【完全ガイド】au PAY プリペイドカードとPontaポイントの使い方まとめ。クレジットチャージで還元率1.5%以上にできる!

松本 博樹の画像

こんにちは!
ノマド的節約術の松本です。

au PAY プリペイドカード(旧:au WALLET)が2014年にサービスを開始してから、au携帯を使うのであればぜひ持っておきたいカードになりました。

サービス開始時は、auじぶん銀行へのチャージで5%上乗せになるというあり得ない錬金術がありましたが、それはもう昔の話。(今も違う形でわずかに残ってはいます)

それによって一気に普及したこともあって、今は一般的に使われるものになりました。

そうなると気になるのが、どう使っていくのがお得なのかということ。
そもそもau PAY プリペイドカードを使う必要性があるのかどうかも気になるところですよね!

ということで、このページではau PAY プリペイドカードを最大限お得に使っていくためにやっておきたいことや知っておきたいことをまとめました。

auウォレットとポイントの使い方

他の電子マネーと比較される方はこちらから。

au PAY プリペイドカードはプリペイドカード

au PAY プリペイドカードは、プリペイドカードです。
カードブランドは「Mastercard」になっていることから、クレジットカードやデビットカードと同じような感覚で使うことができます

例えば、au PAY プリペイドカードの残高が5,000円だとしたら、5,000円までの買い物で使える仕組みですね。

日本全国・世界中のMastercardやVISA加盟店であれば、どこでもau PAY プリペイドカードを使えますよ。

auウォレットのプリペイドカード
↑au PAY プリペイドカード↑

ちなみにau PAY プリペイドカードにはクレジットカード「au PAY クレジットカード」もあります。

どうやって作るの? au PAY プリペイドカードの作り方

では、どうやってau PAY プリペイドカードを持てばいいのかが気になりますよね。

au PAY プリペイドカードは、以下のauのサービスを使っている方でなければ持つことができません。

携帯電話を持っていないとダメなように思いますが、インターネット固定回線のauひかりでもOKなのでまだ持ちやすいですよ。

auひかりは、キャンペーンが充実しているので、家の固定回線を検討している方にはおすすめです。

本題に戻って・・・。

au PAY プリペイドカードを使うには、公式サイト・公式アプリ・auショップから申し込みできます。

申し込みして、数日するとau PAY プリペイドカードが届きますよ。
カードが到着したら、利用開始の手続きを済ませましょう。

参考:au PAY プリペイドカードの申込手順まとめ
参考:au PAY プリペイドカードの利用開始手続きのやり方

auウォレットが到着

【使う前の準備】au PAY プリペイドカードにお金をチャージする方法

手元にau PAY プリペイドカードが届いても、お金がチャージされていなければ使うことはできません。

そこで、まずはチャージをすることになります。
au PAY プリペイドカードにチャージする方法は、以下の方法がありますよ。

チャージするには、au PAY プリペイドカードのサイトやアプリを使って行います。
アプリのダウンロードはこちらからできます。

auじぶん銀行の新規口座開設後から翌月末まではau PAY プリペイドカードにチャージで5%分のポイントがもらえる

チャージしやすい方法の1つに、ネットバンクのauじぶん銀行からau PAY プリペイドカードにチャージするというのがあります。

しかも、auじぶん銀行の新規口座開設から翌月末までだと、auじぶん銀行からau PAY プリペイドカードにチャージすることで5%分のポイントがもらえるんです!

対象になるのは50,000円までになりますが、50,000円チャージしたら2,500円分ものポイントがもらえますよね。

これはめちゃくちゃお得です!
2,500円をタダでもらってるようなものですからね。

もし、auじぶん銀行の口座を持っていないのであれば、この機会に口座開設して、チャージしておきましょう!

