10分で終わる!楽天銀行で口座開設申込する流れ・作り方・お得なキャンペーンの完全ガイド

スポンサーリンク

私がメインバンクで使っているのは楽天銀行です。
以前私が口座開設した時はまだイーバンク銀行の時代で、10年以上も前の話になります。

今は楽天銀行という名前になっていますので、イーバンク銀行の頃と比べると口座開設のやり方も変わっていますよ。

これから楽天銀行の口座を作ろうかと思っているときに気になるのが、どうやって口座を作ればいいのかではないでしょうか。

初めてだとちょっとわかりにくいし、迷ってしまうこともあるかと思います。

そこでこのページでは、楽天銀行に口座開設する流れを画像つきで詳しく紹介していきますね。

楽天銀行で口座開設する流れ・作り方・お得なキャンペーン完全ガイド

楽天証券と同時に口座開設するのがおすすめです

このページでは、楽天銀行に口座開設する方法を紹介していきますが、実はそれよりもおすすめの方法があります。

楽天銀行を作るのであれば、楽天証券から同時に口座開設するのがいいですよ!

その理由はマネーブリッジというサービスがあるから。
マネーブリッジは楽天銀行と楽天証券の両方の口座がないと使えません。

マネーブリッジを使えば、楽天銀行の普通預金金利が0.10%になります!

それだけでなく、同時口座開設のキャンペーンで1,000円もらえるのもあるからさらにお得ですよ!

2つも同時に口座開設するのって時間がかかって面倒と思うかもしれませんが、チェック1つ入れるだけなので、口座開設の手間はそれぞれ1つずつ作るよりも半減します。

参考:楽天銀行と楽天証券を同時に作るにはこちらから

▼同時に口座開設するときは、楽天証券の口座開設画面で出てくる「楽天銀行口座の申込」で「申込む」を選べば大丈夫です。

楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設する

楽天銀行の口座開設キャンペーンについて。お得にする方法は?

楽天銀行に口座開設するときは、キャンペーンがあるかどうかが気になると思います。

ちなみに2019年4月に確認したときは、楽天銀行のページから口座開設することによるキャンペーンはありませんでした。

そのため、先ほど紹介した楽天証券から作るほうがやはりおすすめになりますね。

マネーブリッジを登録しておくだけで1,000円もらえるため、楽天証券から楽天銀行を同時に口座開設するほうがお得です!

楽天証券の場合は、マネーブリッジ以外のキャンペーンもありますからね。

楽天銀行・楽天証券 マネーブリッジの1,000円キャンペーン

「はじめてのご利用プログラム」で2,000円最大もらえる

楽天銀行に口座開設できたら、「はじめてのご利用プログラム」のキャンペーンで使えそうなところがないかを見ておくのもおすすめです。

詳しいキャンペーン内容は以下の通りです。

  • 期間中に他の金融機関からの振込入金で100円(提携ATMからの入金だと50円)
  • 給与振込口座に指定後、1回5万円以上の振込があれば500円
  • 預入金額に応じて50〜1,000円
  • 対象サービス利用で最大400円(1サービスごとに100円)

預入金額に応じてお金がもらえる詳細は以下の通りです。

  • 10万円以上〜30万円未満:50円
  • 30万円以上〜50万円未満:100円
  • 50万円以上〜100万円未満:200円
  • 100万円以上〜300万円未満:500円
  • 300万円以上:1,000円

対象サービスはこんな感じですね。

  • 他の金融機関へ3万円以上の振込
  • 口座振替して引き落としがある
  • 楽天バンク決済を使う
  • マネーサポート新規登録・他の金融機関を2つ以上登録

全部達成するのは難しいですが、部分的には満たせると思うので、少しでも現金をもらっておきましょう。

振込入金やATMからの入金・口座振替・楽天バンク決済・マネーサポートのところは達成しやすいと思います。

給与振込口座にするなら、他の金融機関に3万円以上振込するのも振込手数料になるので満たしやすいですね。

ちなみに、先ほどのマネーブリッジとあわせて、合計で最大3,000円がもらえますよ!

楽天銀行に口座開設する流れ

これまで紹介したように、楽天銀行に口座開設するなら楽天証券から同時に作ったほうがいいと紹介しましたが、楽天銀行だけ作りたい場合もあるかと思います。

ここからは、楽天銀行の口座開設手順を紹介していきますね。

まずは、楽天銀行のページを開いてください。
▼2つ申込みボタンがありますよね。

もし既に楽天会員になっているのであれば、左側の「口座開設かんたんお申込み」ボタンを押しましょう。

私は既に楽天銀行の口座を持っているのですが、今回はこの記事での説明用に申し込むことにしたので、右側の「楽天会員以外のお客さま 口座開設お申込み」を選びました。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼楽天銀行の申込ページに進むと、名前などの情報を上から順番に入力していきましょう。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼住所の入力は郵便番号を入れると省略できますよ。
このあたりは楽天会員になっていると、既に入力済みになっていて、そもそも入力しなくてもいけるはず。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼ひと通り入力できたら、画面下にある「次へ」ボタンを押しましょう。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼次の画面では、好きなキャッシュカードを選びます。
デビットカードと兼用するか、普通のキャッシュカードにするかを選べますよ。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼個人的には年会費無料のデビットカードを選んでおくのがおすすめです。
パンダデビットかVISAデビットカードが無難だと思います。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼口座の利用目的を聞かれる画面では素直に回答しましょう。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼本人確認のやり方も選びます。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼運転免許証を選んだら、その下に本人確認を提示する方法の選択画面になりましたね。

