ドコモdポイント投資のメリット・デメリット・増やし方のコツを徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
ポイントを有効活用することにこだわっている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ドコモのポイントであるdポイントは、普通に貯めたり使ったりするだけでなく、投資にまわすことができます。

dポイント投資」という仕組みで、余っているポイントを使って投資の体験がえきるようになっていますよ。

dポイント投資といっても、具体的なイメージがつきにくいのではないでしょうか。

そこでこのページでは、dポイント投資の仕組みや、メリット・デメリット、実際にdポイント投資する方法について詳しく紹介していきますね。

ドコモdポイント投資のメリット・デメリット・増やし方

dポイント投資とは?

「投資」と聞くと、投資信託などを買って、その結果としてお金が増えたり減ったりするようなものをイメージするかもしれません。

実際の投資はそのような感じになりますが、dポイント投資は文字通り「dポイント」を使って投資を行います。

dポイントを投資にまわすと、ロボアドバイザーのTHEOを運営している株式会社お金のデザインが設定・運用している投資信託の基準価格に連動して、dポイント投資にまわしたdポイントが変動しますよ。

ポイントを運用することになるため、お金が増えたり減ったりすることはありません。

投資がどんなものなのかをイメージするのに最適ですね。
dポイントで投資していますが、実際のところは普通の投資と変わらないため、練習という意味でもおすすめです。

100ポイント単位で運用できる

dポイント投資は、貯まっているdポイントを100ポイント単位で運用できます。

わずか100ポイントで運用を始めることができるため、気軽に始めやすいですよね。

この気軽さはdポイント投資の大きなメリットです。
ただ、利益が出た場合も、大きくポイントが増えることはありませんので、その点ではデメリットかもしれませんね。

初めて投資をする場合は、値下がりがどうしても気になってしまうため、何度もいいますが、お金が減ることは一切ないdポイント投資で始めるのがいいですよ。

dポイント(期間・用途限定)は使えない

dポイントの中にも、期間・用途限定のdポイントがあります。

残念ながら、dポイント(期間・用途限定)は投資に使うことができません。

こちらも投資にまわせたらいいんですけどね。さすがにそこまで可能だと錬金術になってしまうので、できないんでしょうね。

投資はアクティブコースとバランスコースの2種類がある

dポイント投資を始めるときは、どんな投資になるのかが気になるのではないでしょうか。

dポイント投資には、2種類のコースがありますよ。

  • アクティブコース
  • バランスコース

アクティブコースは、債券よりも株式に比重を置く投資プランになるため、ハイリスク・ハイリターンのコースになります。

対するバランスコースは、逆に株式よりも債券に比重を置くプランです。

大きくプラスになることもないですが、逆に下がってしまうときもそこまで下がらないのが特徴のプランですね。

dポイント投資のプランは、始めるときにどちらかを選ぶことになります。

ただ、コースはあとでも変更できるため、まずは小さなポイントから始めてみて様子を見るのがいいですよ。

投資したポイントは毎日17時頃に更新される

dポイント投資で運用にまわしたポイントは、毎日17時頃に最新に更新されます。

ただし土日祝日は、市場が動いていないため、更新されてもポイント数に変化がありません。

長期的に運用していくのであれば、そんなにチェックする必要はないですよ。

最初はどんな感じでポイントが変化するのかが気になると思いますので、増えたか減ったかチェックしてみましょう。

投資するためのdポイントはdカードで貯めるのがおすすめ

dポイント投資をするためには、dポイントが必要です。
では、そのdポイントをどうやって貯めればいいのかが気になるのではないでしょうか。

一番手っ取り早くdポイントを貯めるのであれば、クレジットカードのdカードdカード GOLDを使うのがおすすめです。

普段のカード利用で、税込100円ごとに1ポイント貯まりますよ。

