Apple Pay(アップルペイ)とは何?Suicaの使い方や設定方法と利用した感想・オートチャージのやり方まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
買い物は基本的にクレジットカードを使う、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

iPhone7の発表とともに、Apple Pay(アップルペイ)という新しい決済方法が発表されましたね。

今までAndroidの携帯電話でのみ使えた、おサイフケータイのような機能がiPhoneでも使えるようになります!

私自身もiPhoneをメインで使っているので、iPhone7に買い換えてアップルペイを使い始めました。

このページでは、実際にアップルペイを使ってみて感じたことや、どうやってアップルペイを使っていけばいいのかについて詳しく説明していきますね。

ノマド的節約術 Apple Payの使い方まとめ

アップルペイとは? SuicaがiPhoneで使えるのが魅力!

アップルペイは、iPhone7以上・Apple Watch2以上で使えるサービスです。
おサイフケータイのように、タッチするだけで支払いを済ますことができて、時間短縮になりますよ。

今までもおサイフケータイがあればできたことですので、そこまで目新しさはありませんが、Apple製品でも同様のことができることになったことに意味があります。

アップルペイの一番の目玉はSuicaがiPhoneで使えるようになることですね。
私は関西人ですが、東京出張したときにはいつもSuicaを使っているので、便利さを東京の人よりも実感している自負があります。

オートチャージがとにかく便利で、余計な心配を何もしなくていいのが快適過ぎです!
おそらく、オートチャージは今までと同じエリアしか使えないかと思いますが、日本全国で対応したらより便利になるでしょうね。

ちなみに、iPhoneに限らず、Apple WatchでもSuicaに対応するのも見逃せないポイント。

日本でiPhoneを買わず、海外でiPhoneを購入している場合でもApple Watchを日本で購入すれば、同様にSuicaが使えるようになりますよ。

アップルペイでSuicaを使う方法

ということで、ここからはアップルペイでSuicaを使う方法を紹介していきます。

アップルペイでSuicaが使えるようにするにはどうすればいいのかが気になるところですよね。

このやり方はとても簡単です!
Walletアプリを開いたあとにカード登録するタイミングで手元にあるSuicaカードをiPhone7の下に置くだけ。

これだけでiPhone7がSuicaの情報を読み取ってくれます。

Apple Payの使い方
引用:Apple Pay

Suicaを持っていない場合はSuicaアプリから新規発行できる

Suicaカードを持っていない場合は、iPhoneのSuicaアプリから新規発行できます。

そのため、今はSuicaを持っていない方であっても使うことができますよ。
もちろん、Suicaエリアに住んでいない関東エリア以外の方でも大丈夫です!

私自身、神戸に住んでいますが、Suicaアプリを使って新しくSuicaを作ることができました。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

Suicaを新規発行して使えるようにする方法

アプリを入れることができたら、次はいよいよSuicaが使えるように設定していきます。
▼アプリを開いて、右下にある「Suica発行」ボタンを押してください。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼今回は新しくSuicaを発行することにしましたので、新規発行の中から選びました。
私は「My Suica(記名式)」を選ぶことに。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼ようこそ画面が出てきますので、会員規約を確認した上で「会員登録」ボタンを押してください。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼会員登録に必要な情報の入力画面になります。
メールアドレス・パスワード・氏名などの入力がしていきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼登録画面の一番下ではクレジットカードを登録することができます。

ビューカード系のカードにしておけば、オートチャージにも対応できますよ。
Apple Pay用にクレジットカードを作るなら、Suicaオートチャージのためにビューカード系を作るようにしましょう!

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼続いて、チャージ金額を入力します。
チャージ金額はいくつかの候補から選べますよ。

今回は3,000円にしてみました。
支払い方法は、登録したクレジットカードもしくはApple Payに登録しているカードになります。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼チャージができれば、Suicaの登録が完了しました。

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

▼再びSuicaアプリを開いてみると、自分が設定した名前のSuicaカードが反映されていますね!

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを新規登録・設定する方法

電車に乗るときは、改札にタッチするだけで使える

その後、早速電車に乗るときにSuicaを使ってみました。
乗るときにやる手続きは、改札に手持ちのiPhone7をタッチするだけ。
たったこれだけで電車に乗ることができますよ。

Suicaカードを持ち歩く必要もなくなりますので、管理が楽になりますね!

