【完全版】ドコモのポイント「dポイント」のお得な貯め方とおすすめの使い方を徹底解説!dポイントカードの作り方も

スポンサーリンク

携帯電話でおなじみのドコモから、新しいポイントサービス「dポイント(ディーポイント)」が発表され、2015年12月1日から使えるようになりました。

Tポイント(ティーポイント)と呼び方がほとんど同じで、間違えてしまいそうですね・・・。

dポイントも、専用のポイントカードである「dポイントカード」があります。

クレジットカードのdカードと一体型だったり、dポイントカードだけで使ったり、ちょっと複雑に感じるかもしれません。

どう使うにしても、損したくないし、せっかくならお得に使いたいですよね。

このページでは、dポイントを使う時にお得に貯める方法や、いいポイントの使い方を紹介していきます。

dポイントの貯め方と使い方

他のポイントと比較されるなら、以下のページもおすすめです。

dポイントカードは入会金・年会費無料で使える

dポイントを使うにあたって、お金がかかるのかどうかが気になるところですよね。

この心配は不要です。
dポイントを貯めて使うことに関して、お金は一切かかりません。

dポイントカードの入会金・年会費はもちろん無料です。

クレジットカードのdカードを持つことでも、ポイントカード代わりにできます。

ただ、dカードの場合は、カードのランクによって年会費が発生する可能性もありますので、その点はご注意ください。

ゴールドカードだと、税抜10,000円の年会費がかかります。
年会費高すぎ・・・と思うかもしれませんが、10,000円以上の価値はありますよ。

dポイントカードの作り方はローソンでもらうだけ

dポイントカードってどうやって手に入れたらいいのかがよく分からないですよね。

これは単純で、ローソンに行って店員さんにdポイントカードが欲しいことを伝えると、1枚もらえますよ。

私は、ローソン店員さんに聞いてdポイントカードをもらいました。

dポイントカード

dポイントカードは個人情報を登録するので、Loppiもしくはインターネットで登録してくださいとも教えてもらいました。

dポイントカードの利用登録のやり方は、以下のページが詳しいです。

dポイントを貯める7つの方法

さて、ここからは肝心のdポイントの貯め方を紹介していきますね。

ポイントを貯める方法は数多くありますよ。

1. dポイント加盟店でポイントカード提示で1%のポイントが貯まる

ポイントカードというからには、お店で買い物する時にポイントが貯まるイメージだと思います。

そのイメージで間違ってなくて、dポイント加盟店での買い物時にポイントカードを提示すればポイントが貯まりますよ。

クレジットカードのdカードであっても同じです。

dポイント加盟店は、サービス開始当初は以下の2店舗だけとなります。

今後は、使える店舗が拡充していきますので、ポイントを貯められる場所が増えますよ。

dポイントカードの提示でdポイントが貯まるお店の一覧は以下の通りです。

NEXCO中日本とアニメイトは、順次使えるお店が広がっていく流れです。

2. ドコモのサービス「dマーケット」を使う

dポイントは、ドコモのポイントサービスということもあり、ドコモのサービス「dマーケット」を使うことでポイントを貯めることができます。

雑誌読み放題のdマガジンや、出前サービスのdデリバリーでもdポイントが貯まりますよ。

dマーケットのサービス一覧は以下の通りです。

3. dカードやdカードGOLDを使う

dポイントをより多く貯めるのであれば、クレジットカードのdカードを使うのが一番早いです。

dカードは電子マネーのiDにも対応していて、便利に使えるカードですよ。

ポイント還元率は1%もありますので、よくある0.5%のカードと比べたら2倍の還元率ですね。

dポイントカードを提示するだけでポイントが貯まるところで、dカード決済すれば、ポイントを二重取りすることもできます。

うまく活用すれば、dポイントがどんどん貯まりますよ〜!

