楽天カードとエポスカードの違いを徹底比較!2枚持ちして使い分けるのもおすすめ

スポンサーリンク

クレジットカードを持つ場合、ポイント還元率が高くて年会費がかからないカードを探すことが多いかと思います。

楽天カードエポスカードはポイント還元率も高めやすく、年会費無料で使いやすいカードですよ。

どちらもポイントが貯まりやすくて使い勝手がいいカードですが、せっかくならよりお得なほうを選んで持ちたいものですよね。

また、楽天カードとエポスカードの違いについても気になるところ。
あらかじめカードの特徴を知っておけば、選ぶときの基準にもなります。

このページでは、楽天カードとエポスカードを比較した上で、おすすめする理由について詳しく紹介していきますね。

それぞれのカードについては、以下で詳しく紹介していますよ。

楽天カードとエポスカードの違いを徹底比較!おすすめの使い分け方

楽天カードとエポスカードの比較表

楽天カードエポスカード、どちらがいいのかわかりやすくするためにサービス内容を比較してみました。

一覧表にすると以下のようになります。

楽天カードとエポスカードの比較表について
特徴楽天カードエポスカード
年会費無料無料
家族カード無料無料(ゴールドカードのみ発行できる)
ETCカード年間540円無料
国際ブランドJCB・VISA・MasterCard・AMEXVISA
ポイント楽天スーパーポイントエポスポイント
基本還元率1.0%0.5%
最大還元率3.0%2.5%
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy楽天Edy・モバイルSuica
Apple Pay対応対応
審査から到着まで約1週間1週間以内(即日発行OK)
ポイントプレゼント5,000ポイント~5,000ポイント~
海外旅行傷害保険利用付帯自動付帯
海外キャッシング可能(AMEXブランドを除く)可能

まとめてみると意外にも違いがあることがわかりますね。

ここからは、それぞれの項目ごとに詳しく説明していきます。

カード年会費・家族カード・ETCカードの比較

クレジットカードを作るときに、一番気になるのはやっぱり年会費についてですよね。

楽天カードエポスカードは、どちらも年会費無料で作れますよ!

もちろん、2年目以降も年会費がかかることはありません。
ずっと無料で持ち続けられるのがうれしいですね。

また、どちらのカードでも家族カードが作れます。
エポスカードでは、ゴールドカードのみ家族カードが作れますよ。

家族カードを作ると支払いをまとめられるメリットはありますが、新規入会キャンペーンでもらえるポイントのことを考えると、それぞれ個別にクレジットカードを作ったほうがお得です。

参考:楽天カードの家族カードについて
参考:エポスカードの家族カードについて

ちなみに、楽天カードとエポスカードではETCカードも申し込めますよ。

▼楽天ETCカードはこんな感じのカードです。

楽天ETCカード

エポスカードのETCカードは年会費無料ですが、楽天カードのETCカードは税込540円の年会費がかかってしまいます。

ただ、楽天ポイントクラブの会員ランクがプラチナ会員やダダイヤモンド会員になっていると、ETCカードの年会費を無料にできますよ!

会員ランクが高いのであれば、ETCカードの年会費を気にせずに使えます。

何も考えずにETCカードを無料で使いたい場合は、エポスカードを選んだほうがいいですね。

ポイント還元率・使い方・ポイントカードの比較

楽天カードエポスカードを普段使いする場合、ポイント還元率も気になるところです。

それぞれの還元率は以下の通り。

  • 楽天カード:1.0%~3.0%
  • エポスカード:0.5%~2.5%

基本となるポイント還元率は、エポスカードのほうが低いですね…。
0.5%の差でも、大きな金額を支払う場合はでかい差になります。

たとえば、公共料金5,000円分をカード払いした場合、楽天カードだと50ポイントもらえますが、エポスカードだと25ポイントしかもらえない計算になりますよ。

単純なポイント還元率でいうと、楽天カードのほうがおすすめです。

それぞれのカードを使うことで貯まるポイントは以下の通り。

どちらのポイントも1ポイント=1円として、支払いに利用できます。

使えるお店の数としては、楽天スーパーポイントのほうが多いですね。
しかも、楽天カードは楽天ポイントカードがわりとして使うことも可能ですよ。

▼「R POINT」というマークがついていると、楽天ポイントカードとして使えます。

楽天カード

クレジットカード機能を使わずに、ポイントカードとしてのみ使うことも可能です。

電子マネーとの相性を比較

楽天カードエポスカードを使うときに、電子マネーとの相性も気になる部分ですよね。

クレジットカードから電子マネーにチャージすると、チャージ分のポイントが貯まるのでお得ですよ。

それぞれのカードでチャージに対応している電子マネーは以下の通り。

残念ながら、どちらもnanacoチャージではポイントは貯まりません。

モバイルSuicaを使うことが多いのであれば、エポスカードを選ぶのもありですね。

ただ、チャージできる電子マネーは少なくても、楽天カードはクレジットカードと楽天Edyを一体型にすることができます。

▼「R Edy」または「楽天Edy」というマークがついているのは、楽天Edy一体型のクレジットカードです。

楽天カード

楽天カードを作るだけで500円チャージされた状態で届きますよ。
しかも、楽天カードから楽天Edyにチャージしたときもポイントが貯まります!