月に30,000円カード利用していれば、それだけで300ポイントも貯まります。

もらったポイントの一部、例えば100ポイントずつをdポイント投資にまわしていけば、1年で1,200ポイントを運用にまわせますね。

コツコツと続けていくことで複利的な結果が見込めるため、長く続けていくのであれば、dポイントが貯まりやすい仕組みを作ることも大切です。

dポイント投資を始める手順

ここからは、実際にdポイント投資をやるための手順を紹介しますね。

dポイント投資を始めるには、まず公式サイトを開きましょう。

▼以下のようなページが開きますので「初めての方はこちら」を押してください。

dポイント投資を始める手順

▼dアカウントにログインしていない場合は、ログイン画面が出てきます。

dポイント投資するために、まずはログインしておきましょう。

dポイント投資を始める手順

▼dポイント投資するにあたって、規約や個人情報の取扱について表示されます。

ひととおり目を通しておきましょう。

dポイント投資を始める手順

▼画面下にスクロールすると、「上記全ての内容に同意する」ボタンが出てきます。

これを押して次に進みましょう。

dポイント投資を始める手順

▼次の画面では、ポイント投資のコースを設定することになります。

アクティブコースとバランスコースの2種類がありますね。
今回はアクティブコースを選びました。

dポイント投資を始める手順

▼続いて、持っているdポイントをどれだけ投資にまわすかの入力になります。

100ポイント単位での入力になりますよ。
今回はお試しで200ポイントをdポイント投資にまわしてみました。

ポイント数の入力ができたら「確認する」ボタンを押しましょう。

dポイント投資を始める手順

▼次は、先ほど設定した情報の確認になります。
これで問題なければ「確定する」ボタンを押しましょう。

dポイント投資を始める手順

▼たったこれだけでdポイント投資の手続きが終わりました!めっちゃ簡単ですね。

dポイント投資を始める手順

▼dポイント投資のトップページを確認すると、運用ポイントにまわした分が表示されていますね。

これからどのように変化していくのかが楽しみです!

dポイント投資を始める手順

▼その後1週間ほどやってみて、ふと思い出して確認したら3ポイント減ってましたね。

急激な株価の変動があったことによる影響だと思います。
今回は減っていますが、少ないポイントだし現金を使っているわけでもないので、全然気になりませんでした。

ポイントでも変動があるというのがおもしろいですね!

dポイント投資の履歴

運用ポイントは1ポイント単位で引き出せます

今回、dポイントを運用ポイントという形に変換しましたが、これはいつでも普通のdポイントに引き出せます。

普通のdポイントに戻すときは1ポイント単位で戻せるため、ちょっとプラスになった分を引き出すという使い方もできますよね。

ポイント間の移動もやりやすくなっているため、これもあって気軽にdポイント投資が試せますよ。

もしdポイント投資に慣れたら、普通の投資信託がおすすめ

実際にdポイント投資をやっていくうちに、ある程度は投資の感覚がつかめてくると思います。

もし、より大きな金額を動かしていこうと思ったのであれば、dポイント投資だけでなく、普通の投資信託でお金を動かしてみるのもいいですよ。

投資信託も、月に100円から積立ができたり、1回100円で購入できたりとハードルが低くなっています。

dポイント投資よりもお金を動かしてみたくなった場合は、次に投資信託を使うのが自然な流れだと思います。

そのときは、投資信託するために証券会社の口座を作ってみましょう。

SBI証券楽天証券が無難でおすすめです。

さいごに

dポイント投資を使えば、余っているポイントを使って気軽に投資を始められますね。

なんかわからないけど、投資は怖いと感じているのであれば、お金が一切減ることのないdポイント投資から始めてみて、実際の投資がどんな感じなのかを体験してみるといいですよ。

dポイント投資で慣れたあとに、実際のお金を動かしていく投資で資産運用していくのがいい流れだと思います。

dポイント投資はおもしろいサービスだと思いますので、私自身もこれから使ってみてどうなるかが楽しみです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る