5%還元!ドトールバリューカードの作り方・ポイントの使い方とクレジットチャージの手順まとめ

なつみとの画像

DOUTOR(ドトール)といえば、コーヒーショップチェーン大手、1,000以上の店舗数を誇ります。

個人的に、チェーン店の中で一番好きなお店がドトールです。

ブレンドコーヒーが220円で飲めて、スタバほど混み合うこともないので、ついドトールに寄ってしまいます。

ミラノサンドなどの食事も充実していますし、500円でケーキセットが食べられるのも魅力。

そんなドトール、よく行く人におすすめなのが「ドトールバリューカード」です。

ドトールで安くするのに大活躍ですよ!

このページでは、ドトールバリューカードについて紹介していきますね。

ドトールバリューカードの作り方・使い方

ドトールバリューカードで付くポイント

ドトールバリューカード

ドトールバリューカードは、ドトールで使えるプリペイド(チャージ)式のカードです。

チャージ時・利用時の両方にポイントが付くので、とてもお得だと思いますよ。

  • チャージ時:2,000円以上のチャージでチャージ金額の5%貯まる
  • 利用時:100円ごとに1ポイント貯まる

1ポイント=1円です。

チャージ時のポイント還元率は、会員ランクによって変わり、最大10%も貯まります!

ドトールバリューカードで支払うと、レシートにも印字されますよ。

ドトールのレシート

410円の豆乳ラテ(Lサイズ)を買い、4ポイントつきました。

下の「DVC」というのはドトールバリューカードの略ですね。カード残高やポイント残高も印字されるので分かりやすいです。

なお、ドトールバリューカードに有効期限はありませんが、残高ポイントには有効期限があり、最終利用日より3年(ポイントは1年)が経過すると失効します。

また、店頭で利用できるドトールバリューカードは1枚のみです。

会員ランクでポイント還元率が変わる

チャージ時に付くポイントは、以下の会員ランクに応じて決まります。

  • シルバー:年間購入金額2万円未満 → 5%
  • ゴールド:年間購入金額2万円以上5万円未満 → 7%
  • プラチナ:年間購入金額5万円以上 → 10%

毎年9月16日~翌年9月15日の合計金額が対象になり、10月1日から適用されます。

はじめはシルバーからのスタートですが、それでも還元率が5%あるのはかなりお得ですよね。

ただし、チャージのポイント還元を受けるには2,000円以上のチャージが必要です。

チャージ自体は1,000円から1,000円単位でできますが、ポイントを付けるために2,000円以上のチャージがおすすめですよ。

ドトールバリューカードは実質無料で手に入る

ドトールバリューカードはドトールの店頭で手に入ります。

レジ前に置いてあることが多いですよ。

ドトールバリューカード購入

1枚とって、「これください」と言えば簡単に購入できます。

購入時に300円必要

ドトールバリューカードは300円で販売されています。

ただ、初回購入時には300ポイント付くので、ドトールを使う方にとっては実質無料ですね。

アプリへ移行もできる

なおドトールバリューカードを手に入れたあとに、アプリへ移行することも可能です。

【ドトールコーヒー】アプリ
引用元:ドトール バリューカード

参考:iPhoneの場合のダウンロードはこちら
参考:Androidの場合のダウンロードはこちら

ドトールバリューカードでの支払い方

ドトールバリューカードで支払う際には、「ドトールバリューカードで」と言いましょう。

わたしはドトールバリューカードを持って「これでお願いします」と言います^^

レジ前に電子マネー用のタッチ端末が置かれているので、店員さんのレジ操作を待って、端末にカードをタッチしましょう。

タッチするだけで支払い完了です。

ドトールポイントの使い方

ポイントを使うときには、支払い時にドトールバリューカードを出し、「ポイントで」と言うだけです。

10ポイント単位でポイントを利用できます。

また、店内での食事だけでなく、お店で販売されているコーヒー豆やお菓子などの支払いにも使えますよ。

また「新商品ボーナスポイントデー」というサービスがあり、対象商品の発売日から4日間、ドトールバリューカードで購入すると、3ポイントがプレゼントされます。

店頭でのチャージは現金のみ

ドトールバリューカードを購入する際に、チャージも同時にできます。
ポイントが付くので、2,000円以上チャージしましょう。

店頭でのチャージは現金のみとなっています。

またチャージ可能額は、1,000円から1,000円単位で30,000円までチャージ可能です。

クレジットチャージがお得!

