500円玉貯金を成功させた3つのコツとは?飽き性でも無理せず1年間で10万円貯金できた

スポンサーリンク

おそらく誰もが一度は、「500円玉貯金」にチャレンジしたことがあることでしょう。

ただし、「手軽そうだから」と始めたのはいいけれど、飽きてしまって、「そういえば、いつの間にかやめていた」「途中で500円玉を取り出して使ってしまった」などなど……。

挫折経験や失敗談もあるのでは?

そこで今回は、500円玉貯金にまつわる情報をピックアップ。
飽き性でも、無理なく500円玉貯金を成功させるコツを、3つ紹介いたします。

これは実際に、私が試した方法ばかり。

「まったく節約していないから、せめて500円玉貯金ぐらいは……」と始めた500円玉貯金。
最初はなかなか続きませんでした。

でも、ちょっとずつ工夫&改良を重ねることで、無理なく続けられるように。

その結果、今では1年間に10万円は楽に貯められるようになりました

それでは、「飽き性でも、無理なく500円玉を成功させる3つのコツ」をみていきましょう。

飽き性でも無理せず1年間で10万円を貯める「500円玉貯金」を成功させた3つのコツとは?

コツ1:「お気に入りの柄・素材&開けられる箱」を選ぶべし!

500円玉貯金をするとき、どんな貯金箱を使っていますか?

おそらく多くの方が選ぶのが、「〇〇万円貯まる」と書かれた、ブリキ缶タイプのものですよね。はい、私もそうでした。

いかにも「目標を達成するぞー!」という雰囲気が出ていて、500円玉貯金が成功しそうだなと思ったんです。

これだけ世に出回っているのですから、おそらくすぐれた商品なのでしょう。
でも、私の場合はどうもうまくいきませんでした。

その理由を分析すると、以下のようなことがでてきます。

  • 無機質な感じが、いかにも「節約感」を醸し出していて、だんだん気が滅入ってくる
  • 中身が見えず、どれだけ貯まっているか分からないので、モチベーションが保てない

もちろんそれぞれ性格が違うので、全員に当てはまるとは言えません。

でも、思い当たるフシはありませんか?

もし「あ、そうかも!」と思うなら、コツ1が役に立つはず。

私と同じように「部屋の雰囲気にもしっくりなじみ、なおかつ、その都度開けて中身を確認できる箱」を用意しましょう。

私の場合は、友だちからもらった和菓子の箱を使用中。
入っていたのは、「糊こぼし」という生菓子なんですが、ご存じでしょうか?

奈良のお水取りのときだけ販売されるらしく、生菓子もパッケージも椿のモチーフ。

モダンと伝統が混じった雰囲気が気に入って、以来ずっと使っています。

500円貯金に使っている糊こぼし

もう5年以上使っているから、ちょっとボロボロ気味……。

でも、愛着がわいているので、変えられなくて。
むしろ貯金箱が愛しいなと思えます。
だから、自然と貯金箱を開けて500円玉貯金をしたくなるんですよ。

あとは、「その都度開けられる」というのもポイント。

「10万円貯めよう!」と思っても、それなりの長丁場。10万円貯めきらないと達成感が得られないとなれば、モチベーションも続かないというものです。

でも、フタを簡単に開けられる箱を使っていれば、常にビジュアルでどれぐらい貯まっているか確認できます。

たまに数えてみて「あ、もう5万円も貯まった!」なんて風に確認すると、意外とやる気が増しますよ。

まとめるなら、「純粋に置き物としても愛せるような、なおかつフタを開けられる箱を選ぶべし!」です。

500円貯金を確認する様子

コツ2:買い物を「いかに500円玉をもらうか?」のゲームにするべし!

500円玉貯金を成功させるもう一つのコツは、買い物を「いかに500円玉をもらうか?」のゲームにしてしまうということです。

買い物をしてお金を出すとき、極力500円玉をおつりにもらえるよう、支払いをしましょう。

シンプルな例でいうと、「600円です」と言われて「ま、1,000円出しておけばいいか」ではダメ。

もし100円玉があるなら、1,100円出しましょう。
100円玉1枚をプラスする」というひと手間が、500円玉を増やしてくれますよ。

ちょっと上級技を紹介しますね!レジで「620円です」と言われたとします。
1,120円渡せば、500円のおつりですね。

でもあいにく、100円はあるけど10円玉がないし、50円玉もない……。
そんなときは、100円玉が2枚あるなら、1,200円を出してください。

すると、「1,200 – 620 = 580」となり、500円玉が返ってくるんです。

この計算の考え方としては、「620円だから、本当は1,120円出したいな。

でも、20円がない……。ってことは、位を一つ上げて、100円をプラスしておこう」という感じです。慣れると簡単にできるので、ぜひお試しください。

さらに慣れると、1,378円の会計に1,933円を出して、「555円のおつり」をもらうこともできるようになります。これが意外と楽しい!