参考:auじぶん銀行の口座開設はこちらから

auかんたん決済にするとオートチャージされる

auかんたん決済を使うときは、オートチャージの設定もしておくのがおすすめです。

一定の金額以下になったら、勝手にチャージしてもらえるので、残高の心配をする必要がありません。

オートチャージを使ったほうがいいのは、au PAY プリペイドカードを普段の買い物から日常的に使っている方です。

それほど頻繁に使わないのであれば、無理にオートチャージすることはないですよ。

「一括払いで!」と店員さんに伝えるのがau PAY プリペイドカードの使い方

レジに行ったら、店員さんに「一括払いで!」と伝えれば、無事に買い物できます。

買い物する時はクレジットカードと同じ感覚ですね。

ただし、クレジットカードのように分割払いはできませんので、その点は注意してください。

このようなプリペイドカードは、最近増えており、他にも以下のようなカードがありますよ。

Amazonなどのネットでも使えます

au PAY プリペイドカードは、お店だけでなくネットでも使えますよ。
ネット通販の代表的なAmazonでもお得な使い方ができるので、以下の記事も合わせて読むのをおすすめします。

au PAY プリペイドカードが使えるところはMastercardのお店

au PAY プリペイドカードを使おうと思ったときに、どこのお店で使えるのかが気になるかと思います。

最初にもさらっと触れましたが、MastercardやVISA加盟店であれば、どこでもau PAY プリペイドカードを使えますよ。

クレジットカードの国際ブランドに対応しているため、かなり使いやすくなっています。

また、au PAY プリペイドカードをApple Payで使えるようにすれば、QUICPayが使えるお店でも利用できますよ。

au PAY プリペイドカードの残高があればau PAYでも使えます

au PAY プリペイドカードを使っているのであれば、スマホ決済サービスのau PAYもあわせて使うのがおすすめですよ。

au PAYのアプリを入れると、au PAY プリペイドカードと紐づけるため、今あるau PAY残高がそのまま反映されます。

au PAYで支払ったら、au PAY プリペイドカードの残高から引き落とされる仕組みですね。

Pontaポイントを貯める方法

au PAY プリペイドカードを使って買い物すると、利用額に応じて「Pontaポイント」が貯まります。Pontaポイントは、1つのauIDごとに紐付けられていますよ。

ポイント還元率は基本的に0.5%(200円で1ポイント)

200円ごとに1ポイント貯まるので、還元率は0.5%ですね。
プリペイドカードなのに、一般的なクレジットカードと同じです。

例えば、3,000円の買い物をしたときは、15ポイント貯まります。

特別なポイント還元率が設定されているお店の一覧

基本的には200円ごとに1ポイントしか貯まりませんが、ポイントアップ対象となるパートナー企業の店舗で使うと、200円ごとに貯まるポイントが増えます。

以下、au PAY プリペイドカードを使うことで多くポイントが貯まる店の一覧です。「ポイント」欄は、200円ごとに貯まるポイント数。

au PAY プリペイドカードのポイントアップ対象店舗(一部)
店舗名ポイント還元率
セブンイレブン2ポイント1%
マツモトキヨシ3ポイント1.5%
ココス3ポイント1.5%
甘太郎3ポイント1.5%
北海道(コロワイド)3ポイント1.5%
ラ・パウザ3ポイント1.5%
ステーキ宮3ポイント1.5%
にぎりの徳兵衛3ポイント1.5%
コロワイドグループ各社
(一部対象外あり)
3ポイント1.5%
BIG ECHO3ポイント1.5%
自遊空間3ポイント1.5%
Victoria3ポイント1.5%
L-Breath3ポイント1.5%
Victoria Golf3ポイント1.5%
アコーディア・ゴルフ3ポイント1.5%
紀伊國屋書店3ポイント1.5%
TOHO CINEMAS3ポイント1.5%
スターバックス7ポイント3.5%

この中で実用的なのはセブンイレブンや紀伊國屋書店、TOHOシネマズではないでしょうか。あと、マツモトキヨシも。

紀伊國屋書店が一番いいですね。本は値引きされることがないので、au PAY プリペイドカードを使うことで実質1.5%引きにできます。厳密に言うと、1.5%よりは小さいですが、1%は超えるはずです。

ここで紹介したのは、一部になりますので、もっと確認したい場合は公式サイトをチェックしてください。

マツモトキヨシの外観

au携帯・auひかりの利用料に応じてポイントが貯まる

au PAY プリペイドカードは、auのサービスということもあり、au携帯やauひかりの料金に対してもポイントが貯まるようになっています。

税抜1,000円ごとに10ポイントが貯まる仕組みです。
“税込”ではなく、”税抜”なのが残念なですが、まったくポイントが付与されないよりはマシですね・・・。

ポイント対象になるのは以下の通り。

  • 基本使用料
  • 通話料、通信料
  • au国際電話サービス通話料

また、これらの料金をauじぶん銀行で引き落としにしておくことで、ボーナスポイントが貯まります。

せっかくならauじぶん銀行を引き落とし先にしておけば、Pontaポイントがどんどん増えますよ!

auじぶん銀行の取引でポイントを貯める

Pontaポイントをより多く貯めたいのであれば、ネット銀行のauじぶん銀行は必ず口座開設しておきましょう。

口座開設を持つのにお金はかかりません。
それなのに、auじぶん銀行を使うことでPontaポイントが貯まるんですよね。

まず1つは、au STARに会員登録して、さらにauじぶん銀行で特典エントリーすることで、毎月最大で200ポイントがもらえるサービス。

もう1つは、口座開設から2年間、条件を満たせば毎月最大200ポイントもらえるサービスです。

これらを併用すれば、Pontaポイントは自然とたくさん貯まりますよ。
もらったPontaポイントは現金と同じですので、こんなありがたいことはありません!

auじぶん銀行のキャッシュカード

他社のポイントからPontaポイントに交換する

貯めているポイントはPontaポイントだけですか?
他にもいろいろなポイントを貯めていますよね。クレジットカードを使うことでもポイントが貯まると思います。

そういった、他のところで貯めたポイントも、Pontaポイントに交換できますよ。

主なところは以下の通りです。

Pontaポイントおすすめの使い方

ここまではPontaポイントを貯める話ばかりでしたね。
せっかく貯めたポイントも使わなければ意味がありません。

ここからはPontaポイントをどうやって使っていくかお伝えしていきましょう。

貯めたポイントは、au PAY プリペイドカードの残高に加算するのがおすすめ!

貯めてきたPontaポイントは、au PAY プリペイドカードにチャージして、再び使うことができます

クレジットカードのように、他の商品などに交換する、といったややこしさがありません。

au PAY プリペイドカードの残高にチャージするやり方はこちらから。

auウォレットとアプリを開いた画面
↑au PAYアプリを開いた画面↑

auショッピングモールでPontaポイントが使える

基本的にはau PAY残高へのチャージが最もおすすめの使い方ですが、他にもポイントの使い方はありますよ。

ネットでの買い物が多いのであれば、auショッピングモールで買い物するときに使うと節約になります。

また、auショッピングモールでは、ポイントアップキャンペーンも行われており、買い物でPontaポイントが貯めやすいです。

au携帯などの料金の値引きに使う

毎月の携帯代が高く、少しでも負担を減らしたいですよね。
Pontaポイントがあれば、ポイントを使って携帯代の値引きに使えますよ。

ポイント交換コースが以下の3種類あり、交換することで6ヶ月間にわたって毎月少しずつ値引きされます。

au料金の値引きコース一覧
コース値引額
3,000ポイントコース毎月500円
6,000ポイントコース毎月1,000円
12,000ポイントコース毎月2,000円

これはau携帯だけでなく、auひかりにも適用できますよ。

また、データ容量のチャージにもポイントが使えます。

auスマートバリューと合わせて、auを使うのであれば、少しでも毎月の負担を減らしていきましょう。

auスマートフォン

他社ポイントにも交換できる

Pontaポイントは、他のポイントにも交換できます。

以下のポイントは等価交換できますよ。

その他ポイント交換先

これまで紹介した方法以外にもPontaポイントを使えるところが他にもあります。主なところは以下の通り。

  • au携帯電話の本体代金
  • アクセサリー代金
  • 修理代金
  • auかんたん決済でのコンテンツ購入

Pontaポイントの有効期限はポイント付与から1年間

auウォレットを使ったことで貯まったPontaポイントの有効期限は、ポイント付与から1年間となります。

仮に2014年6月1日にポイント付与されたものは、2018年5月31日まで有効です。

ただし、キャンペーンなどで付与されたポイントは有効期限が短い場合があるので、注意してくださいね。
楽天ポイント期間限定ポイントみたいなものと思って下さい。

【おトク技】Masterブランドのクレジットカードでチャージしてポイント二重取り!

au PAY プリペイドカードのチャージ方法を最初のほうで紹介しましたが、「auかんたん決済」・「クレジットカード」でチャージすることで、よりお得にできます。

その理由は、クレジットカードでチャージすることでクレジットカードのポイントが貯まるから。

1%の還元率のクレジットカードでチャージしたあとに、au PAY プリペイドカードを使って買い物すれば、0.5%のPontaポイントが貯まりますよね。

これを合わせると1.5%の還元率になります。
クレジットカードで1.5%の還元率になるカードはほとんどありません。P-one Wizぐらいです。

チャージできるクレジットカードはなんでもいいのかと思いがちですが、そうではありません。

Mastercardブランドの全クレジットカードと、VISAマークの付いたクレディセゾンとUCカードが発行したクレジットカードが対象になります。

ノマド的節約術がおすすめするチャージ用のクレジットカードは以下の通り。
いずれもMastercardブランドがありますよ。

これらのカードで貯まるポイントは汎用性の高いポイントで、無駄にしにくくなるのでおすすめです!

あと、誕生日月ならポイント還元率が1.5%になるライフカードもおすすめ。
年会費無料で、誕生日月のためだけに持っておいてもいいぐらいです。

au PAY プリペイドカードに限らず、必ず持っておきたいサブカードの1枚ですね。

au PAY プリペイドカードのPontaポイントと合わせると、誕生日月なら2%還元になります。

Orico Card THE POINTのカード
↑手持ちのOrico Card THE POINTカード↑

nanacoのような税金支払には使えない

au PAY プリペイドカードもクレジットカードでチャージできることから、nanacoのように税金支払ができたらいいのに・・・と思いますよね。

できたらいいのですが、残念ながらコンビニでau PAY プリペイドカードを使ってnanacoでの支払いができません。

au PAY プリペイドカードは、普通の買い物で使うようにしましょう。

ちなみに、nanacoチャージって何?
という方は、以下のページが分かりやすいです。

【番外編】au PAY プリペイドカードを使わなくなった場合

もし、もうau PAY プリペイドカードを使わなくなった場合にどうするかですが、プリペイドカードということもあり、解約手続きをする必要はありません。

au携帯を解約したとしても、au PAY プリペイドカード自体は使えます。
ただし、ポイントは貯まりませんが・・・。

もうau PAY プリペイドカードを使わない場合は、残高を使い切ってしまって、あとは使わないようにするのがいいでしょうね。

さいごに:auユーザーはフル活用すべき

auユーザーであれば、誰でも使うことのできるau PAY プリペイドカード。
これだけお得に活用できるので、使わない手はありません。

特に、クレジットカードでのチャージを使ってポイント二重取りすれば、普段の買い物から節約になりますよね。

携帯電話だけでなく、インターネット固定回線のauひかりでも使えるので、au携帯を持っていなくても、ネット回線を変えようと思っているならau PAY プリペイドカードのことを頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

ひとまとめにするならau PAY クレジットカードを使うのも1つの方法です。

参考:au PAY プリペイドカードについての詳細記事まとめ

おまけ1:au PAY プリペイドカードを使うなら読んでおきたい記事

おまけ2:そもそもau携帯は高いので、格安SIMに乗り換えがトータル面で節約になります

ここまでの話を全部なかったことにしてしまうかもしれないのですが、au PAY プリペイドカードって、au携帯を持っている方が対象になるサービスです。

でも、au携帯って料金が高いですよね。
今の時代、au PAY プリペイドカードのためにauを使い続けるよりも、格安SIMに乗り換えてしまった方が、au PAY プリペイドカードで得する分より節約になります。

もし、残高やポイントがそれなりに貯まっているのなら、全部消化してから乗り換えるのがおすすめです。

au携帯を使っているのであれば、mineoが有力な乗り換えの選択肢になりますね!

おまけ3:他の電子マネーやプリペイドカードと比較される方へ

au PAY プリペイドカード以外にも、いくつか電子マネーがあります。
他のと比較してみたい方は、以下のページからそれぞれの特徴やお得な使い方を知ることができますよ。

プリペイドカードは以下のものがあります。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール