Amazonで安く買う11の方法。割引クーポンなどでお得に買い物する考え方を解説

スポンサーリンク

こんにちは!
ネットで買い物するときはほとんどAmazonを使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ネットショッピングするとなると、よく使うのがAmazonではないでしょうか。
私も本やKindle本を中心にAmazonには日々お世話になってますよ。

そうやって日常的にAmazonを使っていくとなると、ついついお金も出ていってしまいがちですよね。

Amazonで買い物する習慣があるなら、1回あたりの支払額を安くしたいところ。

私は徹底的に節約したいタイプなので、なかなか安くする方法がないAmazonでも節約する方法を探しました。すると、意外と見つかるんですよね。

1回あたりの買い物金額を安くできれば、それ以降毎回同じ方法で安くすることができますよ。

ケチケチした方法かもしれませんが、一度習慣にしてしまえば、複利で得し続けることができますよ。

このページでは、Amazonで買い物するときに知っておきたい、安く買い物する方法をまとめて紹介していきますね。

Amazonでの買い物を安くする方法

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)で常に還元率2%以上

Amazonでの買い物って、基本的にクレジットカードになりますよね。

であれば、Amazonでお得に使えるクレジットカードを使った方が、買い物のたびに節約になるのでおすすめです。

Amazonでの買い物で一番お得になるカードは、Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)ですよ!

オリコカードザポイントは基本還元率1%で、オリコモールを経由してAmazonで買い物すると還元率2%になります。

入会後6ヶ月間であれば、還元率3%とあり得ないお得さですよね!

オリコカードザポイントで貯めたポイントは、Amazonギフト券に交換できるので、また再利用できるのもおすすめできる理由です。

年会費無料で持てるカードで、心理的な負担がなく持てると思います。

Amazonカードもありますが、それと比較してもオリコカードザポイントがおすすめです。

「JCB CARD W」もしくは「JCB CARD W plus L」で支払う

もう1つクレジットカードを紹介しますね。
Amazonで日常的に買い物するのなら、JCB CARD WもしくはJCB CARD W plus Lというクレジットカードを使うのがおすすめです。

どちらも、ポイント還元率が1%のクレジットカードで、Amazonの場合はさらに1%増えて常に還元率2%ですね。

1,000円使うごとに4ポイント貯まります。

貯めたポイントは、nanacoポイントビックポイントジョーシンポイントなどだと1ポイント5円相当にできますよ。

また、ANAマイルJALマイルにも1ポイント3マイルのレートで交換できます。

タイムセールを利用する

あまり知られていないような気もしますが、Amazonでは常々タイムセールを行っています。

自分の欲しい商品が常にあるとは限らないですが、毎日眺めていたらいつか掘り出し物が見つかるかもしれません。

参考:Amazonタイムセールのページはこちら

過去に見たときはKindle Fire HDXが5,000円OFFになっていました。
普段は割引にならない商品だと思うので、こういったタイミングで買えるとラッキーですね!

Amazon co jp タイムセール

プライムデーやサイバーマンデーなどの大きなセールを使う

Amazonでは、タイムセールだけでなく年に数回大きなセールを開催しています。

代表的なセールが「プライムデー」や「サイバーマンデー」ですね。

これらのセールはもともと安いAmazonの商品がさらに安くなっているので、もし前々から欲しいものがあった場合はこの機会に買ってみるとお得になるかもしれませんよ。

サイバーマンデーはありますが、Amazonではブラックフライデーのセールがありません。

Amazonポイントを使って割引する

Amazonでの買い物で、Amazonポイントが貯まることはありませんか?

