楽天銀行・イオン銀行を比較!手数料・住宅ローン・金利面でどっちがいいか徹底解説

松本 博樹の画像

こんにちは!
楽天銀行とイオン銀行の両方の口座を持っている、ノマド的節約術の松本です。

これからネット銀行に口座開設しようと思うときに、楽天銀行イオン銀行のどちらにしようかと迷うことがあるのではないでしょうか。

どちらもメリットがあるものの、決め手がなくどうしようかと思っているかもしれませんね。

    この記事でわかること

  • イオン銀行と楽天銀行はどちらがおすすめなのか・その理由
  • ネットバンク初心者が知っておきたいポイント
  • イオン銀行と楽天銀行に関してよくある質問と回答

この記事では、楽天銀行とイオン銀行の両方の口座を持っている立場から、どちらがおすすめなのかを詳しく紹介していきます。

どっちがおすすめ?楽天銀行とイオン銀行手数料や金利面で比較

参考:楽天銀行を徹底解説した記事はこちら
参考:イオン銀行を徹底解説した記事はこちら

【徹底比較】イオン銀行と楽天銀行はどっちがいい?

ここからは、イオン銀行と楽天銀行のサービス内容について以下の3つの観点から比較して解説します。

    イオン銀行と楽天銀行の比較指標

  • 普通預金金利
  • 振込手数料
  • ATM手数料

それぞれみていきましょう。

楽天銀行とイオン銀行のカンタン比較

まずは、楽天銀行とイオン銀行の違いがぱっと分かるように、比較表を作ってみました。

サービス内容楽天銀行イオン銀行
普通預金金利最大0.10%最大0.10%
定期預金1週間〜1ヶ月〜
振込手数料無料回数0〜5回0〜5回
ATM手数料無料回数0〜7回0〜5回
キャンペーン楽天ポイントがもらえる
詳細記事
WAON POINTがもらえる

このあとで、気になった項目のところでそれぞれの特徴を紹介しつつ、どう選んだらいいかのポイントを説明しますね。

普通預金金利の比較

楽天銀行とイオン銀行の最大のメリットは、どちらの銀行も普通預金金利を一般的な定期預金の金利よりもはるかに高くできること。

楽天銀行は最大で0.10%、イオン銀行は最大で0.10%にできます。

どちらもおすすめなのですが、条件がゆるいのは楽天銀行のほうですね。

楽天銀行で普通預金金利を0.10%にするには、楽天証券の口座開設をしてマネーブリッジという仕組みで楽天銀行と連携することです。

たったこれだけで楽天銀行の普通預金金利が0.10%になるため、とてもカンタンですよ。(口座残高300万円までが0.10%)

私はメインの銀行を楽天銀行にしているため、このおかげで毎回利息がたくさんもらえてます。

楽天銀行の口座を持つなら、楽天証券の口座は必須といえますよ。
両方だと面倒に思うかもしれませんが、両方同時に口座開設できるため手間は省けます。

対してイオン銀行は、0.10%の普通預金金利にするにはなかなかハードルが高いです。

イオン銀行ポイントクラブのステージによって店頭金利から0.10%まで幅があるため、確実な方法はありません。

とはいえ、0.05%の普通預金金利にするには比較的カンタンです。
ただし楽天銀行よりは劣ってしまいますね…。

ちなみにイオン銀行の普通預金金利をもっともカンタンに0.05%にする方法は以下の通り。

    イオン銀行の普通預金金利を0.05%にする方法

  1. イオンカードセレクトを作る(イオン銀行の口座開設)
  2. イオン銀行の投資信託の口座開設
  3. イオン銀行の投資信託を月1,000円積立する
  4. イオン銀行の積立式定期預金を月500円積立する
  5. イオン銀行の外貨預金を1ドルでいいので持っておく