実際に使ってみると、便利さを実感します。

私は神戸に住んでいるので、今までICOCAを使っていましたが、Apple PayのおかげでICOCAを使うこともなくなりそうです。

Apple PayのSuicaで支払ったときの改札画面

チャージもスマホでちょこっと手続きするだけですからね。

▼こちらはApple Watchで改札を通るところを動画にしました。

改札を通ると、通知が出てくる

もう少し細かく流れを説明しましょう。
Suicaで改札を通ると、Suicaアプリの画面を開くと利用履歴がすぐに反映されます。

Apple PayのSuicaで改札を通ったときの記録

▼目的地に着いて、改札を出たときには、しっかり運賃が引かれました。
金額が見えるので、経費もつけやすくて助かります!

Apple PayのSuicaで改札を通ったときの記録

▼Suicaアプリを開いたら、最後の利用と現在のSuica残高も確認できますよ。

Apple PayのSuicaで改札を通ったときの記録

Suicaなので、Suicaに対応しているお店での買い物もできます

アップルペイを通しているとはいえ、SuicaはSuicaです。
Suicaでの買い物に対応しているお店で、Suica払いするときにも使えますよ。

お店によっては使えないケースもありますが、私の過去の経験ではほとんど問題なく使えました。

特殊なところでは、車内販売でも使えましたよ。
わざわざ財布を取り出す手間が省けたのが便利でした!

追加でチャージする手順

最初のチャージだけでなく、今後何回もチャージすることになりますよね。そのときのやり方をこれから説明します。

追加でチャージするときは、まずSuicaアプリを開きましょう。
▼下のほうに入金(チャージ)の画面があるので、そこをタップすると金額が出てきます。

Apple PayのSuicaチャージ手順

▼チャージ金額を選んだら、支払い方法を選びましょう。
今回は、右側のApple Payを選びました。

以前登録しておいたビューカード(ビックカメラSuicaカード)で支払うことに。

Apple PayのSuicaチャージ手順

▼あっという間にチャージ完了。通知の画面も出てきました。
こんなに簡単にSuicaチャージできると、移動中に残高がなくなった場合でもサッとチャージして改札を通ることができますね。

Apple PayのSuicaチャージ手順

ビューカードであれば、オートチャージにも対応している

Suicaを使うなら、オートチャージできるかどうかは気になるところだと思います。
オートチャージで使いたいなら、クレジットカードのビューカード系を使うようにしましょう。

ビューカードであれば、アップルペイでもオートチャージに対応していますよ。
私はビックカメラSuicaカードを使っていますが、他にもいろいろとビューカードがありますので、自分のライフスタイルに合うカードを選ぶのがおすすめです。

個人的におすすめのビューカードを一覧にしておきますね。

ちなみに、ビューカードなので、オートチャージ・普通のチャージともにポイント3倍貯まります。
還元率にすると1.5%で、かなりお得です!

他のビューカードも見たい場合は、以下のページが詳しいですよ。

アップルペイでSuicaのオートチャージに対応させるには、Suicaアプリを開いて「チケット購入・Suica管理」→「オートチャージ設定」から手続きを行ってください。

アップルペイ Suicaオートチャージ設定

他にもiDとQUICPayに対応している

Apple Payは、Suicaの機能にフォーカスが当たっていますが、他の電子マネーにも対応しています。

対応しているのは、iDQUICPayの2種類。
どちらも、後払い式の電子マネーですね。

あとでクレジットカードから支払われる電子マネーになります。

名前が違うだけで、どちらもかざすだけで支払いが終わるので、現金払いよりも簡単に決済できますよ。

こちらもApple Payがあるだけで、クレジットカードを持つ必要がなくなるので、便利に使えそう!

iDとQUICPayは、Orico Card THE POINT1枚持っておけば、両方に対応しているのでおすすめ。

でも、WAONnanaco楽天Edyに対応していないのが残念!
今後、改善して早く使えるようになって欲しいですね。

普通のクレジットカードもApple Payに対応

Suicaも電子マネーも使わない・・・ということで、自分には関係ないと思ったかもしれません。

でも、Apple Payは普通のクレジットカードと紐付けることもできるんですよ!

