LINE Payが使えるお店・使い方・決済できないときの対処法について徹底解説

スポンサーリンク

スマートフォンで決済したい場合、LINE Payを使うと便利ですよ。

LINEアプリをダウンロードしてあれば、面倒な手続きなく登録できてすぐ使えます。

そんなLINE Payですが、実際にどんなお店で使えるのか気になりませんか?
せっかくならお得な活用方法も知りたいところ。

このページでは、LINE Payが使えるお店の一覧、対応店での使い方について詳しく紹介していきますね。

LINE Payが使えるお店・使い方・決済できないときの対処法

LINE Payとは?

LINE Payは、LINEが手がけるスマホのおサイフサービスのこと。

スマートフォンにQRコードやバーコードを表示させて、簡単に支払いができますよ。

また、LINE Payカードというプリペイドカードを使って支払うことも可能です。

LINE PayカードはJCB加盟店で使えるので、クレジットカードのような感覚で使えます。

登録・チャージ手数料も無料なので、始めやすいのも魅力的ですね。

LINE Payを使いたいときは、LINEアプリをダウンロードしておきましょう。

参考:iOS専用のLINEアプリはこちら
参考:Android専用のLINEアプリはこちら

LINE Payが使えるお店・コンビニなどの一覧

LINE Payについてわかったところで、実際にどんなお店で使えるのかも気になる部分ですよね。

まず、LINE Payのコード決済ができる主なお店は以下の通り。

オンライン決済できるお店は以下の通り。

  • ZOZOTOWN
  • FOREVER21
  • SHOPLIST
  • HMV ONLINE
  • LINE STORE
  • ラクマ
  • ソク読み
  • honto
  • まんが王国
  • 出前館

LINE Payを使うと、以下のようなところで請求書支払いもできます。

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 九州電力株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • SBI生命保険株式会社
  • ZOZOTOWN
  • チチカカオンラインショップ
  • メガネスーパー公式通販

このほかにも使えるお店はいろいろありますよ。

ちなみに、LINE Payカードは国内外のJCB加盟店であれば利用できます。

約3,300万店舗で使えるので、LINE Payコード決済ができないときはLINE Payカードを使って支払うのもありですね。

LINE Payの使い方について

LINE Payが使えるお店についてわかったところで、どうやって使えばいいのかも気になるところですよね。

主に、LINE Payの支払い方法には以下の種類があります。

ここからは、それぞれの支払い方法ごとに使い方を紹介していきますね。

LINE Payコード決済する方法

LINEPay コード決済

LINE Payは、QRコードやバーコードを表示させることで決済ができます。
スマートフォンを提示するだけで支払いができるので便利ですね。

コード決済するときの流れは以下の通り。

  1. LINEアプリから「LINE Pay」を開く
  2. メイン画面から「コード」を選ぶ
  3. コード決済の方法から「残高」を選択してOKを押す
  4. 会計時に「LINE Payで」とレジの店員さんに伝える
  5. スマートフォンに表示されたコード画面を提示する
  6. レジで読み取ってもらうと支払い完了

コード支払いの場合、マイカラーの還元率に追加して3%ポイントが還元されるのでお得です。(2018年8月~2019年7月まで)

基本となるマイカラーごとの還元率は以下の通り。

マイカラーごとの還元率について
マイカラーの種類還元率
グリーン2%
ブルー1%
レッド0.8%
ホワイト0.5%

たとえば、マイカラーがホワイトなら還元率0.5% + コード支払いの還元率3% = 3.5%が還元されますよ。

LINE Payのコード決済についてはこちらで詳しく紹介しています。

LINE Payカードで支払う場合

LINE Payカードを使えば、JCB加盟店で支払いに使えますよ。
コード決済に対応していないお店でも使えるので便利です。

LINE Payカードを使った支払い方法は、以下の通り。

  1. LINE Payカードにチャージしておく
  2. 「一括払いで」とレジの店員さんに伝える

LINE Payカードはプリペイドカードのため、一括払いのみ対応しています。

ちなみに、LINE PayカードはApple Payに対応していないのでiPhoneに登録して使うことはできません。

しかし、QUICPayには対応しているので、Android端末を使っている場合はQUICPayにLINE Payカードを登録することで、カードを持ち歩くことなく支払いが可能ですよ。

オンライン決済する方法

LINE Payは、オンライン決済も可能です。
加盟店であれば、決済方法でLINE Payを選択できますよ。

オンライン決済の使い方は以下の通り。

  1. オンライン加盟店で商品を選ぶ
  2. 支払い方法で「LINE Pay」を選ぶ
  3. LINE Payで決済する

たったこれだけでオンライン決済が完了します。

ただし、LINE Payの残高以上の買い物はできないので注意してくださいね。
残高をよく確認してから買い物するようにしましょう。

▼残高はLINEウォレット、もしくはLINE Payアカウントですぐ確認できます。

LINEPay 残高

LINE Payでオンライン決済するときの方法は、こちらで詳しく紹介していますよ。

請求書支払いする場合

LINE Payは、請求書支払いにも対応していますよ。

請求書支払いするときの手順は以下の通り。

  1. LINEアプリから「LINE Pay」を開く
  2. LINE Payから「請求書支払い」を選ぶ
  3. コードリーダーを立ち上げる
  4. 手元にある請求書のバーコードを読み取る
  5. 請求内容を確認
  6. LINE Payで支払いをする
  7. パスワードを入力する

LINEアプリにメッセージが届くと、無事に請求書支払いが完了します。
わざわざ払い込みにいく手間がないので便利ですね。

LINE Payで請求書支払いするときの流れについては、こちらで詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

LINE Payで決済できないときの対処法

LINE Payを使おうと思ったのに、なぜか決済できないという場合もあるかもしれません。
いざ使いたいときに使えないと焦ってしまいますよね。

原因になりそうなことを知っておけば、万が一のときも対処しやすいですよ。

主に、LINE Payで決済できない原因になりそうな点は以下の通り。

  • お店側がLINE Payに対応していない
  • LINE Pay残高が不足している
  • LINE Payの本人確認をしていない

そもそもお店側がLINE Payに対応していない場合は、決済できません。
事前に対応店かどうかよく確認して使いましょう。

また、LINE Pay残高が不足していても決済できません。

お店によっては、LINE Payで本人確認をしていないと使えないこともあるので、本人確認を済ませておくことをおすすめします。

▼LINE Payで銀行口座を登録すると、本人確認が完了します。

LINEPay 銀行口座の登録完了画面

LINE Payの決済履歴を確認したい場合

LINE Payで何を支払ったのか、決済履歴を確認したいこともありますよね。
決済履歴は、LINE Payのページから簡単にできますよ。

▼LINE Payのページで「決済履歴」を押しましょう。

LINEPay 決済履歴

▼過去の決済履歴が見れます。LINEポイントや残高も一緒に表示されるのでわかりやすいですね。

LINEPay 決済履歴の画面

ちなみに、「残高履歴」を押すと過去の残高も確認できます。

さいごに

LINE Payが使えるお店は、コンビニや家電量販店、飲食店といろいろあります。

ただ、お店によってはコード決済に対応していないこともあるので、LINE Payカードと使い分けて支払うのがおすすめ。

今ならコード決済の還元率が高くなっているので、対応しているお店では積極的にコード決済を使っていきましょう!

お店でLINE Payを使って、LINEポイントをお得に貯めてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る