Pontaカードの作り方・発行方法やお得な使い方・種類一覧について徹底解説

スポンサーリンク

Pontaカードを利用すると、Pontaポイントが貯まります。
貯めたポイントを使ってDVDなどをレンタルしたり、会員証として使うこともできますよ。

普段からローソンでよく買い物をしたり、ゲオでレンタルすることが多いのであればPontaカードを持っておくと便利。

ただ、初めてPontaカードを作ろうと思ったとき、「どこで作ればいいのか・料金はかかるのか?」という部分が気になるかと思います。

私も初めてPontaカードを作るとき、お店で直接申し込めるのか不安でした。

すでにPontaカードを持っている場合も、どんな活用法があるのか知っておくことで、今よりお得にPontaカードを使えるようになりますよ。

このページでは、Pontaカードの種類一覧や作り方、発行にかかる料金とポンタカードのおすすめな使い方について説明していきますね。

Pontaカードの作り方・発行方法やお得な使い方

Pontaカードの種類一覧

Pontaカードにはいくつか種類があるので、好きなカードを選んで作る流れとなります。
デザインも豊富なので選ぶ楽しみがありますね。

Pontaカードの主な種類一覧については、以下の通り。

  • オリジナルPontaカード
  • プリペイド機能付きPontaカード
  • クレジット機能付きPontaカード

オリジナルPontaカードは、なんと15種類以上のデザインから選べますよ!
ローソンやゲオなど、よく使うサービスのPontaカードを選ぶのがおすすめです。

支払いもPontaカードでしたいという場合は、プリペイド機能付きPontaカード(おさいふPonta)やクレジット機能付きPontaカードを選ぶと良いでしょう。

Pontaカードの作り方について

Pontaカード

作りたいPontaカードの種類が決まったら、次はどこで作るの?という部分が気になるかと思います。
Pontaカードを作る方法はいくつかありますよ。

主な作り方としては、以下の通り。

  • 店頭で申し込む
  • ネットから申し込む
  • おさいふPontaカードを使う

ここからは、それぞれの作り方ごとに詳しく見ていきましょう。

店頭でPontaカードを作る方法

一番わかりやすいのが、店頭でPontaカードを作る方法です。
もしわからないことがあっても、すぐ店員さんに聞けるので便利ですよ。

Pontaカードが作れる主なお店は、以下の通り。

どのお店もPonta提携店舗となっているので、もちろんPontaカードが使えますよ。
Pontaカードを作って、即日お店で利用することも可能です。

また、店頭でPontaカードを作る大体の流れは、以下の通り。

  1. 店員さんに「Pontaカードを作りたいです」と申し出る
  2. Pontaカード付きの入会ご案内を受け取る
  3. 貯めたポイントを使うために会員情報を登録しておく

これで、無事にPontaカードが使えるようになります。
会員登録はインターネットや電話でも申し込めますが、Loppiからも登録できますよ。

店頭でPontaカードを受け取ったあと、そのままLoppiで会員情報を登録しておくとスムーズです。

ちなみに、ローソンのLoppiでもPontaカードは使えますが、LoppiからPontaカードを作ることはできません。
ローソンでPontaカードを作りたい場合は、店員さんに声をかけましょう。

また、クレジット機能付きPontaカードは店頭では作れません。
クレジット機能付きPontaカードを作りたい場合は、作りたいカードのオンライン申し込みを利用しましょう。

ネットでPontaカードを作る方法

Pontaカードは、ネット申し込みでも作ることができます。
ネットでPontaカードを作る場合は、Ponta Webというサービスを利用する形になりますよ。

Ponta Webを使ってPontaカードを申し込む流れは、以下の通り。

  1. Ponta Webで「Pontaカードについて確認する」ページを開く
  2. Pontaカードを「持っていない」を選ぶ
  3. 画面下のほうにある店舗に取りにいけない方のための「必要な情報の登録画面へ」を押す
  4. Ponta Web利用手続きを行う
  5. Pontaカードの申し込み完了

無事に手続きが終わると、登録した住所あてにPontaカードが届きますよ。
ネットで作る場合は、手元に届くまでに約2週間ほどかかります。

おさいふPontaを作る方法

おさいふPontaは、Pontaカードにプリペイド機能がついています。

ローソンのレジでチャージしたり、おさいふPontaのマイページからクレジットカードでチャージもできるので便利ですよ。

おさいふPontaは、ローソンに行けば無料で配布されているため、入手しやすいのも魅力的ですね。

ちなみに、おさいふPontaの入手方法・使い方の流れは、以下の通り。

  1. ローソンでおさいふPontaを手に入れる
  2. ローソン店舗もしくは、おさいふPontaのサイトからチャージ
  3. おさいふPontaを使って買い物をする

おさいふPontaを提示して買い物をすると、100円につき1ポイントに加えて、500円につき1ポイントのお支払いポイントも貯まりますよ。

たとえば、おさいふPontaを使って500円分の買い物をしたとき、もらえるポイントは以下の通り。

    お買い上げポイント…500円分=5ポイント
    お支払いポイント…500円=1ポイント

合計、6ポイントがもらえる計算になりますね。
Pontaカードだけを提示したときは、お買い上げポイントしかもらえないのでちょっぴりお得になります。

おさいふPontaの詳しい登録方法・使い方についてはこちらで説明していますよ。

Pontaカードを発行するときに料金はかかる?