普段の買い物でそれほど意識することないので、気付かないうちに貯まっていることがよくあります。

Amazonギフト券だけで買い物したとしても、Amazonポイントが貯まる商品がありますので、その時はめちゃくちゃ還元率が高い買い物ができていますね。

Amazonポイントは、次回以降の買い物で使えますので、決済画面でポイントを使うようにしましょう。

貯めるメリットは特にないので、私は毎回の買い物で使っています。

ふるさと納税でAmazonギフト券を手に入れる

ふるさと納税のふるなびふるさとプレミアムでは、Amazonギフト券が返礼品になっているときがたまにあります。

これを使えば、節税にもなるしAmazonギフト券も手に入るしで一石二鳥ですよ。

また、ふるなびやふるさとプレミアムでは、クレジットカードで納税することで寄付金の1%がAmazonギフト券として戻ってくるのも大きなメリットです。

amaten(アマテン)を使う

amaten(アマテン)というサービスを利用すると、Amazonギフト券が定価よりも5%ほど安く買えます。

5%のインパクトはとても大きいので、Amazonで頻繁に買い物するのであれば、定期的にAmazonギフト券を仕入れて、その分安くしましょう。

Amazonアソシエイトでギフト券を入手

ホームページやブログを運営している方は、ページ内でAmazonの商品を紹介した場合にAmazonアソシエイトのタグを貼って商品紹介すれば、そこから売れた場合に売上の一部が自分の収入になります。

Amazonアソシエイトでは、500円以上貯まれば、Amazonギフト券と交換できますよ。

毎月確実に500円以上になるのであれば、毎月勝手にAmazonギフト券が送られてきます。

ホームページやブログを運営している方は、Amazonアソシエイトでの売上を使って、Amazonでの買い物を安くできますね。

カンパを募る

15円からカンパすることができるサービスのKampa!で、Amazonで欲しい商品の代金を募ることができます。

簡単に使うことができますが、自分自身の信頼度や、その商品をどうしても欲しい理由などがはっきりしない場合はカンパを集めるのは難しいでしょうね。

URLにパラメータを追記して格安商品を検索

Amazonで安い商品を見つけるのは意外と簡単です。
「http://www.amazon.co.jp/〜」で始まるアドレスの一番後ろにある文字を足してやることで、90%OFFの商品でさえも簡単に見つけることができます。

その文字は「&field-pct-off=90-」ですね。

Amazonプライムを使う

年会費を払う必要がありますが、Amazonをよく使っているのであれば、Amazonプライムを使うのがおすすめです。

プライム会員になっていると、Amazonプライム・ビデオAmazonプライム・ミュージックが無料で使えます。

また、いつでも無料でお急ぎ便が使えるのも魅力的ですよ。

クレジットカードのAmazon Mastercardの還元率も高くなりますし、よく使うなら検討したいサービスです。

以前私はAmazonプライムを使っていませんでしたが、一度使い始めたら便利すぎてそのままずっと使ってしまっています…。

Amazonで安く買うのにこだわるのは、仕入に使ってたから

これだけの方法を学んだのは、私が過去にせどり(物販)で生活してたことがあるからです。

仕入値をいかに安くするかが手取りの利益に直結してきますので、1円での安く仕入れることに徹底的にこだわっていました。

そんなノウハウは、以下のページに全部まとめています。

購入後にチェックしておきたいページ

Amazonで商品を安く買うことができたら、履歴などを確認したいときもあると思います。

Amazonでは、いつでも注文履歴を確認できますよ。

また、買い物したらダンボールに入って荷物が届くので、開封後のダンボールの捨て方も気になると思います。

そんなときは以下のページが参考になると思いますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

さいごに:まずは自分に合った方法から試してみてください

ここまで、数多くのAmazon節約術を紹介してきました。全ての方法を今すぐ試すのは難しいと感じるかもしれませんね。

そうであれば、まずは自分に合ったすぐにできそうな方法から試してみてください。

1つずつ習慣にしていけば、そのうち無意識でのうちに安く買い物ができるようになります。そうなればしめたものですね。

Amazonがなくならない限り、これらの方法を使って節約し続けることができますよ。

まずは、Amazonの会員登録から始めてみましょう!

おまけ:Amazonの活用方法まとめ

おまけ:他の通販サイトで安く買う方法

ネットでは、Amazon以外にも買い物できるところがたくさんありますよね。

他のお店を使っている方にとって、安く買い物できる方法も紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る