ロイヤルホストで楽天ポイントカードを使う方法と楽天スーパーポイントの貯め方を徹底解説

スポンサーリンク

先日、久しぶりにロイヤルホストに食事にいくと、楽天スーパーポイントが貯められるようになっていました。

楽天カードユーザーの私としては、楽天スーパーポイントが使えて、貯まる店が増えてうれしいですね。

貯めたポイントは、食事代の支払いに使うこともできますよ。

ただ、初めて利用する場合はどうやって楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりすればいいのか、わからないかもしれません。

そこでこのページでは、楽天スーパーポイントをロイヤルホストで、貯める方法と使い方について詳しく紹介していきますね。

楽天スーパーポイントをロイヤルホストで貯める方法

ロイヤルホスト 外観

ロイヤルホストでは、楽天スーパーポイントが貯まります。

以下のいずれかを持っていると、食事代金に応じて楽天スーパーポイントが貯まりますよ。

ロイヤルホストでは税込100円ごとに1ポイントが貯まります。

例えば、税込2,000円分の食事をした場合、貯まる楽天スーパーポイントは20ポイントという計算になりますね。

ロイヤルホストで、楽天スーパーポイントを貯める方法は以下の通り。

  1. 楽天カードまたは楽天ポイントカードを会計前に用意する
  2. 支払いの前に楽天カードまたは楽天ポイントカードを提示する
  3. 支払いをする

ここで注意したいのは、必ず会計の前に楽天カードや楽天ポイントカードを提示するようにしましょう。

会計が終わったあとに提示しても楽天スーパーポイントの後付けすることはできません。

▼会計後レシートには、ポイントがついていました。

ロイヤルホスト レシート

▼ちなみに私のロイヤルホストのイチオシは、マハラジャチキンカレーです!

辛すぎず、コクがありながらも爽やかな酸味も感じられて美味しいですよ。

ロイヤルホスト マハラジャチキンカレー

▼ロイヤルホストには、加盟店専用の楽天ポイントカードが無料で配布されています。

楽天カードを持っていない場合は、これをお店でもらって登録すればすぐにポイントをつけることができますよ。

ロイヤルホストの楽天ポイントカード

全国のロイヤルホストとCOWBOY家族を中心に、楽天ポイントカードに対応しているお店で使うことができます。

入手した楽天ポイントカードは、必ず「楽天ポイントカード利用登録」をしましょう。

楽天カードならポイント二重取りができる

楽天ピンクカード

ロイヤルホストでは、クレジットカード払いもできます。

楽天ポイントカードと一体型になっている楽天カードを使えば、ポイントカード提示の1%+カード決済の1%、あわせて還元率を2%にすることができますよ。

税込100円ごとに2ポイントが貯まる計算になります。

たとえば、税込2,000円の買い物をした場合、40円分の楽天スーパーポイントが貯まりますね。

しかも、楽天カードでは常に入会キャンペーンが行われていて、そこでもらえる楽天スーパーポイントを、ロイヤルホストの支払いにあてることで、食事代を無料にすることもできますよ。

参考:楽天カードを作ってポイントをもらうにはこちらから

ロイヤルホストで楽天スーパーポイントの使い方

ロイヤルホストでは、楽天スーパーポイントを貯めるだけではなく、使うこともでます。

1ポイント=1円として支払いに利用することができますよ。

ロイヤルホストで楽天スーパーポイントを使いたい場合は、楽天ポイントカードの利用登録を済ませておきましょう。

楽天スーパーポイントを使って支払うときの流れは以下の通り。

  1. 会計前に楽天カードまたは楽天ポイントカードを提示
  2. 「楽天スーパーポイントで支払います」とレジの店員さんに伝える
  3. 使いたいポイント数を伝える
  4. ポイント払いをする

ちなみに、ポイントで支払いきれなかった分は、ほかの支払い方法と併用できますよ。

一部だけ楽天スーパーポイントで支払って、残りは現金で決済するということもできるので便利ですね。

私はよく端数になったときに、楽天スーパーポイントを使いますよ。

たとえば、会計が522円だったとすると、22円をスーパーポイントで支払い、500円は現金でというように利用しています。

そうすると、お財布の中の小銭が減るのでかさばらずにすみますよ。

しかも、期間限定ポイントも使えます。

通常ポイントと期間限定ポイント、両方を持っている場合は有効期限が短いものから優先的に消費されていきますよ。

そのため、先に期間限定ポイントから使えます!

