楽天カード海外旅行損害保険の使い方・利用条件・申請方法まとめ

柚木ゆうらの画像

楽天カードには、海外旅行のケガや病気をサポートしてくれる海外旅行傷害保険があります。

海外で病気やケガ、トラブルに巻き込まれたときも、海外旅行損害保険に対応している楽天カードを持っていれば、申し込み不要で使えるので便利ですよ。

しかし、申し込み不要とはいえ、いざ使おうと思ったときにどうやって申請すれば良いのか心配になりますよね。

もしも海外に行く予定があるなら、海外旅行損害保険の使い方を覚えておくことをおすすめします。

このページでは、楽天カードの海外損害保険の使い方や利用条件、申請方法について詳しく説明していきますね。

楽天カードの海外旅行損害保険使い方・利用条件・申請方法

海外損害保険の内容について

楽天カードの海外損害保険では、旅行先でのケガや病気、トラブルなどをサポートしてくれます。

主に、以下のようなケースのときに保険が使えますよ。

  • ケガをしたとき
  • 病気をしたとき
  • 遭難などの救助を依頼し、費用を負担したとき
  • 物を壊してしまったとき
  • 身の回り品(バッグ、カメラ、衣服、など)が盗まれたとき
  • 身の回り品が壊れたとき
  • 火災などの偶然の事故で損害を受けたとき

国内ならまだしも、海外で急な病気やケガ、トラブルに見舞われると不安ですよね。

ですが、海外損害保険が利用できることを知っておけば、安心して旅行ができます。

何もないに越したことはありませんが、いざという時のために、保険内容を覚えておくと便利ですよ。

海外損害保険に対応した楽天カード一覧

事前申し込みは不要ですが、海外損害保険を使うためには、対応している楽天カードを所持していることが条件です。

海外損害保険に対応した楽天カードは、以下の通り。

楽天ブラックカード楽天プレミアムカードの場合、保険内容が多少異なります。
どんな内容か知りたい場合は、楽天e-NAVIのカード情報にある「サービスの詳細」から確認できますよ。

また、楽天カードの場合は利用条件を満たすことで保険が使えますが、楽天プレミアムカードは自動で保険が適応されます。
保障される金額も、楽天プレミアムカードのほうが多くなりますよ。

頻繁に海外旅行へいくという場合は、楽天プレミアムカードのほうが安心して使えます。

一年に一回程度、旅行で海外にいくという場合であれば、楽天カードの保険でも十分にカバーできる範囲です。

どこまでが保険の適用範囲?

楽天カードを持っていれば、契約者本人はもちろん保険の適用者となります。

ですが、家族旅行で海外に行く場合など、同伴者にも保険が適用されるか気になりますよね。

基本的に、海外損害保険が適用される範囲は、以下の通り。

  • 楽天カードで支払いをした本人
  • 支払いをした楽天カードに紐づく家族カードを持った同伴者

つまり、夫の楽天カードを使って支払いをし、妻が家族カードを持っている場合は、夫婦ともに保険が適用されます。

しかし、夫婦ともに楽天カードの会員であっても、どちらか片方のカードでのみ支払いをした場合、決済を行った楽天カードの所持者のみ保険適用となりますよ。

夫婦ともに楽天カードを持っていて、2人とも保険を適用させたい場合は、1人ずつ自分の楽天カードで支払いをする必要があるというわけですね。

ちなみに、楽天カードを所持していない子どもは保険の対象外となります。

海外損害保険の適用期間について

楽天カードで適用される範囲はわかりましたが、次は適用期間が気になりますよね。

基本的には、海外損害保険はカード資格取得日の翌日から適用されます。

ただ、補償期間はあくまでもカード会員資格期間中に開始された旅行期間中。
海外旅行を目的として、自宅を出発してから到着するまでの間と決まっています。

長期旅行の場合は、日本出国日から3ヶ月後の午後12時までとなっているので、期間切れに注意しましょう。

家族旅行などで海外に行く場合は、そこまで長期滞在しないと思うので、適用期間についてはあまり気にしなくても大丈夫ですよ。

海外損害保険の補償内容と保険金額について

次に気になるのが、実際にどんな内容を補償してくれるのか・どれくらいの保険金がおりるのかという部分ですよね。

わかりやすく、保険の種類ごとに保険金額をまとめてみました。

保険種類別の保険金額
保険の種類保険額の範囲楽天カードの保険金額楽天プレミアムカードの保険金額
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円5,000万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円300万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円3,000万円
救援者費用年間限度額200万円200万円
携行品損害(免責金額3,000円)年間限度額20万円50万円