上級技の出し方をすると、レジの方が「え?なんか間違ってない?なに、この金額……」と、けげんな顔をするんです。

で、いざ計算してみると、レジスターに「555円」という表示が!結構驚いた顔をしてもらえるので、そんな瞬間も楽しかったりします。

ぜひゲーム感覚で、「いかに500円玉をもらうか?」を実践してみてくださいね!

500円を積み重ねることで、どんどん大きな額になってきますよ。

コツ3:帰宅後すぐ500円玉貯金箱に入れるべし!

500円玉貯金を成功させる三つめのコツは、「帰宅したら、その手で500円玉貯金箱に入れる」ということです。

500円玉って大きいし重たいので、財布に入っているのを見ると、つい使ってしまいたくなります。

だから帰ったら即、500円玉貯金箱に入れてしまいましょう。

そのためにも私は、財布の置き場所の隣に500円玉貯金箱を置いています。

帰宅したらまずは500円を入れて、そのまま財布を置いておく。
この流れが定着すれば、忘れることなく500円玉を貯めることができます。

そうそう!
もちろん買い物中は、「いったんお財布に入った500円玉は使わない!」を徹底してくださいね。

重たいので、思わず使ってしまいたくなりますが、ぐっとガマン!
3~4枚貯まったものを、帰宅後にまとめて入れるときの充実感には、結構ハマリますよ!

ぜひ、帰宅したらその手で500円玉貯金箱に!
その繰り返しが、500円玉貯金を成功に導いてくれます。

1年で10万円はハードルが高い?
いえ、「1週間たったの5枚」でOKです

今回「500円玉貯金を成功させるコツ」として紹介したのは、簡単なものばかり。

でもすべて、どうにも続かなかった私が、無理なく500円玉貯金ができるようになった工夫ばかりでもあります。

ちなみに私は、いまでは「1年間で10万円」を楽にクリアできるようになりました。

特にコツ2の「ゲーム感覚で」が楽しくて、ますますペースアップしている感じなんですよ。

今回の貯金は、半年もあれば10万円貯まりそうな勢いです。

この方法だと気持ちに負担感もないですし、むしろ買い物の楽しみも増えるんですよ!

もしかすると、これまで500円玉貯金がうまくいかなかったのなら、「1年間で10万円」というと、ハードルが高く思えるかもしれませんね。でも、全然そんなことはありません!

1年で10万円貯めるということは、かなりざっくり計算すると、1ヶ月で1万円

厳密にいうと、1ヶ月で8,333円貯めることができれば、ペースとしてはOKです。

分かりやすく「1ヶ月1万円」として、計算を続けましょう。
1ヶ月単位にすると、500円玉を20枚集めれば、年間10万円貯まります。
一週間に直せば、たったの5枚。

買い物のたびにゲーム感覚で500円玉を集めて、即500円玉貯金箱に入れたら、簡単に貯まると思いませんか?

500円玉貯金は「なかったもの扱い」に!
ご褒美買いに使いましょう

あ、そうそう!
大事なことをもう一つお伝えします。

貯めたお金は、「最初からなかったもの」として扱いましょう

「欲しいなとは思うけど、他のものを優先して買うべきかな……」と考えて、買い物をためらうもの、後まわしにしているものってないですか?

ぜひ500円玉貯金が貯まったら、そういうものを買いましょう!

私もこれまで、「定番ものじゃないから、一年に一度着るかどうかかな。でも、かわいいからほしいな」と思っていた約10万円のワンピースを買ったりしました。

他には、「まだいまのパソコンも十分使えるんだけど、今度出た薄型のパソコンほしいな。持ち歩きに便利そうだな」と思ったパソコンを買いましたよ。

最初からなかったもの」と思うと、無理なく使えますし、買い物の満足度もアップします。

ということは、500円玉貯金を続けるモチベーションにもつながるんです。
意外とこのモチベーションこそが、「500円玉貯金を成功させるコツ」なのかもしれませんね!

さいごに

「飽き性で、500円玉貯金が続かない」「節約していないので、せめて500円玉貯金だけでも」という場合は、ぜひ今回紹介した「500円玉を成功させる3つのコツ」を試してみてくださいね。

普段、浪費してしまっているなぁ・・・と思うのであれば、500円玉貯金で少しずつ貯金する感覚をつかむのはおすすめですよ。

おまけ:節約して貯金を増やしたい方へ

お金をついつい使ってしまう・・・という方は、こちらもどうぞ。

500円玉貯金以外の方法でも貯金を増やしていきたいなら、以下のページは必見です!

もっと節約したい、貯金や収入も増やしたいという方は、あとで以下のページもどうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山上 さくら

節約初心者のWEBライター/夫と子ども2人の4人暮らし。

自分の収入は好きに使えることもあり、とにかくどんぶり勘定。「使いたいとき」に「使いたいだけ」使い、なんとなく貯めているタイプ。

無駄が多いことを自覚しつつも、対策せず……なズボラぶりにケリをつけるべく、2015年からは節約を心がけることに。

記事では、「ストレスフリーな節約術」を実践&紹介。仕事を持つ母として、時間の有効活用も考えます!

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!