楽天ポイントとTポイントを徹底比較!サービスの特徴やポイントの交換方法についても紹介

柚木ゆうらの画像

楽天ポイントTポイントは貯めやすく、使えるお店も多いので使い勝手のいいポイントです。

そんな2つのポイントですが、どちらがより使いやすいのか気になりませんか?

ポイントサービスにもいろいろと種類があるので、せっかくなら自分にあったものを選びたいですよね。

そこで、このページでは楽天ポイントとTポイントについて詳しく比較してみました。
どちらのポイントがいいのか知りたいときの参考にしてみてくださいね。

それぞれのポイントについて詳しく紹介したページは以下の通りです。

楽天ポイント・Tポイント徹底比較!特徴・ポイントの交換方法

楽天ポイントとTポイントの比較表

まず、楽天ポイントとTポイントのサービス内容を比較してみました。

一覧表にしてまとめてみると以下のようになります。

楽天ポイントとTポイントのサービス内容について
特徴楽天ポイントTポイント
還元率0.5%~1.0%0.5%~
ポイントカード楽天ポイントカードTポイントカード
電子マネー・決済方法楽天Edy楽天ペイ×
ポイントが貯まるカード楽天カードYahoo! JAPANカードファミマTカード
ポイントプレゼント5,000ポイント~5,000ポイント~

ここからは、それぞれの項目ごとに詳しく見ていきましょう。

ポイントの貯まり方・使い方・ポイントカードについての比較

楽天ポイントとTポイントを貯めるにあたって、まずどうすればいのか貯め方が気になるところですよね。

それぞれ以下のポイントカードを使うと、ポイントが貯まります。

ポイントカードは無料で作れますよ。

カードを持ち歩くのが面倒という場合は、アプリをダウンロードしておくと便利です。

参考:楽天ポイントカードのiOS専用アプリはこちらAndroid専用アプリはこちら
参考:TポイントカードのiOS専用アプリはこちらAndroid専用アプリはこちら

ちなみに、基本となるポイント還元率は以下の通り。

  • 楽天ポイント:1.0%
  • Tポイント:0.5%

楽天ポイントは100円もしくは200円ごとに1ポイント、Tポイントは200円ごとに1ポイント貯まる計算になります。

貯めたポイントは1ポイント=1円として、加盟店などで支払いに使えます。

ポイントの有効期限についての比較

ポイントを使うときに、いつまで使えるのか有効期限についても気になりますよね。
それぞれポイントの種類によって、有効期限は異なりますよ。

各ポイントの有効期限は以下の通り。

ポイント別の有効期限について
ポイントの種類有効期限
楽天ポイントポイント獲得月を含めて1年間
楽天ポイント(期間限定ポイント)約40~45日
Tポイント最終利用日から1年間
期間固定Tポイント約2週間

どちらも期間限定ポイントのほうが有効期限は短いです。

特に、期間固定Tポイントはポイント獲得日2週間後の日曜日が有効期限になっていますよ。
期限切れのポイントは失効してしまうので注意してくださいね。

どちらのポイントも、有効期限内に新たにポイントを獲得すると有効期限が延長されるので便利です。

通常ポイントの場合は、ポイントを獲得し続ける限り、期限を気にせず使えますよ。

電子マネー・決済方法との相性を比較

楽天Edy コイン型パンダストラップ

ポイントを使うときに、電子マネーや決済方法との相性も気になるところですよね。

ただ、残念ながらTポイントは電子マネーや決済方法と連携することはできません。
そのかわり、Tポイントそのものを使って支払えるところが多いですよ。

楽天ポイントは、以下の電子マネーや決済方法に対応しています。

電子マネーのチャージや支払いに楽天ポイントが利用できます。
ポイントを使えば、支払いの負担を減らすことにもつながるので結果的に節約にもなりますよ。

よく利用するお店で使える電子マネーや決済方法があるなら、積極的にポイントを使っていきましょう!

ポイントが貯まる・使えるお店の比較

楽天ポイントとTポイントは、どちらも加盟店でポイントが貯まったり、使えたりします。

それぞれ使える加盟店は違うので、よく利用するお店が対応しているかどうかで選ぶといいですね。

たとえば、コンビニだとデイリーヤマザキで楽天ポイントが使いやすく、ファミリーマートだとTポイントが貯まりやすいです。

どちらも加盟店は多いほうなので、よく利用するお店と対応しているポイントで選ぶのがおすすめですね。

ネットショッピングで使いやすいのはどっち?

楽天ポイントとTポイントは、ネットショッピングでも使えますよ。

それぞれポイントが使える主要サイトは以下の通り。

どちらも規模が大きいネットショッピングですね。
利用することが多いネットショッピングで決めるのもひとつの手です。

たとえば、楽天カードを持っている状態で楽天市場で買い物をすると、SPUという仕組みで少なくとも3%のポイントが貯まるのでお得ですよ。(うち1%は期間限定ポイント)

楽天モバイル楽天ブックスを利用すれば、さらにポイントが貯まります。

TポイントはYahoo!系列のサービスで使えたり、貯まることが多いポイントです。
Yahoo!ショッピングで利用すると、日によってポイント5倍、10倍になることもあるので貯まりやすいですよ。

