ビューアルッテの使い方を徹底解説!ATM手数料・設置場所・使える時間まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
普段は神戸に住んでいる、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

東京に来て電車移動していると、たいていどこの駅でも普段見慣れないATMを見かけます。

東京に住んでいる方であれば当たり前のようにあるものだと思いますが、地方出身者には新鮮でした。

そのATMが「ビューアルッテ(VIEW ALTTE)」という端末です。
青が目印で、いたるところで見かけます。

このビューアルッテ、ATMだけでなくSuicaへのチャージや設定などいろいろな方法で使えるのが特徴です。

実際にビューアルッテを使う機会がありましたので、そのときの手順も交えつつ、ビューアルッテの使い方を詳しく紹介していきますね。

ビューアルッテの使い方 ATM手数料

ビューアルッテの機能一覧

まず気になるのが、ビューアルッテにはどんな機能があるのかではないでしょうか。

一覧で使い方をまとめてみました。

  • オートチャージ設定・変更・停止
  • Suicaへのチャージ
  • ポイントでSuicaにチャージ
  • ビックポイントをSuicaにチャージ(ビックカメラSuicaカードのみ)
  • JALマイルをSuicaにチャージ(JALカードSuicaのみ)
  • ATM出金
  • ビューカード代金の支払い
  • リボ払いの繰り上げ返済

改めて見ると、たくさんのサービスがありますね。
ビューカードならではのサービスが多いのがビューアルッテの特徴です。

いろいろと使い方があるので、私自身もこの機会に改めて知ることができました。

ここからは、1つ1つの機能について詳しく見ていきますね。

ビューアルッテ

オートチャージ設定・変更・停止ができる

一部のビューカードでは、クレジットカードとSuicaが一体型になっていてオートチャージにも対応しています。

オートチャージの金額を設定したり変更したりするのにビューアルッテが使えますよ。

また、ビューカードを解約する場合は、オートチャージを停止する手続きも必要です。

いずれにしても、最初の画面で「オートチャージ設定」を選べばいいですよ。

オートチャージ設定

ビューカードからSuicaへのチャージができる

ビューアルッテでは、手持ちのビューカードからクレジットカード決済でSuicaにチャージができます。

ビューアルッテが使える時間帯であればいつでもチャージできますよ。
その際に、ビューカードの暗証番号を入力しないといけません。

チャージできる金額は以下の通り。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

Suicaは20,000円までしかチャージできないため、そこを超えない金額ならチャージ可能です。

JRE POINTからSuicaにチャージする手順

ビューアルッテでは、貯めたJRE POINTをSuicaにチャージすることもできます。

この使い方は実際にビューアルッテの端末を操作してみましたので、詳しいやり方を紹介しますね。

▼ビューアルッテの端末の前に立つと、以下のような画面になります。
左側のボタンを押してください。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼次の画面を開いたら「JRE POINTによるチャージ」を選びましょう。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼次は、チャージしたいSuicaのカードを入れましょう。
Suicaと一体型になっているクレジットカードでも大丈夫ですよ。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼カード差込口にSuicaのカードを入れます。
今回は手持ちのビックカメラSuicaカードを入れました。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼ビューカードを入れた場合は、暗証番号を聞かれるので4桁の番号を入力してくださいね。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼暗証番号を入力したら、JRE POINTとの紐付けを読み取れますので、Suicaにチャージしたい金額を入力しましょう。

1円からチャージできますよ。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼今回は100円チャージすることにしました。
問題なければ、右下にある「確認」ボタンを押しましょう。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼確認画面が出てきますので、これで問題なければまたまた右下にある「確認」ボタンを押してください。

この時点でSuicaの残高確認もできますよ。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼取引が完了すると、今回の内容が一覧で表示されます。
チャージ金額、ポイントの残高が出てきますね。

この取引の明細を発行するのであれば、左下のボタンを押しましょう。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼Suicaカードと明細票が出てきますので、受け取りましょう。

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼これでJRE POINTからSuicaにチャージする手順は完了ですね!

ビューアルッテでポイント交換してSuicaにチャージする手順

▼明細票はこちら。
ちゃんと100円チャージしているのが書かれていますね。

ビューアルッテでSuica残高確認

ちなみに、JRE POINTからSuicaへのチャージは、ビューアルッテを使わずにウェブサイト経由でも手続きできますよ。

そのやり方は以下のページで詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

ビックポイントをSuicaにチャージできる

使っているビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードを持っている方限定になりますが、ビックカメラのポイントであるビックポイントをSuicaにチャージすることもできます。

一見うれしいサービスのように思えますが、ポイント交換レートが良くないのがデメリットですね。

1,500ポイントが1,000円分としてチャージできるため、3分の2のレートまで下がっています。

ただ、ビックカメラを使う予定がまったくないという場合は、そのままポイントを持っていても意味がないので、Suicaに交換して有効活用するのはいい使い方だと思いますよ。

JALマイルをSuicaにチャージできる

JALカードSuicaを持っている方限定になりますが、JALマイルをSuicaにチャージすることもできます。

1マイル1円からチャージできてお得なように思えますが、1マイル1円というのは安いのでこれまたおすすめの方法ではありません。

過去JALマイルを国内線の特典航空券に交換したときは、1マイル4円になったことがあったので、それを思うと安いですよね。

マイルの有効期限が切れてしまいそうで、特典航空券に交換する予定もない場合にだけ使える方法です。

ビューアルッテはATMとしても使える

ビューアルッテはいくつかの銀行口座に対応していて、対応している口座があればお金を下ろせます。

提携している銀行は以下の通り。

この中でATM手数料無料で使える可能性があるのは、楽天銀行・住信SBIネット銀行・新生銀行だけですね。

新生銀行は、ステージがゴールド以上なら何回でも手数料無料ですよ。

ほかだと、横浜銀行ときらぼし銀行が平日の8:45〜18:00は手数料無料でお金を下ろせます。

それ以外の銀行だと、時間内は110円、時間外は220円の出金手数料が必要です。ATMにお金を使うのはもったいなく感じてしまいますね。

札幌・名古屋・福岡にもビューアルッテがあります

基本的にはJR東日本エリアにしかないビューアルッテですが、一部違うエリアにも広がっていますよ。

札幌・新千歳空港・函館・名古屋・福岡天神にもビューアルッテがあります。

ビューカードはSuicaと一体型なら、JR東日本以外の地域でも持っておく価値があるクレジットカードになるため、このように他の地域にもあるとJRE POINTをSuicaにチャージできるから便利ですよね。

東京ならではのサービスという感じ

とはいえ、ビューアルッテはやっぱり東京ならではのサービスという感じがします。
電車が動いている時間はビューアルッテも使える仕組みです。

電車と生活に関するサービスが密着していて、普段は神戸にいるとこの感じが新鮮に思いますよ。

さいごに

ビューアルッテはSuicaへのチャージはもちろん、ポイント交換やATMとしても使えてとても便利です。

特にビューカードを使っているのであれば、ビューアルッテのお世話になることが1回は出てくると思います。

そのときに有効活用できるように、このページをまた参考にしていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る