朝日信用金庫東京下町ネット支店のメリット・デメリット・お得な使い方まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ネット銀行に詳しい、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

今はネット専業銀行だけでなく、普通の銀行や信用金庫でもインターネットバンキングがあります。

そんな中で注目したいのが、朝日信用金庫 東京下町ネット支店という信用金庫のインターネットバンキングです。

特に定期預金の部分で知っておくとお得になることがありますよ。

このページでは、より朝日信用金庫 東京下町ネット支店をお得に使えるように知っておきたいことをまとめて紹介していきますね。

朝日信用金庫東京下町ネット支店のメリット・デメリット

ATMの手数料は朝日信用金庫ATMだと無料

朝日信用金庫 東京下町ネット支店に限らず、銀行を使うときに気になるのがATMの手数料ではないでしょうか。

お金を預けても、いつでも気軽に下ろせないと使いにくいですよね。

朝日信用金庫 東京下町ネット支店のATM手数料は、朝日信用金庫を使った場合は時間帯に関係なく無料です。

問題はそれ以外の銀行や信用金庫を使った場合ですね。

他の信用金庫を使った場合、平日の8:45〜18:00と土曜日の9:00〜14:00だと手数料無料で使えますよ。

それ以外の金融機関の場合、平日の8:45〜18:00は税込108円、それ以外の時間帯や曜日はすべて税込216円の手数料がかかります。

ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、ビューアルッテも使えますが、いずれも手数料が必要になるため、使うのはおすすめしません。

振込手数料は基本的に無料にできない

ATM手数料と並んで、朝日信用金庫 東京下町ネット支店を使う上で気になるのが振込手数料だと思います。

ATM手数料に関してはまだ無料にできる方法がありましたが、振込手数料に関しては無料にできないと思っておきましょう。

朝日信用金庫 東京下町ネット支店の振込手数料が無料にできるのは、朝日信用金庫同士での振込の場合だけです。

他行宛振込手数料は必ず有料になります。

あとで紹介する定期預金を使ったあと、満期が来たあとに銀行にお金を戻すときに振込しようと思っても、手数料がかかるともったいないですよね。

この対策方法としては、例えば住信SBIネット銀行定額自動入金サービスを使うのがおすすめです。

手数料無料で住信SBIネット銀行に入金できるため、余計なお金を使わずに済みますよ。

高金利も!定期預金の種類について

朝日信用金庫 東京下町ネット支店は、定期預金をするときにおすすめの銀行となります。

その理由は、時期によって金利が高い定期預金があるからです。

まずは朝日信用金庫 東京下町ネット支店でどんな定期預金があるのかを一覧にしてみました。

  • (おすすめ)東京下町特別金利定期預金
  • 親子パンダ定期預金
  • 朝日WEBダイレクト定期商品

一番上の東京下町特別金利定期預金がおすすめですが、ここからは1つ1つの定期預金について紹介しますね。

東京下町特別金利定期預金

東京下町特別金利定期預金は、名前の通り特別な金利で預けられる定期預金です。

例えば2018年6月18日〜9月30日の定期預金金利は、6ヶ月ものが税引前で0.30%もの金利となっています。

マイナス金利の時代にも関わらず、なかなかの高金利定期預金ですよ。

ただし、満期が来たときは元利金継続となっていますので、一度満期が来たときの金利がどうなっているのかをしっかり確認しておく必要があります。

もし低くなってしまっているのであれば、2回目になった定期預金は解約してしまうのも1つの手ですよ。

普段は、楽天証券マネーブリッジで紐づけた楽天銀行か、Myステージランクを上げた状態のイオン銀行に預けておくのがおすすめです。

その場合、普通預金金利が0.10%になりますからね。

また、他行宛振込手数料が無料になるサービスも活用して、東京下町特別金利定期預金の金利がいいときにすぐ振り込んで定期預金を始められるのもいいところです。

参考:朝日信用金庫 東京下町ネット支店の定期預金を始めるにはこちらから

ボーナス時期の定期預金をチェックしたい場合は以下のページもチェックしてみましょう。

参考:夏のボーナス定期預金金利
参考:冬のボーナス定期預金金利

親子パンダ定期預金

朝日信用金庫 東京下町ネット支店では、他にも「親子パンダ定期預金」という商品もあります。

こちらは1年で税引前0.10%の金利の定期預金です。
東京下町特別金利定期預金と比較すると金利は低いですね。

親子パンダ定期預金の特徴は、契約金額の0.01%相当額がジャイアントパンダ保護サポート基金に寄付されること。

寄付されるというと、自己負担になるような印象があるかもしれませんが、この心配はなくて、朝日信用金庫 東京下町ネット支店側が負担してくれますよ。

朝日WEBダイレクト定期商品

もう1つの定期預金が「朝日WEBダイレクト定期商品」になります。
こちらはインターネット限定の定期預金ですね。

ただ、上2つの定期預金と比較すると金利が低いため、特別使う理由はないかと思います。

先ほども紹介したマネーブリッジを使った状態の楽天銀行の普通預金金利のほうが高いですよ。

投資信託の取扱もあります

また、朝日信用金庫 東京下町ネット支店では、投資信託の取扱もあります。

2018年6月時点では66件の取扱があったため、今後も増えていくものと思われますよ。

ただ、投資信託を選ぶときに気をつけておきたいのが、購入手数料と信託報酬のことです。

購入手数料が必要になる投資信託はおすすめできませんので、基本的には購入手数料が0円のいわゆるノーロードと呼ばれている投資信託だけを選ぶようにしましょう。

購入手数料が無料のところを選ぶのは、手数料での損失が大きくなるため、プラスにするには手数料以上のパフォーマンスがないといけないからです。

つみたてNISAにも対応

また、朝日信用金庫 東京下町ネット支店は2018年から始まったつみたてNISAにも対応しています。

選択肢はそこまで多くないですが、信託報酬が低く長期投資におすすめなものが揃っていますよ。

対象となっている投資信託は以下の通りです。

  • たわらノーロード日経225
  • たわらノーロードTOPIX
  • たわらノーロード先進国株式
  • たわらノーロード先進国株式≪為替ヘッジあり≫
  • たわらノーロード新興国株式
  • たわらノーロードバランス(8資産均等型)

人気のたわらノーロードシリーズが使えるのは魅力的ですね。

ただ、他の証券会社や銀行でもつみたてNISAに対応しているところはあるため、もしこの機会につみたてNISAも検討しているのであれば、比較してからのほうがいいですよ。

さいごに

朝日信用金庫 東京下町ネット支店を普通に使うと、ATM手数料や振込手数料のことが気になりますが、定期預金金利の面だけ見るとすごくお得になります。

満期が来て利息をもらったあとは手数料がかからないように元の銀行に戻すなどすれば、いいとこ取りだけできますよ。

ボーナスでたくさんお金が入ってきたときの運用先に困っているのであれば、朝日信用金庫 東京下町ネット支店は候補の1つに入る銀行です。

参考:朝日信用金庫の東京下町ネット支店を使うにはこちらから

おまけ:他の銀行と比較したい方へ

他の銀行でもっといいのはないのかな?

そう思われた方に向けて、比較できるようにそれぞれの銀行について詳しく説明しています。

あと、もろもろの手数料や金利で比較されたい方は、以下のページを読むと銀行ごとの手数料がよく分かります。

余計なことにお金を使いたくないなら、ぜひチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る