楽天証券と楽天銀行の同時開設2024年キャンペーン・やり方の流れとデメリットを紹介

松本 博樹の画像

楽天銀行楽天証券、どちらの口座もなくて、これから両方とも作ろうと思っているのであれば、わざわざ2回口座開設するのが面倒に思うのではないでしょうか。

そんな心配は無用ですよ!
結論を先に言うと、楽天証券と楽天銀行は同時に口座開設できます

しかも、もれなく現金がもらえるキャンペーンがありお得です。

ということでこのページでは、楽天証券と楽天銀行の口座を同時に作る流れを画像つきで詳しく紹介していきますね。

楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設する方法

[2024年]楽天証券と楽天銀行の同時開設キャンペーン内容

現在、楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設することによるキャンペーンが開催されています。

楽天銀行と連携するマネーブリッジの設定をすることで現金1,000円がもらえますよ!条件さえ満たせば全員もらえます。

キャンペーン内容現金1,000円
口座申込期間2024/2/29 10:00 ~ 2024/4/30 9:59
エントリー・マネーブリッジ登録期間2024/2/29 10:00 ~ 2024/5/31 23:59
入金予定日2024年7月下旬
楽天証券と楽天銀行の同時開設キャンペーン内容

現金3,000円をもらうまでのざっくりとした手順は以下の通りです。

  1. 楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設
  2. キャンペーンプログラムにエントリーし、クイズに回答
  3. 期間内にマネーブリッジに登録(これで1,000円)
  4. 楽天銀行の口座に30,000円以上入金
  5. 2,000円の入金を待つ

これだけで現金3,000円もらえるのでかなりお得です!

ちょうどこれから楽天証券の口座を作ろうと思っていたのであれば、ぜひもらっておきましょう。正直、これから口座を作る人がうらやましいです!

楽天証券の口座開設や保有することに対してお金はかかりません。無料で口座が持てますよ!

参考:楽天証券の口座開設はこちらから

楽天証券と楽天銀行を同時開設するメリットとデメリットは?

楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設することでデメリットがあるか気になるかと思いますが、デメリットはありません。ほとんどがメリットばかりです。

以下でメリットとデメリットをまとめました。

メリット
デメリット
  • 口座開設の手間が省ける
  • マネーブリッジが使える
  • キャンペーンで現金がもらえる
  • 店舗がない
  • システム障害時は使えない

無理やりデメリットをひねり出してみましたが、今は店舗がある銀行でもネット取引することが多いですし、システム障害時に使えないのは店舗がある銀行や証券会社でも同じです。

楽天証券と楽天銀行を同時開設するのは、上の表を見てもメリットのほうが大きいですよ。

私は10年以上前に別々に口座を作っていたので、同時開設はできませんでしたが、当時に同時開設できたらどれだけありがたかっただろうかと思います。

もしこれから楽天証券・楽天銀行のどちらかを使いたいなら、同時開設しない理由がないので、まとめて口座開設しちゃいましょう!

楽天証券と楽天銀行、どっちが先に作るべきなのか気になると思いますが、楽天証券の口座開設手続きから楽天銀行の同時開設ができますよ。

画面下のほうで具体的な同時開設の流れを紹介していますので、実際に同時開設するときの参考にしていただければと思います。

楽天証券と楽天銀行の口座を同時に作るメリット

マネーブリッジの仕組み

楽天証券と楽天銀行の同時開設キャンペーンで何度か「マネーブリッジ」という言葉が出てきました。

どういう仕組みなのか気になるかと思うので、ざっくりと紹介しますね。

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行の口座を連携するサービスのことで、主に以下のメリットがあります。

マネーブリッジ自体にもデメリットがないので、連携させたほうがいいですよ。

最大のメリットは、マネーブリッジを使うことで楽天銀行の普通預金金利を預金残高300万円までは0.1%にできることです。

今はマイナス金利の影響で、一般的な銀行の普通預金金利は0.001%です。
比較すると金利差は100倍になりますよ!

0.1%というとそんなに大したことないように思うかもしれませんが、楽天銀行で預けている金額が大きくなればなるほど、もらえる利息も多くなります。

普通預金残高300万円まで0.10%(税引前)
普通預金残高300万円を超えた分0.04%(税引前)
マネーブリッジの普通預金金利

▼実際にもらった利息の証拠がこちら。(2019年3月)
5,522円も利息もらえたらうれしいですよね。

マネーブリッジ 楽天銀行 2019年3月の利息

これ、他の一般的な銀行だったら55円しかもらえていません。
5,522円もあれば、美味しいご飯が食べられそうですよね!

マネーブリッジを使うためだけでも、キャンペーンを抜きにして楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設する価値があります。

マネーブリッジの他のサービスを使うことで、楽天ポイントも貯めやすくなるのがメリットです。

自動入金・らくらく入金は1回あたり1〜3ポイントもらえますよ。(最大月3回まで)

地味ですが、資金移動しているだけで楽天ポイントが増えているので、これも錬金術のようなものですね!

楽天証券と楽天銀行を同時に使うことで、こんなお得なサービスが使えちゃいます。

楽天証券楽天銀行マネーブリッジの仕組み

楽天証券と楽天銀行を同時開設する流れ

楽天証券と楽天銀行の同時開設を実際どうやってやるか気になると思いますが、とても簡単にできます。

▼楽天証券の口座開設申込の途中で「楽天銀行口座の申込」の項目が出てきますので、そこで「申込む」をチェックするだけです。

楽天証券と楽天銀行の同時開設のやり方と流れ

たったこれだけで、楽天証券と楽天銀行の同時開設ができますよ!

ついでにNISA口座も同時に作れますので、株式投資やつみたてNISAを始めてみたいときも一回で手続きが終わります。

さいごに:同時開設しない理由はない

楽天証券と楽天銀行の同時開設は、これまで紹介してきたようにデメリットがほぼなくメリットが多いです!

もちろん楽天証券と楽天銀行を同時開設しない選択肢もあります。

しかし、どちらかの口座だけが欲しいときも、結局は両方の口座を持ってるほうがお得に使えますので、同時開設するのがおすすめですよ。

やはり口座開設というと時間が掛かるものなので、少しでも面倒なことを減らして、本来したいことであろう銀行取引や株取引をしていきましょう。

楽天銀行と楽天証券の口座を作ったら、マネーブリッジの設定はぜひ済ませて1,000円を確実にもらっておきましょう!

おまけ:楽天証券と楽天銀行について詳しく知りたい方へ

先ほども少し紹介しましたが、楽天証券では、楽天ポイントを使って投資信託を購入・積立できます。

これを使えば楽天ポイントがムダになることなく、現金にできるようなものなので、とてもおすすめですよ!

投資をこれから始めるというときにも気軽に試せます。

楽天ポイントや節約に関するお得な情報を発信中!

「ノマド的節約術」では楽天ポイントや節約に関する情報を公式LINEで配信しています!

ブログには載っていないような情報もお届けしているので、ぜひご活用ください!