これだけで、イオン銀行ポイントクラブのステージがゴールドになり、普通預金金利が0.10%になりますよ。

普通預金金利の高さで利息が変わってくるため、やっておくのがおすすめ。

イオン銀行の普通預金金利を0.10%にする方法が知りたい場合は、以下のページで詳しく紹介していますよ。そこまで難しくはないです。

振込手数料の比較

普通預金金利の面ではそれぞれ少し差がありましたけど、続いて振込手数料の比較をしてみますね。

楽天銀行とイオン銀行の両方とも、振込手数料の無料回数が0回から複数回に設定されています。

よく銀行を利用している人ほど、他行宛振込手数料も無料にできるようになっているため、使えば使うほどお得になりますよ。

イオン銀行の場合は、普通預金金利が0.10%になっている状態であれば他行宛振込手数料が少なくとも1回は無料にできますね。

楽天銀行の場合も毎月25日時点での残高が10万円以上あれば、それだけで他行宛振込手数料が月1回無料になります。

また、楽天銀行の場合は給与振込口座に指定していると、それだけで月3回も他行宛振込手数料が無料にできますよ。

給与振込口座で月3回無料の楽天銀行のほうが振込手数料の面では優れているように思いますね!

ATM手数料の比較

続いて、銀行を使うのであれば必ず知っておきたいATM手数料についても比較してみます。

ATM手数料に関しても、他行宛振込手数料と同様で銀行の利用状況に応じて無料回数が設定される仕組みです。

楽天銀行の場合は、他行宛振込手数料と同様に毎月25日時点での残高が10万円以上あれば、月1回はATM手数料が無料になります。

300万円以上の残高になれば月7回もATM手数料が無料になって、手数料が必要になることはほぼなくなりますよ。

イオン銀行の場合は、普通預金金利が0.10%以上になれば少なくとも月3回はATM手数料が無料になります。

こちらもイオン銀行ポイントクラブのおかげで以前よりサービス内容がよくなりました。

ATM手数料の無料回数も楽天銀行のほうが多くしやすいですね。

住宅ローンのサービスはイオン銀行のほうがおすすめ

また、楽天銀行とイオン銀行は住宅ローンのサービスも提供しています。

もし、住宅ローンも込みで銀行を比較するのであれば、イオン銀行のほうがおすすめになりますね。

イオン銀行の住宅ローンを使うと、住宅ローンの残高がある限りはイオングループでの買い物が毎日5%割引になるのが大きなメリットです。

また一部繰り上げ返済も手数料無料ですし、住宅ローン金利自体も低めに設定されているため、使いやすいのもあります。

結局イオン銀行と楽天銀行はどちらがおすすめ?

楽天銀行とイオン銀行のサービスはどちらも似ているため、どちらがおすすめなのか迷ってしまいますよね。

普通預金金利にこだわるのであれば、気軽に0.10%にできる楽天銀行のほうがいいですし、イオングループのお店を普段から使っているのであれば、イオン銀行のほうがおすすめです。

どちらか一方だけがおすすめというわけではなく、ライフスタイルによっておすすめが変わりますよ。

私はどちらの銀行口座も持っていますが、メインで楽天銀行を使っていることもあり、楽天銀行の使用頻度が高いです。

個人的には、楽天ポイントのほうが使い道が多い分だけ楽天銀行のほうがいいかなとは思います!

普通預金金利が0.10%にできてかつ近くにイオングループのお店があるなら、イオン銀行で決まりですね!

このような選び方でいいと思いますよ。
どちらもいいところ取りしたいのであれば、使い分けするのもアリです。ただ管理の手間はかかりますよ。

参考:楽天証券と楽天銀行を同時に口座開設する
参考:イオン銀行の口座開設はこちらから

【初心者向け】ネット銀行で押さえておきたいポイント

楽天銀行・イオン銀行などのネット銀行を利用するにあたって、必ず知っておきたいポイントをまとめてみました。

「ネット銀行についての知識が不足しているな…」と感じる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ネット銀行のメリット・デメリットは?

