楽天銀行のメリット・デメリット・ポイントの貯め方と手数料を払わないお得な使い方を徹底解説

私が初めてネット銀行を使い始めたのは楽天銀行(旧:イーバンク銀行)でした。初めてネット銀行を使い始めてからもう10年以上が経ちます。

私が口座を作ったのは2004年。ネット銀行を10年以上使い続けているのもなかなかですね^^;

途中、イーバンク銀行から楽天銀行になり、サービス内容が変わりました。

イーバンク銀行の頃と比べるとメリットが減ってしまっているのも事実ですが、楽天銀行になった今でもメリットが多く十分に役立つ銀行です。私自身、様々な恩恵を受けていますよ。

このページでは、10年以上使い続けてきた私だからこそ分かる楽天銀行の特徴やお得な使い方についてお伝えしていきますね。

楽天銀行について

このページでは、楽天銀行について説明していきますが、他の銀行とも比較したいなら、以下のページもおすすめです!

楽天銀行は、楽天系列ならではの特徴がある

楽天銀行は名前の通り、楽天系列の銀行です。
楽天銀行は、楽天の会員になることでよりお得に使うことができます。

楽天の会員になってこそ価値が出る銀行といっても過言ではないでしょう。

楽天に囲い込まれているという感覚も否めないですが、逆に使い倒して楽天が嫌がるぐらい得してしまうこともできますよ!

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

まずは楽天スーパーポイントが貯まっているデータを見て下さい。
これは私が楽天銀行を使ったことで貯まった楽天スーパーポイントです。

楽天スーパーポイントが貯まっている様子

日付の横にある「銀行」というのは楽天銀行を使ったことで貯まった楽天スーパーポイントです。

1回あたり2〜6ポイント(2〜6円分)と地味ですが、こんな感じでコツコツとポイントが貯まっていきます

楽天銀行で貯まったポイントは有効期限もなく、使いたい時に使えるのがいいですね。

後の買い物で楽天スーパーポイントが使えて、少し安く買えますよ。

お金が振り込まれたり、自動引き落とし(口座振替)、ヤフオク出品でのかんたん決済振込によって少しずつポイントが積み上がっていきます。

これは、ハッピープログラムという仕組みのおかげですね。
楽天銀行の口座を持ったら、必ずハッピープログラムを使うようにしましょう。

そうすることで、上で紹介したようなお得なメリットがたくさんあります。

ハッピープログラムについては、以下のページを合わせて読んでみてくださいね。より詳しく説明しています。

楽天銀行以外でもっと楽天スーパーポイントを貯めたいなら、以下のページがとても参考になりますよ!

キャンペーンでお金がもらえる!?

楽天銀行では、楽天らしく常に何らかのキャンペーンを行っています。

全部が全部いいキャンペーンという訳ではなくて、どうでもいいのが大半ですが、ごく一部に使えるキャンペーンが混じっています

キャンペーンの一覧は以下のような感じです。

楽天銀行のキャンペーン

この中で使えるのはそれほど多くありません。
使えるのは以下の3つぐらいです。

楽天銀行のお得なキャンペーン

この中で使えるのが「サービス利用で現金最大3,000円プレゼントプラン!」です。

抽選で現金が当たることがあるんですよね。
とりあえず応募しておけば時々当たって現金が振り込まれますよ。

私も過去何度か当選したことがあり、1回ごとに100円とか200円とかいただけました

大事なのはとりあえず応募することです。
応募しておけば、勝手に当たる可能性がありますので・・・!

株式配当金の振込先を楽天銀行に指定するとお得に

2012年までは他の銀行から楽天銀行に振込があると、1件あたり20円ほどもらえるという信じられないほどお得なキャンペーンがありました。

今はなくなってしまいましたが、その代わりに株式配当金が楽天銀行に振り込まれると、1件あたり10円がもらえるキャンペーンがあります。

株をされている方は、配当金の振込先を楽天銀行にするとお得です。

毎月キャンペーンに応募しないともらえないので、忘れないように応募しておきましょう。地味ですが、差が出る部分です。

楽天銀行の株式配当金キャンペーン

株式配当金以外でも、他行から振込みがあると、ハッピープログラム利用者は楽天スーパーポイントが加算されます。

わずか1〜3ポイントと少ないですけど、冷静に考えると他の銀行ではないサービスなので、かなりありがたいですよ。

配当金を受け取るために株を買う必要がありますので、そのための証券口座は、以下のページを参考にしてみてください。

給与振込先にすると他行への振込手数料が月3回無料に!

