楽天ETCカードの年会費をカンタンに無料する方法は?楽天ETCカードのメリットや追加申込のやり方をまとめました

スポンサーリンク

こんにちは!
楽天カードを持っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

楽天カードは、クレジットカードの機能だけでなく、付帯のサービスも充実しています。

その中でも使うことが多くなるであろうサービスが「ETCカード」のサービスですよね。

ETCカードを持っていれば、車に取り付けておくだけで高速道路などの料金所を通過できるし、ETCを使うことによる割引もあります。

このページでは、楽天カードの付帯でETCカードを使うときに、よりお得に使えるようにするためにできることを紹介していきますね。

楽天ETCカードの年会費をカンタンに無料する方法は?

楽天ETCカードの特徴とメリット・デメリット

楽天カードのETCカード(以下:楽天ETCカード)は、楽天カードを持っていることで申し込める付帯カードになりますが、いろいろと特徴があります。

まずは楽天ETCカードの特徴を一覧にしてみました。

  • 年会費540円
  • 100円ごとに1ポイント貯まる
  • ETCカードとして使える

楽天ETCカードでネックになるのが、年会費が540円かかることですよね。

ETCカードを持っているとお得になるのはわかるけど、わざわざ年会費を払うのはあまり気乗りがしないと思います。

楽天カードの年会費が無料なのに、なぜETCカードは年会費が発生するのかと思うのではないでしょうか。

でも、楽天ETCカードは年会費無料にできる方法があるので、このあとで詳しく紹介しますね!

年会費の件はデメリットですが、楽天カードを使ったときと同様に、100円ごとに1ポイント貯まるのは楽天ETCカードの大きなメリットですよね。

年会費を払ってしまった場合、ETCカードで年間54,000円使えば年会費の元が取れます。

車を使う機会が多いのであれば、年会費さえ無料にできれば楽天カードでETCカードを使うのがおすすめになりますよ。

楽天ETCカードの年会費を無料にする2つの方法

では、気になる楽天ETCカードの年会費を無料にする方法を紹介しますね。

方法は2つあります!

1. 楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを持つ

まず1つは、年会費が少し高くなる楽天ゴールドカード以上を持つことです。
対象のカードは以下の通り。

これらのカードを持っているのであれば、楽天ETCカードの年会費は一切かかりませんよ。

ずっと無料で持ち続けられます!

もし、楽天ゴールドカード以上を持つのであれば、ETCカードも付帯しておくのがおすすめです。

現在楽天カードを持っているのであれば、楽天ゴールドカードへの切り替え申込もできますよ。

2. 楽天ポイントクラブのダイヤモンド会員・プラチナ会員であること

もう1つの方法は、普通の楽天カードを使っている方でも楽天ETCカードの年会費を無料にできる可能性がありますよ!

それは、「楽天Point Club」の会員ランクがダイヤモンド会員もしくはプラチナ会員になっていることです。

楽天ETCカードを申し込んだ時点で、ダイヤモンド会員やプラチナ会員になっていれば、楽天ETCカードの年会費が初年度無料になりますよ。

初年度だけ年会費無料でずっとではないのか・・・と思ったかもしれません。

大丈夫です。
次年度以降も条件を満たせば楽天ETCカードの年会費を無料にできますよ!

次年度以降は、楽天ETCカードの年会費を請求する月(ETCカード入会月の翌月)の楽天Point Clubの会員ランクがダイヤモンド会員やプラチナ会員になっていれば、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

例えば2017年8月に楽天ETCカードを申し込んだ場合、次年度が無料かどうかの判定は、2018年9月時点の会員ランクです。

毎年、ダイヤモンド会員・プラチナ会員を維持していれば、それだけでずっと楽天ETCカードを無料で使い続けることができますね。

ちなみに、ダイヤモンド会員・プラチナ会員になる条件は以下の通りです。

  • プラチナ会員:過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
  • ダイヤモンド会員:過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

