【裏ワザあり】LINE Pay Card(LINEペイカード)の還元率は最大2%!お得な使い方とメリットを徹底解説

スポンサーリンク

プリペイドカードにもいろいろ種類があるので、どれを使おうか悩んでしまいますよね。

初めて利用する場合は、LINEアプリからすぐ発行できるJCBブランドのプリペイドカード「LINE Payカード」がおすすめです。

そんなLINE Payカードですが、使うことでどんなメリットがあるのか気になりますよね。
ポイントの還元率を高める方法についても知りたいところです。

このページでは、LINE Payカードの特徴やメリット、還元率を高めるお得な使い方について詳しく紹介していきます。

LINE Payカードについて

LINE Payカードとは?

LINEPayカード

LINE Payカードはクレジットカードではなく、プリペイドカードです。

クレジットカードと同じような感覚で使えますが、お金をチャージしないと使えません。

お金の使いすぎを防いだり、不正利用を防止する意味でも安心感がありますね。

LINE Payカードは、全国のJCB加盟店で支払いに利用可能です。

しかも、LINE Payカードを使って支払いをすると、LINE PayボーナスやLINEポイントが貯まります。
貯めたポイントは1ポイント=1円として、LINE残高にチャージすることも可能です。

LINE PayボーナスとLINEポイントは併用して使うこともできますよ。

LINE Payカードの申し込み方法について

LINE Payカードを使ってみたいなと思った場合、どうやってカードを手に入れればいいのか気になりますよね。

実は、LINE Payカードはお店などでは買えません。
入手するためには、LINEからLINE Payカードの申し込みをする必要があります。

LINE Payカードを申し込む流れは以下の通り。

  1. LINEアプリから「ウォレット」を開く
  2. 「LINE Pay」を選ぶ
  3. 「はじめる」を押す
  4. カードのデザインを選ぶ
  5. 名前を入力する
  6. 住所を入力して「確認」を押す
  7. LINE Payカードのパスワードを設定する
  8. Touch IDを使用するかどうか選ぶ
  9. 申し込み完了

たったこれだけで申し込みは完了です。
申し込み日から1~2週間ほどで、LINE Payカードが手元に届きますよ。

LINE Payカードの申し込み方法については、こちらでも詳しく紹介しています。

LINE Payカードが使えるお店・コンビニの一覧

LINE Payカードについてわかったところで、実際にどんなお店で使えるのか気になりますよね。

使えるお店を知っておくと、いざ使いたいときにスムーズに支払えます。

LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店で利用できますよ!
約3,300万店舗が対象店です。

ちなみに、以下のお店ではLINE Payのコード決済もできます。

オンライン決済できるお店は以下の通り。

  • ZOZOTOWN
  • FOREVER21
  • SHOPLIST
  • HMV ONLINE
  • LINE STORE
  • ラクマ
  • ソク読み
  • honto
  • まんが王国
  • 出前館

このほかにも使えるお店はいろいろあるので、使い勝手のいいプリペイドカードですね。

ただし、本人確認をしていない場合は、海外店舗で使えないので注意しましょう。

LINE Payカードが使えるお店については、こちらで詳しく紹介しています。

LINE Payカードの使い方について

LINE Payカードが届いたら、実際にどうやって使えばいいのか気になりますよね。
支払いに使うためにも、まずはチャージする必要があります。

LINE Payカードのチャージ方法は以下の通り。

  • 銀行口座
  • LINE Payカード レジチャージ
  • コンビニ
  • オートチャージ

残念ながら、クレジットカードでのチャージには対応していません。

LINE Payカードを使い続けるのであれば、オートチャージの設定をしておくと手間が省けて便利です。

お店で支払うときは、「一括払いで」とレジの店員さんに伝えましょう。
LINE Payカードはプリペイドカードのため、一括払いのみ対応しています。

ちなみに、LINE PayカードはApple Payに対応していないのでiPhoneに登録して使うことはできません。

しかし、QUICPayには対応しているので、Android端末を使っている場合はQUICPayにLINE Payカードを登録することで、カードを持ち歩くことなく支払いが可能ですよ。

