大和ネクスト銀行の特徴や手数料を払わないお得な使い方の完全ガイド。他行宛振込手数料が3回無料がすごい!

スポンサーリンク

銀行口座をいくつか持っていると気になるのが、それぞれの口座の使い分けと、それぞれの口座での資金移動です。

自分の口座なのに、資金を移動させる時にお金を掛けてしまうのはいやですよね。

大和ネクスト銀行であれば、他行宛振込手数料が3回無料になるし、本人名義の他の銀行への振込は回数制限なく無料になるというサービスがあります。

銀行に余計な手数料を払わずとも使えるようになるので、余計な手数料を払ってしまっている方はおすすめですよ。

大和ネクスト銀行

このページでは、大和ネクスト銀行について説明していきますが、他の銀行とも比較したいなら、以下のページもおすすめです!

口座開設は大和証券と同時に行わないといけない

大和ネクスト銀行は、口座開設する際に証券会社の大和証券と同時に申込する必要があります。

大和ネクスト銀行だけ口座開設するってことができないんですよね。

私も大和ネクスト銀行の口座を持っていますが、その時も大和証券と同時に口座開設しましたよ。

大和証券の口座も作ることになりますが、大和証券の取引は別にしなくても問題ありません。私自身もまだ大和証券で取引したことがないですし。

もちろん、口座開設するだけならお金は一切掛かりません。無料ですよ。

大和ネクスト銀行の認証カード

振込手数料は月3回まで無料なのがうれしい!

大和ネクスト銀行が一番優れているのは、他行宛振込手数料が月3回まで無料になること。

これは住信SBIネット銀行と全く同じですね。

家賃の振込やヤフオクで商品を落札した時の支払いの負担を少しでも減らすためにも、他行宛振込手数料無料を活用しましょう。

住信SBIネット銀行と合わせて口座を持つことで、月6回まで他行宛振込手数料が無料にできますね。

振込回数が多い方は複数の銀行口座を使い分けるのも1つの手です。

あと、楽天銀行への振込も手数料無料ですので安心してくださいね。

もちろん、大和ネクスト銀行同士での振込であれば、回数に関係なく手数料無料ですよ。

本人名義なら振込手数料0円

大和ネクスト銀行の振込がより便利なのは、他の銀行の自分の口座であれば、回数に関係なく手数料無料で振込できるところです。

大和ネクスト銀行から他の銀行にお金を移動させておく用事ができた時にも、お金を掛けなくて済むのがありがたいですね。

自分の口座間で資金移動する方法って、意外と気をつかうところですが、大和ネクスト銀行なら気にせず手数料無料で使えます。

他には証券会社を使って資金移動する方法もありますね。

でも、こんなややこしいことするよりも大和ネクスト銀行を使えば一発で解決しますよ!

ATM手数料は平日お昼のセブン銀行ATMなら無料

大和ネクスト銀行自体はATMが使えませんが、大和証券ならATMを使っての入出金ができます。

セブン銀行ATMであれば、平日・土曜日の19:00〜21:00以外の出金が手数料無料で使えますよ。

仕事帰りにお金を下ろそうと思う時だけは注意が必要です。あと、日曜日・祝日は使えませんので、お金を下ろす場合は平日もしくは土曜日にしておきましょう。

通常の手数料は108円です。

他のメガバンクATMでも出金ができますけど、その時も108円の手数料が掛かります。

ATMを使う場合は、セブン銀行ATMだけを使うようにしてくださいね。

ATMに入れるカードは、口座開設したあとに届くダイワカードです。

大和ネクスト銀行 大和カード

普通預金の金利は他の銀行と同じ水準

大和ネクスト銀行のサービスが始まった時は、普通預金の金利が0.12%で、これはすごいと個人的に盛り上がったものです。

そんな熱気は今や昔で、今は普通預金の金利も他のネット銀行と同じ水準になってしまいました。

普段預ける先として特に優遇はありません。

普通預金0.005%

定期預金の金利はそこそこ

大和ネクスト銀行の定期預金の金利は、他のネットバンクと比べると高めになっています。

また、1,000万円以上預けているとプレミアムサービスを受けられるようになるので、優遇サービスとして金利が高くなりますよ。

ただ、1,000万円以上預けるとペイオフの関係で不安がありますので、資金があったとしても預けることはおすすめしません。

定期預金は最低10万円以上から預け入れ可能です。

2017年12月14日現在

預入期間1万円以上1000万円以上3000万円以上5000万円以上
1ヶ月0.080%0.080%0.080%0.080%
3ヶ月0.100%0.100%0.100%0.100%
6ヶ月0.100%0.100%0.100%0.100%
1年0.100%0.100%0.100%0.100%
2年0.100%0.100%0.100%0.100%
3年0.100%0.100%0.100%0.100%
5年0.100%0.100%0.100%0.100%

銀行ごとの定期預金の金利を比較してみる

会社員がボーナスをもらえる時期になると、キャンペーン金利になることもありますので、チェックしておきましょう。

要点のまとめ

ここまで大和ネクスト銀行について説明してきましたが、おさえておきたい要点をまとめました。

  • 他行宛振込手数料が3回まで無料
  • 本人名義の口座への振込は回数制限なく無料
  • セブン銀行ATMで19:00〜21:00以外は無料でお金を下ろせる
  • 大和証券と合わせて口座開設

大和ネクスト銀行は、大和証券と合わせて口座開設するという、ちょっと他の銀行とは違う感覚になりますが、一度口座開設してしまえば、あとは普通のネット銀行と同じような感じで使えます。

他行宛振込手数料が3回無料になるのは、やっぱりうれしいですね。

あと本人名義の口座に振り込む時も無料なのが、他にはないサービスで使えます。

おまけ:他の銀行と比較される方へ

他の銀行と比較される方は気になる銀行の説明をチェックしてみてください。

銀行の手数料や利息ごとに比較もしています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る