しかも、Yahoo!公金支払いにもTポイントが使えるので、例えばふるさと納税での支払いをポイント分で節約できます。

ポイント移行・交換先について比較

ポイントがたくさん貯まっていてあまっている場合、使い勝手のいいほかのポイントに交換するのもひとつの方法です。

楽天ポイントとTポイントも、別のポイントと交換したり、移行したりできますよ。

楽天ポイントの交換先としておすすめなのは、楽天証券の投資信託楽天EdyANAマイルですね。

交換レートは以下の通り。

  • 楽天ポイント1ポイント → 投資信託1円分
  • 楽天ポイント1ポイント → Edy1円分
  • 楽天ポイント2ポイント → 1ANAマイル

よく飛行機を利用するのであれば、ポイントをANAマイルに交換することで、旅費の節約にもつながります。

しかも、ANAマイルと楽天ポイントは相互交換できるので、貯めたANAマイルを楽天ポイントと交換することもできますよ。

ただ、ANAマイルから楽天ポイントへ交換する場合はレートが悪くなるので、どちらかというと楽天Edyに交換することをおすすめします。

ちなみに、TポイントもANAマイルと交換できます。

交換レートは以下の通り。

  • Tポイント500ポイント → 250ANAマイル

ANAマイルとTポイントの相互交換もできますよ。

とはいえ、楽天ポイントもTポイントもそのままでも十分使いやすい、使い勝手のいいポイントです。

無理に交換しなくても、ポイントの使い道は多いので使いきれないということはないと思いますよ。

投資についての比較

楽天ポイントで楽天証券の投資信託を購入するイメージ

もしポイントがあまっているのであれば、ポイントを使って投資に使うのもおすすめです。

Tポイントは投資に使えませんが、楽天ポイントは楽天証券で投資信託を購入するのに使えますよ。

100ポイントから投資できる上、投資信託を購入する代金として楽天ポイントを使えます。

1ポイント1円以上になる可能性もあるので、ポイントを使って気軽に資産運用できますよ!

楽天カードとYahoo! JAPANカードの比較

入手した楽天カード

楽天ポイントとTポイントをたくさん貯めたい場合は、それぞれクレジットカードを持っておくのがおすすめです。

ポイントが貯まるクレジットカードは以下の通り。

Tポイントが貯まるクレジットカードはほかにもありますが、年会費無料・還元率1%のYahoo! JAPANカードがおすすめですね。

通常のTポイントカードを使っていると還元率は0.5%なので、Yahoo! JAPANカードにすると、カード払いでTポイントが貯まるようになりますよ。

ちなみに、楽天カードも年会費無料・還元率1%で使えます!

それぞれ対応している国際ブランドは以下の通り。

  • 楽天カード:JCB・VISA・MasterCard・AMEX
  • Yahoo! JAPANカード:JCB・VISA・MasterCard

より利用するお店に対応した国際ブランドを選ぶのがいいですね。

Yahoo! JAPANカードはPayPayに紐付けて使うことができる上、PayPay残高にチャージできる唯一のカードになっています。

PayPayを使う予定があるなら、Yahoo! JAPANカードは作っておきたいところです。

参考:楽天カードを使ってみるにはこちらから
参考:Yahoo! JAPANカードを使ってみるにはこちらから

楽天ポイントとTポイントのポイントプレゼント比較

楽天カードでは、それぞれ新規入会&利用ポイントプレゼントが常に行われています。

カードを作るだけで、楽天ポイントやTポイントがたくさんもらえるのでお得ですよ!

楽天カードでは、常に5,000ポイント以上もらえる入会特典があります。

楽天カードでは7,000・8,000ポイント、など、時期によってはさらにたくさんポイントがもらえますよ。

ポイントが多くもらえる時期にカードを作って、楽天ポイントやTポイントをたくさん貯めてみてくださいね。

参考:楽天カードの最新情報はこちらで確認できます

2つのポイントを併用して貯めるのもおすすめ!

楽天ポイントとTポイントについて紹介してきましたが、どちらも貯めやすくて使いやすいポイントです。

どちらか一方に絞らなくても、両方のポイントを併用して貯めてみるのもおすすめですよ。

ポイントをより貯めやすくするためには、楽天カードとYahoo! JAPANカード、それぞれ両方のクレジットカードを作っておくと便利ですね。

楽天市場などの楽天系サービスを使うときは楽天カード、Yahoo!ショッピングなどを使うときはYahoo! JAPANカードを利用することで、より多くのポイントが貯まります。

どちらのカードも年会費無料で使えるので、作っておいて損はありません。

それぞれ使えるサービスやポイントが貯まるお店も違うので、使い分けて貯めるのがおすすめですよ。

さいごに

楽天ポイントTポイントはそれぞれ特徴や使いどころが違うので、どちらがより優れているとは言い切れません。

どちらも使い勝手のいいポイントなので、両方貯めておいて使い分けるのがおすすめです。

それでもメインで貯めたいポイントを選びたいときは、以下の点を重視してみてください。

  • 楽天ポイントとTポイントのどちらをよく使うのか
  • 普段利用するサービス・お店がどちらのポイントに対応しているのか

それぞれポイントが貯まりやすいクレジットカードをあわせて使えば、より多くのポイントが貯まります。

お得にポイントを貯めたい場合は、クレジットカードも一緒に作っておくと便利ですね。

参考:楽天カードを使ってみるにはこちらから
参考:Yahoo! JAPANカードを使ってみるにはこちらから

おまけ:ほかのポイントについて知りたい場合

楽天ポイントとTポイントのほかにも、ポイントサービスはいろいろとあります。

ほかのポイントと比較してみたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール