Apple Payが使えるお店の一覧・店舗での支払い方法・お得にポイントを貯める方法まとめ

柚木ゆうらの画像

iPhoneを持っているのであれば、Apple Pay(アップルペイ)を設定しておくと買い物が楽になりますよ!

Apple PayにクレジットカードやSuicaを紐付けておけば、キャッシュレスで決済できます。
スマートフォンひとつで簡単に支払いができるので便利ですね。

そんなApple Payですが、実際にどんなお店で使えるのか気になりませんか?
せっかくならApple Payを使ってお得に支払いたいものです。

このページでは、Apple Payが使えるお店や支払いの流れ、ポイントの貯め方について紹介していきますね。

Apple Payが使えるお店一覧・店舗での支払い方法・ポイントの貯め方

まずはApple Payを使えるようにしておく

Apple Pay

iPhoneやApple WatchなどのApple端末を持っていると、Apple Payを使ってスマホ決済ができるようになります。

Apple Payに対応しているクレジットカードやプリペイドカード、Suicaと紐付けておけば、カードを持ち歩くことなく支払いができますよ。

お店でApple Payを使うためにも、まずはApple PayにカードやSuicaを登録しておきましょう!

Apple Payが使えるお店の一覧

Apple Payが使えるようになったら、実際にどんなお店で使えるのかが気になるところです。

まず、Apple Payでは紐付けるカードによって決済方法が異なりますよ。

以下の支払い方法に対応しています。

ここからは、Apple Payが使えるお店やそれぞれの支払い方法ごとに対応しているお店について紹介していきますね。

Apple Payが使えるお店

Apple Payが使えるお店はいろいろとあります。
まずは、Apple Pay公式サイトでも紹介されている対応店を紹介していきますね。

Apple Payが使えるお店は以下の通り。

このほかにも、Apple Payが使えるお店はたくさんあります。

▼Apple Payが使えるかどうかは、以下のマークを目印に探してみてくださいね。

applepayのマーク

Apple Payが使えるアプリ・ウェブサイト

Apple Payは、アプリやウェブサイトでも使うことができますよ。

以下のアプリやウェブサイトに対応しています。

アプリやウェブサイトを利用するときに、Apple Payでの支払いが選べますよ。

▼私もよくユニクロアプリで買い物をする際、Apple Pay決済しています!

ユニクロでApple Payを使う

iD決済できるお店

Apple Payに紐付けるクレジットカードやプリペイドカードによっては、iD決済ができます。

iDマークがついているお店でApple Payが使えるので便利ですね。

▼例えば、Apple Payにイオンカードを登録しておくとiD決済になりますよ。

セブンイレブンでiD決済したときの履歴

▼スマホ決済のメルペイを登録しておいても、iD決済ができます。

メルペイ支払い画面

▼お店にある「iD」マークが使える目印です。

店舗がiDに対応しているかを確認

iD決済できるお店については、以下で詳しく紹介していますよ。

QUICPay決済できるお店

Apple Payに紐付けるカードによっては、QUICPay決済もできます。

▼たとえば、Apple Payに楽天カードを紐付けるとQUICPay決済になりました。

セブンイレブンでQUICPay決済したときの履歴

あらかじめ対応したカードを登録しておくと、QUICPayマークがついたお店でApple Payが使えます。

QUICPayが使えるお店については、以下で詳しく紹介していますよ。

Suicaで支払えるお店

Apple Payには、Suicaも登録できます!
カードを持ち歩くことなく、Suica払いできるので便利ですね。

▼Apple PayにSuicaを登録するとこんな感じです。

Apple PayでSuicaを使う

あらかじめApple PayにSuicaを登録しておくことで、Suica対応店で支払えるようになりますよ。

▼お店にあるSuicaマークを目印にしましょう。

Suicaで支払う:レジの読み取り装置

ApplePayでは、Suica定期券も使うことができるので便利です。

Apple Payでコンタクトレス決済もできる

Apple Payを使うと、クレジットカードのコンタクトレス決済ができます。

JCB・Mastercard・AMEXのクレジットカードをApple Payに登録しておくと、ローソンマクドナルドなどのコンタクトレス決済に対応しているお店でカード決済ができますよ。

