dポイントが使えるお店・ポイントが使えないときの対処法について徹底解説

スポンサーリンク

買い物をするときにポイント払いできたら、支払いの負担も減るのでお得ですよね。

dカードd払いで貯まるdポイントも、お店で使うことができます!

ただ、実際にどんなお店で使えるのか気になりますよね。
使えるお店を知っておけば、dポイントをより活用することができますよ。

また、お店で使うときに、どうやって支払えばいいのか使い方についても気になるところです。

このページでは、dポイントが使えるお店の一覧や使い方の手順、dポイントが使えないときの対処法について詳しく紹介していきますね。

dポイントが使えるお店・コンビニ一覧・使えない時の対処法

dポイントについて

まず、dポイントについておさらいしておきましょう。

dポイントは、ドコモのポイントサービスのこと。

主に、以下のような方法でdポイントが貯まりますよ。

貯めたdポイントは、1ポイント=1円として対象のお店で支払いに使えます。
通常のdポイントだけでなく、期間・用途限定ポイントもちゃんとお店で使えますよ。

ちなみに、dポイントで支払うときは期間・用途限定ポイントから優先的に消費されます。
有効期限が近いものから使われていくので安心ですね。

dポイントのお得な貯め方については、こちらで詳しく紹介していますよ。

dポイントが使えるお店・コンビニなどの一覧

dポイントについてわかったところで、実際にどんなお店で使えるのか気になりますよね。

主に、dポイントが使えるお店は以下の通り。

このほかにも、dポイントが使えるお店はいろいろありますよ。
身近な存在のコンビニから、本屋やレジャー施設などでも使えるのでうれしいですね。

ちなみに、ネットでもdポイントが使えます。

dポイントが使えるオンラインショップやオンラインサービスは以下の通り。

dマガジンやdTVなど、dマーケットのサービスではdポイントが使えることがほとんどです。

ちなみに、dポイントが使えるお店はdポイントクラブアプリでも確認できますよ。

参考:iOS専用のdポイントクラブアプリはこちらから
参考:Android専用のdポイントクラブアプリはこちらから

スポンサーリンク

dポイントを使って支払う手順について

dポイントを使ってみたいなと思ったとき、実際にどうやって支払えばいいのかも気になるところです。

ここからは、実店舗で使う場合とオンラインショップで使う場合、2つのケースに分けて使い方の流れを詳しく紹介していきますね。

お店でdポイントを使う場合

実際にお店でdポイントを使いたい場合、どうやって使えばいいのか気になりますよね。

お店でdポイントを使うときの流れは以下の通り。

  1. 会計時にdポイントカードまたはdポイントクラブアプリを提示
  2. 「dポイントで支払います」とレジの店員さんに伝える
  3. ポイント数を確認して、一部もしくは全部のポイントを使うか選ぶ
  4. 支払い完了

お店で支払うときはdポイントクラブアプリを活用すると、dポイントカード提示→dポイント払いの流れがスムーズですよ。

いちいちカードを持ち歩かなくて済みますね。

ちなみに、dポイントで支払いきれなかった分は、ほかの支払い方法と併用することができます

たとえば、ジョーシンでdポイントを使う場合、現金やジョーシンポイントとの併用が可能です。

全額ポイント払いにしなくても、一部だけdポイント払いにして残りは別の支払い方法にするということもできるので便利ですね。

オンラインショップでdポイントを使う場合

メルカリなど、オンラインショップでもdポイントが使えます。

オンラインショップでdポイントを使う流れは以下の通り。

  1. オンラインショップで買い物をする
  2. 支払い方法で「dポイント」を選ぶ
  3. 「一部のポイントを使う」または「全部のポイントを使う」から選ぶ
  4. 支払いきれない分はほかの支払い方法と併用
  5. 決済完了

お店で使うときとは違い、dポイントクラブアプリは使えません。

dポイントで支払いきれなかった分は、ほかの支払い方法と併用可能なので便利ですよ。

dポイントを使ってd払いもできます

d払い

dポイントが使えないお店でも、d払いはできるというところもあります。
d払いするときにdポイントが使えるので、間接的にdポイントを消費できますよ!

ここからは、dポイントを使ってd払いするときの方法について説明していきますね。

▼お店でdポイントを使って支払いたい場合は、「dポイントで支払う」ボタンを押してからバーコードを提示しましょう。

d払い dポイントで支払う

オンラインショップで使いたいときは、「ご利用ポイント入力」のところに使いたいdポイント数を入力します。

▼Amazonの場合は、事前にdポイントの充当設定をすることで、ポイントを使ったd払いができるようになりますよ。

Amazonでd払い dポイントをすべて利用する

これで、d払いするときにdポイントが使えるようになりました。

お店でdポイントを使ってd払いするときは、d払いアプリをダウンロードしておくと便利です。

参考:iOS専用のd払いアプリはこちら
参考:Android専用のd払いアプリはこちら

dポイントが使えないときの対処法

dポイントを使って支払おうと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。

使いたいときに使えないと焦ってしまいますよね。
原因になりそうなことを知っておけば、対処しやすくなりますよ。

主に、dポイントが使えない原因になりそうな理由は以下の通り。

  • dポイントクラブ会員に登録していない
  • dポイントの残高不足
  • dポイントの利用可能ポイントを超えている
  • お店やサイトがdポイントに対応していない

dポイントをお店で使ったり、貯めたりするためにはdポイントクラブ会員になっていることが条件です。

早めにdポイントクラブ会員に登録しておきましょう。

また、dポイントに対応していないお店ではそもそもポイントが使えません。
dポイントを使うときは、対応しているお店で使うようにしてくださいね。

ただ、dポイントが使えなくても、d払いが使えるお店もあるので覚えておくと便利ですよ。

キャンペーンを活用してポイントをもらおう

dポイントクラブでは、随時お得なキャンペーンを行っています。
キャンペーンによってはdポイントが多くもらえるものもありますよ。

たとえば、これまでに以下のようなキャンペーンがありました。

  • dポイントクラブに無料登録で100ポイントもらえる
  • キャンペーン期間中にジョーシンでdポイントカードを提示するとdポイントが200ポイントもらえる
  • アンケートに答えると抽選250名にdポイントが2,000ポイントもらえる
  • My docomoキャンペーンへの応募で抽選500名にdポイントが10,000ポイントもらえる
  • Amazonでd払いするとdポイント最大20倍がもらえる

d払いすることでdポイントがもらえるキャンペーンもあるので、2つを併用することでどんどんポイントが貯まっていきますよ。

お得なキャンペーンを利用して、dポイントを貯めていきましょう!

さいごに

dポイントは1ポイント=1円として支払いに使えるので、ポイントを貯めておくと支払いの負担を減らすことにもつながりますね。

お店によってはdポイントが使えないところもありますが、d払いは使えるというところも多いです。

d払いそのものにdポイントを使うことができるので、d払いできるお店では積極的に使っていきましょう!

お店によってdポイント払いとd払いを使い分けるのがおすすめです。

dポイントが使えるお店ではどんどんポイントを活用して、少しでも支払い額を節約してみてくださいね。

たくさんdポイントを使いたいのであれば、クレジットカードのdカードdカード GOLDを使ってみましょう。

おまけ:ポイント活用方法について知りたい場合

dポイントのほかにも、ポイントサービスはいろいろとあります。

ほかのポイント活用方法について知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る