楽天銀行に硬貨や小銭を入金する方法と引き出しのやり方を徹底解説。1,000円単位の小銭貯金に最適!

スポンサーリンク

ネットバンクである楽天銀行は実店舗こそないものの、各種手数料が安かったりいろいろなサービスがあり、お得だし便利ですよね。

お得な銀行口座へは、預金をたくさん預けたくなります。
生活の中で出てしまう小銭も、どうせなら口座に入れてしまって、少しでも足しにしたいですよね。

もし10円玉や100円玉などの硬貨(小銭)の出し入れができると、便利だと思いませんか。
でも、本当にそんなことができるのか気になるところ。

そこで、このページでは実際に楽天銀行の口座へ、硬貨の預け入れと引き出しをやってみた様子を画像付きで詳しく紹介していきます。

楽天銀行で硬貨を預け入れるための条件

買い物などをしていると、財布の中にたくさんおつりが溜まりますよね。
かさばる小銭は、楽天銀行の口座に入れてしまって、手もとをスッキリしたいものです。

でも楽天銀行は実店舗がないので、専用のATMを見たことがありませんよね。
そのため、提携しているATMを利用します。

提携ATMの中で、みずほ銀行のATMだけは、硬貨を預け入れできるんですよ。

▼預け入れについては、少しだけ条件があります。

  • 一部のみずほ銀行ATMでは預け入れできない
  • 硬貨の取り扱いは1,000円単位となる

1,000円単位でしか預けられないのが不便なところですね。
同じようなことをするなら、ゆうちょ銀行を使うほうがおすすめです!

楽天銀行が提携しているATMで硬貨を預け入れる方法

ということで、ここからは硬貨を預け入れる方法(入金方法)を紹介していきますね。

あまりおすすめできる方法ではありませんが、硬貨を預け入れたいならやってみましょう。

▼こちらが、みずほ銀行に備え付けられているATMです。

【楽天銀行:小銭】みずほ銀行のATM

▼タッチパネルに表示されている、「お預入れ」を押しましょう。

【楽天銀行:小銭】「お預け入れ」を押す

▼通帳またはキャッシュカードを入れるよう指示が出ます。
楽天銀行のキャッシュカードを、入れましょう。

【楽天銀行:小銭】楽天銀行のキャッシュカードを入れる

▼キッシュカードを入れる位置は、「紙幣」の上にあります。
光っているので、わかりやすいですね。

【楽天銀行:小銭】楽天銀行のキャッシュカードを入れる

▼手数料の案内画面が出てきました。
画面右下の「進む」を押しましょう。

【楽天銀行:小銭】手数料の案内

▼「キャッシュカードでの預け入れ」での注意点が表示されるので、確認後「進む」を押します。

【楽天銀行:小銭】利用明細票の案内

▼「預け入れ」のメッセージが出てきました。

【楽天銀行:小銭】預け入れの案内

▼タッチパネルの上側に設置されている、「硬貨」と「紙幣」を入れる場所が開きます。
1,000円単位の扱いなので、500円硬貨を2枚入れてみました。

【楽天銀行:小銭】硬貨を入れる

▼硬貨が数えられ、合計金額が表示されます。
問題がなければ「取引実行」を押しましょう。

「金額指定」や「追加入金」もできるようですね。

小銭をジャラジャラー!と入れた場合は、1,000円単位で金額を指定しましょう。

【楽天銀行:小銭】預け入れ金額の確認

▼「利用明細票」の発行を希望するかどうか聞かれるので、どちらか選びます。
画面には、入金金額と残高が載っていますね。

【楽天銀行:小銭】預け入れ金額と楽天銀行の残高案内

▼最初に入れた楽天銀行のキャッシュカードと、利用明細票発行を希望した場合は一緒に出てくるので、忘れずに取り出しましょう。

【楽天銀行:小銭】キャッシュカードと利用明細票の案内

▼出てきましたね。

【楽天銀行:小銭】キャッシュカードと利用明細票が出てくる

スポンサーリンク

預け入れる硬貨は何枚まで?

提携ATMである、みずほ銀行ATMから実際に硬貨の預け入れをしてみました。
ここで気になるのが、硬貨は一度に何枚まで預け入れができるのか、ということ。

たとえば、1,000円単位の預け入れだったので、1円硬貨を1,000枚入れてもいいのか気になります。

みずほ銀行の「商品・サービスに関するお問い合わせ(個人のお客さま専用)」の電話番号に電話して、聞いてみましたよ。

▼その結果、以下のとおりでした。

預け入れは1回100枚まででございます。

▼ATMを操作したときに、画面にも表示されていますね。

【楽天銀行:小銭】預け入れ枚数は100枚まで

なお、枚数制限は硬貨の額面に関係ありません。すべての硬貨に対しての枚数です。
また預け入れの注意点として、一部ATMでは100枚入らない機種もあるとのこと。

▼ちなみに、各硬貨の100枚での合計金額は以下のとおりです。

硬貨100枚の合計金額
1円玉100円
5円玉500円
10円玉1,000円
50円玉5,000円
100円玉10,000円
500円玉50,000円

同じ種類の硬貨を預け入れるのであれば、10円玉以上となりますね。

みずほ銀行のATMから楽天銀行口座へ預け入れられた証拠

みずほ銀行のATMを利用して、硬貨を預け入れてみました。
操作自体は、なんら問題なくできたのですが、本当に楽天銀行に入金されたのでしょうか。

▼こちらが、楽天銀行の入出金明細です。

【楽天銀行:小銭】楽天銀行の入出金明細

確かに、入金した1,000円が預け入れられていますね!

スポンサーリンク

提携ATMであるみずほ銀行ATM手数料や利用可能な時間帯

楽天銀行の提携ATMであるみずほ銀行ATMを使うときには、ATM手数料や利用可能な時間が気になりますよね。

▼ATMの画面に案内されていた、手数料がかかってしまう時間帯は以下のとおり。

月曜日から金曜日
時間帯手数料
午前8時から午前8時45分216円
午前8時から午前8時45分108円
午後6時から午後11時108円
土曜日・日曜日・祝日
時間帯手数料
終日216円

例えば預け入れ最低金額1,000円のために、216円も手数料がかかってしまっては、悲しいですよね…。

【楽天銀行:小銭】手数料

▼僕はハッピープログラムの会員ステージが「アドバンスト」だったので、月に1回だけ利用手数料が無料でした。

みずほ銀行ATMのご利用明細票を、よ~く見ると確かに「利用手数料0円」となっていますね。

【楽天銀行:小銭】ご利用明細票

ハッピープログラムを最大限利用すると、月に最大7回まで無料にできますよ。

▼ハッピープログラムの詳しいことは、こちらに書いてあるので見てくださいね。

ちなみに、提携ATMからの入金が30,000円以上であれば手数料は0円となります。
でも小銭で30,000円って、なかなかないですよね…。

楽天銀行が提携しているATMで硬貨を引き出す方法

続いて、ATMから硬貨を引き出す方法です。
小銭がほしいときに、ATMから引き出しできると便利ですよね。

でも残念ながら、楽天銀行と提携しているATMから硬貨だけを引き出せません
現金をどうしても引き出す用事がある場合、紙幣のみであれば可能です。

紙幣のみなので、引き出しの最低金額は1,000円となりますね。
「それでもいいや…」と思った場合も、注意が必要です。

▼提携ATMから引き出しを行う場合は、手数料がかかってしまいます。

提携ATM手数料
セブン銀行
イオン銀行
ステーションATM Patsat
216円
イーネットATM
ローソン銀行ATM
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)ATM
270円

引き出しについても、ハッピープログラムを最大限利用すると、月に最大7回まで無料にできますよ。

貯金代わりに入金しているなら、そのお金を投資に回すのもおすすめ

もし、楽天銀行に小銭を貯金代わりに入金しているのであれば、ある程度貯まってきた段階で、そのお金を投資に回すのもいいと思います。

小銭を入金しているので、もともとなかったようなものとして扱っているのではないでしょうか。

それならば、少額で投資を始めてみて、感覚をつかんでみるのにもいいですよ。

楽天証券SBI証券だと、100円から投資信託が買えますので、小銭入金をきっかけに証券会社にいずれは資金移動して試しに投資信託を始めてみるのもおすすめです。

特に楽天証券だと楽天スーパーポイントを使って投資信託を買うこともできますからね。

さいごに

楽天銀行の口座に、硬貨の預け入れる方法を紹介しました。
やり方については特に難しいことはなく、普段ATMを使い慣れている場合は、問題ないかと思います。

ちょっとした小銭があった場合、口座へ預け入れると「塵も積もれば山となる」で少しずつではありますが、増えていきますよね。

わずかな行動が、困ったときの未来への投資ともなるので、無理なくやっていきましょう。

またノマド的節約術では、銀行の使い方をより詳しく紹介していますので、気になる銀行があればチェックしてみましょう。

おまけ:両替について

銀行ATMを利用した、両替について紹介しているページもあります。
あわせて読むと、理解が深まりますよ。

おまけ:貯金する方法や考え方

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る