6ヶ月間で獲得するポイント数の条件はそれほど難しくはないかと思います。
特に楽天カードを使っていれば、どんどんポイントが貯まりますからね。

問題はポイントの獲得回数です。
これをいかに増やしていくかが大切になります。

対象のサービスは数多くありますが、ポイント獲得回数を増やすためにおすすめのサービスは以下の通りです。

回数を増やすために特におすすめなのが、楽天銀行ですね。
ハッピープログラムの利用で、コツコツとしたポイント獲得が多く、回数稼ぎにはもってこいです。

私も楽天銀行を使っているおかげで、ダイヤモンド会員を維持できているぐらいですので。

楽天ポイントクラブ ダイヤモンド会員の証拠

▼楽天ETCカードの年会費が無料にできた証拠はこちらです。

楽天ETCカードの年会費を無料にできた証拠

楽天スーパーポイント以外にもETCマイレージが貯まります

楽天ETCカードを使うと、楽天スーパーポイントが100円ごとに1ポイント貯まりますが、それ以外にもETCマイレージも貯まります。

このETCマイレージは通行料金として使えるポイントになるので、一石二鳥でお得ですね!

ただし、事前にETCマイレージサービスの登録が必要になるので、もしETCマイレージを貯めたいなら、楽天ETCカードが届いたらすぐに登録しておきましょう。

楽天ETCカードに申し込む方法

ではここからは、楽天ETCカードに申し込む方法を紹介していきますね。

既に楽天カードを持っている前提での手順を紹介します。

もし、まだ楽天カードを持っていない場合は、楽天カードを作るタイミングで同時にETCカードを申し込むこともできますよ!

楽天ETCカードのページを開くと、以下のような画面が出てきます。
右側の「楽天e-NAVIへのログインはこちら」を押しましょう。

楽天ETCカードに申し込む流れ

▼ログインすると、以下のような画面になりますよ。
現在のカード情報と、ETCカード送付先が出てきます。

問題なければ「確認画面へ」ボタンを押してください。

楽天ETCカードに申し込む流れ

▼確認画面では、先ほどと同じ内容が出てきます。
ホントに大丈夫か改めて見ておき、大丈夫なら「同意して申し込む」ボタンを押しましょう。

楽天ETCカードに申し込む流れ

▼これで楽天ETCカードの申込ができましたね。
追加で申し込むだけならとてもカンタンです!

楽天ETCカードに申し込む流れ

楽天ETCカードが届くのは、申込から2週間程度とのこと。
2017年7月30日の19時40分頃に申し込んだので、いつ届くのかが楽しみです!

ETCカードが届きました!

その後、2017年8月5日の夕方に楽天ETCカードが届きました。
ヤマトのセキュリティパッケージで届きますよ。

楽天ETCカードの封筒

▼こちらが楽天ETCカードになります!
やはり楽天カラーの赤ですね。

楽天ETCカード

到着した封筒を開けると、年会費の請求欄に金額が書かれていますが、先ほど紹介したように、条件を満たしていれば無料になりますので安心してくださいね。

発行台紙には一律で年会費が記載されているだけです。

楽天ETCカード 年会費の請求

ETCカードの車載器も用意しておこう

もし、自分の車にETCカードの車載器がない場合は、このタイミングで車載器も用意しておきましょう。

楽天市場で探せばたくさん見つかりますよ。

まだ楽天カードを持っていない場合は、入会キャンペーンでもらえるポイントを使って車載器を買えば、安く買えたり無料で入手できたりします。

楽天カードでは、7,000ポイントや8,000ポイントがもらえる入会キャンペーンがたまにありますので、このときだとかなりお得ですよね。

さいごに

楽天ETCカード、年会費が発生するものだとずっと思っていましたが、無料にできる方法があると知ったので、申し込んでみることにしました。

年会費を無料にする条件もそこまで難しいものでもなく、楽天のサービスをよく使っているのであれば、ずっと無料で使い続けることもできますよ。

個人的に、旅することが多いですので、そのときにレンタカーを使うことになった場合は、楽天ETCカードを使って交通費を節約していこうと思います!

まだ楽天カードを持っていなくて、ETCカードも合わせて使おうと思っているのであれば、この機会に両方合わせて作ってみましょう。

参考:楽天カードと楽天ETCカードを作るにはこちらから

クレジットカードの楽天カードについては、以下のページが詳しいですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る