クレジットカード海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違いは?キャッシュレス型保険と立て替え型保険の違いも経験者が徹底解説

スポンサーリンク

クレジットカードに海外旅行保険が付いているって知っていましたか?

あまり知られていないことですが、特定のクレジットカードには90日間の海外旅行保険が付いています。

クレジットカードを海外に持っていくことで、無料で病院に行くことができるんです。

海外旅行保険が付いているクレジットカードには、自動付帯利用付帯キャッシュレス型保険立て替え型保険という2種類ずつの機能があって、大きく使い勝手が違ってくるんですね。

万一、海外で病気になってしまった時に、一切お金を支払わず受診できる方が安心ですよね。そんなクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

ここでは、あまり知られていない自動付帯と利用付帯、キャッシュレス型保険と立て替え型保険の機能とはどんなものかを実体験を元に詳しく紹介していきますね。

海外に住んでいるぼくが便利だと思う、海外旅行保険があるおすすめのクレジットカードも紹介します。

クレジットカードの自動付帯・利用付帯

クレジットカードの自動付帯保険と利用付帯保険の違いとは?

クレジットカードについてくる海外旅行保険には自動付帯利用付帯という2種類の機能があります。

自動付帯とは、クレジットカードを持って海外に行くだけで、海外旅行保険を使えるようになる機能を持っているクレジットカードです。

クレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行保険が適用されるので、自動付帯という名称がついています。

逆に、クレジットカードを持っているだけでは、海外旅行保険が適用されないカードも存在します。

それが利用付帯と呼ばれているクレジットカードの海外旅行保険機能です。

利用付帯のクレジットカードで海外旅行保険を使うためには、特定の条件を満たさないと海外旅行保険を使えないので注意してください。

利用付帯のカードで海外旅行保険を適用させるためには、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • パッケージツアーの海外旅行を利用付帯のクレジットカードを使って決済する
  • 家から日本国内を出るまでの間に、公共交通機関の料金を利用付帯のクレジットカードで支払う

いずれかの方法を満たすことで、利用付帯のクレジットカードで海外旅行保険を使うことができます。

利用付帯のクレジットカードの大き過ぎるデメリット

自動付帯と利用付帯の違いがわかった。だから利用付帯のクレジットカードを使う時は、海外旅行保険の適用条件を満たすように気をつければいいんだね

ここまで読んで、そう感じられたかもしれません。

しかしちょっと待ってください!
両方を使ったことがあるぼくとしては、利用付帯のクレジットカードで海外旅行保険を使うのはおすすめできません

利用付帯のクレジットカードは、カード会社によって適用条件が違うので、利用者の勘違いを生みやすいからです。

場合によっては、日本を出る前に利用付帯のクレジットカードを使ったけれど、現地でカード会社に問い合わせたら海外旅行保険を使うことができなかったという事態が発生しかねません。

この条件が非常に細かく、航空券、バス、タクシー、電車、電車の回数券などはオッケーですが、レンタカー、高速道路代、空港の駐車場などはダメなので、利用付帯の海外旅行保険を適用させるためには非常に苦労します。

カード会社によって利用付帯の適用条件も違いますので、その適用条件を確認するのも手間です。

ぼくはオーストラリアにいた時、現地で病気になって海外旅行保険を使おうと思って楽天カードのデスクに確認したら・・・

航空券を楽天カードで買ったという条件だと、利用付帯にはならないので海外旅行保険の適用は認められない

と断られた過去があります。

今、楽天カードのホームページで利用付帯を確認すると、航空券の購入は認められているはずなのですが、なぜかぼくが現地から電話した時は楽天のデスクの人から「適用できない」と言われてしまいました。

ぼくのように現地で病気やトラブルが起きてから「利用付帯のクレジットカード保険を使えるか?」とサポートデスクに質問するのは、断られる可能性があります。

利用付帯のクレジットカードは海外旅行保険が付いていますが、安心感は気休め程度にしかならないでしょう。

それなら、クレジットカードを海外に持っているだけで使える自動付帯のクレジットカードを持っていったほうが、はるかに安心できます。

自動付帯保険のメリット・デメリットについて

ここからは、自動付帯のクレジットカードのメリットとデメリットをみていきましょう。

自動付帯のクレジットカードのメリットは、自動付帯のクレジットカードを海外旅行に持っていくだけで、海外旅行保険を使えることです。

説明すると普通に感じるのですが、実際に利用付帯のクレジットカードを使ったあとに、自動付帯のクレジットカードを使うと、「こんなに便利なのか!」と驚いてしまいます。

自動付帯のデメリットも考えてみましたが・・・・
特に見当たらないんですよね。

強いてデメリットを挙げると、楽天カードなどの利用付帯のクレジットカードのほうが作りやすい感覚はあります。

ですが、自動付帯のクレジットカードの入会ハードルが高すぎるわけでもありません。

どちらにしろ、クレジットカードは海外に持っていきますし、それならば自動付帯のクレジットカードのほうが圧倒的にお得です。

海外旅行保険がついているクレジットカードが欲しければ、自動付帯機能のクレジットカードを最初に選んでみてください。

キャッシュレス型保険の特徴と説明

海外旅行保険を基準に選ぶ時に、もう1つ大切になるサービスの違いが、キャッシュレス型保険立て替え型保険です。

キャッシュレス型保険とは、海外の病院で支払いをする必要のない保険サービスです。

病院から直接、保険会社に費用の請求が行くので、自分では支払わなくても大丈夫ですよ。

キャッシュレス型保険と反対の仕組みが立て替え型保険です。

海外の病院にかかった時の費用を全部自分が現地通貨で支払い、後日帰国した時に保険会社に対して自分で立て替えた分の料金を請求します。

立て替え型保険の大き過ぎるデメリットは一時負担が大きすぎる

立て替え型保険は、デメリットが大きすぎるのでぼくは絶対におすすめできません。

なぜなら、保険なしでの病院の治療代は数万、数十万円かかるからです。

普段日本で病院にかかると気づきにくいのですが、病院での会計時に見る請求額は本来の金額から70%減額された料金なんです。

国民健康保険証などの保険証を出すことで、国に70%負担してもらっているんですね。

病院に行った時に保険証がなかったら、3,000円支払えば済むところが10,000円の治療費が請求されます。

シドニータウンホールクリッニック入り口

現にぼくはオーストラリアで腹痛になって病院に行ったところ、立て替え型保険の海外旅行保険を使っていたので、病院の窓口で100豪ドル、薬代として20豪ドル支払いました。

合計で当時のレート換算で120豪ドル (当時のレート換算で約12,600円)だったので、腹痛だけで約12,600円も支払うのはキツかったです。

しかしこれは軽い症状の治療費!
仮にアメリカで盲腸になって手術を受ければ、治療費は2ケタほど増えてしまいます。

AIU保険調べ 各国の盲腸手術費
AIU保険が載せているデータ

AIU保険が載せているデータを参考にすると、アメリカのニューヨークで2泊3日の盲腸の手術を受けると、216万円かかります。

立て替えというレベルの金額ではありません・・・。
一時的とはいえ、216万円の手術費を自腹で立て替えるのはキツいですよね。

こういったことにならないためにも、海外旅行保険を使うなら、キャッシュレス型保険を使うべきだと思います。

過去の経験からも、キャッシュレス型の方が助かってたでしょうね。

キャッシュレス型海外旅行保険のメリット・デメリットについて

では、キャッシュレス型保険機能がついているクレジットカードのメリット・デメリットは何があるのでしょうか?

キャッシュレス型の海外旅行保険のメリットは、病院で治療費を支払わなくていいことです。

逆に立て替え型の海外旅行保険を使って、アメリカで手術を受けた場合、数百万円の治療費を請求されるので、ぼくは立て替え型保険はアジア諸国などの治療費のかかる場所以外は使わないほうがいいと感じます。

立て替え型保険は、帰国後にクレジットカード会社に書類を申請するので、書類が足りていなかった場合「今回の立て替えの治療費は書類が充分でないので出せません」と断られる可能性もあります。