会社に勤めている方であれば、楽天銀行はかなりおすすめのネット銀行ですよ!

会社からいただける給料の振込先を楽天銀行に指定すると、他行振込手数料が月3回まで無料になります。

私は自営業者で使えないのが残念です・・・。
以前会社員だった時はこの仕組みを利用してアパートの家賃を振込していました。

地味な節約術かもしれませんが、毎回振込手数料が0円だったのはかなり大きかったです。

会社員の頃は、決して給料が多いとは言えなかったですからね。

他行への振込手数料を無料にするだけなら、他の銀行もありますが、給料の振込先にするなら楽天銀行も使えます。

ランサーズ(Lancers)の振込手数料を400円節約できる

今は、クラウドソーシングという、仕事をしたい人とお願いしたい人をマッチングするサービスがありますよね。

これを利用して仕事をした分の報酬を振り込んでもらう時に、楽天銀行にしていると振込手数料が最も安いです。

通常、ランサーズから振り込んでもらう時の手数料が500円も掛かりますが、楽天銀行を指定すると100円の振込手数料で済みますよ!

これだけで手取りが400円も増える計算になりますので、ランサーズを使うのであれば、絶対に楽天銀行に振り込んでもらうようにしておきましょう。

今後、クラウドソーシングを利用する人も増えていくことが予想されるので、仕事をした分の報酬を少しでも多く手元に残したいのであれば、楽天銀行はぜひ活用しましょう。

JCBデビットカードのキャッシュカードなら年会費無料で1%ポイント還元

楽天銀行では、キャッシュカードとデビットカードが一体型になったものを選ぶことができます。

2015年4月から、JCBブランドのデビットカードが登場して、それがまた素晴らしいんですよ!

年会費無料、還元率1%のデビットカードです。
クレジットカード並みに手厚いので、年会費と還元率だけにこだわるのであれば、JCBデビットカードだけ使うのでもいいぐらい。

JCBデビットカードの申込方法は、以下のページで詳しくまとめていますので、合わせて読んでみてください。

クレジットカードが苦手な方は、楽天銀行のJCBデビットカードが一番いいカードだと思います。

住宅ローンも使える

これから自分の家を手に入れようと思っている方は、住宅ローンを検討しますよね。

楽天銀行でも住宅ローンがあります。

楽天銀行の住宅ローンは、変動金利と固定金利の両方に対応していますよ。
楽天銀行からの引き落としにしてかつ、変動金利だと金利が0.3%も安くなります。

楽天銀行の住宅ローンについてより詳しく知るなら、以下のページで。

預けている金額によってATMの無料利用回数が変わる

楽天銀行は、預けている金額によってサービスの内容が変わります。
これはメリットにもなり、デメリットにもなる話ですね。

楽天銀行に預けているお金を下ろす時のATM手数料は、10万円以上預けていると無料にできますが、10万円未満だと有料になります。300万円以上預けていると月7回までATM手数料が無料に!

私が会社員だった時代は常に300万以上残高があったんですけど、今はそんなに預けてないですね・・・。
↓300万円以上の貯金ができてた理由↓

さすがに少なくても10万円以上は常にありますけど、300万円以上は厳しい感じです。

預けている金額ごとのATM無料利用回数は、以下の表の通り。

楽天銀行のATM手数料

口座開設してから6ヶ月間は最低でも月5回までATM手数料が無料なので、その間に10万円以上にしておくことをおすすめします。

逆に、10万円以上預けないと使い物にならない銀行なので、口座開設する際には使い道をあらかじめ考えておきましょう。

ATM無料利用回数も含めて楽天銀行をお得に使い倒したい方は、こちらも合わせて読んでください。

振込・入金・ATM利用で楽天スーパーポイントが貯まる

2016年になって、今までよりさらにお得に楽天銀行が使えるようになりました。

楽天銀行のサービスを使うことで、楽天スーパーポイントが貯まるというものです。

以下のサービスを使うことで、1件10ポイント貯まります。

  • 他行への振込:最大月5回
  • 他行からの入金:最大月5回
  • ATM入出金:最大月5回
  • 海外銀行への送金:最大月3回
  • 海外銀行から受取:最大月3回

他行への振込でメルマネ・Facebook送金を使った場合は1件20ポイントです。

それぞれ、最大の回数を利用したら追加でさらに100ポイントもらえます。

全部フルに使ったら、1ヶ月に760ポイントも貯まる仕組みなんですよね。かなりお得ではないでしょうか。

海外銀行への入出金はあまり現実的ではないので、他の3つをフルに使うとしても、500ポイントにできます。

1年間やり続けると6,000円分の楽天スーパーポイントになりますよね。

特に他行からの入金やATM入出金は、お金をかけずにできるところなので、徹底的に節約生活をするなら忘れずにするのがおすすめです。

このお得なプログラムに参加するには、毎月のエントリーが必要になるので、これだけは忘れないでくださいね。

楽天証券との組み合わせで金利5倍!

