楽天証券のマネーブリッジと楽天カード決済どっちがお得?

松本 博樹の画像

楽天証券で投資信託を積立するときのお金は、マネーブリッジ(証券口座)からの引き落としか楽天カード決済が選べます。

選ぶときにどちらがお得になるのか気になると思いますので、このページでは比較した結果を紹介しますね。

参考:楽天証券のページはこちら
参考:楽天カードのページはこちら

マネーブリッジと楽天カード決済の比較

早速、マネーブリッジと楽天カード決済を使った場合それぞれで比較してみました。

比較項目マネーブリッジ楽天カード決済
ポイント還元率0%0.5〜2.0%(楽天カード決済)
0.5%(楽天キャッシュ決済)
積立上限額なし合計10万円
楽天カード決済:5万円
楽天キャッシュ決済:5万円
積立設定日1〜28日1日か8日
マネーブリッジと楽天カード決済の比較

自由度が高いのはマネーブリッジからの引き落としです。積立上限額や日付は自由に設定できますよ。

対して楽天カード決済は金額の上限があるデメリットはあるものの、カード決済することによりポイントが貯まるのが最大のメリットです。

これがあるので、圧倒的に楽天カード決済のほうがおすすめになります。

もちろん私も楽天証券の投資信託積立で楽天カード決済を使っています!

楽天カードを使って投資信託を積立できるのは、最大10万円までです。

月5万円までが楽天カード決済、残り月5万円が楽天カードから一旦楽天キャッシュにチャージして投資信託を買うやり方になります。

詳しくは以下のページでまとめていますよ。

10万円以上積立するなら併用しよう

楽天カードを使っての投資信託積立が月10万円まで対応しているので、そこまでは楽天カードを使うほうが確実にお得です。

もしそれ以上の金額を積立していくのであれば、マネーブリッジも併用しましょう。

積立することによってのポイントは貯まらないですが、マネーブリッジだろうが楽天カードからであろうが、投資信託積立によるパフォーマンスは同じです。

10万円未満でも併用はできますが、楽天カードから決済するほうがポイントが貯まる分だけお得なので、併用はあまりおすすめしません。

さいごに

楽天証券のマネーブリッジと楽天カード決済を比較すると、よほどのことがない限りは楽天カード決済を使うほうがお得です!

楽天カード決済にして楽天ポイントもしっかり貯めておきましょう。

貯めた楽天ポイントは、投資信託や株を買うのにまた使えますので、結果的に現金化もできますよ。

もしこれから楽天証券や楽天カードを使おうかと思っているのであれば、以下から作れますので早めに準備して始めるのがおすすめです。

参考:楽天証券をこれから作るにはこちら
参考:楽天カードをこれから作るにはこちら