楽天証券で毎日積立するやり方・ハッピープログラムでポイントを貯める方法を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
楽天証券の投資信託を使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

楽天証券投資信託を買っていこうと思ったときに、毎日積立ができないだろうかと思うことはないでしょうか。

私も長年投資信託を積立しているので、毎月よりも毎日積立できるほうがうれしいなと思っています。

楽天証券では、つみたてNISAを使っているときに限って毎日積立ができます。

また、楽天証券で毎日積立することで、楽天スーパーポイントを貯める方法もありますよ。

このページでは、そんな楽天証券の毎日積立について詳しく紹介していきますね。

楽天証券で毎日積立・ハッピープログラムでのポイントの貯め方を解説

つみたてNISAとハッピープログラムの併用で楽天スーパーポイントを貯める方法

楽天証券で毎日積立すると、楽天スーパーポイントを貯める方法があるといいましたが、まずはここから紹介していきます。

楽天スーパーポイントを貯めるには、まず以下のことをしておかないといけません。

なぜ楽天証券で投資信託を毎日積立することでポイントが貯まるかというと、楽天銀行のハッピープログラムの仕組みがあるからです。

楽天証券の残高が0円の場合は、楽天銀行から楽天証券に入金して投資信託を買い付けすることになります。

その「楽天銀行から楽天証券への(自動)入金」がハッピープログラムの対象になっていて、1回あたり1〜3ポイント貯まるんですよね。

1回あたりのポイント数は、楽天銀行の会員ステージによって異なります。

以前はこの方法で毎日楽天スーパーポイントを貯めることができましたが、今は月に3回までとなってしまいました。そのため、最大で月に9ポイントですね。

とはいえ、単純につみたてNISAで投資信託を積み立てるだけで楽天スーパーポイントがもらえるのはお得でしかありません。

これをやるために、まずは楽天証券と楽天銀行の口座を作っておきましょう。

2つの口座は同時に作れますので、一緒に作っておくと手間が省けてラクですよ!

参考:楽天証券と楽天銀行の口座を一緒に作るにはこちらから

1日100円の投資信託を設定しておくとポイント獲得効率がいい

楽天スーパーポイントを一番効率よく貯めるのであれば、1日100円積立する投資信託を設定しておくことです。

その理由は、「楽天銀行から楽天証券への(自動)入金」によってもらえる楽天スーパーポイントの数は同じですからね。

これをやっておけば、毎日100円積立しながら月に3〜9ポイントは確実に入ってきます。

営業日が23日あったとして、月に2,300円積立したとすると、9ポイントもらった場合は約0.3%の還元を受けているようなものです。

楽天市場で買い物するなら、SPUのために月500円の投資信託を積立しておこう

楽天証券のポイント投資 SPU

もし、楽天市場でもよく買い物しているのであれば、1日100円の積立とはまた別に、月に1回500円を積立する投資信託を設定しておくのがおすすめですよ。

その理由は、楽天市場で買い物したときにポイント還元率が1%上がるからです。

SPUの条件で、楽天証券でポイント投資をしたときは1%ポイントアップします。

私は毎月積立しているので、この条件を満たして、いつも楽天市場で1%アップの恩恵を受けていますよ!

楽天証券で毎日積立する設定方法

ここからは、楽天証券で毎日積立する方法を紹介していきますね。

投資信託を毎日積立するように設定していきます。

楽天証券にログインしたあとは「投信」→「積立注文」→「つみたてNISAから探す」でページ移動するとつみたてNISAの対象になっている投資信託の一覧が表示されますよ。

▼ここから買いたい投資信託でつみたてNISA購入しましょう。

楽天証券の積立NISA

▼投資信託の詳細を開くと、そこでもつみたてNISAへの注文ボタンがありますよ。

楽天証券 積立NISAの注文

▼今回は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を買う手順で試してみますね。

「積立注文」のボタンを押しましょう。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼注文画面に移動すると、まずは引落方法を選びます。 今回は、毎日100円積立してポイントを貯める方法を実践したいので、「証券口座」を選びました。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼「金額・分配金コースの設定」で金額を入力します。 ここで100円を入力しておきました。

分配金コースは「再投資型」を選んでおけばいいですよ。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼ポイント利用設定状況のところで、楽天スーパーポイントを使うかどうかを選べます。

手続きするのであれば「設定する」ボタンを押します。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼ポイント利用設定画面で「利用する」を選べば、ポイント利用方法を下で選びましょう。

毎日の上限ポイントも設定できますよ。

100円積立しますが、最低でも1円は現金で買うようにして、楽天銀行から引き落としになるようにしたかったので、1日最大99ポイントにしておきました。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼ポイント設定が終わり、前の画面に戻ったら「目論見書の確認へ」ボタンを押すと、以下のような画面になります。

未閲覧の場合は「目論見書等を閲覧する」ボタンを押しましょう。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼目論見書が表示されるので、ひと通り目を通して下にある「閉じる」ボタンを押します。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼また前の画面に戻ると、目論見書が閲覧済みになっています。 次に進むには「注文内容確認へ」を押しましょう。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼これまでの入力内容が表示されますので、間違いがないかチェックしてくださいね。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼ひと通り目を通したら、最後に取引暗証番号を入力して、下にある「注文する」ボタンを押しましょう。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼これで楽天証券でつみたてNISAを使った積立設定が完了しました!

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼積立設定の履歴を見ると、ちゃんと反映されていますね。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

▼楽天証券に残高がないこともあわせて確認しておきました。

これで、自動入出金(スイープ)のサービスを使って毎日楽天銀行から引き落としされるようになっています。

楽天証券のつみたてNISAで1日100円積立をする手順

毎日積立はいつからできる?

楽天証券で毎日積立しようと思ったときに、そもそもいつからできるのかが気になるかもしれませんね。

楽天証券で投資信託を買うのはいつでもできるようになっていて、楽天証券で毎日積立するときも同様にいつからでもできますよ。

思い立ってすぐに毎日積立してみようと思ったときが始めどきになります。

土日は毎日積立の対象外

楽天証券で毎日積立をしていこうと思ったときに、土日祝日に積立できるのかが気になるかと思います。

これは残高ながらできません。

土日祝日は市場があいていないため、投資信託も動きがないからですね。

楽天証券で毎日積立の設定をしたら、平日にしか買い付けされないと覚えておくと、余計な心配をしなくて済みますよ。

特定口座だと毎日積立ができない

今のところ、楽天証券で毎日積立ができるのはつみたてNISAを使っているときだけです。

特定口座の場合は毎日積立ができません。

もしかしたらいずれは毎日積立に対応するかもしれませんので、もし他の証券会社でつみたてNISAを使っているとしても、ひとまず楽天証券の口座を作っておき、サービス開始まで待っておくのもいいですよ。

さいごに

このような手順でやっていけば、楽天証券で投資信託を毎日積立できます。

毎日積立できるだけでも資産運用するにはおすすめなのに、しかも楽天スーパーポイントまで貯まるなんてお得でしかありません!

もし、楽天証券でつみたてNISAを使って投資信託を積立していくのであれば、やらない理由がないぐらいお得ですよ。

これからつみたてNISAを始めるなら、この方法で楽天証券を使っていきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る