d払いにdカード紐付けする方法・ポイント二重取りの支払い方法を徹底解説

スポンサーリンク

現金やクレジットカードを持たず、スマホの画面を見せるだけで決済できるd払いは、とても便利なサービスですよね。

dアカウントさえ作っていれば、誰でも使うことができます。

また、支払方法をクレジットカードにしておくと、ポイントがついてお得です。
とくに相性の良いdカードを使うことがおススメ!

なぜかといえば、dポイントの二重取りができるからです。
ポイントの還元率は、1.5%~2%にもなりますよ。

でも初めてd払いdカードdカード GOLDを紐づけようとした場合、どうやっていいのかわからないもの。

このページでは、d払いへdカードを紐づける方法、実際の支払いやポイントの二重取りができるかなど、気になることを詳しく紹介していきますね。

d払いにdカードを紐付けする方法・ポイントを二重取りする方法

d払いとは?

d払いは、携帯電話でおなじみのdocomoが提供する決済サービスです。
スマホ1台で楽々と買い物ができる点がいいですよね。

たとえば小さなこどもを抱っこしまま、片手でd払いすることだってできます!

▼d払いについては、以下のページがより詳しいですよ。参考にしてみてくださいね。

d払いにdカードを紐づける方法

d払いの便利さがわかったあとは、使いたくなってきます。
便利さと同時に、お得感も味わいたければ支払方法にdカードdカード GOLDを紐づけてみましょう。

目指せポイントの二重取りです!

紐づける前に、とても大切な点がひとつ。
支払方法としてクレジットカードを利用するするためには、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定が必要です。

まだ設定していない場合は、以下のページから設定してくださいね。

参考:dカードの3Dセキュアを登録するページ(Member’s ID登録)

では早速、d払いにdカードを紐づける方法を紹介します。
▼画面左上にある三本線を押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】画面左上の三本線

▼すると、横からメニューが出てくるので、今度は「設定」を押します。

【d払いにdカードを紐づける】メニューの設定

▼設定画面に移動しました。
「お支払い設定」の項目にある、「お支払い方法」を押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】お支払い方法

▼僕の場合ですが、docomo契約者なので最初から3つの支払方法が表示されました。

支払方法表示されいる理由
電話料金合算払いdocomo契約者のため
dカードdアカウントにdカードを紐づいているため
JCBカード(楽天カード)docomoの携帯料金支払いに利用しているため

【d払いにdカードを紐づける】お支払い方法の変更

この場合「dカード」を選べばよいのですが、dカード自体の表示がない場合を考え、ひとまず「クレジットカードを登録」する流れを紹介しますね。

▼「クレジットカードを登録する」を押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】クレジットカードを登録

▼クレジットカード登録の画面に移動しました。

【d払いにdカードを紐づける】クレジットカード登録

▼以下の情報を入力して、登録のボタンを押しましょう。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

【d払いにdカードを紐づける】クレジットカード登録

▼登録が完了しました。チェックボックスにチェックを入れ、画面下側にある「次へ」のボタンを押します。

【d払いにdカードを紐づける】登録したクレジットカードを選ぶ

▼本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワード入力画面に移動しました。
パスワード欄に本人認証のパスワードを入力して、「送信」ボタンを押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】本人認証のパスワードを入力

▼登録が完了すると「設定」の画面に戻ります。お支払い方法のところが、「dカード」になっていますよね!