ドトールバリューカードへのチャージは、現金だけでなくクレジットカードにも対応しています。

店頭では現金のみなので、クレジットチャージをしたい場合はドトールのWebサイト「マイドトール」への登録が必要ですよ。

クレジットチャージにすれば、クレジットカード側のポイントも貯まります。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

たとえば、ポイント還元率1%のクレジットカードで2,000円チャージすると、このようになります。

※ シルバーランクの場合
※ 購入ポイントはブレンドコーヒーS(220円)を9杯買った場合で計算

  • クレジットカード:20ポイント
  • ドトールバリューカード:100ポイント
  • 購入時のポイント:18ポイント

チャージだけで6%のポイント還元になり、さらに購入ポイントもプラスすると、7%近い還元(6.9%)が受けられますよ。

ドトールのコーヒーってほんと安いですよね。
安くておいしくて、しかもくつろげるので大好きです。

それがドトールバリューカードのおかげでさらに安くなるのがうれしいです!

チャージの日でさらにお得にポイントをゲットできる

毎月1日に、ドトールバリューカードへ1,000円以上チャージした場合、チャージボーナスポイントが10ポイントもらえます!

たかが10ポイント、されど10ポイントです。
2,000円以上チャージした場合、チャージポイント(入金額の5%~)と合わせたらさらにお得ですよね。

チャージボーナスポイントは1日1回限りで、毎月5日までに付与されます。

クレジットチャージの手順

クレジットチャージをするには、「マイドトール」への登録が必要です。

▼ちなみにドトールでは、シーズンキャンペーンを行っていることがあるんですよ。
【ドトールコーヒー】シーズンキャンペーン

WEB会員に登録するだけで20ポイントもらえたり、400円買うごとにくじが引けたりするので、ついでに参加してみるのもいいですね。

「マイドトール」のページにアクセスする

マイドトール

登録時にはドトールバリューカード裏面のカード番号とPIN番号が必要なので、手元にカードを用意しておきましょう。

PIN番号はスクラッチになっているので、削ると出てきます。

ドトールバリューカード裏面

登録しておけば、次からはログインするだけですぐチャージできますよ。

マイページから「バリューチャージ」に進む

マイドトールのマイページ

チャージ金額を入力し、完了メールが必要な人はメールアドレスも入力してください。

マイドトールのクレジットチャージ

クレジットカードの情報を入力し、決済しましょう。
VISA・Master・JCB・セディナカードが対応していますよ。

マイドトールチャージ決済画面

マイページを更新するとチャージされていることが分かります。

マイドトールでチャージ後

支払い方法の併用について

ドトールの豆乳ラテ

ドトールでは、ドトールバリューカード以外にも、以下の支払い方法が利用できます。

ちなみに、クレジットカードは使えません。

現金との併用はOK

ドトールバリューカードと現金の併用はできます。

ちょうど先日、ドトールバリューカードの残高が足りなかったのですが、不足分を現金で支払いました。

あと、ポイントとの併用もできますよ。

dポイントとの併用は不可

ドトールを利用すると「dポイントカードお持ちですか?」とよく聞かれますよね。

dポイントカードを提示すればdポイントが貯まりますし、dポイントで支払うことも可能です。

ただし、ドトールバリューカードと併用して支払うことができませんし、両方のポイントを付けてもらうこともできません。

交通系ICカードとの併用は不可

交通系ICカードで対象になっているのは以下9種類です。

PiTaPaに関しては利用できません。

またいずれも、ドトールバリューカードとの併用はできませんよ。

ドトール好きにはおすすめのカード

わたしは普段よくドトールに行きます。

そもそもカフェ好きで、ライターという仕事柄ノマドワークすることも多いです。

ドトールは店舗数が多いですし、遠出したときにもドトールはよくあるのでついドトールを選んでしまいます。

なにより安いですし。

現金で払うだけでは定価で支払うだけですが、ドトールバリューカードなら購入時も合わせて6%近い還元。

さらに、クレジットカードでチャージすれば7%近い還元が受けられます。

クレジットカードが使えるカフェでコーヒーを飲んでも、せいぜい2%ぐらいしかポイントがつきませんよね。

定期的にドトールに行く方なら、ドトールバリューカードはぜひ持っておいた方がいいと思いますよ。

この記事を書いた人

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

なつみとのプロフィール