楽天カードの場合は利用条件を満たすことで、海外旅行損害保険が有効になります。

楽天プレミアムカードの場合は、自動で海外旅行損害保険が有効になるので便利ですよ。
ただし、利用条件が関係してくることもあるので、事前にチェックしておくと安心です。

利用条件は、楽天カード「サービスのご案内」から「海外旅行傷害保険」のページで確認できます。
楽天プレミアムカード 海外旅行傷害保険ご利用ガイドについて、というPDFを確認してみてくださいね。

海外保険の利用条件について

保険を有効化させるためには、カード決済の条件を満たす必要があるとのこと。

具体的には、以下のような条件をどちらか片方でもクリアすればOK。

  • 自宅から出発空港までの交通費を楽天カードで支払う
  • 海外旅行代金を楽天カードで支払う

保険を有効にするためには、このどちらかを日本を出国する前に行うことが条件です。
日本を出国した後だと意味がないので注意しましょう。

条件に該当する交通費は、以下のような公共交通手段になります。

  • 電車
  • バス
  • タクシー
  • 飛行機

海外旅行代金に該当するものは、以下の通り。

  • 海外航空券
  • 海外ツアー

出国前であれば、一部の決済でも対象になるとのこと。
また、利用金額に制限はないので、どうせなら一括で交通費を支払ってしまったほうが楽ですよ。

  • 利用金額:1円~いくらでも

自家用車やレンタカー、国内・海外の宿泊、空港利用税などは対象外となるので、注意が必要です。

保険金の申請方法と使い方の手順

楽天カードの海外旅行損害保険を利用する際、保険金の請求は自分で行う必要があります。

保険金を請求する際は、事故発生から30日以内に楽天カード保険デスク(0120-456-029)に連絡しましょう。

ちなみに、病気やケガ、携行品損害のときなど、補償する内容によって申請方法も変わってきます。

それぞれの申請方法について、詳しく説明していきますね。

病気やケガをしたときの申請方法

日本から海外に出ると、食べ物が合わなくてお腹が痛くなってしまったり、気候のちがいで体調を崩してしまうことがあるかもしれません。

旅行先で病気やケガをしたとき、どうやって申請すればよいのか?
ここが一番、気になるかと思います。

申請の手順は、以下の通り。

  1. 病院で診察(医療費を立て替えて、領収書・診断書を入手する)
  2. 保険金請求(日本に帰国後)

緊急医療などに関するサポートが必要な場合は、三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスへ連絡します。

滞在中の場所によって、連絡先が異なるので気をつけてくださいね。
場所ごとの連絡先は、以下の通り。

  • アメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパン(1-877-300-3931)
  • シンガポール(800-810-2355)
  • 中国北部(10800-813-2784)
  • 中国南部(10800-481-2967)
  • その他の地域(81-18-888-9998)

アシスタンスサービスの費用は、保険で補償される金額までは保険金扱いとして精算されます。
つまり、楽天カード会員の自己負担にはなりません。

ただし、サービスの費用が保険金額を超えた場合、もしくは費用の一部が保険の対象にならない場合は、支払いできない費用と費用に対するアシスタンス会社の手数料が自己負担になります。

どちらにせよ、病院で診察を受けた際には、領収書・診断書をもらい忘れないよう気をつけましょう!

