楽天Edy(エディ)のお得な使い方・ポイントの貯め方・使える店舗を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
ポイントを貯めるのが楽しみになっている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

楽天の電子マネーに「楽天Edy」がありますよね。

もともとは「Edy」という名前で知られていたのですが、いつの間にか楽天の名前が入っています。

楽天を使うのであれば、よりお得に使える電子マネーなのですが、そうでなくても使い勝手のいい電子マネーですよ。

このページでは、楽天Edyのお得な使い方やポイントの貯め方などを詳しく説明していきますね。

楽天Edyのお得な使い方・ポイントの貯め方・使える店舗を徹底解説

他の電子マネーと比較される方はこちらから。

楽天Edyとは?

楽天Edyは、楽天の電子マネーです。
カードタイプであったり、おサイフケータイとして使うことができるものですよ。

どちらにしろ、使う時は、端末にタッチするだけで決済できます。

お金の支払いにかける時間が減らせるメリットが利用者にとってうれしいですね。

年会費・入会金は不要

楽天Edyは便利な電子マネーなので、使うためにはお金が必要ではないか?

そう思われるかもしれませんね。

でも、大丈夫です!
楽天Edyは年会費や入会金といったものは一切ありません。無料で使えますよ。

楽天Edyを使って楽天スーパーポイントを貯める方法

200円使うごとに1ポイント貯まる(還元率0.5%)

楽天Edyは、電子マネーとして使った金額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まります。

ここで「楽天」の名前がついている意味が出てきますね。

税込200円使うごとに1円分の楽天スーパーポイントが貯まる仕組みです。

還元率に直すと、0.5%ですね。
楽天Edy自体の還元率はそれほど高くありません。

ですが、そもそも現金支払いの手間が省けるだけでも十分すぎるぐらい便利なのに、ポイントまでもらえるのがありがたいことです。

時間短縮にもなるし、ポイントも貯まるし、楽天Edyが使えるお店では積極的に電子マネー払いしていきたいですね。

ポイントプラス加盟店では200円で2ポイント貯まる

楽天Edyでは、毎月1回、ポイントプラス加盟店が変わって、その店舗で買い物した時に限り、200円で2ポイント貯まるようになります。

通常は200円で1ポイントしか貯まらないので、ポイント2倍ですよね。還元率は1%です。

楽天Edyでよく買い物するのであれば、定期的にチェックしておきましょう。

店舗で楽天Edyを使いたいときはどうすればいいのか

楽天Edyは全国40万以上の加盟店で使うことができます。

それらのお店で買い物する時に、現金払いやクレジットカード払いではなく、楽天Edyで支払うことを伝えれば店員さんが指示してくれますよ。

タッチする機械がありますので、そこに手持ちのカードもしくはスマートフォンをタッチすれば支払いが済ませることができます!

財布で小銭を探して慌てる必要もないので、手間がかなり省けますよ。

楽天Edyが使える店舗・コンビニなどの一覧

ここからは、具体的にどこのお店で楽天Edyが使えるのかを紹介していきますね。

楽天Edy、主にコンビニで使えますよ。
少額決済になりがちなので、楽天Edyが使えることで小銭を出す手間が省けます。

使えるコンビニの一覧は以下の通り。

その他で使える主なお店は以下の通り。
以下であがってないお店でも、使えるところはたくさんありますよ!

楽天Edyが使えるかどうかの目印は、楽天Edyのロゴマークがあるかどうかです。

たいていは、入口付近に小さく書いていることがあります。

楽天Edyを使えるようにするまでに準備すること

楽天Edyの使い方や使えるお店は分かったけど、楽天Edyを使うにはどうすればいいの?

次はそんな疑問が出てくると思います。
ここからは、楽天Edyを使うために必要なことを紹介していきますね。

いくつか方法があって、いずれかの方法を使えばOKです。

  • 楽天Edyが一体型の楽天カードを申し込む
  • 楽天Edyが付帯しているクレジットカードを申し込む
  • Edy-楽天ポイントカードを使う
  • おサイフケータイで使う

また、楽天Edyを使うまでの簡単な流れを一覧にしました。

  1. 楽天Edyが使えるカードや端末を入手
  2. チャージの設定をする
  3. チャージ(入金)する
  4. 店舗で楽天Edyを使う

使うのは、店員さんに楽天Edyを使うのを伝えるだけで簡単ですが、チャージするところまでが難しく思いますよね。

ここからは、楽天Edyを使うまでの準備に必要なカードやチャージ方法について紹介していきます。

楽天Edyが一体型の楽天カードを申し込む

クレジットカードの楽天カードをこれから申し込む時は、楽天Edyがカードに搭載された楽天カードを申し込むようにしましょう!

そうするだけで、楽天Edyが使えるようになりますよ。

楽天Edyが使えるお店で、楽天カードが入った財布をタッチすれば、それだけで買い物ができちゃいますね!

楽天カードは、クレジットカードとしてもポイントが貯めやすくて便利です。
電子マネーが使えることで、使いやすさもポイントの貯めやすさもアップした感じになります。

今は、このあと紹介する「楽天ポイントカード」も含めて、クレジットカード・電子マネー・ポイントカードが1つになっているのでおすすめですよ。

また、楽天Edyつきの楽天カードを作ると、楽天Edy残高に最初から500円チャージされた状態になるため、500円もらえたのと同じでお得です!

