三井住友銀行のメリット・デメリット・ATMや振込手数料を安くするお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
銀行口座の活用方法に詳しい、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

家の近所に三井住友銀行があることで、これから三井住友銀行を使っていこうと思うことがあるかもしれませんね。

また、既に三井住友銀行を使っていたとしても、どう使っていけばよりお得になるのかも気になるのではないでしょうか。

そこでこのページでは、何気なく使ってしまいがちな三井住友銀行について、お得な使い方などを詳しく紹介していきますね。

三井住友銀行のメリット・デメリット

三井住友銀行のATM手数料を安くする使い方

もし三井住友銀行を使うことになった場合に、一番気になるのはATM手数料ではないでしょうか。

預けたお金を下ろすことは日常的にあることですし、そのときの手数料を無料にしたり安くしたりする方法をしっておけば節約になりますよね。

ちなみに、三井住友銀行のATM手数料は使うATMによって異なります。

三井住友銀行ATM・関西アーバン銀行ATM・みなと銀行ATM・大阪府警察信用組合ATM・三重銀行ATM・名古屋銀行ATMの場合は、平日8:45〜18:00だけがATM手数料無料になり、あとの曜日と時間帯は110円必要です。

それ以外のATMで三井住友銀行のお金が下ろせるところは、全時間帯で110円ずつプラスになります。110〜220円ということですね。

このように、普通に三井住友銀行を使っているだけだと、平日しか手数料無料にする方法がありません。

ATM手数料を無料にする方法

三井住友VISA SMBC CARDもしくはSMBC JCB CARDを持っているだけで、三井住友銀行ATMの時間外手数料が無料になります。

また、条件を満たしているとコンビニATMの手数料と時間外手数料が月3回まで無料になりますよ。

カードを毎月使っている実績があるだけで、条件を満たせるので比較的簡単です。

三井住友銀行をメインに使うのであれば、これらのクレジットカードのどちらかを使っているとお得だと思います。

三井住友銀行の振込手数料を安くする方法

ATM手数料と並んで気になるのが振込手数料だと思います。

他の銀行に振込する機会があるときの手数料を少しでも安くできたらうれしいですよね。

三井住友銀行の振込手数料は、窓口・ATM・SMBCダイレクトといった振込方法によって手数料が異なります。

窓口が一番手数料が高くなっていますよ。

SMBCダイレクトを使えば振込手数料を節約できる

三井住友銀行から振込するのであれば、インターネットバンキングのSMBCダイレクトを使うようにしましょう。

SMBCダイレクトを使うだけで振込手数料が節約できますよ!

三井住友銀行同士での振込の場合は、SMBCダイレクトを使っていれば無料になります。

三井住友銀行では、他行宛振込手数料を無料にする方法は残念ながらありません。

もし、他行宛振込手数料を無料にしたいのであれば、ネット銀行を使うのがおすすめです。

ちなみに、SMBCポイントを使えば振込手数料を無料にすることもできますが、他の用途に使うほうがおすすめなので、無理に使わなくてもいいと思います。

自分の銀行口座へ振り込む場合は定額自動入金を使うのもおすすめ

三井住友銀行から自分が持っている他の銀行口座に振込したいときもあると思います。

そのときに使いたいのが定額自動入金サービスです。
これを使えば手数料無料で資金移動できますよ。

例えば、住信SBIネット銀行では定額自動入金のサービスがあり、こちらを使えば三井住友銀行に預けているお金を手数料無料で送金できますよ。

給料の振込で三井住友銀行を使っているけど、会社の事情で変更できない場合に定額自動入金サービスを使えば、お金をかけずに他の銀行に送金できます。

FX口座や証券口座を介する方法もおすすめ

これは裏ワザみたいな方法ですが、知ってるとお得な方法です。

三井住友銀行とは別にFX口座もしくは証券会社の口座を作って、作った口座に三井住友銀行から入金するようにしたあと、出金するときは別の銀行口座にするという方法もありますよ。

これもSMBCダイレクトが使えるようになってないとできないですけどね。

回りくどいやり方ではありますが、確実に手数料を無料にできます。

スポンサーリンク

普通預金金利と定期預金金利には期待できない

三井住友銀行の口座を作ったら、基本的に普通預金を使うことになります。

銀行に預けていると利息がつくのも1つの特徴です。

ただ、三井住友銀行の普通預金金利は0.001%とほとんど期待できない金利となっているため、利息はあってないようなものと思うぐらいでちょうどいいと思います。

普通預金金利と同じく、定期預金金利にもほとんど期待はできません。

定期預金金利はどの期間で預けても0.01%となっているため、無理に使わなくてもいいと思います。

定期預金に関しては、ボーナス時期になるといろいろな銀行でキャンペーン金利になっているため、そういうところを使ってお金を増やしていくのがいいですよ。

参考:夏のボーナス定期預金金利
参考:冬のボーナス定期預金金利

ちなみに普通預金金利が高いところにこだわるのであれば、楽天銀行GMOあおぞらネット銀行が候補になりますよ。

外貨両替ができる

三井住友銀行は店舗がたくさんあるのが大きなメリットの1つです。

それによって、ネット銀行にはできない外貨両替に対応していますよ。

三井住友銀行では、米ドルの両替のみ対応しています。
他の通貨に対応していませんので、もし他の通貨に外貨両替するときはSMBC信託銀行を使うか、他の方法を使いましょう。

三井住友銀行だと気軽に外貨両替できますが、その分どうしても手数料は高くなってしまいます。

もし、外貨両替の手数料をとことんまで安くしたいのであれば、FXのマネーパートナーズを使うなどの方法を利用してみましょう。

三井住友銀行の窓口を使わずに両替したいのであれば、外貨を代引きで届けてもらうことも可能です。

33種類の外貨に対応しているのが利用者としてはありがたいですね。

クレジットカードと併用でお得に

三井住友銀行を使うときは、三井住友銀行とあわせて使うことで特典があるクレジットカードを使うのがおすすめです。

先ほども紹介しましたが、以下のクレジットカードを使うことで三井住友銀行ATMの時間外手数料が0円・条件を満たしたらコンビニATMの時間外手数料が0円になります。

  • 三井住友VISA SMBC CARDクラシック
  • 三井住友VISA SMBC CARDプライムゴールド
  • 三井住友VISA SMBC CARDゴールド
  • SMBC JCB CARDクラシック
  • SMBC JCB CARDゴールド

ATM手数料を無料にすることだけにこだわるのなら、年会費が安くなるクレジットカードを使ったほうがいいですよ。

三井住友VISA SMBC CARDクラシックは年に1回でも使えば翌年度の年会費が無料になります。初年度も無料のため、ずっと年会費無料で使えますね。

ちなみに、三井住友銀行の口座開設とクレジットカードの発行は同時にできますよ。

もし手続きが面倒で両方一気にやってしまいたいなら、申込にかける時間を半分にできます。

デビットカードの「SMBCキャッシュ+デビット」を使える

三井住友銀行では、デビットカード「SMBCキャッシュ+デビット」にも対応しています。

SMBCキャッシュ+デビットを使うための年会費や入会費は無料ですよ!

SMBCキャッシュ+デビットを使えば、カード払いしたときに三井住友銀行の口座から即時引き落としされるようになっています。

そのため、わざわざATMでお金を下ろす必要もなくなって、ATM手数料の節約にもつながりますよ。

iD払いや、タッチ決済のVISA payWaveにも対応しているため、これらを使えば現金払いよりも時間短縮になって一石二鳥です。

SMBC日興証券との連携「バンク&トレード」が使える

もし、三井住友銀行をメインに使っていて、かつ今後は投資信託などをやっていこうと思っているのであれば、同じグループのSMBC日興証券を使うことを検討してみるのがいいですよ。

SMBC日興証券では、三井住友銀行と口座連携できる「バンク&トレード」というサービスがあり、資金移動が即時にできたり、SMBC日興証券の手数料が割引できたりします。

例えば三井住友銀行で給与受け取りしていて、一部のお金を投資にまわしていこうと思っているのであればうってつけですよ。

参考:SMBC日興証券を使うにはこちらから

スポンサーリンク

三井住友銀行は宝くじの購入に使える

三井住友銀行のSMBCダイレクトを使っていると、ロトやナンバーズなどの宝くじを購入できます。

購入できる宝くじの一覧は以下の通り。

これらの宝くじが買えるのは便利ですが、そもそも宝くじにお金を使うこと自体おすすめできないので、他のことにお金を使っていくほうがいいですよ。

口座開設の流れ

もし、三井住友銀行に口座開設してみようと思ったときに、どうやって手続きすればいいのかが気になるかもしれませんね。

三井住友銀行のお店に行けば、口座開設はいつでも引き受けていますよ。

私も過去に三井住友銀行に口座開設したときはお店からでした。

ただ、お店の場合はあいてる時間が短いので、わざわざ時間を確保するのが面倒ではないでしょうか。

今はインターネットからも三井住友銀行に口座開設できますので、忙しくてお店に行く時間がない場合はネットからがおすすめです。

さいごに

メガバンクの三井住友銀行、普通に使っているといろいろと手数料がかかってしまいがちですが、使い方を工夫することで手数料を節約する方法がありますね。

インターネットバンキングのSMBCダイレクトを使うことや、クレジットカードを併用することでATM手数料や振込手数料を節約できるため、ムダ使いを減らせるように活用していきましょう。

参考:三井住友銀行のページはこちらから

おまけ:他の銀行と比較したい方へ

他のネット銀行のことも知りたい場合は、比較できるようにそれぞれの銀行について詳しく説明しています。

銀行をでよく使うサービスごとに比較できるようにページを用意しました。
手数料はかけず、金利は高い方がいいですよね^^

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る