楽天Edyを使うと200円ごとに1ポイント貯まるので、あわせると1.5%の還元率にできますね。
よく楽天Edyを使うのであれば、楽天カードから楽天Edyチャージするのがおすすめです。

ちなみに、楽天カードとエポスカードはどちらもApple Payに登録できますよ。

Apple Payに登録しておけば、カードを持ち歩くことなくQUICPayが使えるお店でスマホ決済できるので便利ですね。

ネットショッピングではどちらがお得?

主に、ネットショッピングでクレジットカードを使いたい場合もありますよね。

楽天カードエポスカードは、それぞれ以下のようなネットショッピングで使えます。

  • 楽天カード:楽天市場
  • エポスカード:マルイ・たまるマーケット

たまるマーケットは、経由するだけでボーナスポイントが貯まるポイントアップサイトです。

以下のようなショップで買い物できますよ。

たまるマーケットを経由してエポスカードで買い物をすると、エポスポイントが2~30倍貯まります。

旅行予約サイトも利用できるので、たまるマーケットを経由してエポスカードを使えば、旅費を節約することにもつながりますね。

単純にネットでの買い物でポイントを貯めたいのであれば、楽天市場で楽天カードを使うのがおすすめです。

楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると、SPUという仕組みで少なくとも3%ポイントが貯まります。(うち1%は期間限定ポイント)

楽天カードとエポスカードの審査について

楽天カードエポスカードをこれから作ってみようかなと思ったとき、審査からカード到着までどれぐらいかかるのかも気になりますよね。

審査結果が出て、カード到着までにかかる時間はどちらも1週間ほどと早めです。
エポスカードの場合は、即日発行もできるので便利ですね!

参考:エポスカードを即日発行したときの記事はこちら

どちらも1週間あれば手元にカードが届くと思ってもらって大丈夫ですよ。

審査に通るかどうかは実際にやってみないとわかりません。
悩んでいるのであれば、とりあえず審査を受けるためにカードを申し込んでみましょう。

ポイントプレゼントはどちらがお得?

楽天カードエポスカードは、それぞれ新規入会&利用キャンペーンを行っています。
入会特典としてポイントプレゼントがありますよ。

キャンペーンは常に行われていますが、時期によってもらえるポイント数が異なります。

楽天カードとエポスカードは、最低でも5,000ポイントもらえるのでポイントプレゼントにそこまで差はありません。

ただ、楽天カードのほうが7,000ポイントや8,000ポイントになる時期が多い印象を受けますね。

しかも、2,000ポイントは通常のポイントとしてもらえるので、楽天証券の投資信託購入にまわすのがおすすめです。

また、楽天証券では投資信託の購入に楽天スーパーポイントが使えます
現金を使わずに投資ができるのでおすすめですよ。

お得なキャンペーンの時期をねらって、カードを申し込みましょう!

参考:楽天カードの最新キャンペーンはこちらで確認できます
参考:エポスカードの最新キャンペーンはこちらで確認できます

楽天カードとエポスカードの2枚持ちもおすすめ

それぞれのカードについて紹介してきましたが、楽天カードエポスカードの2枚持ちもおすすめです。

楽天カードとエポスカードは活躍するところがそれぞれ違います。
貯まるポイントも異なるので、使うシーンにあわせて使い分けたほうが節約にもつながりますよ。

たとえば、私は楽天市場で買い物するときは楽天カードを使い、エポスカードでtsumiki証券の積み立てを行っています。

利用先によってカードを使い分けると、それぞれのポイントが貯まるのでお得ですね。

楽天カードとエポスカードは、どちらも新規入会キャンペーンのプレゼントポイントが多くもらえる上、年会費も無料です。

カードを作るメリットが大きいので、両方のカードを持っていても不便さは感じませんよ。

楽天サービスを使うときは楽天カード、マルイで買い物するときはエポスカードといった感じで使い分けてみてくださいね。

参考:楽天カードを作るにはこちらから
参考:エポスカードを作るにはこちらから

どうしてもどちらか1枚だけ選ぶ場合は、楽天カードのほうがおすすめです!
楽天スーパーポイントの使い道が多いので、節約につながりやすいですよ。

さいごに

楽天カードエポスカードについて比較してきましたが、何にカードを使いたいかによって選ぶ基準は変わってきますよ。

カードを選ぶときは以下の点を意識してみてください。

年会費はどちらも無料なので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめです。

どちらにしようか悩んでいる場合は、カードを何に使いたいのか・どちらのポイントを貯めたいのかを意識して決めてみてくださいね。

参考:楽天カードを試してみるにはこちらから
参考:エポスカードを試してみるにはこちらから

おまけ:ほかのクレジットカードと比較したい場合

楽天カードとエポスカードについて紹介してきましたが、クレジットカードはほかにもいろいろと種類があります。

カテゴリー別におすすめのクレジットカードも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る