楽天スーパーポイント 期間限定ポイント

ロイヤルホストは楽天Edyも使える

ロイヤルホストでは、楽天Edyが使えます。

実は、楽天スーパーポイントを使って楽天Edyにチャージすることが可能ですよ。

楽天スーパーポイントでチャージした楽天Edyを使えば、間接的に楽天スーパーポイントを消費することになりますね。

ちなみに、楽天スーパーポイントを使って楽天Edy払いするときの流れは以下の通り。

  1. 楽天スーパーポイントを楽天Edyにチャージしておく
  2. 会計時に「楽天Edyで支払います」とレジの店員さんに伝える
  3. 端末に楽天Edyをかざす
  4. 支払い完了

楽天Edy機能付きの楽天カードを作っておくと、楽天スーパーポイントも貯めやすくて便利ですよ。

ただ、期間限定ポイントを使って楽天Edyにチャージすることはできません。

楽天Edyにチャージできるのは、通常の楽天スーパーポイントのみです。

楽天スーパーポイントを使うときの注意点

ロイヤルホストで楽天スーパーポイントが使えることはわかりましたが、いくつか注意点もあります。

1つは、事前に楽天ポイントカードの利用登録をしておくこと。
利用登録をしていない状態では、ロイヤルホストで楽天スーパーポイントを使うことができません。

もう1つは、ロイヤルホストの割引券を併用した場合、割引後の料金に対して楽天スーパーポイントが貯まるということです。

割引券との併用は可能ですが、楽天スーパーポイントがつくのは割引後の料金に対してなので気をつけましょう。

キャンペーン期間中がおすすめ

楽天ポイントクラブのページを見てみると、お得なキャンペーンが開催されていることがありました。

たとえば、以下のようなキャンペーンです。

  • ロイホの日記念キャンペーン:会計時に楽天ポイントカード提示でポイント10倍
ロイヤルホストのキャンペーン
引用元:ロイホの日記念日キャンペーン

ただ、このキャンペーンでポイントが10倍もらえるためには、エントリーする必要があり、エントリーするとメルマガが増えてしまいます。

そうするとメールが増えてメールの処理が面倒になってしまうというデメリットもありますよ。

楽天ポイントカードのキャンペーンは定期的に変わるため、現時点でロイヤルホストのキャンペーンがないか見ておくと、もし今後ロイヤルホストに行ときによりお得にできる可能性が広がりますよ。

お得なキャンペーン期間を狙って、ロイヤルホストを利用してみてくださいね。

参考:楽天ポイントカードのキャンペーンページはこちら

さいごに

ロイヤルホストで食事をすると、それなりに料金がかかるので、楽天ポイントカードを利用して楽天スーパーポイントを貯めましょう。

楽天ポイントカードを持ち歩くのが面倒な場合は、アプリを利用するのもおすすめですよ。

または、楽天カードと一体型のポイントカードを持っておくと、ポイントを二重取りすることもできてお得です。

ロイヤルホストを利用するときは、楽天スーパーポイントも貯めて、お得にポイントを使ってみてくださいね。

おまけ:ほかのポイントについて知りたい場合

このページでは、楽天スーパーポイントについて紹介してきました。

ほかにもいろいろなポイントがあるので、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

玉村 あけみ

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 ブログではゆるい日常系4コマ絵日記を描いています。

執筆メンバの一覧を見る