マクドナルドの値段を割引クーポン・電子マネー・携帯・dカードなどで安くする方法まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、ミラクリを運営している小林敏徳(@enrique5581)です。

ファーストフードのマクドナルド(McDonald)には、割引方法がたくさんあるのをご存知ですか?

わが家は、子供が「ハッピーセットを食べたい!」と言ったときに利用することがほとんどですが、必ず何らかの割引を活用しています。

もともと安いマクドナルドですが、せっかく節約できる方法があるなら使ったほうがいいですよね。

このページでは、スマホアプリや割引クーポン等を使った、マクドナルドの割引について紹介していきます。

マクドナルドの値段を安くする方法

「マクドナルド」はアメリカ生まれのファーストフードチェーン

マクドナルドは、アメリカ生まれのファーストフードチェーンで、日本には1971年に上陸しました。

ぼくが子供のときはまだまだ高級品で、「マクドナルドのお誕生日会」は憧れのイベントだったんですよね。

今ではサラリーマンや家族連れなど、幅広く利用されるようになり、その人気は全国に広がっています。

マクドナルドには割引方法がたくさんありますので、節約に役立てていきましょう!

スマホアプリの割引クーポンを活用する

マクドナルドのスマホアプリクーポン

スマホアプリの割引クーポンは、必ず活用したい方法です。

割引クーポンの内容は時期によって異なりますけど、マックフライドポテトはよく割引対象になっています。

何を隠そう、わが家は4人全員がフライドポテト好きなので、セットのポテトだけでは足りず、必ず追加注文するぐらいです。

マックフライドポテトはMサイズで270円、Lサイズで320円ですから、割引クーポンを使えば100〜150円もお得なんですよね。

スマホアプリは、以下からダウンロードできますよ。

店舗限定のポイントカード・クーポンを活用する

マクドナルドのポイントカード

店舗によってオーナーが違う「フランチャイズ制」のマクドナルドには、全店共通のポイントカードがありません。

その代わり、各店舗限定のポイントカードや、割引クーポンが配布されているケースが多いです。

ぼくが住んでいる地域には3店舗ありますが、それぞれで配布されているものが異なっていました。

  • ポテトやセットと交換できるポイントカード(500円につき1ポイント)
  • ホットコーヒーSサイズがいつでも・何回でも100円で飲める割引カード
  • 各種セットが50円引きになるクーポン

店舗によって割引内容がぜんぜん違います。

最寄り店舗で割引クーポンやポイントカードを配っていないか、チェックしてくださいね。

新聞の折り込みチラシのクーポンを活用する

新聞の折り込みチラシで、最寄り店舗の割引クーポンが配布されるケースもあります。

わが家は新聞を取っていませんが、近所に住む両親からたまにもらいますよ。

ハンバーガーのセットやチキンナゲット、フライドポテト等がお得になっていますので、使わない手はありません!

マクドナルドの株主優待・無料引換券を利用する

「日本マクドナルドホールディングス株式会社」の株主になると、毎年6月30日と12月31日に、以下の株主優待が配布されます。

  • 100~299株:優待食事券1冊
  • 300~499株:優待食事券3冊
  • 500株以上:優待食事券5冊

「優待食事券」とは、ハンバーガーやサイドメニューの無料引換券のことです。

マクドナルドの株価は、2016年5月31日現在で「2,911円」ですから、100株購入するには30万円程度が必要です。

株主優待に関しては、割引内容だけに目を向けず、投資計画も含めて考えてくださいね。

マクドナルドの株主優待券だけが欲しい場合は、オークション・フリマアプリを使って購入しましょう。

もしくは、証券会社の口座を作って、株主優待タダ取りするのもおすすめです。

唯一使える商品券「マックカード」を金券ショップ・ヤフオクで購入する

マクドナルドでは、JCBギフトカードや、VJAギフトカード等は使えません。

唯一利用できる商品券が、500円単位で購入できる「マックカード」です。

マックカードは、ジェフグルメカードと同じく、お釣りがもらえる嬉しいカードなので、ギフトにも重宝します。

500円分のマックカードを500円で購入してもお得感はありませんが、実は金券ショップやヤフオク!で安く手に入れることができますよ。

微々たる節約金額かもしれませんが、この積み重ねが家計節約に効いてきます。

マックカード

ポンパレでマックカードが100円になることも

リクルートが運営するクーポンサイト「ポンパレ」で、マックカードが販売されたこともあります。

2012年には、500円分のマックカードが100円、なんと80%オフで提供されていました。

2012年以降の実績はありませんが、定期的にサイトをチェックしてくださいね。

クレジットカード払いにする(2017年下半期から順次対応)