▼このマークがあると、コンタクトレス決済が使える目印です。

タッチ決済やコンタクトレス決済に対応している端末

iDやQUICPayではなく、普通にカード決済したいときにおすすめの方法ですね。

参考:JCBコンタクトレス決済について
参考:Mastercardコンタクトレス決済について
参考:AMEXコンタクトレス決済について

▼以下のように、海外のお店でもApple Payを使えますよ。

Apple Payを使うときの流れ

Apple Payが使えるお店がわかったところで、実際にどうやって支払うのかも気になりますよね。

まず、Apple Payの支払い方法には以下の種類があります。

ここからは、それぞれの支払い方法ごとに使い方を紹介していきますね。

iD決済する場合

Apple Payでは、電子マネーのiD決済ができます。

以下のようなカードを紐付けておくと、iD決済できますよ。

Apple PayでiD決済するときの流れは以下の通り。

  1. Walletを開いて使いたいカードを選ぶ
  2. 「iDで」とレジの店員さんに伝える
  3. Touch IDまたはFace IDで認証する
  4. レジにある専用端末にスマートフォンをかざす
  5. 支払い完了

「タントン♪」という音が鳴ると、支払い完了の合図です。

Apple PayでiDを使う方法については、以下で詳しく紹介していますよ。

QUICPay決済する場合

Apple Payでは、QUICPay決済もできます。

以下のようなカードを登録するとQUICPayとして使えますよ。

Apple PayでQUICPay決済するときの流れは以下の通り。

  1. Walletを開いて使いたいカードを選ぶ
  2. 「QUICPayで」とレジの店員さんに伝える
  3. Touch IDまたはFace IDで認証する
  4. レジにある専用端末にスマートフォンをかざす
  5. 支払い完了

「クイックペーイ♪」という音が鳴ったら、支払い完了の合図ですよ。

Apple PayでQUICPayを使う方法については、以下で詳しく紹介しています。

Suicaで支払う場合

Apple Payに紐付けたSuicaを使って支払うこともできます。
モバイルSuicaとして、カードを持ち歩かずに支払えるので便利ですね。

Apple PayでSuica払いするときの流れは以下の通り。

  1. Walletを開いて使いたいSuicaを選ぶ
  2. 「Suicaで」とレジの店員さんに伝える
  3. Touch IDまたはFace IDで認証する
  4. レジにある専用端末にスマートフォンをかざす
  5. 支払い完了

あらかじめSuicaにチャージしてから使うようにしましょう。

Apple Payでポイントを貯める方法について

Apple Payで支払いをすると、登録してあるカードのポイントが貯まります。

たとえば、Apple Payに楽天カードを登録して支払った場合、楽天ポイントが貯まりますよ。

お得にポイントを貯めたい場合は、なるべく還元率の高いカードを登録しておきましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

また、利用するお店によっては相性のいいポイントカードがあります。

ローソンだったらdポイントカードPontaカード、ファミリーマートだったらファミマTカードやTカードといった感じですね。

それぞれ、提示したポイントカードのポイントが貯まるので忘れずに出しましょう。
Apple Pay決済したあとにポイントカードを提示しても、ポイントの後づけはできません

お店でApple Payにチャージできる?

Apple PayのiDやQUICPayを使う場合、後払いになるのでチャージを気にすることなく使えます。

ただ、Suicaを使う場合は、あらかじめチャージが必要になりますよね。
お店でApple PayのSuicaにチャージできるのか気になるところです。

実は、コンビニでApple PayのSuicaにチャージできますよ!

チャージに対応しているのは以下の通り。

コンビニやセブン銀行ATMでは、現金チャージのみ対応しています。
クレジットカードやプリペイドカードによるチャージはできません。

Apple Payのキャンペーン中がおすすめ

お店でApple Payを使うときは、キャンペーン中がおすすめです!

たとえば、これまでに以下のようなキャンペーンがありました。

  • Apple PayにJCBカードを登録して支払うと決済金額の20%キャッシュバック
  • Apple Payに三井住友カードを新規登録すると2,000円分キャッシュバック
  • Apple Payにdカードを新規登録で1,000ポイントがもらえる

新規登録することでポイントがもらえたり、キャッシュバックがあったりする内容が多いですね。

お得なキャンペーン期間中に、Apple Payをはじめてみましょう!

さいごに

Apple Payをお店で使う方法についてまとめてみました。

  • Apple Payにはクレジットカード・プリペイドカード・Suicaが登録できる
  • iD決済・QUICPay決済・Suica払いができる
  • アプリやウェブサイトでも使えるので便利
  • Apple Payでコンタクトレス決済もできる

紐付けるカードによってiDやQUICPayとして使えるので、対応しているお店もたくさんありますよ。 
いろいろなお店で使えるので使い勝手がいいですね。

なるべく還元率の高いカードを登録して、お得にポイントを貯めつつ、Apple Payで支払ってみましょう!

おまけ:スマホ決済に関連した記事

Apple Payのほかにも、スマホ決済サービスはいろいろとあります。
スマホ決済について知りたい場合は、以下も参考にてみてくださいね。

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール