エポスカードのポイント「エポスポイント」のお得な使い方と貯め方・交換方法・有効期限まとめ

スポンサーリンク

エポスカードを利用すると、エポスポイントが貯まります。

基本的にエポスカードを使っていれば自然とポイントは貯まっていきますが、どうすればより効率的にエポスポイントを貯められるのか気になりませんか?

私もエポスカードを使い始めたばかりの頃は、どんなポイントの貯め方があるのか気になっていました。

ポイントの貯め方を覚えておくことで、現金が出ていく機会を減らし、節約へとつなげることもできますよ。

このページでは、エポスカードのポイントを貯める方法と、貯めたあとにおすすめな使い方について紹介していきます。

エポスポイントの使い方交換方法・有効期限

エポスポイントとは?

エポスポイントは、エポスカードを使うことでもらえるポイントのことです。

エポスカードをお買い物で利用するだけでも、エポスポイントはどんどん貯まっていきますよ。

貯めたエポスポイントは、マルイのお店やネット通販のショッピング、国内外のVisa加盟店などで使えます。

JQ CARD エポスを持っている場合、エポスポイントではなくJRキューポが貯まるのでちがいに気をつけてくださいね。

エポスポイントは使い道が何通りもあるので、お得な貯め方と使い方をぜひ覚えておきましょう!

エポスポイントを貯める方法について

ここからは、実際にエポスポイントを貯める方法について見ていきましょう!

ポイントを貯める方法はいろいろありますが、まずは代表的なところから見ていきますね。

1. Visa加盟店でお買い物してポイントを貯める

Visa加盟店でお買い物をした場合、エポスカードで支払いをするとポイントが貯まります。

カード利用分200円で1エポスポイントが貯まりますよ。
Visa加盟店は海外にもあるので、海外でのショッピングにも安心して利用できますね。

しかも、マルイやマルイウェブチャネルなどの提携店舗でエポスカードを利用すると、ボーナスポイントも貯まりますよ。

マルイを良く利用するのであれば、エポスカードは欠かせない存在ですね!

2. エポスカードを使い倒してポイントを貯める

普段の生活でエポスポイントを貯めていくのであれば、クレジットカードをエポスカードにしましょう。

エポスカードの還元率は0.5%ですが、使い続ければポイントは自然と貯まっていきます。

継続して使うことが大切ですね。

ポイント還元率はそこまで高くありませんが、サブカードとしては優秀ですよ。

別のポイント還元率が高いクレジットカードと、組み合わせて使うのがおすすめです。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

通常のエポスカードだとポイント還元率が0.5%となっていますが、エポスゴールドカードエポスプラチナカードになると、「選べるポイントアップショップ」のサービスがあり、3つのショップに限りポイント3倍にできます。

使い方を絞ることでポイント還元率を1.5%にできるため、この場合はかなりおすすめです。

また、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードの場合は、年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえるため、よく使うほどよりポイント還元率が高くなりますよ。

3. 電子マネーへのチャージでポイントを貯める

電子マネーやスターバックスカードなどへのチャージでも、エポスポイントが貯まります。

チャージでポイントが貯まる電子マネーは、以下の通り。

楽天Edyの場合、1,000円チャージにつき5円相当のエポスポイントが貯まります。
また、チャージした楽天Edyを使っても、エポスポイントは貯まりますよ!

1回の支払い200円(税込)につき1エポスポイントが貯まるのでうれしいですね。

ちなみに、モバイルSuicaを利用する場合は、別途年会費がかかります。
いくらポイントが貯まるとはいえ、年会費を支払うとなるとお得感があまりありませんよね。

電子マネーにチャージするのであれば、楽天Edyかスターバックスカードへのチャージがおすすめですよ。

4. エポスカードの公式アプリで貯める

エポスカードの公式アプリを利用することでも、エポスポイントが貯まります。

公式アプリでポイントを貯める場合、アプリのミニゲームに挑戦しましょう。
毎日チャレンジできるミニゲームで、最大3ポイントが貯まりますよ。

ポイント数としては少なく感じるかもしれませんが、ゲーム感覚でポイントが貯まっていくのが魅力的です。

エポスカードの公式アプリは、カードの利用明細なども確認できるのでダウンロードしておくと便利ですよ!

5. エポスカードを家族・友人に紹介してポイントを貯める

エポスカードでは、ネット入会限定で紹介キャンペーンも行っています。
家族や友人にエポスカードを紹介することで、エポスポイントがもらえますよ。

紹介してもらえるポイントの内訳は、以下の通り。

  • 紹介者…1,500エポスポイント
  • 紹介された家族・友人…3,000エポスポイント(通常入会特典の2,000ポイントを含む)

紹介される側のポイントは、入会特典の2,000ポイントも含まれていますが、それにしても+1,000ポイントもらえるのでお得ですよね。

これからエポスカードを試してみたい!と考えている場合は、ぜひ紹介キャンペーンを利用してみてください。

参考:エポスカードの現在の紹介キャンペーンを確認するにはこちらから

6. エポスカードの入会キャンペーンでポイントを一気に貯める

エポスカードでは、常日頃から入会キャンペーンを行っています。

今エポスカードに入会すると、8,000円分のエポスポイントがもらえますよ!