ネット銀行のメリットは主に以下の4つが挙げられます。

・基本的に全ての操作がネット上で完結できるので便利
・手数料が無料、または安く抑えることができる
・普通預金などで金利が高く設定されているのでお得
・ネット通販でのポイントが高い

ネット銀行のデメリットは主に以下の3つです。

・実店舗がないため対面サービスを受けられない
・パスワードなどが自己管理のため個人情報が流出するリスクがある
・一般の銀行と違ってネットワーク障害時に利用できない

ネット上で使えて便利であったり、一般の銀行に比べてお得になる場面が多いなどのメリットがある一方で、ネット上ならではの個人情報やインターネット環境などのリスクがデメリットとして挙げられます。

ネット銀行の最大手は?

TesTee(テスティー)の調べによりますと、ネット銀行の利用者の割合は以下のようになりました(2019年3月時点)。

1位:楽天銀行(37.4%)

2位:ゆうちょダイレクト(35.6%)

3位:三菱東京UFJダイレクト(22.7%)

利用者の数でみると楽天銀行が最も多くなっています。

貯金するならどこの銀行がおすすめ?

貯金をするのであれば、普通預金金利が簡単に0.10%にできる楽天銀行がおすすめです。

楽天証券と同時に口座開設をしてマネーブリッジも併せて利用することで他にも便利なことがたくさんあるので、貯金以外で考えても楽天銀行は利用して損はないですよ。

イオン銀行についてよくある質問

イオン銀行に関してよくある質問をまとめてみましたよ。

どれも大事な情報なので、イオン銀行に興味がある方は参考にしてください。

イオン銀行で口座開設する手順は?

イオン銀行の口座開設をしたいのであれば、イオンカードセレクトのクレジットカードを作る必要があります。

クレジットカードと銀行口座が1つになっているということですね。

イオン銀行の口座開設の手順を簡潔に説明すると以下のようになります。

  1. イオンカードセレクトの申込みページを開く。
  2. 「今すぐ申し込み」をクリックし、カードのデザインを選択する。
  3. 2択の質問や免許証について回答する。
  4. 規約を確認し、同意する。
  5. 個人情報を入力し、カードの暗証番号を登録する。
  6. リボ払いの金額を設定する。
  7. イオンカードセレクトの受け取り方法を選択する。
  8. 入力した情報を確認し、確定する。
  9. 数日後に届く書類を記入し、返送する。
  10. 1ヶ月ほどでカードが届き、利用が可能になる。

イオン銀行の提携銀行はどこですか?

みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友三井住友銀行をはじめとして、日本全国の銀行ATMと提携していますよ。

イオン銀行から楽天銀行に入金する方法はありますか?

イオン銀行の口座をお持ちであれば、イオン銀行のATMから直接楽天銀行に現金振込をすることが可能です。

操作方法は通常のATM振込のやり方と同じです。

楽天銀行についてよくある質問

楽天銀行に関してよくある質問をまとめました。

楽天銀行をこれから使おうと考えている人は、とくに参考にしてください。

楽天銀行で口座開設する手順は?

楽天銀行の口座開設の手順を簡潔に説明すると以下のようになります。

  1. 楽天銀行のページを開き、「口座開設かんたん申し込み」をクリックする。
  2. お客さま情報(名前や住所)を入力する。
  3. キャッシュカードの機能の種類を選ぶ。
  4. 本人確認の手段を選ぶ。
  5. カードの暗証番号などを入力する。
  6. 内容を確認して申込完了ボタンを押す。
  7. 手続き完了後に本人確認書類をアプリ上で提出して口座開設が完了。

楽天銀行の振込は何円単位からできますか?

楽天銀行の振込は1,000円単位から可能です。

一方で、振込限度額については個人口座では上限はありません。

楽天銀行の入金をイオン銀行でするやり方は?

楽天銀行の入金は、イオン銀行のATMでもすることができます。

引き出し・預け入れ・残高照会など全て対応しています。

おまけ:銀行比較の記事

ノマド的節約術では、他にもいろいろな銀行の使いやすさを比較しています。
気になったらあわせてチェックしてみてくださいね。