帰国後に海外の病院側に資料を請求しようとしても、旅行した国の言葉か英語で交渉しないといけないので、必要以上の負担がかかって大変です。

キャッシュレス型の海外旅行保険のデメリットは、特に見当たりません・・・。

カードによっては審査の難易度が変わるかもしれないですが、それぐらいしか気になるところはありません。

一般的なカードであれば、ゴールドカードやプラチナカードより審査基準は低くなりますので、そこまで気にすることでもないと思います。

海外在住者おすすめの自動付帯・キャッシュレス型保険対応クレジットカード5選

クレジットカードに付いている海外旅行保険を選ぶ時は「自動付帯」かつ「キャッシュレス型保険」のカードを選ぶべき!ということを強調してきました。

ここからは、両方の機能がついている年会費永年無料のクレジットカードを5枚選んだので紹介していきますね。

実はあまり知られていませんが、クレジットカードの海外旅行保険は複数のカードを持つことで、一部の保険金を合算することができます。

ケガや病気など、盗難などの補償金額は複数毎持てば合計が可能なので、1枚と言わずに複数枚持つのがおすすめですよ。

エポスカード

エポスカード

「海外旅行保険が付いているクレジットカードで、一番オススメのカードは何?」

そう聞かれたら、ぼくは真っ先にマルイの発行しているエポスカードをおすすめします。

年会費無料のクレジットカード海外旅行保険の中で、一番ケガや病気の手厚い補償額を誇るからなんです。

死亡保険金と後遺症保険の金額が少ないですが、その分海外旅行で頻繁に遭う病気やケガ、盗難などの保証を手厚くしています。

その上で海外旅行保険の自動付帯機能とキャッシュレス保険機能まで付いてくるのですから、非の打ち所がありません。

またクレジットカードは通常審査から発行まで1週間ほどかかりますが、マルイのエポスカードは即日発行が可能になっています。

ネットでエポスカードの申し込みをし、審査が通ったらマルイの店舗で受け取れるのは本当にすごいと思います。

ぼくの場合はネットで午前9時くらいに申し込み、午後3時には審査が通ったので、その後マルイの店舗に行けば、すぐに受け取れましたよ。

海外旅行の前日に「やっぱり海外旅行保険に入っておきたい!」と考えるなら、保険会社の海外旅行保険に数千〜数万円支払うより、年会費が永年無料のエポスカードに入会するほうがお得ですよ。

また、エポスカードは両替する時にも役立ちます。
海外だと現金両替よりクレジットカードで海外キャッシングした方が安いんです。

初回は利息も取られないので、まだ作っていない人は海外旅行保険と両替の両面で節約できるのでおすすめです。

REX CARD Lite(レックスカードライト)

