ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)でのカラオケ飲食料金を割引クーポンなどで安くお得にする方法

スポンサーリンク

カラオケといえば、ジャンカラというほど、ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)は有名ですよね。

私が住んでいる神戸でも、あちこちでジャンカラを見かけます。

一見、安そうに見えますが、実際に利用してみるとカラオケ料金って高く感じますよね。

どうせなら安く楽しめる方がうれしいものです。

このページでは、ジャンカラの料金を割引して安く済ませる方法を紹介していきますね。

ジャンボカラオケ広場を安くする方法

エポスカードで10%割引にできる(地域限定)

一部の地域限定になりますが、ジャンカラ入店時にエポスカードを提示すれば、利用人数に応じてルーム料金が割引になります。

  • 4名以上:20%OFF
  • 3名以下:10%OFF

割引対象になっている地域は以下の通りです。

  • 北海道
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 熊本県

これ以外の地域のジャンカラでは、エポスカードを持っていても割引できませんのでご注意ください。

ちなみに、エポスカードでカラオケ料金を割引できるところは多くて、他でも同様に安くできますよ。

エポトクプラザで詳細を確認する

ケータイ会員で割引する

ジャンカラには、ケータイ会員があり、こちらを利用することで会員料金で使えますよ。

入会金や年会費は一切かからないので、ジャンカラをよく利用するのであれば、登録しておけばいつでもお得ですね。

不定期に届くメールマガジンにクーポンが入っていることもあるので、そのタイミングで割引できますよ。

年末年始は飲み放題パックがある

年末年始の期間限定ですが、ルーム料金とドリンク飲み放題がセットになった「飲み放題パック」コースがあります。

忘年会や新年会での利用時に検討されるといいかもしれませんね。

カラオケと飲食が同時にできるので、リーズナブルかつ楽しい時間を過ごせると思います。

クレジットカードで支払う

ジャンカラでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。

一括払いにすることで、ポイントが貯まる分だけ現金で払うよりもお得です。

その場で割り勘などはせずに、誰かがクレジットカードで一括払いにして、会計と関係ないところで割り勘するといいですよ。

対応しているカードブランドは以下の通り。

ジャンカラで使える電子マネーの一覧

ジャンカラでは、一部電子マネーの支払いに対応しています。

ジャンカラで対応している電子マネーの一覧は以下の通り。

それほど数は多くないですが、使えるのがあるだけでも助かりますね。

電子マネーを使えば、後ろに人が並んでいる時にもサッと終わらせることができるのでスムーズですね。

法人会員になると割引券が定期的に送られてくる

ジャンカラでは、法人会員も募集しています。
こちらも年会費無料で使えますよ。

法人会員になると、ジャンボカラオケ広場の優待チケットや湯快リゾートの優待券がもらえたりするので、どちらかのサービスをよく利用されるのであれば、確実に節約できますね。

法人会員のお問い合わせはこちらから

(大阪市内のみ)エンジョイエコカードの提示で割引になる

大阪市営地下鉄やバスが1日乗り放題になるエンジョイエコカードを使うと、大阪市内のジャンボカラオケ広場で料金が割引になりますよ。

3人までなら10%、4人以上なら20%割引になります。

1日乗り放題のカードなので、ジャンボカラオケ広場に行く理由があまり見つからないですが、もしエンジョイエコカードを使うときにジャンボカラオケ広場に行くなら割引してもらいましょう。

さいごに

ジャンカラを利用する時は割引できる方法がいくつかありますので、自分にとって使いやすいのがあれば使ってみて支払額を安くしてくださいね。

カラオケ料金を浮かすことができれば、他のことにお金を使えます。

3次会とかの費用にしてもいいし、自分への投資に使ってもいいですよね。

おまけ:他のカラオケで割引する方法

ジャンカラ以外にもカラオケ店はたくさんありますよね。

流れによって、どこのお店を利用するのかは分からないものです。

どこのお店に行くことになっても、割引方法を知っておけば、安く済ませることができますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る