電子マネーQUICPay(クイックペイ)の使い方・対応クレジットカード・使えるお店の完全ガイド

スポンサーリンク

電子マネーって、タッチするだけで決済できて便利ですよね。
現金やクレジットカードで決済するのと比べると、明らかに時間短縮になります。

でも、電子マネーの場合はチャージされているかどうか、別の心配が出てきますよね。

実は、チャージが不要でいつでも使える電子マネーが2つあります。

1つがiDで、もう1つがQUICPay(クイックペイ)です。

このページでは、電子マネーのQUICPayについて、普通に使うだけではなく、よりお得にできる方法を紹介していきますね。

QUICPayの使い方

他の電子マネーと比較される方はこちらから。

QUICPayとは?後払いが便利

そもそもQUICPayってなんでしょうか。
まずはそこが気になるところですよね。

QUICPayは、後払いで支払うことができる電子マネーです。

後払いって、お金はどこで払うのかと思うかもしれませんが、QUICPayはクレジットカードと紐付けして使います。

QUICPayで支払った分は、クレジットカードでの請求がありますよ。

クレジットカードを出して、通信している時間を待つのがもったいないと思いますが、QUICPayの場合はタッチするだけで決済ができて、時間短縮できます。

クレジットカード一体型・専用カード・おサイフケータイに対応

QUICPayってどうやって手に入れたり、使ったりすればいいのでしょうか。

QUICPayを使う方法は以下の3種類があります。

  • クレジットカードとQUICPayが一体型になっているカード
  • QUICPay機能だけの専用カード
  • QUICPayモバイル(おサイフケータイ)

クレジットカードと一体型のQUICPay

クレジットカードと一体になっているQUICPayがあります。

1枚でクレジットカードの機能と電子マネーの機能の両方を持っているので、どちらの支払いでも1枚あればすぐにできる便利さがありますよ。

代表的なカードをいくつかピックアップしてみました。

QUICPay機能だけの専用カード

QUICPayは、クレジットカードと紐付けするのですが、ほとんどのカードはクレジットカードと一体型ではありません。

QUICPayを使うには、QUICPay機能だけの専用カードを発行する必要があります。

これがちょっと面倒なところではありますが、QUICPayに対応しているお店を使うことが多いのなら、作っておいた方が後々の時間を節約できますよ。

あとでお店の一覧を紹介しますが、コンビニであればQUICPayに対応していますので、コンビニをよく使う方にもおすすめです。

おサイフケータイと紐付ける

専用カードを作るのも面倒な場合は、おサイフケータイに対応している携帯電話でQUICPayが使えるようにしておきましょう。

一度設定しておけば、買い物するときも携帯電話をタッチするだけで使えますよ。

今は、おサイフケータイに対応した格安スマートフォンも販売されているので、使いやすくなりました。

nanacoもQUICPayに対応しているのがある

セブンカード・プラスを使っている方は、nanacoが使えますよね。

セブンカード・プラスでも、QUICPayを追加することができるので、nanacoとQUICPayの両方を使えます。

珍しい組み合わせですが、両方を使うのならクレジットカードが1枚で済みますよ。

なるべく電子マネーもクレジットカードもひとまとめにしたいなら、セブンカード・プラスを使ってみましょう。

あとは、JCBが発行するJCBカードを使っている方も、QUICPayを追加することができます。

Twitterで教えていただきました。

QUICPayの支払いにおすすめなクレジットカード

QUICPayを使った時の代金は、あとでクレジットカードから引き落とされます。

では、どのクレジットカードを使うのがいいのかが気になりますよね。

独断と偏見で、QUICPayの支払いにおすすめのクレジットカードを選んでみました。

Orico Card THE POINT

先ほど、クレジットカードと一体型になっているQUICPayでも紹介した、Orico Card THE POINTは有力な候補になります。

というのも、還元率が1%あり、年会費が無料だからです。

貯めたポイントも、リアルタイムでAmazonギフト券などに交換できて節約するのにとても役立ちますよ。

Orico Card THE POINTは、QUICPayだけでなく、iDも一体型になっているので、QUICPayが使えないお店でもiDに対応してれば電子マネー払いができます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費20,000円(税抜)で持てるプラチナカードのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードも、QUICPayを使うことができます。

こちらはQUICPay専用のカードを持つことになりますが、プラチナカードで電子マネーが使えることが珍しいので、支払いの手間をなくしたいのなら使ってみましょう。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ(法人カード)

法人カードのオリコエグゼクティブゴールドフォービズでもQUICPayが使えます。

こちらは、クレジットカードと一体型になっていますので、カードが増えることはありません。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズもiDがセットになっています。

電子マネー払いする時は、どちらかを使えば簡単に支払いが済ませれますね。

QUICPayが使えるお店の一覧

QUICPayは後払いにできて便利ですが、問題はどこで使えるかどうかです。

以下で、QUICPayの支払いに対応しているお店をまとめました。

これが全てではありませんが、使えるところはそれなりに多いですよ。

お店で買い物した時や、レストランで食事した時の会計で、QUICPayのアイコンをよく見かけるので、それなりに普及しているのだと思います。

コンビニ

スーパーマーケット

  • オーケー
  • アピタ
  • ピアゴ
  • miniピアゴ
  • 阪急オアシス
  • マミーズ
  • アークスグループ
  • ぎゅーとら
  • 平和堂
  • 松源
  • マルヨシセンター
  • ヤマイチ
  • ダイイチ

ドラッグストア

  • 富士薬品ドラッグストアグループ
  • 金光薬品
  • コスメティックスアンドメディカル
  • ウォンツ
  • ココカラファイン
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス
  • 灰吹屋薬局
  • 大賀薬局
  • 新生堂薬局
  • ヤックスドラッグ
  • スギヤマ薬品
  • ドラッグユタカ

レストラン・グルメ

  • 海都
  • 魚べい
  • すき家
  • 味の民芸
  • 手延べうどん水山
  • JINJIN
  • ASIAN LEAF
  • らーめん専門店ぶぶか
  • 海鮮三崎港
  • 鳥どり
  • サガミ
  • ロイヤルホスト

レジャー

ショッピング

ガソリンスタンド

  • ENEOS
  • 昭和シェル石油
  • エクスプレス

QUICPayを使うことで割引になるお店もある

QUICPayは、単純に支払いが楽になるだけではありません。

QUICPayを使うことで普通に買い物するよりも安くできるところもありますよ。

例えば、ツルハドラッグではQUICPayの利用金額の5%がキャッシュバックされます。

以下のお店であれば、5%キャッシュバックになりますよ。

  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス
  • ウォンツ

10,000円使えば、500円は戻ってくる計算になりますので、他の方法で払うよりも明らかにお得です。

もちろん、QUICPayで使った分のクレジットカードのポイントも貯まりますので、還元率が高いカードならもっと還元が大きくなります。

他にも、紐付けているクレジットカードによって、キャッシュバックサービスがいろいろなお店でありますよ。

ティーエスキュービックカードとQUICPayを紐付けると、お得になるお店が多いです。

Apple Payにも対応しているので、さらに使い勝手がよくなります

QUICPayは、iPhone7の目玉でもあるApple Payにも対応しています。

先ほど紹介したクレジットカードを持っておくと、iD払いが今まで以上にスムーズになって、支払いがラクになりますよ。

QUICPayを使った感想

QUICPayは、iDと同じように後払いになる電子マネーのサービスです。

使ったときは、残高のことを一切気にしなくて良かったので、チャージして使うタイプの電子マネーより使いやすいですよ。

使い方は他の電子マネーと同じように、機械にかざすだけです。

店員さんに「QUICPayで支払います」と伝えたら、あとは店員さんの指示に従って支払うだけですよ。

現金を出す手間が省けたので、時間短縮にもなりますね。

さいごに

QUICPayは、後払いにできる電子マネーで、コンビニならほぼどこでも使えるのが大きな魅力です。

使った時に時間がかからないのが最大のメリットですよ。

使い始めるまでは、クレジットカードを用意したり、別のカードを申し込む必要がありますが、それさえクリアしてしまえば、いつでもQUICPayが使えます。

支払いをスマートにして、買い物する時のストレスをなるべく減らすようにしていきましょう。

お金を使うたびに、QUICPay決済すれば時間短縮につながりますよ。

おまけ:他の電子マネーと比較する

QUICPayに限らず、電子マネーはたくさんありますよね。
他にも電子マネーを活用されている方に向けて、お得な活用方法を紹介しています。

合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る