入会特典ポイントだけでも、2,000円分のエポスポイントがもらえます。
ただ入会するだけで2,000ポイントもらえるなんて、お得ですよね。

エポスカードは年会費無料なので、1枚持っておいても損はないカードですよ。

参考:エポスカードの現在の入会キャンペーンを確認するにはこちらから

7. tsumiki証券に積立してエポスポイントを貯める

エポスポイントは、投資でも貯めることができます。

投資信託の積立専門の証券会社であるtsumiki証券に積み立てしていると、年間の積立金額に応じてエポスポイントが貯まりますよ。

普通の証券会社ではなかなかできないポイントの貯め方になるため、資産運用していくならtsumiki証券を使うのがおすすめの選択肢の1つです。

エポスゴールドカードエポスプラチナカードの場合は、ボーナスポイント付与の対象になるため、積立金額が大きいほどボーナスポイントがもらえやすくなります。

スポンサーリンク

エポスポイントの使い道について

これまではエポスポイントを貯める方法ばかり紹介してきました。

せっかくポイントを貯めても、使わなければ意味がありませんよね。
エポスポイントを有効活用すると、現金の節約にもつながりますよ。

ここからは、節約効果を高めるのにおすすめなエポスポイントの使い方について紹介していきます。

1. マルイでのショッピング割引に使う

エポスポイントは、マルイの店舗・通販でのショッピングで割引に活用できます。

1エポスポイント=1円割引になるのでお得ですよ。

マルイでのショッピング割引に利用する場合は、500ポイント以上で利用可能となります。

使い方もいたって簡単で、お店での清算前に「エポスポイントで」と伝えるだけ。
マルイでよくお買い物をするという場合はおすすめです。

2. エポスVisaプリペイドカードに移行する

エポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードに移行して使うこともできます。

貯まったポイントをエポスVisaプリペイドカードに移行すると、Visa加盟店でのショッピングに利用できますよ。
Visa加盟店は、国内外あわせてなんと3,800万店舗あります!

主に、以下のようなお店で使えますよ。

  • コンビニ
  • スーパー
  • 飲食店
  • ネット通販

しかも、エポスVisaプリペイドカードを利用するごとに、0.5%のキャッシュバックがつきます。
1回の利用分が200円とすると、1円ごとキャッシュバックされる計算になりますね。

海外でショッピングする際にも便利ですよ。

ちなみに、プリペイドカードへのチャージは1ポイントからできます。
VJAギフトカードやクオカードにもチャージできますが、利用できる店舗数が限られてきますよ。

エポスポイントをプリペイドカードにチャージするのであれば、エポスVisaプリペイドカードへの移行が最もおすすめです。

3. ネット通販利用分をポイントで割引する

エポスポイントを使って、ネット通販利用分の請求を割引することもできます。

ポイント割引する際の流れは、以下の通り。

  1. ネット通販でお買い物をする
  2. 貯まったポイントで請求を割引

しかも、エポスNetポイントアップサイトたまるマーケットから利用すると、もらえるエポスポイントが2~30倍になります。

たまるマーケットから利用できる通販サイトは、以下の通り。

ネット通販利用分の請求を割引する際、エポスポイントは500ポイント以上1ポイント単位で利用できますよ。

このサービスを利用するには、明細を郵送不要にしていることが条件になっています。

明細を郵便不要にする場合、エポスNetの「ご利用明細Net紹介サービスに変更する」から手続きできますよ。

ネット通販利用分をポイントで割引する場合、利用手順は以下の通り。

  1. お支払い予定額参照画面で「ポイントで割引(ネット通販限定)」ボタンを押す
  2. ポイントで割引したい支払いを選択(1回払い・分割払い・ボーナス一回払い・リボ払いから選べます)
  3. 割引に利用するエポスポイントを入力し、「確認画面へ」を押す
  4. 内容を確認し、「ポイント利用を確定する」を押す

これでネット通販利用分をポイントで割引することができます!

