LINE Pay Visaクレジットカードは初年度の還元率が3%!他のクレカと比較してみた

スポンサーリンク

普段の生活のなかで便利に使えるLINE。
LINEサービスの中には、キャッシュレス決済として使えるLINE Payがあります。

LINE Payだけでも便利なのに、今度はLINE Payと連携したVisaブランドのクレジットカードが登場するんですよ。

なんといっても、初年度の還元率が3%である点が魅力的ですよね!
ますますLINEポイントが貯めやすくなります。

このページでは、LINE PayのVisaクレジットカードについて、付与されるLINEポイントの活用法、他のクレジットカードとの比較などを紹介しています。

LINE PayのVisaクレジットカードとは?

LINE PayのVisaクレジットカードとは、LINE Pay株式会社が発行するクレジットカードのことです。

▼主な特徴は以下のとおり。

  • クレジットカードをショッピングに利用すると、初年度は特典としてLINEポイントが3%還元される
  • 支払いと同時にLINEウォレットのLINEアカウントから決済通知を受け取ることができる
  • LINE Payに連携してスマートフォン決済にも利用できる
  • Visaのタッチ決済機能(VISA payWave)が搭載されている

初年度の特典としてLINEポイントが3%還元されるのは、うれしいですよね。
10,000円使うと、300ポイント(300円相当)付与されるという仕組みです。

▼なお注意点は、以下のとおり。

  • クレジットカードが発行された後、利用方法に関わらず、初期設定としてLINE Pay内で連携する必要
  • クレジットカードを連携させて、LINEの友だちへの送金に利用することはできない

LINE Payと連携するので、普段からLINEを使っていると設定がらくですね。

LINEポイントの活用方法

初年度には3%のポイント還元率があるLINE PayのVisaクレジットカード。
たくさん利用すると、それだけたくさんのLINEポイントの付与が得られますよね。

LINEポイントがたくさんたまると、どんなことに使おうかと気になるところ。

LINEサービス内では使わないかな、と思った場合は他のポイントに交換するとよいですよ。
▼LINEポイントは以下の共通ポイントに交換できます。

もし、ANAマイルを貯めているなら、メトロポイントへの交換がおすすめです。

クレジットカードのソラチカカードを持っていると、メトロポイントからANAマイルへの交換レートが0.9倍になります。

普通のポイントは、ANAマイルに交換するときに等価交換に近いレートにはならず、半分以下が当たり前です。

0.9倍というのは、損してるように見えつつも、めちゃくちゃお得なんですよ!
LINEポイントからANAマイルだと、0.81倍のレートで交換できています。

過去にANAマイルを1マイル7円相当で使えたことがありましたので、1ポイントが5.6円になってますね。

これ、お得しかありません!

そのため、なるべくLINEポイントを貯めることができれば、ANAマイルをたくさん手に入れることもできます。

メトロポイントは月に20,000ポイントまでしか交換できないですが、それでも十分使う価値がありますよ。

もちろん、LINEポイントはLINEサービス内でも利用することができます。
▼主な利用先は、以下のとおりです。

たくさん貯めたLINEポイントは、しっかりと考えて使いたいものですね。
▼LINEポイントついて、もっと詳しく紹介しているページがあるので参考にしてみてくださいね。

他のクレジットカードと比べてお得なのか

LINE PayのVisaクレジットカードは、3%の還元率がありますよね。
では、他のクレジットカードと比べると、お得なのかどうか気になりませんか。

ポイント還元率が1%以上のクレジットカードと比較してみましょう!

還元率の高いクレジットカードの一覧
カード名還元率年会費
LINE PayのVisaクレジットカード3.0%未発表
楽天カード1.0%無料
Yahoo! JAPANカード1.0%無料
dカード1.0%初年度無料
2年目以降は前年利用がないと1,350円
リクルートカード1.2%無料
Orico Card THE POINT1.0%無料
JCB CARD W1.0%無料
DCカードJizile1.5%無料
P-one Wiz約1.3〜約1.5%無料
レックスカード1.25%無料
ライフカード0.5%〜1.5%無料
ビックカメラSuicaカード0.5%〜1.5%無料
2年目以降は前年利用がないと515円
ANA VISAワイドゴールドカード1.0%15,120円
SPGアメックス1.0%33,480円
ダイナースプレミアムカード1.5%140,400円

2%以上のクレジットカードが見当たりませんよね。
いかにお得であるかわかります。

ただし、少しでも家計の負担を減らして、節約が自然とできる、お得な生活を目指すのであれば、いずれかのカードを自分のライフスタイルに合わせて選んでみるのがいいですよ。

▼なお、各クレジットカードの詳しい内容については、以下のページを参考にしてみてくださいね。

Visaのタッチ決済機能(VISA payWave)の搭載でさらに便利

LINE PayのVisaクレジットカードに搭載されている、Visaのタッチ決済機能とはVISA payWaveのことです。

クレジットカードをカードリーダーにかざすだけで支払いが簡単にできます。
交通系ICカードのSuicaICOCA、電子マネーのWAON楽天Edyのように、カードをタッチして使えるんですよ。

特徴として、日本だけでなく海外のVISA payWave加盟店でも使えるので、海外へ行く機会があるのなら持っておくと便利なカード機能です。

▼主に、日本でVISA payWaveが使えるお店は以下のとおり。

この中だとイオングループで使えるのが大きな魅力です。
以前は対応していませんでしたが、海外からのお客さんに対するニーズを満たすために対応したのだと思われます。

また、りそな銀行の支店にある一部の自動販売機でも使えますよ。

▼VISA payWaveの詳しいことついては、紹介しているページがあるので参考にしてみてくださいね。

さいごに

LINE PayのVisaクレジットカードについては、まだ発表があったばかりです。
これから年会費や、次年度以降の還元率について、ぞくぞくと情報がでてくると思います。

還元率の高いクレジットカードですが、そのサービスがあるうちに利用していたほうがお得です。
情報には常にアンテナを張って、お得なサービスを受けていきたいものですね。

おまけ:他の視点でクレジットカードを比較してみたい方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る