救援者・賠償責任のときの申請方法

次に、救援者・賠償責任のときの申請方法について説明していきますね。

遭難などの事故で救助依頼を出して負担した費用や、誰かにケガをさせてしまったとき、物を壊してしまったときなどに使える保険です。

申請方法は、賠償責任や救援の程度によって異なります。

  • 賠償責任などが軽い場合→日本に帰国後、保険金請求
  • 緊急医療などに関するサポートが必要な場合→三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスへ連絡→日本に帰国後、保険金請求

程度が軽いときは帰国後の申請で大丈夫ですが、緊急医療などに関するサポートが必要な場合は、三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスへ連絡します。

緊急医療を必要とする場合は、病気やケガをしたときと同じ申請手順になりますよ。

こちらもアシスタンスサービスの費用は、保険で補償される金額までは保険金扱いとして精算されます。

携行品損害のときの申請方法

次に、携行品損害のときの申請方法について説明しますね。

身の回り品が盗まれたり、壊れたり、火災などの事故で損害してしまったときに使える保険です。

申請手順は、以下の通り。

  1. 警察へ連絡(事故証明など必要書類の取付)
  2. 保険金請求(日本に帰国後)

物が盗まれたり壊れたりしたら、すぐに警察へと連絡し、事故証明など必要な書類をもらえるようにしておきましょう。

保険金の請求は、日本に帰国してからでも大丈夫です。

保険金を請求するときに必要な書類について

帰国後、すぐ保険金を請求しようと思ってもいろいろと書類が必要になってきます。

保険金の種類ごとに必要書類が違うので、事前に知っておくとスムーズに申請が行えますよ。

それぞれの保険金ごとに、必要な書類をまとめてみました。

傷害死亡で必要な書類

傷害死亡の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要となります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 死亡診断書または死亡検案書
  • 戸籍謄本または除籍謄本
  • 他のクレジットカードに関する報告書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

後遺障害で必要な書類

後遺障害の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要です。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 医師の診断書
  • 他のクレジットカードに関する報告書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

傷害治療費用で必要な書類

後遺障害の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要です。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 医師の診断書
  • 治療費明細書および領収書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

疾病治療費用で必要な書類

疾病治療費用の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 医師の診断書
  • 治療費明細書および領収書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

対人賠償責任で必要な書類

対人賠償責任の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 示談書
  • 第三者の損害を証明する書類
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

対物賠償責任で必要な書類

対物賠償責任の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 示談書
  • 第三者の損害を証明する書類
  • 損害物の修理見積書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

携行品で必要な書類

携行品の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 損害物の修理見積書
  • 損害証明書および写真
  • 購入時の価格・購入先を示す書類
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

救援者で必要な書類

救援者の保険金を受け取る場合は、以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
  • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
  • 救援者費用の明細書および領収書
  • 遭難発生および捜索活動証明書類
  • 海外旅行行程中の死亡証明書
  • 7日以上の入院証明書
  • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類
  • その他必要と認められる書類

すべての保険金に共通すること

受け取る保険金ごとに必要書類は異なりますが、その中でも共通している書類がいくつかあります。
事前に覚えておくと、いざという時に焦って手配せずに済みますよ。

ケガや病気・トラブルに見舞われた場合に、必ず必要となる書類は以下の通り。

    • 保険金請求書及び事故状況報告書
    • 日本出国日を示すパスポート(コピー)
    • 事故証明書(公の機関、やむをえないとき第三者のもの)
    • 楽天カード利用明細控などカードの利用を証明する書類

すべての保険金に通じることですが、楽天カード利用明細控といったカードの利用を証明する書類は必須!

日本を出国する前に楽天カードで決済したものは、カード利用したことがわかるよう、しっかりと控えを取っておきましょう。

保険金によっては診断書が必要なものもありますが、基本的に診断書代は保険金支払いの対象外となるので注意してくださいね。
また、保険金の請求額が10万円以下の場合は、診断書を省略してもOKです。

さいごに

楽天カードの海外旅行損害保険は、公共交通機関の支払いをカード払いしないと適応されない利用付帯タイプです。

あとから請求しようと思っても、まずはこの条件をクリアしていなければ保険金は受け取れません。

もし、楽天カードの海外旅行損害保険を使いたい場合は、海外に行く前に公共交通機関の支払いを楽天カードで行い、利用控えをしっかり取っておくことが重要。

病気やケガ、盗難などのトラブルは楽天カードの海外保険でもカバーできるので、覚えておくと万が一のとき安心ですよ。

クレジットカードを使うことで、海外旅行保険代を節約することができるのでおすすめです。

参考:楽天カードのページはこちら

また、保険の適応条件を確認するのが面倒に感じる場合は、自動付帯タイプのクレジットカードがおすすめです。

ほかのクレジットカードの海外保険と比べたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

おまけ:楽天カードの使い方について