LINE Payカードを使うメリットについて

LINE Payカードについてわかったところで、実際どんなメリットがあるのか気になりますよね。

主に、LINE Payカードを使うメリットは以下の通り。

  • 年会費・入会費が無料で使える
  • マイカラーによっては還元率が最大2%
  • LINEストアでも使える
  • Amazonでも使える

ここからは、それぞれのポイントごとに詳しく説明していきますね。

年会費・入会費が無料で使える

LINE Payカードを使うのに、お金は一切かかりません。

年会費や入会費だけでなく、登録自体も無料です。

しかも、チャージ手数料も無料ですよ。
チャージ方法はいろいろと選べますが、どの方法を選んでもチャージ手数料は一切かかりません。

無料ではじめられて、無料で使えるのがLINE Payカードの魅力のひとつです。

マイカラーによっては還元率が最大2%

LINEPay マイカラー ホワイト

LINE Payカードを使うと、LINEポイントやLINE Payボーナスが貯まります。

還元率は最大2%ですよ!
利用金額100円ごとに2ポイント(2円相当)が貯まる計算ですね。

ただし、還元率はマイカラーによって違ってきます。
マイカラーごとの還元率は以下の通り。

マイカラー別の還元率について
マイカラーの種類還元率
グリーン2%
ブルー1%
レッド0.8%
ホワイト0.5%

LINE Payの支払い実績によって、翌月のマイカラーが決まります。
マイカラーを最高ランクのグリーンにすることで、還元率が最大2%になるのでお得ですね。

貯めたLINEポイントは1,000ポイント以上から、LINE Pay残高に交換することもできます。

LINE Payカードを使うと、貯まったポイントを再利用できるのでムダになりません!

LINEストアでも使える

LINE Payカードは、LINEスタンプなどを買うことができるLINEストアでも使えます。

主に、LINEストアで取り扱っているものは以下の通り。

LINEスタンプを買ったり、プレゼントしたりすることでLINEポイントも貯まるのでお得ですね。

しかも、LINEストアで購入した場合、LINEクレジットが最大1%還元されます。

LINE PayカードをLINEストアで使えば、還元率をより高めることができるのでお得ですよ。

ただし、LINEポイントを使って支払った分は、LINEクレジットの還元対象外になるので注意してください。

Amazonでも支払える

LINE Payカードは、Amazonで使うこともできます。
しかも、Amazonポイントと併用して支払えるので便利ですよ。

もちろん、LINE Payカードを使ってAmazonで買い物をしたときも、LINE Payボーナスが貯まります。

購入したい商品がAmazonポイント対象商品なら、LINE Payボーナス+Amazonポイントの二重取りができますよ。

また、Amazonプライム会費の支払いにもLINE Payカードが使えます!

クレジットカードを使わないでAmazonプライムに登録したいときは、LINE Payカードを紐付けておくといいですね。

貯めたLINEポイントの交換方法や使い方について

LINE Payカードを使って貯めたLINEポイントの使い道についても気になりますよね。
せっかくなら、ポイントをお得に使いたいものです。

貯めたLINEポイントは、LINE Payに交換する以外にもいろいろなものに交換できますよ。

たとえば、以下のようなものと交換可能です。

LINEポイントについては、こちらでも詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

【裏ワザ】LINEポイント → メトロポイント → ANAマイルに還元率1.61%で交換できる

上で紹介した通り、LINEポイントはメトロポイントに交換できます。

交換した先のメトロポイントからは、ANAマイルにできるんですよね。

クレジットカードのソラチカカードを持っていると、メトロポイントからANAマイルへの交換レートが0.9倍になります。

1マイルの価値って、特典航空券に交換したら2〜3円ぐらいになるので、1ポイント1円のメトロポイントのまま持つよりも遥かにお得です!

ちなみに、LINEポイントからメトロポイントへの交換レートも0.9倍ですよ。

LINEポイントからANAマイルまで交換した場合は、以下のような還元率になります。

2%(LINEペイカード) × 0.9(メトロポイント) × 0.9(ANAマイル) = 1.61%

ソラチカカードを使っていないとこの方法が使えませんが、ANAマイルを使っているなら、これは最強クラスのお得な方法ですよ!