今持っているクレジットカードがApple Payに対応していたら、わざわざクレジットカード払いする機会も減ります。

対応しているクレジットカードブランドは以下の通りです。

Apple Payになることで、今までと同じようにクレジットカードのポイントが貯まらなくなってしまうのではないかと心配になるかと思いますが、大丈夫です!

Apple Payになってもカードのサービスが変わることはありません。

Apple Payに対応しているクレジットカードブランドの一覧
↑Apple Payに対応しているクレジットカードブランド↑

主要なクレジットカードのブランドでは、JCBとMasterCardに対応しています。

VISAブランドには基本的に対応していない

VISAブランドに対応していないのでは?
そう思うかもしれませんが、上で紹介したクレジットカードのVISAブランドであれば対応していますよ。

上にあげたクレジットカードだと、イオンカード・セゾンカード・dカード・ビューカード・三井住友カード・楽天カードなどがApple Payに対応していますね。

ダイナースは全く対応していない

もう1つの主要ブランドであるダイナースには全く対応していません。

上で紹介しているクレジットカードでダイナースブランドのものが1つもありませんからね。

個人的にダイナースクラブカードを使っているので、いずれは対応して欲しいなぁ・・・。

Apple Payとクレジットカードを紐付ける手順

Apple Payのサービス開始後、クレジットカードの設定をやってみました。

それほど難しくなく手続きできましたよ。
このページで説明すると長くなりすぎてしまうので、以下のページで画像つきで手順を紹介しています。

参考:クレジットカードを登録する手順(Orico Card THE POINT)
参考:イオンカードの登録手順

Apple Payが使えるお店の一覧

Apple PayがSuicaに対応しているのはわかったけど、普通のお店なら、どこに対応しているのかが次は気になるところ。

iD・QUICPay・Suicaに対応しているので、これらの電子マネーが使えるお店であれば問題なく使えます。

代表的なお店をあげると以下の通りになりますよ。

iPhoneやApple Watchを紛失したらどうなるの?

iPhoneやApple Watchがお財布代わりになるのはとても便利なんですが、万一なくしてしまったときが怖いですよね。

もしなくしてしまったら、「iPhoneを探す」機能を使えば、紛失した状態になり、Apple Payが使えない状態にできます。

また、iCloud.comにログインすれば、離れた場所からでもカード情報を削除することもできます。

iPhone7はSIMフリーで購入するのがおすすめ

iPhone7以降を買ってアップルペイを使いたいと思ったら、どこで買うかが問題ですよね。

私が考えるには、SIMフリーの一択しかありません。
大手キャリアにすると、毎月の料金が高くなりすぎるので、選択肢として入らないんですよね。

公式サイトからSIMフリー版を購入しましょう。
SIMフリーにして、格安SIMを使うのが安く運用するコツです。

私は、SIMをLINEモバイルにしていてかなり快適に使えていますよ。

どうしてもSIMフリー以外を使うのなら、大手キャリアから購入しましょう。

購入した iPhone7 SIMフリー版
↑購入したiPhone7のSIMフリー版↑

個人的には、次回以降で格安SIMに乗り換えやすいドコモにしておくのがいいと思います。

おまけですが、ドコモにしたら、ドコモのクレジットカードであるdカードゴールドを作るのがおすすめ。

ローソンで常に3%引きにできますよ!

さいごに

アップルペイを一度使い始めると、すごく便利になりますので、今までどうやってたのかがわからなくなるぐらい。

特にSuicaは便利で、私は日本各地を旅していることもあって、Suicaに対応している電車やバスに乗るときはアップルペイが大活躍しています!

電車・バスだと小銭が必要だし、ときには両替しないといけなくてあたふたすることもありますよね。

アップルペイがあることで、そういった地味なストレスもなくスイスイと移動できて、とても快適です。

チャージするときもアプリから簡単に手続きできて、現金を入れてチャージする手間がまったくありません。

一度使うとその便利さに手放せなくなりますので、要注意です!
でも、せっかくならぜひ体験して欲しいですね。

アップルペイについて詳しく知るのであれば、以下のページも合わせて読んでみてください。

関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る