【楽天スーパーポイント】に関する記事一覧(47件)

楽天スーパーポイントのカテゴリ記事一覧

楽天に関連するサービスを使うと、楽天スーパーポイントが貯まります。

また、最近ではネットだけではなく、街のお店でも楽天スーパーポイントが使えるお店が増えてきていますよ。

そんな楽天スーパーポイントですが、最近はますます存在感が出てきているような印象です。

気になっていて、少しでも有効活用していきたいと思っているかもしれませんね。

このサイト「ノマド的節約術」は、2011年に運営者の松本が会社を辞めるタイミングで注文住宅を買い・子供も同時期に産まれて、経済的には崖っぷちの状態から始まりました。

そんな中、普段の生活で楽天スーパーポイントのお世話になることも多いですよ。未だに楽天スーパーポイントのおかげで大きく節約できています。

ここでは、楽天スーパーポイントを損せずお得に使っていけるように知っておきたいことを、ブログ記事で詳しく紹介していきますね。

楽天スーパーポイントを使えるようになるまでの流れ

楽天スーパーポイントの仕組みを詳しく紹介する前に、どうやって楽天スーパーポイントを貯めて使えるようになるのかについてざっくりと紹介しますね。

この流れでやっておけば、取り逃すことなく楽天スーパーポイントを貯めることができ、使いたいときに使えるようになりますよ!

  1. 楽天会員登録を済ませる
  2. 楽天カード(楽天ポイントカード)を作る
  3. 楽天のサービスを使って貯める
  4. 街のお店で楽天ポイントカードを提示して貯める
  5. 楽天スーパーポイントが付与される
  6. 楽天のサービス・街のお店で楽天スーパーポイントを使う
  7. 3〜6の繰り返し

当たり前なんですが、まずは楽天の会員登録をしておかないと、楽天スーパーポイントが貯まりません。まずはそこからですね。

楽天スーパーポイントとは?

楽天スーパーポイントの通算獲得ポイント
楽天スーパーポイントの通算獲得ポイントが787,134ポイント。約78万円相当に!

楽天スーパーポイントは、楽天が提供しているポイントサービスのことです。

もともとは、楽天市場楽天トラベルなどの楽天内のサービスで主に使えるポイントでしたが、今は楽天ポイントカードが出てきたことで街の店舗でも使えるようになっています。

以前は使えるところが少ないのがデメリットでしたが、それも解消されてきましたね。

楽天ポイント」や「Rポイント」とも言われることがありますが、どちらも意味は同じで楽天スーパーポイントのことですよ。

私も普段の会話で楽天スーパーポイントのことを話すときは「楽天ポイント」と言っていますね…!「スーパー」っていう言葉を入れると話しにくいです…。ほんとかなと思ったら一度声に出して「楽天スーパーポイント」と言ってみてください。

楽天スーパーポイントがあると、今までだと現金やクレジットカードで払っていたところがポイントで済むため、その分だけ節約になります。

有効期限が短い「期間限定ポイント」もあります

楽天ポイントクラブ ポイントの詳細

楽天スーパーポイントには2種類のポイントがあります。

楽天スーパーポイントの種類と有効期限
ポイントの種類有効期限
通常ポイント最終ポイント獲得月を含めた1年間
期間限定ポイント約40~45日

通常ポイントは、有効期限1年間あります。
ポイントをもらい続けていればすべてのポイントの有効期限が更新されるため、使い続けていれば有効期限はあってないようなものですよ。

通常ポイントと期間限定ポイントを持っている場合、期間限定ポイントから優先的に消費されていきます。

楽天スーパーポイントのレートは1ポイント1円

楽天スーパーポイントの「ポイント」は、1ポイント1円として使えます。
これはネット・街のお店どちらも同じですね。

最低利用ポイントはサービスによって異なります。

使い方によっては、1ポイント1円以上にもできますよ。

楽天ポイントクラブの会員ランクによって特典が変わる

楽天の会員になっていると、楽天ポイントクラブに自動的に登録されます。

楽天スーパーポイントの獲得数によってランクが上がる仕組みですね。
ランクが上がってもお金はかかりません、無料です!

楽天ポイントクラブでは、会員ランクによって特典が異なります。

会員ランクは以下の通り。
レギュラーから下にいくほど、会員ランクが上がります。

楽天ポイントクラブの会員ランク一覧と達成条件
会員ランク条件
レギュラー入会だけ
シルバー過去6ヶ月で獲得ポイント数200ポイント、ポイント獲得回数2回
ゴールド過去6ヶ月で獲得ポイント数700ポイント、ポイント獲得回数7回
プラチナ過去6ヶ月で獲得ポイント数2,000ポイント、ポイント獲得回数15回
ダイヤモンド過去6ヶ月で獲得ポイント数4,000ポイント、ポイント獲得回数30回、楽天カード保有

楽天ポイントカードを作ろう

マクドナルドの楽天ポイントカード

これから楽天スーパーポイントをより多く貯めていくのであれば、楽天のサービスだけを使うのではなく、楽天ポイントカードを作るのがおすすめです!

一番いい楽天ポイントカードの作り方は、クレジットカードの楽天カードを作ることですね。

その理由は、クレジットカードとポイントカードが一緒になっているから。

楽天カードをクレジットカード利用しても楽天スーパーポイントが貯まりますし、楽天カードをポイントカードとして提示したとしても楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天ポイントカードの提示で貯まるお店なら、楽天スーパーポイントの二重取りが実現できますよ!

楽天スーパーポイントの貯め方と使い方

楽天ポイントカードを作れたら、あとは楽天スーパーポイントを貯めて使う流れになります。

楽天スーパーポイントを貯める方法や使う方法は数えきれないぐらいありますよ。
詳しくは以下のページをチェックするのがおすすめです。動画でも解説しています。

楽天スーパーポイントが使えるお店

貯めた楽天スーパーポイントは、街のお店でも使えます。
代表的なところだと、ミスタードーナツマクドナルドがありますよ。

とはいえ、どこで使えるのかをすべて覚えるのは難しいですよね。

以下のページで、楽天スーパーポイントが使えるお店を一覧にしていますので、気になるなら参考にしてみましょう。

コンビニやドラッグストアごとなど、お店のジャンルごとに一覧にしています。

楽天証券のポイント投資に使うのが超おすすめ

楽天証券でポイント投資した履歴

個人的におすすめしたい楽天スーパーポイントの使い方は、楽天証券で投資信託を買うときに使うことです。

投資信託を買うことで資産運用を始めることができますし、ポイントなので損した気持ちにならないのがいいところですね。

私は毎月貯めた楽天スーパーポイントをすべて楽天証券で投資信託を買うのに使っていますよ!

もう10万ポイント以上使って投資信託を無料で買えました。
投資信託なので、もちろん売れば現金に戻せます

長い目で見たときのメリットがとても大きいポイントの使い方ですよ。

他のポイントとの比較

楽天スーパーポイントは、他の共通ポイントと比べてどうなの?
そう思うかもしれませんので、ノマド的節約術では比較しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全47件中 1 - 20件を表示

ポイント活用術一覧に戻る