年会費はソラチカカードだけしかかりません。

nanacoチャージには対応していない

LINE PayカードはJCBブランドなので、電子マネーのnanacoにチャージできるかどうか気になりますよね。

しかし、残念ながらnanacoチャージには対応していません。

nanacoチャージしたいときは、クレジットカードを使いましょう。

LINE Payカードの限度額について

LINE Payカードを使う上で、限度額があるかどうかも気になるところですよね。

本人確認を済ませているかどうかで、限度額は違ってきますよ。

それぞれのLINE Payカードの利用上限額は以下の通り。

利用条件ごとの上限金額について
利用条件1回の上限金額1日の上限金額
LINE Money(本人確認後)100万円上限なし
LINE Cash(本人確認前)10万円10万円

限度額を超えての支払いはできないので注意しましょう。

LINE Payカードの本人確認は、銀行口座を登録するだけなのですぐできますよ。
早めに本人確認しておくことをおすすめします。

LINE Payカードの残高を確認する方法

LINE Payカードの利用履歴や残高を確認したい場合もありますよね。

利用履歴や残高は、LINE Payのページで簡単に確認できますよ。

▼カード画面に現在の残高が表示されます。

LINEPay 残高

▼「決済履歴」を押すと、利用履歴が確認できますよ。

LINEPay 決済履歴

▼利用履歴の詳細が確認できて便利です。

LINEPay 決済履歴の画面

一部の加盟店では、履歴が反映されるまで少し時間がかかることもあるので覚えておきましょう。

LINE Payカードが使えないときの対処法

LINE Payカードを使おうと思ったのに、なぜか支払いができないこともあるかもしれません。

事前に原因となりそうなことを知っておけば、いざというときに対処しやすいですよ。

主に、LINE Payカードが使えない原因になりそうなものは以下の通り。

  • LINE Payカードの利用開始手続きが完了していない
  • 残高が不足している
  • 1回払い以外を選択している
  • LINE Payカードの対象店舗ではない
  • 支払い金額が上限額を超えている

原因がわからなくてどうしても解決しない場合は、LINE Payのお問い合わせフォームから連絡してみましょう。

参考:LINEのお問い合わせフォームはこちらから

LINE Payカードは解約・再発行できる?

LINE Payカードを使わなくなったので、解約したいと思うこともあるかもしれません。

解約手続きは、LINEアプリから簡単に行うことができますよ。
LINE Payカードを解約してもLINE Pay残高はそのまま残ります。

また、LINE Payカードは再発行することも可能です。
再発行したい場合は、LINE Payカードを解約してから再度申し込む形になりますよ。

LINE Payカードを再発行すると、カード番号は変更になるので注意しましょう。

一定期間内に複数カード解約を繰り返した場合は、発行を制限されることもあります。

「Payトク」キャンペーンは対象外です

LINE Payでは、月末になるとPayトクというお得なキャンペーンを開催します。

たとえば、以下のようなPayトクキャンペーンがありました。

支払い額の20%がLINE Pay残高として還元

ただし、PayトクキャンペーンはLINE Payカードの利用は対象外となります。

対象となる支払い方法は以下の通り。

Payトクキャンペーン中は、ほかの支払い方法を選択したほうがいいですね。

LINE Payカードの申込はQRコードの読み込みから

LINE Payカードを使おうと思って申し込みたい場合は、LINE PayカードのページにあるQRコードをスキャンすれば手続きできますよ。

還元率が最大2%のプリペイドカードな上、使い勝手もいいのでかなりおすすめです!

クレジットカード以外の選択肢で支払おうと思っているのなら、LINE Payカードは心強い存在ですね。

ただ、クレジットカードのようにポイント以外のサービスはありませんので、使い分けることをおすすめします。

おまけ:ほかのプリペイドカードは?

LINE Payカード以外にもプリペイドカードはいろいろあります。

普段使っているポイントの絡みもあると思いますので、自分に合ったものを探してみましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!