Pontaカードの作り方がわかったところで、発行する際に料金はかかるのか?というところも気になってきますよね。

結論からいうと、オリジナルPontaカードは入会費・年会費無料で使えます!
発行費などもかからないので、気軽に作れるのがうれしいですね。

プリペイド機能付きやクレジット機能付きのPontaカードは、カードによっては年会費などがかかることもあります。
おさいふPontaは年会費無料なので、安心して使えますよ。

ちなみに、年会費無料で使えるクレジット機能付きPontaカードは以下の通り。

  • ローソンPontaカードVisa
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • シェル Pontaクレジットカード(初年度無料/次年度も昭和シェル石油年1回以上利用で無料)

このほかのクレジット機能付きPontaカードも初年度無料のものがほとんどですが、次年度以降は料金がかかったり、条件を満たさないと無料にはなりません。

シェル Pontaクレジットカードは年1回でもカードを利用すれば年会費はかからないので、ほぼ無料と思って良いでしょう。

条件なしで年会費無料のクレジット機能付きPontaカードを選びたいなら、ローソンPontaカードVisaかJMBローソンPontaカードVisaがおすすめですね。

スポンサーリンク

Pontaカードは高校生や未成年でも作れる?

Pontaカードを学生のうちに作りたい場合もありますよね。

なんとなく未成年のうちはカードを作りづらいイメージがあるかもしれませんが、Pontaカードは高校生や未成年でも作れます。

ただ、作る際に身分証が必要になりますよ。
もし高校生でPontaカードを作りたい場合は、顔写真つきの生徒手帳などでも身分証明書になります。

クレジット機能付きPontaカードを作る場合は、口座情報なども必要になるので注意してくださいね。

Pontaカードをアプリで利用しよう

Pontaカードを持ち歩くのが面倒という場合は、デジタルPontaカードがおすすめです。

デジタルPontaカードは、これまで持ち歩いていたPontaカードをスマホで表示できるようになるサービスのこと。

Pontaカードの公式アプリをダウンロードすることで、デジタルPontaカードが利用できますよ。

デジタルPontaカードなら、いつでもどこでもPontaポイント数が確認できるので便利!
また、Ponta提携店舗からのお得なクーポンも配信されます。

もしPontaカードを忘れてしまっても、スマホでデジタルPontaカードを提示すればPontaポイントもしっかり貯められますよ。

より便利にPontaカードを使いたいのであれば、ぜひダウンロードしておきましょう。

参考:iPhone版アプリはこちらから
参考:Android版アプリはこちらから

Pontaカードを使ってPontaポイントを貯めよう!

Pontaカードを手に入れたら、実際にカードを使ってPontaポイントを貯めましょう。

Pontaポイントを貯める主な方法としては、以下の2通り。

  • Pontaマークのあるお店でカードを提示する
  • 旅行予約・通販・宅配サービスなどネットサービスを利用する

また、リクルートポイントJALマイレージバンクのマイルなどをPontaポイントに交換することもできます。

Pontaポイントの貯め方や交換方法については、こちらで詳しく説明していますよ。

Pontaカードは再発行できるの?

万が一、Pontaカードを紛失してしまった場合、再発行できるかが気になりますよね。

結論からいうと、Pontaカードは再発行できます!

再発行する場合の手順については、以下の通り。

  1. Pontaカスタマーセンターに紛失したことを連絡する
  2. クレジット機能付きPontaカードの場合はクレジットカード会社にも連絡する
  3. 再発行手続きをする

手続き完了後、10日前後で新しいPontaカードが手元に届きます。

ちなみに、再発行する前のPontaカードで貯めたポイントは、自動的に新しいPontaカードへと移行されますよ。
自分でポイント移行する手間がないので便利です。

一度、再発行手続きをしてしまうと、もしPontaカードが見つかった場合でも以前のPontaカードは利用できなくなるので注意してくださいね。

さいごに

Pontaカードがあると、Ponta提携店舗だけでなくネットショッピングでもPontaポイントが貯まります。

しかも、ほかのポイントをPontaポイントに交換することもできるので、比較的ポイントが貯まりやすいですよ。

貯めたPontaポイントは、Ponta提携店舗の支払いに利用できるほか、JALマイルdポイントに交換することも可能です。

普段からローソンやゲオを利用する機会が多いのであれば、Pontaカードを1枚持っておくと便利ですよ。

参考:PontaポイントからJALマイルへの交換方法

また、他のポイントカードの作り方もノマド的節約術では紹介していますよ。

おまけ:ほかのポイントの活用法

Pontaポイント以外にも、いろいろなポイントがありますよね。
ポイントの仕組みを知って使いこなすことが、節約にも繋がっていきますよ。

ほかのポイントについて詳しく知りたい場合は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る