Apple PayでiDを使う方法・iDに対応しているクレジットカード・使えないときの対処法まとめ

スポンサーリンク

Apple Payでは、電子マネーiDを使って支払うことができます!

そんなApple Payですが、実際どんなふうにiDを使って支払えばいいのか、使い方がわかりづらい部分もありますよね。

また、具体的にどんなクレジットカードがiDに対応しているのかも知りたいところです。

このページでは、Apple PayでiDを使う方法や対応しているクレジットカードについて詳しく紹介していきますね。

Apple Payについては、こちらで詳しく紹介していますよ。

Apple PayでiDを使う方法・対応しているクレカ・対処法まとめ

iDに対応しているクレジットカードについて

Apple PayでiDを使うためにも、まずは支払い用にクレジットカードを登録しましょう。

ただ、どんなクレジットカードがiDに対応しているのか気になりますよね。

主に、iDに対応しているクレジットカードは以下の通り。

▼「iD」というマークがついていると、Apple PayでiD決済できます。

イオンカードApple Pay

▼「QUICPay」というマークのカードでは、iD決済はできません。

Apple Pay 設定

ちなみに、1つのiPhoneやアップルウォッチに登録できるカードは最大8枚まで。
iD対応のカードとiD対応のカード、両方を紐付けておくこともできますよ。

できるだけ還元率の高いクレジットカードを登録しておくことをおすすめします。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

また、クレジットカードのほかにプリペイドカードやSuicaも登録可能です。

最近だと、メルペイの電子マネーカードもiDとしてApple Pay利用できますよ。

Apple PayのiD決済が使えるお店は?

iDに対応しているクレジットカードがわかったところで、実際にどんなお店で使えるのか気になりますよね。

利用できるお店を知っておけば、いざ使いたいときにスムーズに支払えます。

主に、iD決済できるお店は以下の通り。

コンビニや家電量販店など、いろいろなお店で使えますよ。
私もよくコンビニでiD決済しています。

ほかにもiDが使えるお店は多いので、Apple Payで使えるようにしておくと便利ですよ。

▼「iD」というマークがあるお店で、Apple PayのiD決済ができます。

マクドナルド iD決済

Apple PayでiDを使う方法について

【ApplePay:iD決済】画面

Apple PayでiDを使ってみようと思ったとき、どうやって利用すればいいのかわかりづらい部分もありますよね。

使い方の流れを知っておけば、いざ使いたいときにスムーズに利用できますよ。

Apple PayでiD決済するときの流れは以下の通り。(iPhoneの場合)

  1. Apple PayにiD対応のカードを登録しておく
  2. Walletを開いて使いたいカードを選ぶ
  3. 「iDで支払います」とレジの店員さんに伝える
  4. Touch IDまたはFace IDで認証する
  5. レジにあるリーダーにスマートフォンをかざす
  6. 支払い完了

これで、Apple Payを使ってiD決済ができます。

Apple Payに複数のカードを登録している場合は、使いたいカードを選んでから支払うようにしてくださいね。
よく使うカードは「メインカード」に設定しておくと、会計時にカードを選ぶ時間を短縮できますよ。

ちなみに、Apple PayでiD決済した分は、登録してあるクレジットカードの引き落とし日にカード利用分として請求されます。

iDで支払ってもポイントが貯まります

Apple PayでiD決済すると、カード利用分のポイントが貯まります。

たとえば、Apple Payに登録したdカードを使ってiD決済した場合、dポイントが貯まりますよ。

dカードの還元率は1%なので、仮に5,000円分をiD決済したとすると、dポイントが50ポイントもらえる計算になりますね。

カード払いしたときと同じように、ちゃんとポイントが貯まるので安心です。
還元率の高いカードを紐付けておけば、Apple Payでお得にiD決済できますよ。

iDを使うならキャンペーン中がおすすめ

お店によっては、iD決済によるキャンペーンを行っていることもあります。

キャンペーン期間中にiD決済することで、お得なキャッシュバックがもらえたりしますよ。

たとえば、これまでに以下のようなキャンペーンがありました。

  • 対象店で3,000円以上使うと抽選で5,000名に3,000円分をキャッシュバック
  • モスバーガーで税込500円以上使うと抽選で合計2,000名に1,000円をキャッシュバック

キャンペーンでもらったiDキャッシュバックは、iDの支払額にあてることができます。

仮に、iDキャッシュバックを2,000円持っているとしてiDで3,000円分の支払いが発生した場合、請求額を1,000円にすることが可能です。

キャンペーン期間中にApple PayのiD決済をすると、お得なiDキャッシュバックがあるのでおすすめですよ。

dカードをApple Payに初めてするとdポイントが1,000ポイントもらえる

【ApplePay:iD決済】dカードをApple Payに登録
引用元:dカード

dカードをApple Payに登録すると、iDとして利用できます。
初めて登録する場合のキャンペーンとして、dポイントが1,000ポイントがもらえるんですよ。

もらえるdポイントは期間・用途限定ですけどね。

▼こちらが、確かにもらった証拠です。

【ApplePay:iD決済】dカードをApple Payに登録でdポイントが1,000ポイントもらえる

iDとQUICPayの使い分けもOK

Apple Payでは、iDのほかにQUICPayという電子マネーも使えますよ。
登録したカードごとに、iD決済できるかQUICPay決済できるかが違います。

それぞれお店との相性やポイントの貯まり方も異なるため、iDとQUICPayを使い分けるのもおすすめです。

1つのデバイスに対して最大8枚までカードを登録できるので、とりあえず両方登録してみて使い勝手のいいほうをメインで使うという方法もありですね。

ただし、1回の支払いでiDとQUICPayを併用することはできません。
また、iD決済とほかの電子マネーを両方使うという支払い方もできないので注意しましょう。

Apple PayでiDが使えないときの対処法

Apple PayでiD決済しようと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。
レジでスマートフォンをかざしたのに反応しないと焦ってしまいますよね。

原因になりそうなことを知っておけば、いざというときも対処しやすいですよ。

主に、Apple PayでiDが使えない原因になりそうなことは以下の通り。

  • QUICPay対応のカードでiD決済しようとしている
  • お店側がiD決済に対応していない
  • Apple Payに登録してあるカードの限度額を超えている
  • Apple Payに登録したカードの有効期限を過ぎている
  • iD決済できないものを購入しようとしている

そもそもお店側がiD決済に対応していない場合は、Apple PayでiDが使えないので気をつけてくださいね。

また、Apple Payに登録したカードの限度額を超えていたり、有効期限が切れたりしている場合もiD決済できません。

ちなみに、お店の商品やサービスの中には、iDで支払えないものもあります。
たとえば、以下のようなものはApple PayでiD決済ができません。

さいごに

Apple PayでiD決済する方法についてまとめてみました。

  • iDマークのあるカードでiD決済ができる
  • 支払うときは「iDで」と伝えるとスムーズ
  • Apple PayのiD決済でもポイントが貯まる
  • iDとQUICPayの併用はできない
  • iDとQUICPayに対応したカードを両方Apple Payに登録することは可能

Apple PayにiD対応のカードを設定しておけば、いつでも好きなときに使えるようになります。
iD決済でもポイントが貯まるので、なるべく還元率の高いカードを登録して使うのがいいですね。

キャンペーンでもらえるiDキャッシュバックのことを考えると、dカードdカード GOLDを登録しておくのがおすすめです。

特に、ドコモユーザーはdカードとの相性がいいので、dカードを登録したApple Payで支払うとお得になります!

Apple PayでiD決済を使って、支払いの時間を短縮してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る