マルイウェブチャネルでも利用できるので、お買い物がよりお得になりますね。

4. 商品券やギフト券に交換する

エポスポイントは、商品券やギフト券に交換することもできます。
貯まったポイントに応じて、マルイの商品券やギフト券に交換できますよ。

交換できる主な商品券・ギフト券と交換に必要なエポスポイントは以下の通り。

  • マルイの商品券 1,000円…1,000エポスポイント
  • VISAギフトカード(全国共通商品券) 1,000円…1,000エポスポイント
  • クオカード 1,000円…1,000エポスポイント
  • Amazonギフト券 1円~…1エポスポイント~
  • iTunesギフトコード 1,000円/3,000円…1,000/3,000エポスポイント
  • スターバックスカード 3,000円…3,000エポスポイント
  • アパホテルクーポン券 1,000円…1,000エポスポイント
  • KEYUCAお買物券 500円…400エポスポイント
  • (株)モンテローザお食事券 1,000円…800エポスポイント
  • シダックスサービス券 1,000円…800エポスポイント
  • IDC OTSUKA エポスクーポン券 1,000円…1,000エポスポイント

交換した商品券やギフト券は、およそ1週間ほどで登録先の自宅住所に届きます。

ほかにも、店舗のカードセンターでのみ可能なポイント交換サービスもありますよ。

店舗のカードセンターでのみ交換できる商品券・ギフト券と、交換に必要なエポスポイントは以下の通り。

  • KITTE丸の内エポスお買物食事券 500円…500エポスポイント
  • 岸和田CanCanエポスお買物券 500円…500エポスポイント
  • ELMお買物券 500円…500エポスポイント
  • 星が丘カード エポスお買物券 500円…500エポスポイント
  • フィールエポスお買物券 500円…500エポスポイント
  • モラージュ柏お買物券 500円…500エポスポイント
  • アスピア明石エポスお買物券 500円…500エポスポイント

商品券・ギフト券は、紹介しきれないほどたくさんの店舗のカードセンターで交換できますよ。

カードセンターで交換する場合は、その場ですぐに発行してもらえるので便利です。

5. 他社ポイントサービスへポイントを移行する

エポスポイントは、他社ポイントに移行することもできます。

マイルは2ポイント=1マイル、その他ポイントは1ポイント=1円相当で交換可能です。

移行できる他社ポイントと、移行に必要なエポスポイントは以下の通り。

  • ANAのマイル 通常500マイル/プラチナ・ゴールド会員は600マイル…1,000エポスポイント
  • ANA SKY コイン 1,000コイン…1,000エポスポイント
  • JALのマイル 500マイル…1,000エポスポイント
  • スターバックスカード 500円分チャージ…500エポスポイント
  • ノジマスーパーポイント 500ノジマスーパーポイント…500エポスポイント
  • dポイント 1,000dポイント…1,000エポスポイント
  • WALLETポイント 1,000WALLET ポイント…1,000エポスポイント

エポスポイントはマイルに交換できるのがうれしいですね!
よく飛行機を利用する場合は、お得に活用できますよ。

6. マルイウェブチャネルの買い物に使う

エポスポイントは、マルイウェブチャネルの買い物に使うこともできます。
清算時に、1ポイント=1円換算で割引できますよ。

マルイウェブチャネルで使えるポイントの範囲は、以下の通り。

  • 500ポイント以上1ポイント単位

マルイ店舗で使うのと同じ感覚で、ポイント割引できるのがうれしいですね。

ポイントをあてた後の残額を現金で支払うことはできないので、注意してください。

7.エポスポイントで寄付する

貯まったエポスポイントは寄付することもできますよ。

エポスポイント1ポイント=1円に換算し、500ポイント以上500ポイント単位で支援する団体に寄付できます。

寄付できる主な団体は、以下の通り。

  • ユニセフ
  • 世界の子どもにワクチンを日本委員会
  • プラン・インターナショナル
  • ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 交通遺児育英会
  • 国境な医師団
  • 国連WFP協会
  • 日本赤十字社

エポスポイントは有効期限があるので、期限切れしそうなポイントは寄付にまわす、という使い方もできますね。

スポンサーリンク

エポスポイントの有効期限は?

エポスカードを利用してもらえるエポスポイントは、有効期限があります。

基本的に有効期限は2年となっており、ポイントを使う際は期限の近いものから減算されていきますよ。

しかし、ポイントが貯まりすぎて期間内に使いきれないケースもありますよね。

3ヶ月以内に期限切れとなるポイントを持っている場合は、有効期限延長を申し込みましょう。
有効期限延長を申し込むことで、ポイントを使える期間を延ばすことができますよ。

ちなみに、ゴールドカードプラチナカードは、ポイントの有効期限は無期限になっているのでお得です!

さいごに

エポスポイントを貯める方法や使い道って、意外とたくさんありますよね!

全部覚えきるのは難しいと思いますが、ポイントを貯めたいとき・ポイントを使いたいときにこのページを読み返して、こんな方法があるんだなと思い出していただけたらうれしいです。

基本的には、エポスカードを使っているだけでもエポスポイントは貯まっていきます。
しかし、このページで紹介した方法を試すことで、さらに効率よくポイントを貯めることができますよ。

貯めたポイントは使わないと意味がないので、ポイントをどんどん有効活用していきましょう!

参考:エポスカードを使うにはこちらから

おまけ:他のポイント活用術

今は、エポスポイント以外にもいろいろなポイントがありますよね。

他にもいろいろなポイントを持っているのではないでしょうか?

ノマド的節約術(当サイト)では、他のポイントの活用方法も紹介していますので、それぞれのポイントをうまく使って、節約に役立てましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る