dカードの解約手順まとめ。実際にやってみたのでやり方をメモ

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ドコモでお得に使えるクレジットカードの「dカード」を使わなくなりましたので、解約することにしました。

クレジットカードの解約となるとややこしそうな感じがしますが、実際にやってみるとそこまで難しくなく解約できちゃいましたよ。

dカード解約の手順がどんな感じだったのかを残しておきますので、今後解約するときの参考になればと思います。

dカードの解約手順

dカードを解約する流れ

dカードの解約は、電話からしかできません。
電話番号は公式サイトに書かれていますので、そちらを参考にしてくださいね。

ということで早速、解約するために電話してみました。

混雑状況によっては、オペレーターさんにつながるまで時間がかかります。
今回はお昼の12時台にかけたこともあり、つながるまでに3〜5分ぐらいかかりました。

電話がつながったら、解約したいことを伝えて、まずは本人確認からになります。

続いて、カード番号16桁を聞かれますので、周りに聞こえないところで回答しましょう。

すると、オペレーターさんから解約にあたって4点確認があるとのこと。以下の質問がありました。

  • 生年月日
  • dカード有効期限
  • 住所を都道府県名から
  • 電話番号

ここまで答えたら解約手続きを進めてもらえます。

その後、カード解約理由について聞かれますが、単純に「使わなくなったから」と伝えておきましょう。

使わなくなった以外に解約する理由ってないかと思いますので。

電話中にオペレーターさんが解約手続きしてくれますので、あとでdカードにハサミを入れて処分しておきましょう。

これでdカードの解約が完了です。
長くみて10分もあれば全部終わりますよ。

カードからの引き落としがある場合は注意

もし、dカードを良く使っていて口座引き落としがある場合は、解約してしまうと引き落としできなくなるので、変更手続きを忘れないようにしましょう。

それさえやっておけば、あとは何も気にすることはありませんよ。

他にいいカードを探してみよう

dカードもいいクレジットカードではあるんですが、生活スタイルの都合で合わないこともありますよね。

クレジットカードは、他にもいいのがたくさんありますので、自分に合ったカードを探してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る