【d払いにdカードを紐づける】支払方法がdカードに変わった

▼念のため「お支払い方法の変更」画面をもう一度確認すると、dカードのチェックボックスにチェックがキチンと入っていました。

【d払いにdカードを紐づける】支払方法がdカードに変わった

僕のように、もともとdカードが表示されていた場合でも、同じ登録の流れになりますよ。

docomoを新規契約後は2~3ヶ月程度利用できない

d払いはともて便利なので、すぐにでも使いたいと思いますよね。
でも1つ注意点があります。

docomoの携帯電話を新規契約したあとにd払いを使い始めようとすると、2~3ヶ月ほど利用ができません

その理由は、携帯電話料金の支払い実績をdocomoが確認しているためです。

▼僕の場合、新規契約をしてから1ヶ月後に、d払いへdカードを紐づけようとしましたが、登録できませんでした。

【d払いにdカードを紐づける】クレジットカードの本人認証に失敗しました

▼d払いを起動してすぐの画面にも、「お客様のご契約内容、ご利用状況またはお支払い状況により、当サービスをご利用になれません」と出ていますね。

【d払いにdカードを紐づける】お客様のご契約内容、ご利用状況またはお支払い状況により、当サービスをご利用になれません。

解決策としては、待つのみです。
また、支払い実績を確認しているため、docomoの月々の支払いを滞らせないよう注意しておきましょうね。

▼それから約1ヶ月後にdocomo側の支払い実績確認が完了すると、バーコードとQRコードが出てきましたよ。

【d払いにdカードを紐づける】バーコードとQRコードが出てきた

とくにメールなどでのお知らせはないので、ちょくちょくd払いのアプリを確認しましょう。

docomo契約者の場合はspモードで接続して設定が必須

2019年1月22日よりd払いアプリ設定時の認証強化が行われ、docomo契約者がd払いアプリを設定する場合、spモードでの接続が必須になりました。

▼ちなみにspモードとは、以下のようなことです。

「spモード」は、より便利に、安心してスマートフォンをご利用いただくためのスマートフォン向けプロバイダ(ISP)です。
引用元:docomo:spモード

つまり、docomo契約者の場合はdocomoのSIMカードを入れたスマホでしか、d払いアプリの設定が行えない、ということ。

普通にdocomo契約のスマホを利用している場合、問題無さそうですよね。

▼でも僕のように、以下のような契約状態だったらどうでしょうか。

  • 契約者:パパンダ
  • 使用者:妻

d払いを使いたい対象が「契約者(パパンダ)」だった場合、アプリをダウンロードして設定する必要がありますよね。

でも、僕はUQ mobileを普段使いしています。

この場合の解決策としては僕(契約者)のスマホに、いったんdocomoのSIMカードを差し込んでから、設定する必要がありますよ。

少し面倒ですが、どうしても使いたい場合は仕方がありません。

dカードが紐づけられない原因と対処法

dカードを紐づけようと思っても、できないことだってありますよね。
▼原因として考えられるのは以下のとおりです。

  1. docomo新規契約者だった
  2. 本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がされていない

▼対処法は以下のとおり。

  1. docomo新規契約者の場合は、2~3ヶ月後に登録をする
  2. 本人認証サービス(3Dセキュア)の設定をする

とても単純なことですね。

d払いに紐づけたdカードで支払う方法

d払いにdカードを紐づけたからといって、支払方法が変わるわけではありません。
お店とオンラインショップでの支払方法を紹介しますね。

お店でd払いする方法

初めて利用するとき、緊張してしまいそうですが、簡単なので安心してください。

▼お店でd払いするときの流れは以下のとおりです。

  1. 会計時に「d払いで」とレジの店員さんに伝える
  2. d払いアプリを開いてバーコード画面を提示する
  3. レジで読み取ってもらうと支払い完了

▼支払いが完了すると、決済情報がスマートフォンに表示されますよ。

ローソンでd払い 決済通知

▼docomo契約者の場合は、d払いメニューの「ご利用履歴」を押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】d払いのメニュー:ご利用履歴

▼docomoの「ご利用明細」ページに移動します。

【d払いにdカードを紐づける】docomoの「ご利用明細」のページに移動する

▼画面を下に移動させると「その他お支払い方法」が見えてきました。
dカードを紐づけたd払いの場合、ここに明細が載ります。
「ご利用履歴」のボタンを押しましょう。

【d払いにdカードを紐づける】「その他お支払い方法」の「ご利用履歴」を押す

▼「ご利用履歴」の画面に移動しました。d払いの履歴が確認できますね。
「詳細」ボタンを押してみましょう。

【d払いにdカードを紐づける】d払いの履歴

▼「詳細内容」の画面に移動したあと、少し画面を下に移動させると、「dカード」で決済されていることもわかります!