マクドナルドがついに、クレジットカード払いに対応します。

参考:日本マクドナルドのプレスリリース

2017年の下半期から、全国の約2,900店舗で順次対応していくようです。

マクドナルドがクレジットカードに対応しないことをずっと不思議に思ってきましたが、これでもっと便利になりそうですね。

使えるクレジットカードは、次のとおりです。

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard
  • ダイナース
  • アメリカン・エキスプレス
  • ディスカバー

次に紹介する電子マネーとあわせて、ガンガン活用していきましょう。

電子マネーのポイントが貯まる

マクドナルドでは電子マネー払い可能

マクドナルドは、以下の電子マネーに対応しています。

とくにおすすめなのは、楽天Edyの活用です。

楽天Edyは、加盟店での支払いで100円につき1ポイント、チャージするだけで200円につき1ポイントが貯まる。

つまり楽天Edyを利用すればするほど、クレジットカードにもポイントが貯まるということですね。

現金払いよりも断然お得なので、ぜひ活用してください!

公式LINEアカウントでお試し&割引クーポンが配布される(不定期)

マクドナルドの公式LINEアカウントでは、不定期で割引クーポンが配布されています。

新商品情報や、新商品のお試しクーポンも配布されますので、友だち追加をしておきましょう。

Yahoo!プレミアム会員なら限定クーポンがもらえる(不定期)

Yahoo!プレミアム会員には、限定クーポンが配布されています。

2016年6月に配布されたクーポンは、てりやきマックバーガー280円が、約14%オフの240円になる、かなりお得なものでした。

ただし、会員になるには税抜き462円の月額費用がかかりますので、その点だけは注意してくださいね。

dポイントを貯める(東京都内100店舗限定)

東京都内100店舗限定ではありますが、dポイントで節約する方法もあります。

以下3つのカードで支払うことによって、NTTドコモが提供するdポイントが貯まります。

  • dポイントカード
  • dカード GOLD
  • dカード

使える店舗は、公式サイトの「dポイント対応店舗」で調べることができますよ。

dポイントは、ローソンイオンシネマタワーレコードでも使えますので、コツコツ貯めていきましょう。

dポイントクラブ限定の割引クーポンもある

dポイントクラブでは、限定クーポンが配布されています。

クーポンの内容は時期によって異なりますので、マクドナルドご利用前に必ず「公式サイト」で調べてくださいね。

dカード&電子マネーiD払いで3%オフ(期間限定)

dカードに搭載された電子マネー「iD」で支払いをすると、マクドナルドの商品代金が3%割引されます。

これは期間限定の割引方法ではありますが、好評なのか、期間がどんどん延長されているようです。

dカード・dポイントは、マクドナルドを利用するなら何かと便利ですよ!

楽天スーパーポイントを貯める、使う

マクドナルドは、2017年6月1日から楽天スーパーポイントに対応しました。

ポイントのレートは次のとおり。

  • 貯める:100円(税込)=1ポイント
  • 使う:1ポイント=1円

楽天スーパーポイントを貯めるときは、レジで楽天ポイントカードかスマホアプリを提示してください。

すると、購入後3日程度でポイントが反映されます。

ポイントを使うときは、レジの店員さんに「楽天スーパーポイントで支払います」と伝え、楽天ポイントカードかスマホアプリを提示しましょう。

楽天スーパーポイントを節約に有効活用するなら、楽天カードとの併用がおすすめですよ。

時間の節約に・自宅まで配達してくれるマックデリバリーを活用する

マクドナルドのポテトとドリンク

最後に紹介する方法は、「食事代よりも時間を節約したい方向け」です。

マクドナルドの商品を自宅まで配達してくれる「マックデリバリー」を利用すると、店舗に行く時間を節約できますよ。

マックデリバリーの利用には、以下の条件があります。

  • 受付時間:7:00〜23:00
  • 1,500円以上から注文可能
  • 朝マックは1,000円以上から注文可能

マックデリバリー対応店舗は限られますので、一番近いところを調べてくださいね。

ちなみにスマホアプリからも手配できますので、以下からダウンロードしてください。

配達料金300円が必要

マックデリバリーは、300円の配達料金がかかるデメリットがあります。

店舗で食べるよりも高くついてしまいますので、時間を節約したいときに検討してくださいね。

さいごに

マクドナルドの店舗

マクドナルドには、割引方法がたくさんあります。

ぼくはいつもスマホアプリのクーポンを活用していますが、「今日はどんな割引があるのかな?」と探すのは楽しいですよ。

電子マネーdポイントの節約方法もぜひ活用してくださいね。

関連する記事

マクドナルドでの節約に関連した記事は以下の通りです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る