのが一番節約になります。

JCBならEdyへのチャージでもポイント貯まる

おサイフケータイをお持ちの方で、Edyを使っている方に朗報です。ライフカードのJCBブランドを持っている方だけしか使えません。

ライフカードとおサイフケータイを紐付けて、Edyへクレジットカードチャージすると、1,000円につき0.5ポイント(還元率0.25%)貯まります。普通に使う場合の半分の還元率になってしまいますが、全く貯まらないよりはマシです。

MasterCardならauウォレットにチャージ

auウォレットカード

2014年5月以前なら、ライフカードはJCBブランド一択でした。

au WALLET(エーユーウォレット)の登場によって、選択肢が増えました。MasterCardならauウォレットへのクレジットカードチャージで、ライフカードのポイントが貯まります。

auウォレット自体は最大10万円までしかチャージできないですが、auウォレットの残高が減ったあとにまたチャージすれば、いくらでもチャージできます。

誕生日月にチャージしまくって2.5%分のポイントを得て、auウォレットで支払いすれば、WALLETポイントが0.5%分貯まります。単純合計すると3%もお得になりますね。

2014年はじぶん銀行の「プレミアムバンク for au」がベストですが、2015年移行もauウォレットを使い続けるのであれば、ライフカードとauウォレットの組み合わせは、徹底した節約のための1つの選択肢になります。

▼ライフカードの申し込みはこちらから、簡単です!▼

私がライフカードを使ってきた記録

私は誕生日月にしかライフカードを使っていません。その方がお得だからです。実際のところ、誕生日月に使ってちゃんとポイント5倍になってるの?と気になると思います。

私の誕生日月である9月に使いまくった明細がこちらです。ちゃんと5倍になってますよね。

ちなみに、上の明細の一番下は間違えて10月に買ってるので誕生日月ポイントがもらえてないですが^^;

誕生日月にライフカードを使った記録

右側の基本ポイントが普通にもらえるポイントで、横のボーナスポイントが誕生日月だからもらえたポイントとなります。基本ポイントと誕生日月のポイント、4倍の差がありますよね。合計すると通常より5倍多くポイントをもらっています。

見ての通り、ライフカードのポイントは、小数点第1位まで付けてくれます。1,000円に1ポイントですが、実質的には100円で0.1ポイント付けてくれます。ムダが少なくなるポイント付与のやり方になっているのが、使う側からするとありがたいです!

小数点が全部切り捨てられてたら、かなりの差になっているはずです。

2014年の誕生月にライフカードを使った記録は、以下のページで詳しくまとめています。

ポイント交換履歴

ライフカードで貯めたポイントの交換履歴はこちらです。私は楽天スーパーポイントに交換しました。普段から楽天で買い物するなら、使い勝手のいいポイントになりますからね〜。

ちなみに、楽天スーパーポイントに交換しても期間限定ポイントとはなりません。いつでも好きな時に使えますよ。

ライフカードのポイントを楽天スーパーポイントに交換

2012年も楽天スーパーポイントに交換しましたが、履歴を見れませんでした・・・。

ライフカードで貯めたポイントを、自分が日々活用しているところに交換すると、現金で交換しているのと同じような感じになります。ポイント交換先はしっかり考えて、うまく活用してくださいね。