【d払いにdカードを紐づける】d払いの履歴の詳細ボタンを押すと詳細が見られる

▼実際にファミリーマートでd払いしたときのレシートがこちら。ちゃんとd払いとして処理されていますね。

【d払いにdカードを紐づける】ファミリーマートで実際にd払いしたレシート

▼ちなみに、d払いをする前にTポイントカードを提示して、Tポイントもゲットしました!
細かいことですが、他のポイントも二重取りすることができますよ。

【d払いにdカードを紐づける】d払いの前にTポイントカードを提示しTポイントももらう

重要なことは、200円の買い物につきdポイントが1ポイント付与になることです。
▼100円の買い物をd払いで行っても、何もポイントがつきません!

【d払いにdカードを紐づける】100円ではポイント付与無し

オンラインショップでd払いする方法

お店では、スマホに表示したバーコードを見せて決済しましたが、オンラインショップではその方法ではありません。

▼オンラインショップなど、ネットでd払いするときの流れは以下のとおりです。

  1. オンラインショップで買い物をする
  2. 支払い方法で「d払い」を選ぶ
  3. 4桁のパスワードを入力する
  4. 決済完了

たとえば、Amazonなどでは事前に利用設定が必要
一度設定をしておけば、あとはいつでも支払い方法でd払いが選べます。

▼購入時の「お支払い方法を選択」画面で、「docomo(個人用)」を選べばOKです。

【d払いにdカードを紐づける】Amazonでd払いを使う

▼ただし、Amazonのd払いを利用すると「電話料金合算払い」となり、紐づけたdカード支払いにはなりません。

【d払いにdカードを紐づける】電話料金合算払い

▼試しに、他のオンラインショップ「Creema」でも注文してみました。
何もしなければ「電話料金合算払い」となります。

【d払いにdカードを紐づける】Creemaも「電話料金合算払い」になる

▼「決済詳細」を押し、「お支払い方法選択」でdカードを選べは、dカード決済となります!

【d払いにdカードを紐づける】支払い方法をdカードに変える

【d払いにdカードを紐づける】支払い方法をdカードに変える

dポイントが二重取りできた証拠

買い物をしたあとは、ポイントの付与が待ち遠しいですよね。
しかも二重取りできているのか、気になります。

▼まずは、d払いをしたときの付与ポイントを確認することができました!

【d払いにdカードを紐づける】d払い使用によりdポイント付与

Amazonでの買い物分もポイントが付与されていますが、こちらは電話料金合算払いなので、dカード支払いのポイントはつきません。

▼こちらは、dカード請求分に対してのdポイント付与です。

【d払いにdカードを紐づける】dカード請求時のdポイント付与

一番上の利用分と、一番下の利用分は見事に二重取りができていますね!

真ん中の利用分は、d払いで100円を会計したときのもの。

【d払いにdカードを紐づける】100円ではポイント付与無し

d払い時にはdポイントの付与はありませんでしたが、dカードの請求になるときは100円につき1ポイントの付与があります。

おわりに

d払いにdカードを紐付ける方法自体は、とても簡単です。

少し面倒なのは、僕のようにdocomo契約者だけど、docomoスマホの使用者ではない場合。
それ以外は、普通にd払いのアプリをダウンロードして設定するだけなんですよね。

スマホ決済であるd払いは、レジで財布から現金を取り出すこともなく、あっという間に終わります。

それに加えてd払いでのdポイント付与、紐付けたdカードでさらにdポイントが付与されるだなんて、お得以外のなにものでもないですね!

便利なサービスをもっとお得に使っていきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る