Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する方法・お得なクレジットカードを紹介

スポンサーリンク

Apple Payを使っているのなら、Suicaが入っているのではないでしょうか。

ICカードのSuicaだとオートチャージは馴染みのあるサービスですが、Apple PayのSuicaでも同じようにオートチャージできるのか気になりませんか?

私は1〜2ヶ月に1回東京方面に来ることがあるのですが、そのときにApple PayのSuicaでオートチャージできたら便利だろうなと思っていました。

実際できるのかなと思って調べたところ、Apple PayのSuicaでもオートチャージできることが判明!

ということで早速設定してみました。
わかりにくいところだと思いますので、詳しく紹介していきますね。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する方法・お得なクレカを紹介

Apple PayのSuicaでオートチャージするメリット

今まで、Suicaをオートチャージしようと思うと、カードが必要でした。

カードをタッチするだけでオートチャージできるのもすごく便利ですが、そのカードすら持ち歩かずに済むのはもっとうれしいのではないでしょうか。

Apple PayのSuicaでオートチャージができれば、iPhoneだけでオートチャージができるので、チャージの手間がさらに省けます。

実際にApple PayのSuicaでオートチャージしてみましたが、カードのときと同じような感動がありました!

Apple PayのSuicaでオートチャージを設定する手順

ここからは、Apple PayのSuicaでオートチャージを設定する方法を紹介しますね。モバイルSuicaでも同様の手順になります。

まずはSuicaアプリを開きましょう。
画面下にある「チケット購入・Suica管理」を押してください。

▼開いた先の画面では、いろいろとメニューが出てきます。

そこにある「オートチャージ設定」を押しましょう。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する手順

▼オートチャージ設定変更の画面が開いたら、下のほうにある「オートチャージ申込/変更」を押してください。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する手順

▼次の画面では、オートチャージに関する特約について出てきます。

ひと通りチェックして問題なければ、下のほうにある「同意する」ボタンを押しましょう。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する手順

▼オートチャージ申込するときに、何円以下になったときに何円チャージするかを設定します。

最初は1,000円以下になったときに3,000円チャージする設定になっていますよ。

この場合は、980円になったら3,000円チャージして、残高が3,980円になるイメージです。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する手順

▼次の画面に進むと、先ほど入力した内容の確認画面が出てきます。

オートチャージ有効期限もありますので、とりあえず目を通しておきましょう。

これで問題なければ「申込/変更する」を押してください。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定する手順

改札を通るとオートチャージされる

これでApple PayのSuicaでオートチャージの設定ができましたね。
あとは、普通に改札を利用しましょう。

オートチャージ設定の条件のときに、Suicaへチャージされますよ。

▼実際にSuicaエリアで改札を通ってみたら、ちゃんとオートチャージされました!

Apple PayのSuicaでオートチャージできた証拠

これでもうSuicaのためだけにビューカードすら持ち歩く必要がなくなって、めちゃくちゃ便利ですね。

ビューカード以外のクレジットカードだとオートチャージ設定できない

Apple PayのSuicaにオートチャージ設定しようとしたときに、なぜか設定ができずに以下のような画面が出てしまったことはないでしょうか?

現在、ご登録のクレジットカードではオートチャージがお申込みできません。登録クレジットカードをビューカードに変更の上、お申込みください。

Apple PayのSuicaでオートチャージ設定しようとして失敗

このエラーの場合は、書いてある通りでSuicaアプリに登録しているクレジットカードがビューカードではないからです。

オートチャージに対応しているクレジットカードはビューカードだけとなります。

そのため、先にビューカードを登録する手続きをしておきましょう。

もしビューカードがないのなら、Apple PayのSuicaでオートチャージすることはできません。

オートチャージにおすすめのクレジットカード

Apple PayのSuicaでオートチャージできるのはビューカードと紹介しました。

ビューカードといっても、いくつか種類があるので、どのビューカードがおすすめなのかが気になるところだと思います。

私は以下の3枚のどれかがいいと思っていますよ。

私が使っているのはビックカメラSuicaカードですね。
年に1回でも使えば年会費無料になるのがありがたいです!

Suica定期券も使うのなら、JRE CARDもしくはルミネカードにしましょう。

ルミネカードのほうが年会費は高いですが、ルミネで常に5%割引のメリットがあります。

あと、いずれのカードもApple PayのSuicaにオートチャージしたらJRE POINTが3倍貯まります。
還元率にすると1.5%で、かなりお得です!

貯めたJRE POINTはSuicaに1ポイント1円からチャージできるため、実質的にキャッシュバックのようなものですね。

さいごに

個人的にずっと謎のままだった、Apple PayのSuicaでオートチャージができるかどうか、やってみたらあっさりとできてしまいました。

もっと早く調べて行動しておけばよかったと思えるぐらい簡単でしたよ!

関東エリアにいて、常にオートチャージができる状態なのであれば、1度設定しておけば、わざわざSuicaをチャージする手間が省けて、考えることが1つ減らせます。

その分だけ心にゆとりができやすくなると思うので、Apple PayでSuicaを使うならオートチャージ設定をしておきましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る