アプリから送付するほうが簡単ですよ。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

楽天銀行totoも登録できますが、こちらは好み次第でしょうか。
私は興味ないので登録しないことにしました。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼次の画面へ進むと、デビットカードに申込するための情報を入力することになります。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼デビットカード用の暗証番号を入力しましょう。
クレジットカードと同じように4桁ですね。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼次はネットショッピングなどするときの3Dセキュアに対応させるためのパスワードを入力します。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼これまでの入力内容の確認画面が出てきますので、ひと通り目を通しましょう。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼画面の一番下までスクロールすると、メールマガジンの購読についての項目があるので、増えるのが面倒なら「配信を希望しない」を選ぶのがいいですよ。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

▼これで楽天銀行の口座開設の申込ができましたね。
もし、楽天会員ではない場合はこのような画面になるので、このまま「楽天会員リンク登録」を進めましょう。

楽天銀行の口座開設申込のやり方

楽天銀行アプリで本人確認を行う

口座開設手続きができたら、本人確認書類を提出しないといけません。

今は、アプリを使って免許証などの写真をアップするだけでOKなので、いい時代になりましたね。

昔なら、免許証のコピーを取って送る手間がありましたけど、今はコピー代10円すら不要です。これも節約になりますよね。

アプリをインストールして、立ち上げてみましょう。

口座開設申し込みをすると、完了画面に来たあとにメールが届きます。
その内容に以下の内容が書かれていますので、控えておきましょう。

  • お客さまの登録番号
  • お客さまのアクセスキー

アプリを起動すると、以下のような画面になります。一番下の「書類を送る」を押してください。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

申込内容の選択画面が開きますので、4つのうち「口座開設申込」を押しましょう。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

口座開設申込の画面で、先ほど控えておいた登録番号とアクセスキーを使います。ここで入力してください。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

次へ進むと、楽天銀行に送る書類を選択します。私は運転免許証を選びました。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

撮影方法の案内画面が出てきますので、下にある「撮影開始」ボタンを押してください。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

カメラのアクセスを求められるので、OKを押して、身分証明書を撮影しましょう。

楽天銀行口座開設申し込み アプリ画面

あとは、画面の流れに沿って進めば、口座開設手続きが完了します。

お疲れ様でした!

楽天カードも一緒に使うとメリットがある

入手した楽天カード

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にしておくと、大きなメリットが2つありますよ。

  • 楽天市場の買い物で還元率1%アップ
  • 楽天カードから引き落としで毎月3〜9ポイントもらえる

一番わかりやすいメリットは、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしておくことで、楽天市場で買い物したときの還元率が1%アップします。

SPUの特典の1つですね。
私は楽天ゴールドカードを使っていますが、引き落とし口座を楽天銀行にしているので、還元率がいつも1%アップしていますよ。

楽天銀行・楽天カードのSPU

もう1つは地味ですが、楽天カードの引き落としを楽天銀行にしておくことで、ハッピープログラムの対象になります。

会員ステージによって、3〜9ポイントがもらえますよ。
私は常に最上位ランクのスーパーVIPになっているので、毎月確実に9ポイントもらえています。

たった9ポイントと思うかもしれませんが、1年だと108ポイントにもなりますから無視できないです!

このように、楽天銀行と楽天カードを併用するのはメリットがとても大きいですよ。

まだ楽天カードがないのであれば、一緒に作っておくのがおすすめです。
参考:楽天カードを作るにはこちらから

さいごに:口座開設手続きしてみた感想

楽天銀行への口座開設手続きは、すでに楽天会員になっている場合は、入力の手間が省けるので簡単にできるようになっています。

以前に妻の楽天銀行の口座開設したときは、そのおかげか比較的に楽にできましたよ!

このページを参考にして簡単に口座開設していただき、あとは楽天銀行のいいところだけを活用していただければと思います。

楽天銀行は、使いこなせばメリットが多い銀行ですよ。

  • ハッピープログラムで銀行取引ごとにポイントが貯まる
  • 残高によってATM手数料無料回数が0〜7回
  • セブン銀行やゆうちょ銀行ATMでお金を下ろせる
  • 残高によって他行宛振込手数料の無料回数が0〜3回
  • 給与受取だけで他行宛振込手数料が月3回無料
  • 楽天証券とのマネーブリッジ連携で普通預金金利が0.10%に
  • 配当金受取のキャンペーン応募で1件ごとに10円もらえる
  • デビットカードの還元率が1%
  • Pay-easyが使える

何度も言っていますが、楽天銀行に口座開設するときは、楽天証券から進めていくほうがキャンペーンがある分だけお得です!

少しでもポイントなどをもらって有利な状態で口座開設できるようにしましょう。

参考:楽天証券と楽天銀行の同時口座開設手続きはこちらから

口座開設が無事に完了したあとの手続き方法もまとめましたので、よく分からない方は参考にしてください。
参考:楽天銀行のキャッシュカードが到着したので初期設定と初回ログインしてみた

おまけ:関連する記事

このページに関連する記事をまとめましたので、気になるのがあればあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る