Rexカード lite

エポスカードには劣りますが、REX CARD Lite(レックスカードライト)もおすすめです。

こちらも海外旅行保険の自動付帯機能とキャッシュレス保険機能が付くので安心。さらに病気とケガの補償が200万円まで補償されるので心強いですね。

ケガや病気、盗難などの補償額はエポスカードやレックスカードライト、あとで紹介するJCB EITカードの金額を合算して手厚くするのが賢い使い方です。

ポイント還元率も1.25%と高いので、海外でクレジットカードを使う時はポイントが貯まって節約もできますよ。

発行までに10日間ほどかかり、今すぐ受け取りができず、本人じゃないと受け取れないデメリットがあるので、申し込むならなるべく早めに申し込みましょう。

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード ホームページトップ

聞きなれない名前ですが、横浜インビテーションカードも自動付帯機能とキャッシュレス保険機能を持った海外旅行保険が付いてきます。

海外旅行保険の補償金額はレックスカードライトと同じなので、こちらのカードも海外旅行保険の面ではおすすめですよ。

年会費無料で、自動付帯、キャッシュレス診察が付いているので、全くもって問題ないですね。

デメリットはエポスカードと同じく還元率が0.5%と低いので、メインのカードは別に持っておきましょう。

また、レックスカードライトと同じく、申し込んでから届くまで10日間ほどかかります。あらかじめ余裕を持って海外旅行前に申し込んでくださいね。

注意:レックスカードライトと横浜インビテーションカードは同じカード会社なので、海外旅行保険の合算できない

レックスカードライトと横浜インビテーションカードは、どちらの海外旅行保険の補償金額は同じです。

だから両方のカードを海外に持っていけば、死亡と後遺症補償金額以外は2倍になるはず・・・

そう考えてしまいますが、実は同じカード会社から出ているクレジットカードの海外旅行保険は合算できません

レックスカードライトと横浜インビテーションカードは、両方とも株式会社ジャックスが発行しているので、海外旅行保険の金額の合算は不可能なんです。

海外旅行保険目的で海外旅行に持っていく時は、どちらか1つを選びましょう。

JCB EITカード

jcbeit_moshikomi1.jpg

JCB EITカードも自動付帯で、キャッシュレス診察が可能な海外旅行保険がついています。

その上でケガや病気での補償が最高200万円まであるので、保険の面ではいいカードですよ。

ただ、レックスカードライトや横浜インビテーションカードより劣るデメリットが2つあるので、そこは気をつけなければなりません。

まず1つめの問題点はJCB EITカードがリボ払い専用な点です。

リボ払いは毎月一定金額を分割して支払う仕組みですが、1回の支払いは少なくなる代わりに利息が非常に高くなってしまいます。

消費者金融からお金を借りるのと同じような感じなので、仕組みを理解していない人にはハードルが高いです。

海外旅行で使う時は予備の予備で使うべきでしょう。

また、JCBブランドなので、海外では使い勝手が非常に悪いです。

台湾などのアジア諸国なら使えますが、欧米諸国やオーストラリアなどに行くとJCBカードはほぼ対応していません。

そのため持っていっても使えないため、予備の予備のクレジットカードにもならない可能性があります。

しかし海外旅行保険はRexカード liteや横浜インビテーション並みに手厚いので、海外旅行保険の上乗せとして持っておきたいカードです。

海外旅行に行く時は使わなくてもいいので、もしものために携帯しておきたいですね。

三井住友VISAカード クラシックA

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード クラシックAも自動付帯でキャッシュレス保険機能がついていますよ。

クラシックAだけでなく、クラシックA(学生)、アミティエ、アミティエ(学生)にも同じ機能が付いています。

名前に「A」がついていない、三井住友VISAカード クラシックもありますので、申し込む場合は気をつけてください。

クラッシックAカードとアミティエカードは、病気やケガの補償金額が100万円までで他のカードと比べて劣るんですが、自動付帯でキャッシュレス保険機能が付いているので見逃せません。

また、裏面に顔写真を付けることができ、身分証明書代わりになったり、怪しいカードの使い方をしたらカード会社側から「不正利用ではありませんか?」と連絡が来るので、セキュリティも高いと評判です。

ぼくの友人も、2ヶ月間のフィリピン英語留学中に3回病院に行きましたが、三井住友VISAカード クラシックAの海外旅行保険を使いました。

キャッシュレス診察を受けて、1円も払わなかったそうで、東南アジアの病院に行くなら100万円の補償額でも充分です。

ただ、他のカードに劣るのはケガや病気の補償限度額が100万円までなのと、年会費が2年目以降かかることです。

2年目以降は1,500円(税抜)の年会費がかかりますが、マイ・ペイすリボというリボ払い登録をし、年1回のカード利用をすれば無料にできますよ。

使い方次第では利息を払わなくても済みますので、使うなら以下のページで紹介している設定はやっておきましょう。

さいごに:自動付帯でキャッシュレス診察機能がついたカードを使おう

ここまでクレジットカードの海外旅行保険に付いている機能を説明してきましたが、まとめると以下の通りです。

  • 自動付帯と利用付帯の保険がある
  • キャッシュレス型保険と立て替え型保険がある
  • それぞれ、自動付帯とキャッシュレス型保険がおすすめ
  • 自動付帯とキャッシュレス型保険に対応している年会費無料カードがある

クレジットカードの海外旅行保険の期限は、日本を出国してから90日間です。

短・中期間の旅行保険は数千円から数万円するので、その分が節約できるとなるとお得ですね。

浮いたお金を旅行先の他の部分で使えますよ。

カード名カード会社ケガ病気賠償責任携行品損害救援者費用
エポスカード(株)エポスカード200万円270万円2,000万円20万円100万円
レックスカードライト(株)ジャックス200万円200万円2,000万円20万円200万円
横浜インビテーションカード(株)ジャックス200万円200万円2,000万円20万円200万円
JCB EIT(株)ジェーシービー200万円200万円2,000万円20万円100万円
三井住友VISAカード三井住友カード(株)100万円100万円2,500万円20万円150万円
合計※同一カード会社は1つのみ700万円770万円8,500万円80万円550万円

クレジットカードは複数枚持つ事で、ケガや病気の補償金額を合算できます。

自動付帯・キャッシュレス型保険のクレジットカードを4枚持つと、ここまで補償してくれますよ。

注意したいのは、レックスカードライトと横浜インビテーションカードは両方とも株式会社ジャックスが発行しているので、同じカード会社のクレジットカードの海外旅行保険金額は合算できません。

この点を注意しつつ、海外旅行に行く時は3〜4枚持っておけば、大きな事故で手術する事になっても無料で受けることができます。

年会費無料で手厚い海外旅行保険の補償の付いたクレジットカードを複数枚作って、海外旅行を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

前原 和裕

主に海外に住みながらブログを更新するブロガーです。『あしたはもっと遠くへいこう』というブログを運営してます。海外系のお役立ち情報を提供させていただきます。

執筆メンバの一覧を見る