あとで説明する、dポイントが使えるお店やサービスを使っていくのであれば、ポイントを貯めることは節約にダイレクトにつながってきます。

それに、dカードはカード発行時のキャンペーンで数千円分のdポイントがもらえますよ!すぐにたくさんのdポイントが欲しいならこちらがかなり魅力的です。

参考:dカードはこちらから作れます
参考:dカードゴールドはこちらから作れます

4. JALマイル・Pontaポイントからdポイントに交換できる

他のポイントサービスであるJALマイルPontaポイントからdポイントに交換することもできます。

ローソンを使っている方はPontaポイントを貯めてると思いますので、どちらか好きな方を使えるようにできますね。

汎用性を考えたら、Pontaポイントそのままで使う方がいいとは思いますけどね。

ちなみに、JALマイルを貯める方法は、以下のページが詳しいですよ。

5. dケータイ払いプラス対応サイトでdポイントが貯まる

実店舗・ネットショップ問わず、いろいろなお店がありますよね。

dケータイ払いプラスに対応しているお店で買い物すると、100円ごとに1円分のdポイントが貯まりますよ。

月々のケータイ料金と一緒に支払える便利なサービスです。

クレジットカードと同様、お金を使った感覚になりにくいので、使うときはお金を払っている感覚を持つようにして、ムダ使いを防ぎましょう。

土曜日に買い物すれば、dポイント10倍になるお店も多く、使う価値は十分ありますよ。

dケータイ払いプラスに対応している代表的なお店を一覧にしました。

これ以外にもたくさんのお店でケータイ払いが使えます。

6. アプリ「歩いておトク」の利用でdポイントが貯まる

万歩計代わりになるアプリの「歩いておトク」を使って、アプリをチェックするとdポイントが貯まりますよ。

歩く楽しみができる上に、ポイントがもらえるので一石二鳥です。

ただ、月額324円かかるサービスなのと、ドコモ契約者でspモードを契約していないと使えません。

7. ギフトコの利用でdポイントを貯める

SNSやメールだけで気軽にギフトを送れるサービスの「ギフトコ」を使うと、100円ごとに1円分のdポイントが貯まります。

スターバックスのドリンクチケットやタワレコのクーポン、ローソンのからあげクンなどのお手軽なプレゼントを送れるのが特徴です。

貯めたdポイントの使い道

せっかくdポイントを貯めても、使わなければ全く意味がありません。

ここからは、dポイントを使う方法を紹介していきますね。

使い道に困っているなら、ここから先をチェックしてください。

ドコモ携帯料金の料金でdポイントが使える

ドコモ携帯を使っている方にとって一番うれしい使い方が、携帯料金に使えることです。

携帯料金って、どうしても高くなりがちですよね。

格安SIMが安いとは聞くけど、まだドコモを使い続けたい場合は、貯まったdポイントを携帯料金に充てましょう。

携帯料金の割引に使う場合は、3,000ポイントから100ポイント単位でしか使えませんので、ちょっとハードルが高いです。

dポイント加盟店で使う

貯めたdポイントは、dポイント加盟店での買い物時に使うことができます。

この時は、1ポイント1円から使うことができるので、消化しやすいですね。

コンビニのローソンで使えるので、普段の買い物で現金支出を減らせます。

dポイントが使えるお店は以下の通りです。

iDキャッシュバック

ドコモの携帯電話回線を持っていて、dカードを使っている場合は、電子マネーのiD料金を支払うときに値引きできるiDキャッシュバックにdポイントを交換できます。

iDを使ってあとで請求が来るのがいやなのであれば、ポイントをここで使ってしまいましょう。

dケータイ払いプラスでポイントを使う

ドコモの決済サービスであるdケータイ払いプラスを使う時にも、dポイントが使えます。

以下のお店がdケータイ払いプラスに対応していますよ。

dポイントをJALマイル・Pontaポイントに交換できる

dポイントの使いドコロがなくて困っているのであれば、別のポイントに交換するのがおすすめです。

JALマイルPontaポイントに交換できますので、dポイントを使わないなら、別ポイントにしてしまうのがいいですよ。

Pontaポイントは使えるお店も多いですからね。
リクルート系のサービスにも使うことができます。

個人的なおすすめの使い方はdデリバリー

dポイントが使えるところはいろいろありますが、個人的に使ってみてよかったと思えるのは、dデリバリーです。

dデリバリーは、ドコモの出前サービスで、家から一歩も出ずに届けてくれますよ。

実際使ってみたら、あまりにも便利で驚きました!
dポイントも使えるので、たまっているのであれば、このタイミングで使うのはおすすめです。

さいごに

ポイントがまた増えてややこしく感じるかもしれませんね。

もし、ドコモを使っているのであれば、dポイントを貯める機会はたくさんあるはずなので、できるだけ多く貯めて、普段は現金支出があるところにポイントを使うようにしていきましょう。

ポイントは使ってこそ意味があるものです。
しっかり貯めて、たくさん使って節約して、浮いたお金を貯金や投資に回していきましょう!

dポイントを貯めるのであれば、一番おすすめなのがdカードです。

dカードを使えば、普段の生活でどんどんポイントが貯まって、使う機会も多くなりますよ。

ポイントカードだけを手に入れた場合は、利用登録しておきましょう。

おまけ:他のポイントサービスと比較される方へ

世の中には、dポイント以外にもいろいろなポイントがあります。

ポイントの仕組みを知って使いこなすことで、より節約につながっていきますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る