参考:Edy機能付きの楽天カードを作るにはこちらから

楽天Edyが付帯しているクレジットカードを申し込む

もう1つ、楽天カード以外のクレジットカードでも楽天Edyを使うことができます。

ANAカードの一種であるANA VISAカードや、ANAダイナースカードでも楽天Edyが付帯しているので、チャージすることで楽天Edyの支払いもできるようになりますよ。

また、ANAカード系から楽天Edyにチャージして、楽天Edyを使った場合は、200円ごとにANAマイルが1マイル貯まります。

Edy-楽天ポイントカードを使う

クレジットカードは別のを使っていて、楽天カードは持てない。
そんな場合もありますよね。

そんな時は、楽天Edyの機能を持たせた「Edy-楽天ポイントカード」を使ってみましょう。

Edy-楽天ポイントカード

ただし、このカードは330円かかります。
無料で手に入れることはできません。

赤・青・ピンクの3色のカードから選べますが、どの色であっても値段は変わらないです。

楽天Edyと楽天ポイントカードの機能の両方を持つことができるカードですね。

楽天ポイントカードって何だ?
という方は、以下のページも合わせてどうぞ。

おサイフケータイで使うこともできる

クレジットカードもポイントカードもカードが1枚増えてしまいますよね。

どちらも便利ではありますけど、モノを増やしたくない気持ちもあると思います。

特に、ミニマリストという言葉が流行していることもあって、できるだけカードを増やしたくない気持ちになりますよね。

そんな方には、今持っているスマートフォンのおサイフケータイ機能を使いましょう!

おサイフケータイで楽天Edyを使う設定を行えば、いつでも楽天Edyを使えますよ。

個人的には、おサイフケータイで楽天Edyを使うのが一番便利な方法だと思います。

このあと説明するクレジットカードからのチャージも、おサイフケータイに対応していますからね。

参考:おサイフケータイの携帯電話から楽天Edyに登録する方法
参考:楽天Edyにクレジットカードでチャージするための設定方法

クレジットカードから楽天Edyにチャージできる

楽天Edyは電子マネーで、別のところからチャージしないと使うことができません。

チャージする方法はいくつかありますけど、クレジットカードからチャージできるのが一番節約になりますよ。

クレジットカードからチャージすることで、オートチャージもできます。

オートチャージとは、自分で設定した金額以下になっていると自動的にクレジットカードからチャージされる仕組みのことです。

例えば、1,000円未満なら3,000円チャージされるようになっていて、980円しか楽天Edyの残高がない場合は、オートチャージされますよ。

1時間に1回、自動的に残高チェックが入り、勝手に楽天Edyにチャージしてくれます。

チャージに使える主なクレジットカードは以下の通り。

クレジットカードからチャージできることで、クレジットカードのポイントが貯まる分だけお得になりますよ!

リクルートカード(VISA)から楽天Edyのチャージが一番お得

リクルートカードのVISAブランドであれば、楽天Edyのチャージに対応しています。

リクルートカードの還元率は1.2%もあって、かなり高いですよね。

楽天Edyを使った時には、0.5%の還元率で楽天スーパーポイントが貯まりますので、合計すると1.7%の還元率にできます。

楽天Edyを使う時は、これが最もお得な方法です。

オートチャージの設定も含めて、以下のページで紹介しています。

楽天カードから楽天Edyにチャージできる

リクルートカードからチャージした場合は、1.2%分はリクルートポイントが貯まります。

もし、リクルートポイントを全く使う機会がないのであれば、いくら還元率が良くても意味がないですよね。

そんな時は、楽天カードから楽天Edyにチャージするように設定しておきましょう!

楽天カードでチャージした場合は200円ごとに1ポイント貯まるのでこれで還元率0.5%、楽天Edyを使った時に貯まるポイントと合わせると、還元率1.0%ですよ。

何よりも、楽天カードも楽天Edyも貯まるのは楽天スーパーポイントになるので、余計なことを考える必要がなくなります。

楽天カードから楽天Edyにチャージした時の還元率

楽天スーパーポイントからチャージもできる

貯めた楽天スーパーポイントを使って楽天Edyにチャージすることもできます。
ポイントを電子マネーにすることで現金にしているような感覚になりますし、この方法もおすすめですよ。

楽天スーパーポイントから楽天Edyにする手順は以下のページが詳しいです。

さいごに

楽天Edyは、一度使い始めると財布代わりになる便利な電子マネーです。

しかも、クレジットカードのチャージに対応しています!
小さなところから節約していこうと思っている方にも使えますよ。

Edy付きの楽天カードやおサイフケータイなどを使って、楽天スーパーポイントを貯めつつ、現金支出を減らしていきましょう!

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場での必要な買い物で使ってくださいね。

もしこれから楽天Edyを使うなら、楽天カードと一緒に作りましょう!
最初から500円チャージされた状態になるため、500円もらえたのと同じになりますからね。

参考:Edy機能付きの楽天カードを作るにはこちらから

おまけ:他の電子マネーの活用方法

楽天Edy以外にも電子マネーはたくさんありますよね。
他にも電子マネーを活用されている方に向けて、お得な活用方法を紹介しています。

合わせて参考にしてみてくださいね。

おまけ:楽天を使うなら見ておきたい記事のまとめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!