ライフカードはサブカードにおすすめ

ライフカードは、2枚目以降のサブカードとして作るのがおすすめです。

誕生月だけは、どのカードよりもお得になりますので、1ヶ月間限定で使うカードにするのがおすすめ。

年会費無料で持てて、負担もないので、節約生活をしたいなら確実に持っておきたいクレジットカードの1つです。

参考:サブカードのおすすめをまとめた記事はこちら

ライフカードをお得に使う方法を考えました

ライフカード最大のメリットは、先ほども紹介したように、誕生月にポイント5倍になることです。

この仕組みを活かして最大限お得に使いたいですよね!
私も毎年誕生月にしかライフカードを使っていないのですが、どんな使い方をすればお得になるのかを紹介します。

1年分のふるさと納税の決済に使う

個人的に一番おすすめだと思うのが、ふるさと納税に使うこと。

自治体や使うサービスによっては、クレジットカード決済でふるさと納税ができるので、しっかりとポイントが貯まります。

ふるさと納税 ライフカード誕生月の支払いでポイントが貯まった証拠
↑ふるさと納税 ライフカード誕生月の支払いでポイントが貯まった証拠↑

毎年のふるさと納税を誕生月に集中させておけば、それだけでかなり節約になりますよね。

ポイント5倍の威力は大きいです!
例えば、年間10万円をライフカードでふるさと納税したら、2,500円分のポイントが貯まります。

ライフカードでなければ、ここまでポイントは貯まらないですからね。
使わない手はありません!

参考:ふるさと納税について知るにはこちらから

iPhoneなど、スマートフォンの購入に使う

スマートフォンの本体って高いですよね。
キャリアで買うと分割ですが、トータル費用で見るとお得ではありません。

なので、私はSIMフリー版のスマートフォンを使っています。
そうなると、本体を一括払いで買うので、最初だけ出費が大きくなるんですよね。

そんなスマートフォン代の支払いも、ライフカードの誕生月を使うのがおすすめ。

私は9月生まれで、毎年9月になると新型iPhoneが出るので、買い換えるときはライフカードを使っています。

SIMフリー版のiPhoneを買っているので、かなりの金額になるんですよね。

でも、ライフカードの誕生月のポイント5倍を使えば、普通に買うよりもお得にできるので、ラッキーだなぁと思っています。

すぐにスマートフォンが必要ない場合は、誕生月にスマートフォンを購入するようにしておけば、それだけ節約になりますよ。

Apple Payが出てきたので、iPhone7はかなり気になっています。

さいごに

ライフカードは、仕組みを知り尽くして上手に使えば、どのクレジットカードよりも節約効果が大きいです。オダギリジョーがCMしてることで有名ですが、ちゃんと知れば、実はすごいカードというのが分かると思います。

その代わり、ちゃんと仕組みを知っておかなければ大してお得なカードにはなりません。何も知らずに使っていれば、得していたのをみすみす逃すことになるので、ライフカードを使う際はカードの仕組みを知っておきましょう。

少し難しいことを言いましたが、最も重要なのは「誕生日月にポイント5倍」になることです。これをおさえて、あとはポイント交換先を知っておけば、誕生日月に使い倒してめちゃくちゃ節約できます!

現に私は今、誕生日月にしかライフカードを使っていません。他の月は完全に放置してて、1円も使ってないです。

メインカードとして持つにはもうひと押し足りない感じですが、誕生日月専用のクレジットカードと割り切れば、全クレジットカードの中でも最強となります。

上のポイント交換履歴でもあるように、クレジットカードの利用額に対してこれだけ戻ってくると、家計は大助かりです。夫婦2人ともがよく買い物をするならば、ぜひ1人ずつ持っておきたいクレジットカードです。

▼ライフカードで誕生月ポイント5倍にする!▼

申し込みのやり方は、以下のページでまとめました。

学生の方は、学生専用ライフカードに申し込んだ方がお得です。以下のページで詳しく説明しています。

女性で海外旅行が多い方は、海外ショッピング利用で3%キャッシュバックがあるライフカードStellaがおすすめです。

私以外の感想も知りたいという方は、以下のページも合わせてどうぞ。考え方がいろいろあって参考になりますよ。

現在実施中のキャンペーン

ライフカード

入会後の利用で最大7,000円相当(1,400ポイント)のLIFEサンクスポイントプレゼント

  1. 申し込み&翌月末までのカード発行で200ポイント
  2. 入会後の3ヶ月間の利用回数に応じて最大400ポイント
  3. 入会後の3ヶ月間の利用金額に応じて最大800ポイント

キャンペーン終了日時:2017-03-31 23:59:59

おまけ:決めきれず、カード探しをしている方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る