【Suica】に関する記事一覧(45件)

数ある交通系ICカードの中で最も有名で、かつ一番多く使われているのがJR東日本が発行しているSuica(スイカ)です。

使ったことがなくても、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。それぐらいの知名度がある交通系ICカードですよ。

私も神戸に住んでいるのにも関わらず、Suicaをメインで使っているぐらいですからね!

Suicaを持っていると、JR東日本や関東エリアの私鉄やバスに乗るときにタッチだけで支払いができます。

関東だけではなく、今は全国各地でSuicaに対応している公共交通機関やお店が増えていますので、電子マネーとしても使い勝手がいいですよ。

そんなSuicaのお得な使い方やメリット・デメリットについて、ノマド的節約術がブログ記事で詳しく紹介しています。記事をチェックしたいなら、下のほうから気になる記事を探してみてくださいね。

SuicaにはカードタイプとモバイルSuicaの2種類があります

Suicaカード

Suicaには、ざっくり言うと以下の2種類がありますよ。

よくあるカードタイプのSuicaと、手持ちのiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで使うモバイルSuicaですね。

モバイルSuicaの詳細

モバイルSuicaの利用

Suicaの大きなメリットの1つが、モバイルSuicaとして使えること。
手持ちのスマホがSuica代わりになるのは便利すぎますよ!

対応している端末であれば、一度設定しておくことでSuicaが使い放題になります。わざわざカードタイプのSuicaを持ち歩く必要もなくなってラクですね。

Suicaの作り方や購入方法

カードタイプも含めて、とりあえずはSuicaを作って使えるようにしたいと思うかもしれませんね。

Suicaの作り方は難しくもなんともなく、駅の券売機で気軽に買えますよ。

他にもいろいろと入手方法がありますので、詳しく知りたいなら以下のページをチェックしてみましょう。

Suicaにチャージする方法

Suicaを手に入れたら、チャージしておかないと使えませんよね。
作ったときにある程度の残高はあるものの、使い切ったらまたチャージしないといけません。

そんなSuicaのチャージは、駅の券売機だけでなくいろいろな場所で対応していますよ。

詳しく知りたいなら以下のページをチェックしてみましょう。

クレジットカードからのオートチャージがおすすめ

Suicaチャージで最もおすすめでお得な方法が、クレジットカードからのチャージです。

特にビューカードと呼ばれるクレジットカードからチャージすると、ポイント還元率が1.5%と通常の3倍になってお得なんですよ!

また、ビューカードだとSuicaのオートチャージにも対応していて、チャージする時間も短縮できて一石二鳥でしかありません。

Suicaの残高を確認する方法

Suicaを使っていると、「今どれぐらいお金があったかな…?」と思うことが出てきます。

そのときは、Suicaの残高を確認しておきましょう。
残高確認の方法もたくさんあって、知っておくと役立ちますよ!

実際に試してみた残高確認のやり方は、以下のページでまとめています。

Suicaの履歴を確認や印字する方法

確定申告や出張旅費の精算で、Suicaの利用履歴を見たいときもあると思います。

そういったニーズにもSuicaはしっかりと対応していますよ。
紙で印字してもらうこともできます。

Suicaの履歴確認のやり方は、以下のページで写真つきで紹介していますよ。

使わないならSuicaを解約・払い戻しできる

Suicaを作ったはいいけど、やっぱり使うことがなかった…という場合は払い戻しすることができますよ。

ただ、何も考えずに払い戻しすると220円の手数料を取られるのがデメリットです。
とはいえ、やり方を工夫すれば手数料無料で払い戻しできますよ!

Suica払い戻しを実際にやってみた手順は、以下のページが詳しいです。

Suicaをどんどん使ってみよう!

ざっくりとSuicaの特徴やメリット・デメリットについて紹介してきましたが、慣れてくるとSuicaなしの生活が考えにくいぐらいですよ!

本当に便利すぎて、こうやって文章を書いているとあらためてSuicaの良さを実感しています。

これからSuicaを使うのであれば参考にしてみてくださいね。
既に持っていても、使い方に詳しくなるとより便利・お得に使えますよ。

このあとは、Suicaの活用方法を紹介したブログ記事がありますので、気になるページがあればチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全45件中 1 - 20件を表示

交通系ICカード一覧に戻る