楽天銀行の普通預金金利は0.02%です。これは普通の銀行と同じですが、楽天証券と組み合わせることで普通預金金利を5倍の0.10%まで引き上げることができます。

マネーブリッジという仕組みを使用して、楽天銀行と楽天証券を連携させることができます。簡単にできる手続きなので、絶対にやっておきましょう。

マネーブリッジの設定方法はこちら。

楽天証券の口座を作ったからといって、株やFXの取引をする必要はありません。
私も楽天証券は口座を持っているだけで、放置していますよ〜!

楽天銀行に預ける金額が大きくなるのであれば、楽天証券も合わせて口座開設しておくのは必須です!
目に見えて利息の金額が変わってきます。

実際に利息を振り込んでもらった時の差や、楽天証券の詳細は、以下のページで詳しく載せていますので、合わせて読んでくださいね。

楽天銀行の口座を持ちたいと思った方は、楽天証券から口座開設することで楽天銀行も同時に作れますし、入力の手間も省けますよ^^

普通預金0.02%
普通預金(マネーブリッジご利用者)0.10%
普通預金(楽天カードのカード利用金額の引落があるお客さま)0.04%

楽天カードの引き落とし先に指定で金利2倍!
でも、楽天証券の方がおすすめ

とはいえ、楽天証券の口座開設は面倒だと思います。

それでも普通預金金利は高いに越したことはありません。

楽天カードを持っていて、楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にしていると、楽天銀行の普通預金金利が0.04%になります。

これが適用されるのは、引き落とした翌月だけですが、ずっと引き落とし先にしてれば、0.04%のままです。

ちなみに、楽天証券のマネーブリッジも使っている場合は、金利が高いマネーブリッジの金利が適用されます。

楽天カードをよりお得に使う方法は以下のページで説明しています。
うまく使えば、ポイントをめっちゃ貯めれますよ!

定期預金のキャンペーンがあります

不定期ですが、たいていボーナス時期になると定期預金の金利がよくなるキャンペーンがあります。2014年はこんなのがありました。

こういったキャンペーンを積極的に活用していくことで、資産を増やしていくことができます。できそうなところから試してみるといいですよ。

他の銀行と定期預金の金利を比較したい方はこちらがおすすめ!

1週間・2週間の円定期預金もありますがコロコロ金利が変わる

2014/6/23に1週間定期預金と2週間定期預金のサービスが始まりました。

最初はすごくいい金利で始まったのですが、すぐに金利が下がって、毎週のように金利が変わるようになっています。

定期預金の申し込み手順は以下のページで。

0.05%と、楽天証券のマネーブリッジ以下になることもあるので、使う時は注意しましょう。

その後も1週間ごとに金利を変更してて信用できないですね。
高金利になった時だけ預けるようにして、金利が低い時は普通預金で置いておくのがいい使い方です。

ころころ金利を変える楽天銀行の定期預金を使う場合の考え方については以下のページでまとめました。

過去の1週間・2週間定期預金の金利推移を以下のページで一覧にしています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

楽天銀行の定期預金金利

楽天銀行の定期預金金利を表にまとめました。常に最新の金利が表示されています。

特に、1週間・2週間は毎週のように変わるので、お得な時期があれば、その時期だけ定期預金にするなどして使い倒しましょう!

2017年01月17日現在

預入期間1,000円以上100万円以上1000万円以上
1週間0.020%0.020%0.020%
2週間0.020%0.020%0.020%
1ヶ月0.020%0.020%0.020%
3ヶ月0.020%0.020%0.020%
6ヶ月0.110%0.110%0.110%
1年0.030%0.030%0.030%
2年0.030%0.030%0.030%
3年0.030%0.030%0.030%
5年0.040%0.040%0.040%
7年0.040%0.040%0.040%
10年0.040%0.040%0.040%

銀行ごとの定期預金の金利を比較してみる

お金はどこで下ろすの?使えるATMの一覧

ネット銀行を使う時の心配の1つに、どこで現金を下ろせばいいのか?というのが気になりますよね。

楽天銀行で預けたお金は提携先のATMで下ろせます。
郵便局やコンビニにあるセブン銀行のATMなどで下ろせるので、使い勝手はいいです。

下手な地方銀行よりもよほどお金の出し入れはしやすいですよ。

楽天銀行の提携先銀行ATM

最近はみずほ銀行のATMでも下ろせるようになりました。

ATMの手数料は上で紹介したように、預けている金額によっては一定回数無料にできます。

1ヶ月にそう何度もお金の出し入れをすることもないと思うので、計画的に利用すれば、ずっと無料で使えるはずです。

楽天銀行のお金をおろせるATMの一覧は以下の通り。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行
  • ローソンATM

海外旅行が多い方は、クレジットカードと併用してキャッシング返済に使おう

楽天銀行には、Pay-easy(ペイジー)という機能があり、これが一部の方にとってはすごく役立つ機能になりますよ。

海外旅行でお金を両替するのは、クレジットカードでキャッシングするのがもっとも節約になります。

でも、キャッシングしたら利息が気になりますよね。

楽天銀行には、ペイジーの機能があり、クレジットカードがペイジーでの返済に対応していると楽天銀行からすぐに返済できます。

エポスカードやセディナカードであれば、海外ATMでキャッシングしてから数日後に返済できますよ。

以下のページは、セディナカードでキャッシングしたお金を返済する流れを説明しています。

海外で銀行を使うなら、他にもいくつかおすすめの銀行があります。

【番外編】楽天銀行にはカードローンもある

楽天銀行のサービスの中には、カードローン「楽天銀行スーパーローン」もあります。

基本的にはおすすめしませんが、どうしてもという場合は、使うこともできますよ。

300万円までだと収入証明書の提出が原則不要になる特徴があります。

楽天銀行のメリット・デメリットまとめ

今まで紹介した分やそれ以外の分も含めて、楽天銀行のメリットをまとめました。

やはり、他のネット銀行にないメリットが数多くあります。楽天ならではという感じですね。

数多くのメリットがある楽天銀行ですが、デメリットもあります。
このデメリットも考慮した上で口座開設するかどうか判断していただければと思います。

  • 定期預金の金利が他のネット銀行に比べて低めのことが多い気がする。
  • 1カ月当たりのATM利用無料回数の限度を超えた場合の手数料が高い。
  • 他行に振込する時に手数料がかかる。(給与受取口座にしていない場合)
  • 利用回数、口座残高が少ないと無料で使える部分が非常に少ない。

口座開設はネットのみ申込可能

楽天銀行についていろいろとお伝えしてきました。
デメリットもありますが、私は今のところ満足して使うことができています。

10年以上使って得したことの方が圧倒的に多いので、楽天銀行を使い続けてて良かったと思っています。

イーバンク銀行の時代よりはメリットが減りましたが、それでも十分に使える銀行です。

楽天市場で買い物しているのであれば、楽天銀行を使った方がお得です。
楽天スーパーポイントが貯まりやすくなって、楽天での買い物もその分安くできますよ!

400万人以上が使っている楽天銀行。
近所のあの人も実は楽天銀行を使っているかもしれません。

まだ持ってないのであれば、この機会に楽天銀行にデビューしてみませんか?

マネーブリッジの仕組みを使って、普通預金金利を0.1%にできるのは、個人的にもかなり助かっているし、利息を多めにもらえていつもうれしいですよ!

楽天証券から口座開設することで楽天銀行も同時に作れますし、入力の手間も省けます。

▼楽天銀行の詳細ページ・口座開設はこちら▼

口座開設のやり方が分からない方は、以下のページだと細かく手順を説明していますよ。

楽天銀行はハッピープログラムを使いこなしてこそ、よりお得に使うためにも以下のページも合わせてどうぞ。

私以外の楽天銀行の使い方が気になる方に向けて、様々な方の意見をまとめてみました。

おまけ:他の銀行と比較したい方へ

他のネット銀行のことも知りたい方へ。比較できるようにそれぞれの銀行について詳しく説明しています。

銀行をでよく使うサービスごとに比較できるようにページを用意しました。
手数料はかけず、金利は高い方がいいですよね^^

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る